先日、ふとAmazonだったかhontoだったかのサイトを見ていたら、この本が目にとまりました。


妻に恋する66の方法(1) (イブニングコミックス) Kindle版


作者の福満しげゆきさんの本は読んだことはないのですが、『僕の小規模な生活』『うちの妻ってどうでしょう?』の評価が高く、いつか読もうと思っていました。
そんなときにこの本が目にとまり、表紙のデザインから、新書版でタイトル通り66の方法が1冊に収まっているかと思い、読んでみました。

が、読んでいて気づいたのですが、タイトルに「66の方法」とあるものの、まだ66まで連載されていないようで、複数巻に渡る内容でした。
今のところ2巻まで出ていて、30までが載っていました。

初めて福満さんのマンガを読んでみたので、最初は、妻の顔にほぼ変化がないことに戸惑ったものの、ものすごいオチがあるわけでもなく淡々と妻との様子が描かれているのが、段々としっくりくるようになりました。
大上段から、「妻にこうしてみよう」というような感じではなく、普段、僕は妻とこういうやりとりをしていますよ、という作者の日常がえ描かれていて、それもすごく好印象でした。
スポンサーサイト
2017.05.28 Sun l 本・雑誌 l top
最近、長男(小五)に関して気になることがありました。
それは、教室でこんなことを言っていた、というクラスメイトの発言。
その内容は、性的な内容で、長男本人は意味を全く理解していないようでしたが、理解していなかったからこそ、安易に発していました。

とうとう来たか、と。
とうとう、性に関することを保護者として伝えないと行けない、向き合わないといけないな、と。

ということで、母校の先生が監修者の1人でもあるこの本を手に取ってみました。


あっ!そうなんだ!性と生―幼児・小学生そしておとなへ


サブタイトルに「幼児・小学生そしておとなへ」と書いてあるように、小学生までの子どもにも分かりやすく、イラストで描かれていますが、後半以降には、文章で大人向けに説明(狙いや現状)などが丁寧に書かれています。

「性と生」とあるように、最初に性のことが書かれ、次に生のことが書かれています。
とりわけ「性」に関しては、僕自身は家庭内ではほぼタブー視せれ、学校でも殆ど教えられた経験がなく、自分自身でもタブー視してしまったり、タブー視してきたからこそ、何か後ろめたいもののように感じていることが否めません。

なので、どのように子どもたちに伝えたら良いのか全く分からず混乱していたのですが、大人向けの解説もあることで、僕としては「こんなにストレートなのか」と最初少し面食らった部分も、その解説を読むと納得出来ました。
むしろ、「ストレート」に表現しないということは、タブー視するということでもあるので、そうすると、自分自身の身体のことも、他の人の身体のことも結局よく分からないまま、なんとなくでしか分からないままになってしまうので、これで良いのだと納得出来ました。

生の部分について、すごく良いな、と思ったのは、「あなたはだれとくらしているの?」というページで、そこに描かれてるのは、パートナーと2人、お母さんと妹との3人、男2人と言ったように様々な形が示されていたことです。
ここに描かれている人たちの「人種」も違っていればより良かったかと思いますが、それは逆に「自分たちとは違う世界」のように見えてもしまうので、これはこれで良いのかも知れません。

他にも、性的なことで、不快に感じる気持ちを持った時、その気持ちを大切にすること、そして、具体的にどのように拒否すれば良いのかということも書かれていて、とても良い内容でした。
2017.05.27 Sat l おすすめ絵本 l top
先日、ムスメが通う保育園のクラスの懇親会がありました。
休日のお昼過ぎから2時間ほどを、区内にある植物園で、プログラムはないものの、一緒に過ごす、というものでした。

feeding-791460_1920.jpg


先週末は東京でも30℃近くあったので、とても暑かったですが、天気が良くて日陰もたくさんあり、芝生なので、気温ほど暑く感じる事なく過ごすことが出来ました。
参加者は、23人のクラスの内、欠席が3人。
子どもたちが20人に、父親だけで来ていたのが僕含め2人、両親と来ていたのが7人、他は母親と来ていました。

プログラムは特になかったので、近くにレジャーシートを敷きつつ、それぞれ自由に2時間を過ごしていました。
子どもたちは、休日に保育園以外で遊べること、それ自体が楽しいようで、走り回ったり、ボールやフリスビーで遊んだりしていました。
母親たちは、主に母親同士でおしゃべり。

父親は?

父親は、半数が母親を含めたおしゃべりの輪に加わり、半数は子どもたちを遊んでいました。
僕は、ムスメを中心にしつつ、他の子たちと一緒に、持ってきたボールやフリスビーで遊びました。

屋外でのこうした複数の家族が集まっての懇親会やピクニックなどの活動は今までも何回か経験があるのですが、今回助かったのは、父親が(母親ほどではないですが)それなりにいたことです。
父親がそれなりにいて、しかも、その中で何人かは子どもたちと一緒に遊んでいました。
これが僕としてはとても良かったというか、助かりました。

なぜ父親が何人かいて、子どもと一緒に遊んでいたのが良かったのか。
それは、子どもの様子をみている大人が何人かいたからです。
一緒に遊んでいるはずが、ちょっとしたきっかけで子どもたち(特に今回は男の子たち)がケンカを始めるということが2時間の間に何回も起きました。

その様子を複数の大人がみていたことで、ケンカを始めそうな時にそれ以上発展しないように声をかけたり、暴力を振るうケンカになってもすぐに止めることが出来ました。

何回かとっくみあいのケンカにまでなっていたものの、母親の中にはおしゃべりに夢中で、自分の子どもがケンカをしていたことに気づいていない人も何人かいました。
僕は「一緒に遊ばなくても、せめて自分の子どもがどこで何をしているかくらいは見ていてくれよ」、と思ってしまうのですが、今までは父親の参加者が少ないので、僕だけが複数の子どもたちを見ている、ということもありました。

でも、今回は何人かの父親たちが(きょうだい含めると)20人以上いる子どもたちを見ていたので、複数の目で何人かの子どもたちを見ることが出来ました。
これは、ケンカのような事態を事前に防いだりすると言うことだけでなく、何人か大人がいると、「一緒に遊ぶ」ということに関しても、20人以上を一斉に見なくてはならない、ということもなくなるので、その分子どもたちとちゃんと遊べるということでもあります。

僕はおしゃべりは苦手ですが、何人か父親が参加してくれると、やっぱり良いな、と思いました。
2017.05.26 Fri l 日々雑感 l top
Amazonプライムビデオ(プライム会員だと無料で観られる)で評価が高かったのと、主演のハビエル・バルデムが割と好きなので、観た映画です。


ビューティフル(字幕版)


作品データ映画.comより)
原題 Biutiful
製作年 2010年
製作国 スペイン・メキシコ合作
上映時間 148分
映倫区分 PG12

あらすじ
スペイン・バルセロナ。かつてメキシコからこの地に移住した男・ウスバルは、自分と同じような移民や不法滞在者達に、時には闇ルートも駆使して職を斡旋し、生計を立てている。しかし収入は乏しく、情緒不安定の妻・マランブラと別れて以来、男手一つで2人の子供を養い、ギリギリの生活を送っている。一方で、セネガル系移民のエクウェメ達はドラッグを売りさばいて警察ににらまれており、中国系移民達の給金は彼らの元締めであるハイがピンハネしている等、外にも問題は山積みであった。
そんな状況でウスバルは癌と診断される。前立腺から全身に転移しており、既に手遅れの状態であった。余命は僅か2ヶ月。
死への恐怖以上に、彼には解決せねばならない問題が多すぎる。特に残される子供達をそのままには出来ない。未だ躁鬱の波を抑えきれずにいるマランブラに懇願されたウスバルは彼女に2人を託すことを考え、関係を修復しようとする。だがその間にも進行していく病、さらには移民達が抱える問題が一気に噴出し、容赦なく彼を打ちのめし、蝕んでいく。

感想
全編基本的にスペイン語です。
なので、タイトルが何故英語由来のものなのか、それと共に、ここで描かれている内容に「ビューティフル」なものを感じられなかったので、このタイトルを付けた理由について考え込んでしまいました。

内容は上に書いたもので大体分かるのですが、他に加えると主人公のウスバルには死者の魂に触れることが出来る、というか死者の姿が見えるという能力もあります。
どんな理由かは分かりませんでしたが、事故などで急に死んでしまった遺族に呼ばれて、死者の元に行き、死者が伝えたかったおもいを聞いたり、昇天出来るようにそれを促したりします。
もちろん、それは他者には見えない行為なので、死者のおもいを遺族に伝えても拒まれることも。

終始ウスバルの周囲で起きていることを描いているものの説明的なことはないので、何故移民の斡旋などを仕事にしているのかも、ウスバルのメンター的な人物が出て来ても、その人がどのような人物なのかもよく分かりません。

善人でもなく、悪人でもなく、死に向かいながらも、日々を過ごしていく中での出来事の繊細さがよく伝わって来ました。

勝手に五段階評価(基本的に甘いです)
★★★★☆

2017年に観た映画ランキング

1 「わたしは、ダニエル・ブレイク」 / 2 「さとにきたらええやん」 / 3 「この世界の片隅に」 / 4 「ムーンライト」 / 5 「パレードへようこそ」 / 6 「あまくない砂糖の話」 / 7 「少年と自転車」 / 8 「ドラッグ・ウォー / 毒戦」 / 9 「シチズンフォー スノーデンの暴露」 / 10 「帰ってきたヒトラー」

11 「SING/シング」(日本語吹替版) / 12 「ワイルド・スピード MEGA MAX」 / 13 「ナイトクローラー」 / 14 「奇跡の教室」 / 15 「ベティ・ブルー」 / 16 「ミッドナイト・イン・パリ」 / 17 「神様の思し召し」 / 18 「her/世界でひとつの彼女」 / 19 「マグノリア」 / 20 「カフェ・ソサエティ」

21 「プリズナーズ」 / 22 「if i stay」 / 23 「ハドソン川の奇跡」 / 24 「ニュースの真相」 / 25 「ラ・ラ・ランド」 / 26 「しあわせのかおり」 / 27 「REDリターンズ」 / 28 「 愛しき人生のつくりかた」 / 29 「ディーパンの闘い」 / 30 「ロルナの祈り」

31 「プリデスティネーション」 / 32 「追憶の森」 / 33 「花様年華」 / 34 「EDEN/エデン」 / 35 「17歳」 / 36 「ある子供」 / 37 「愛とセックス」(Sleeping With Other People) / 38 「後妻業の女」 / 39 「Mommy マミー」 / 40 「ロゼッタ」

41 「ニュースの真相」 / 42 「ビューティフル」 / 43 「あと1センチの恋」 / 44 「海難1890」 / 45 「ホテルコパン」 / 46 「聖の青春」 / 47 「ロング・トレイル!」 / 48 「ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期」 / 49 「ワールド・ウォーZ」 / 50 「惑星のかけら」

51 「麦子さんと」 / 52 「超高速!参勤交代 リターンズ」 / 53 「カケラ」 / 54 「スプリング・ブレイカーズ」 / 55 「BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント」

2017.05.25 Thu l 2017年 l top
先日、山に行こうかと思ったのですが、うまく眠れず体調が万全ではなかったので、山登りは断念しました。
そこで(1人になれる)時間が出来たので、ポイントが溜まっていて無料で観られたので、映画館に行くことにしました。
今回観た映画はこれです↓

20170520.jpg




映画『カフェ・ソサエティ』公式サイト

作品データ映画.com
原題 Cafe Society
製作年 2016年
製作国 アメリカ
上映時間 96分

ストーリー(公式サイトより)
もっと刺激的で、胸のときめく人生を送りたい。漠然とそんな願望を抱いたニューヨークの平凡な青年ボビーがハリウッドを訪れる。時は1930年代、この華やかなりし映画の都には、全米から明日の成功をめざす人々が集まり、熱気に満ちていた。映画業界の大物エージェントとして財を築いた叔父フィルのもとで働き始めたボビーは、彼の秘書ヴェロニカ"愛称ヴォニー"の美しさに心を奪われる。ひょんな幸運にも恵まれてヴォニーと親密になったボビーは、彼女との結婚を思い描くが、うかつにも彼はまったく気づいていなかった。ヴォニーには密かに交際中の別の男性がいたことに……。

感想
最近、ウディ・アレン監督作品を何本か観ていて、特に「ミッドナイト・イン・パリ」が面白かったので、この作品も興味が沸きました。
ウディ・アレンの映画のおもしろさは、ユダヤ人やユダヤ人社会への揶揄だとか、ジョークだとかがちりばめられているところです。
日本にいるとユダヤ人は身近な存在ではありませんが、アメリカでもこのようにユダヤ人やユダヤ人社会を揶揄したりする姿勢があることに、作品の善し悪しとは全く別に、とても健全だなと感じています。

今回の作品は、100分弱ということもあり、最初から最後まで飽きることなく観ることが出来ました。
映画の予告編では、「もつれた恋」みたいなことも言われていますが、もつれるというよりは、かつて真剣に付き合っていた女性にまた再会し、その関係の中で揺れ動く主人公(ボビー)というもので、ウディ・アレンらしく、その関係はあくまでも「健全な」感じでした。

1930年代のハリウッドや、ニューヨークのユダヤ人社会、社交界のきらびやかな雰囲気、劇のテンポの良さや、美女たちが次々に現れることは、飽きを感じさせませんでしたが、真剣に付き合っていた女性と再会し、揺れ動くという内容としては、「健全さ」ゆえに面白みはあまりありませんでした。
もしかしたら、そこら辺も含めてユダヤ人やユダヤ人社会を揶揄しているのかもしれませんが、そ1930年代ということを考えると、それは邪推なのかも、とも思います。

まぁ、でも、以前どこかのレビューで「『ラ・ラ・ランド』をパートナーと一緒に観に行くべき」みたいなことが書かれていたのですが、デートで観るなら、こちらの方が断然良いな、と思いました。

勝手に五段階評価(基本的に甘いです)
★★★★☆

2017年に観た映画ランキング

1 「わたしは、ダニエル・ブレイク」 / 2 「さとにきたらええやん」 / 3 「この世界の片隅に」 / 4 「ムーンライト」 / 5 「パレードへようこそ」 / 6 「あまくない砂糖の話」 / 7 「少年と自転車」 / 8 「ドラッグ・ウォー / 毒戦」 / 9 「シチズンフォー スノーデンの暴露」 / 10 「帰ってきたヒトラー」

11 「SING/シング」(日本語吹替版) / 12 「ワイルド・スピード MEGA MAX」 / 13 「ナイトクローラー」 / 14 「奇跡の教室」 / 15 「ベティ・ブルー」 / 16 「ミッドナイト・イン・パリ」 / 17 「神様の思し召し」 / 18 「her/世界でひとつの彼女」 / 19 「マグノリア」 / 20 「カフェ・ソサエティ」

21 「プリズナーズ」 / 22 「if i stay」 / 23 「ハドソン川の奇跡」 / 24 「ニュースの真相」 / 25 「ラ・ラ・ランド」 / 26 「しあわせのかおり」 / 27 「REDリターンズ」 / 28 「 愛しき人生のつくりかた」 / 29 「ディーパンの闘い」 / 30 「ロルナの祈り」

31 「プリデスティネーション」 / 32 「追憶の森」 / 33 「花様年華」 / 34 「EDEN/エデン」 / 35 「17歳」 / 36 「ある子供」 / 37 「愛とセックス」(Sleeping With Other People) / 38 「後妻業の女」 / 39 「Mommy マミー」 / 40 「ロゼッタ」

41 「ニュースの真相」 / 42 「あと1センチの恋」 / 43 「海難1890」 / 44 「ホテルコパン」 / 45 「聖の青春」 / 46 「ロング・トレイル!」 / 47 「ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期」 / 48 「ワールド・ウォーZ」 / 49 「惑星のかけら」 / 50 「麦子さんと」

51 「超高速!参勤交代 リターンズ」 / 52 「カケラ」 / 53 「スプリング・ブレイカーズ」 / 54 「BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント」

2017.05.24 Wed l 2017年 l top
先日、子どもたちの習いごとに付き添って観覧席にいたら、目の前に座っていた女性3人組が話している内容が耳に入ってきました。

それは、

「(幼稚園児くらいの年齢の)子どもが他の子に暴力を振るわれ、やり返そうとしていたので、『やり返しちゃダメ』と言ったら、『なんで?やられた方は一方的にやられて我慢しなくちゃいけなくて、やった方はやりっ放しなの?』と反論された」

という話でした。

child-594519_1920.jpg


この子どもからの反論に困ってしまい、返答に窮したこと、そして「一応言ったのは」、「誰かが「やり返さない」ということをしないと際限なく暴力が続いて、どんどんその暴力が大きくなって、最終的には戦争にまでなってしまう」ということでした。

この話を聞いていた他の2人の女性たちは「難しい問いだね」というようなことは言っていたものの、特に自分なりの「答え」は言っていませんでした。


この話を聞いていて、「僕だったらどう答えるだろう」と考えていました。
皆さんが子どもに同じ質問をされたら、どう答えるでしょうか?


まず僕が思いついたのは、「暴力に暴力で返すということは、自分自身が「暴力を振るうような人間」に貶める行為だ」ということです。

もう一つは、「人間が他の動物と唯一違うのは、理性があり、話し合うことが出来るということ。だからこそ、話し合いで解決するべきではないか。」ということです。

でも、よく考えてみると、前者は「暴力を振るう人間を下に見ている感じ」がしますし、後者では「他の動物よりも人間の方が優れているかのようなおごり」があるようにも感じます。
正解のない問いですが、どんな答えがあるのだろうか、と今も考え続けています。

皆さんだったら、どう答えるでしょうか?
2017.05.23 Tue l 日々雑感 l top
先日、Eテレ(NHK)のハートネットで「フェミニズム新時代」というテーマで、女性を中心にアナウンサーを含め7人がVTRを観つつ、座談会のように語りあう形式の番組が2回続けて放送されていました。

フェミニズム新時代 第1回 "フェミ"な女がカッコイイ(2017年5月16日(火曜) 再放送2017年5月23日(火曜))
フェミニズム新時代 第2回 あなたも私もフェミニスト(2017年5月17日(水曜) 再放送2017年5月24日(水曜))

「新時代」と銘打っていることもあって、現在のどのような動きが「フェミニズム」と捉えられているのかということを、特に日本でのフェミニズム運動の流れも踏まえつつ構成されていて、基本的に好印象でした。

しかし、出演者が語り会っている中で気になるやりとりがありました。
そのやりとりを文字起こししてみました。
括弧内は僕による補足です。

やっぱその(自分の)親の影響もあるんでしょうけれど
「まぁ、女として男の人を養うくらいじゃないとね」くらいのことを(自分は)言っちゃったりもするんで
それで新しい女性の生き方みたいなのは、その、(自分が)選択肢にはなれたら良いなと思うんですけど
そんなことばっかりしてたら、いわゆるヒモをどんどん生んでしまうので(周囲の人たちから「あはは」と笑いが聞こえる)
そこは紙一重ですよね(以下略)



先に断っておきたいのは、この発言をした人自体を批判する意図はないことです。

それを踏まえてこの発言と周囲の人たちの反応に何が気になったのか。
それは、

女性が誰かを養えるくらいの経済力を持つ→ヒモが増える

という図式で語ることに何の疑問も語った本人も周囲の人たちも感じていないことです。

僕がこの発言の上に書いた図式で疑問に感じるのは、主にこの2点です。
①(性別関係なく)パートナーの1人が誰かを養えるくらいの経済力を持つと、他方のパートナーは何もしなくなるの?
②男性が主な稼ぎ手として、女性が家事・育児をしていることはあるのに、男女が逆だと何故男性が家事・育児をしないと考えるのか?

それぞれの疑問点をもう少し丁寧に言葉にしていきます。

woman-1979272_1920.jpg


①(性別関係なく)パートナーの1人が誰かを養えるくらいの経済力を持つと、他方のパートナーは何もしなくなるの?

女性がパートナーを養えるくらいの経済力を持つことが何故「ヒモ」を生んでしまうのでしょうか。
「ヒモ」という偏見まみれの言葉自体にはここではペンディングさせてもらいますが、パートナーが家族を養えるくらいの経済力を持った時、他方のパートナーは何もしなくなるのでしょうか?
それまで仕事をしていればそのまま仕事をし続けるというのが、日本の世帯調査からも多数だと明らかになっています。
つまり、結婚をしても女性は仕事を辞めることは少なくなっているにもかかわらず、男女逆転すると、何故か男は仕事を辞め、さらには家事もしない、という「何もしない人間になる」と決めつけているのです。

仕事を続けている上で、過酷な環境から逃れやすくなるとは思いますが、(パートナーが経済的に自立していれば、自分が過酷な労働環境にも関わらずその仕事を「継続しなければならない」という負担はかなり減ります)、そのことと「ヒモ」というように「何もしない人間になる」というのは全く違うことです。

②男性が主な稼ぎ手として、女性が家事・育児をしていることはあるのに、男女が逆だと何故男性が家事・育児をしないと考えるのか?

誰かを養えるくらいの経済力を持った男性が結婚したとき、女性が家庭のことを分担することになっても、殆どの人は疑問や違和感を感じないようです。
でも、それが女性がパートナーを養えるくらいの経済力があるので、男性が家事・育児を分担することになることには、多くの人は戸惑うようです。
「結婚したから仕事やめたんだ」と女性が言えば、多くの人は疑問や違和感を感じることなく受け入れるけれど、「結婚したから仕事やめたんだ」と男性が言えば、多くの人は疑問や違和感を感じる。
これこそが番組で触れられていた「性的偏見(ジェンダー・バイアス)」なのではないでしょうか?

さらに、この発言でより深刻だと思うのは、女性が誰かを養えるくらいの経済力を持つと、「パートナーの男性が何もしなくなる」(ヒモ)と当然のように考えられていることです。
女性がたとえば結婚し仕事を辞めたら、家事をする(している)ことは当たり前だと捉えられているにもかかわらず、男性が結婚し仕事を辞めたら、家事など全くしない(していない)と当然のように考えられているということです。

そもそも、パートナーに家族を養えるくらいの経済力があろうと、仕事をすぐに辞めると考えていることにも疑問がありますが、パートナーに家族を養えるくらいの経済力があると何故男性は何もしなくなると考え、そして多くの人もそれに何も疑問を思わず受け入れるのか。

番組では、フェミニストとはという話の中で、このように語られていました。

(フェミニストとは)性別・性自認・性的嗜好をもって
人を区別して序列を持ち込んで差別しない人



でも、残念ながら「ヒモをどんどん生んでしまう」という発言、そしてそれに対する周囲の「あはは」という笑いは、性別による序列を持ち込んでいるようにしか見えませんでした。

男性だろうが女性だろうが、パートナーとの関係の上で家庭のことを分担する立場になれば、家事・育児を当然のこととしてやるでしょうし、実際現にやっているのではないでしょうか。
2017.05.22 Mon l 日々雑感 l top
TSUTAYAディスカスから送られてきた映画です。


Mommy/マミー [DVD]


グザヴィエ・ドラン監督 映画『Mommy/マミー』 オフィシャルサイト

作品データ映画.comより)
原題 Mommy
製作年 2014年
製作国 カナダ
上映時間 134分
映倫区分 PG12

ストーリー(オフィシャルサイトより)
とある世界のカナダでは、2015年の連邦選挙で新政権が成立。2ヶ月後、内閣はS18法案を可決する。公共医療政策の改正が目的である。中でも特に議論を呼んだのは、S-14法案だった。発達障がい児の親が、経済的困窮や、身体的、精神的な危機に陥った場合は、法的手続きを経ずに養育を放棄し、施設に入院させる権利を保障したスキャンダラスな法律である。ダイアン・デュプレの運命は、この法律により、大きく左右されることになる。

感想
何故この作品をリクエストしてあったのかは全く覚えていないのですが、これを書くために少し調べていたら、以前観たことのある「トム・アット・ザ・ファーム」のグザヴィエ・ドラン監督の作品で、2014年第64回カンヌ国際映画祭コンペティション部門でジャン=リュック・ゴダールと共に審査員特別賞を受賞した作品だそうです。

映画の冒頭で「障がい児が収容されるという法律が出来た」と書かれ、僕はそれが「映画の中のフィクション」ではなく、現実のこと、として受け入れて観てしまったので、結構ショックを受けてしまいました。
今、こうして、その法律が「フィクションである」ということを知ったので、少し落ちついて書けているものの、映画というフィクションでありながら、カナダではこの映画のような出来事が起きているのか、と思い暗澹たる気持ちになりました。

主人公はダイアン・デュプレ、息子の子スティーヴを施設から引き取り、一緒に暮らしはじめるところから物語は始まります。
スティーヴの言動は、激しく、母親であるダイアンに対しても汚い言葉で罵ったり、暴力を振るったり。
そこに、ふとしたきっかけで隣人の元教師カイラと親しくなり、三人の交流が始まります。
スティーヴにも目標があり、そこに向かって順調に進んでいるかのように見える時もあるものの、最終的にダイアンはある決断を下す。

物語自体というよりも、スティーヴが「発達障がい」、あるいは「ADHD」だと語られていることに危惧や疑念を覚えました。
スティーヴの暴力性だったり、他を顧みない行動は話して「発達障がい」だからなのか。
僕にはスティーヴ、というかこの映画の中での暴力性がかなり気になりました。
でも、「発達障がい」の人たちや「ADHD」の人たちを思い出しても、決してこの「暴力性」は結びつきません。
なので、僕はこのことに戸惑いを感じてしまいました。

スティーヴとしての視点で観るのか、母親であるダイアンの視点で観るのかによって、この作品をどのように感じるかは大きく変わると思いますが、2人にとって前向きな決断だったと感じただけに、ラストをどのように理解すれば良いのか考え込んでしまいました。

勝手に五段階評価(基本的に甘いです)
★★★★☆

2017年に観た映画ランキング

1 「わたしは、ダニエル・ブレイク」 / 2 「さとにきたらええやん」 / 3 「この世界の片隅に」 / 4 「ムーンライト」 / 5 「パレードへようこそ」 / 6 「あまくない砂糖の話」 / 7 「少年と自転車」 / 8 「ドラッグ・ウォー / 毒戦」 / 9 「シチズンフォー スノーデンの暴露」 / 10 「帰ってきたヒトラー」

11 「SING/シング」(日本語吹替版) / 12 「ワイルド・スピード MEGA MAX」 / 13 「ナイトクローラー」 / 14 「奇跡の教室」 / 15 「ベティ・ブルー」 / 16 「ミッドナイト・イン・パリ」 / 17 「神様の思し召し」 / 18 「her/世界でひとつの彼女」 / 19 「マグノリア」 / 20 「プリズナーズ」

21 「if i stay」 / 22 「ハドソン川の奇跡」 / 23 「ニュースの真相」 / 24 「ラ・ラ・ランド」 / 25 「しあわせのかおり」 / 26 「REDリターンズ」 / 27 「 愛しき人生のつくりかた」 / 28 「ディーパンの闘い」 / 29 「ロルナの祈り」 / 30 「プリデスティネーション」

31 「追憶の森」 / 32 「花様年華」 / 33 「EDEN/エデン」 / 34 「17歳」 / 35 「ある子供」 / 36 「愛とセックス」(Sleeping With Other People) / 37 「後妻業の女」 / 38 「Mommy マミー」 / 39 「ロゼッタ」 / 40 「ニュースの真相」

41 「あと1センチの恋」 / 42 「海難1890」 / 43 「ホテルコパン」 / 44 「聖の青春」 / 45 「ロング・トレイル!」 / 46 「ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期」 / 47 「ワールド・ウォーZ」 / 48 「惑星のかけら」 / 49 「麦子さんと」 / 50 「超高速!参勤交代 リターンズ」

51 「カケラ」 / 52 「スプリング・ブレイカーズ」 / 53 「BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント」

2017.05.21 Sun l 2017年 l top
先日、いつも読んでいるメルマガのコーナーでワイルド・スピードの新作について触れられていました。
Amazonプライムビデオ(プライム会員だと無料で観られる)にもいくつかワイルド・シリーズが含まれていて、どれを観たか忘れてしまっていたので、とりあえず、これを観てみました↓

*観始めて20分くらい経った頃、以前観たことがあったのを思い出しました。
でも、ブログには感想を書いたことがなかったので書いてみたいと思います。



ワイルド・スピード MEGA MAX


作品データ映画.comより)
原題 Fast Five
製作年 2011年
製作国 アメリカ
上映時間 130分

あらすじ
前科者のドミニクと彼を脱獄させた元捜査官ブライアンは、張りめぐらされた捜査網をかいくぐり、ブラジルの裏社会で身を隠していた。2人は逃亡生活を終わらせて自由を得るため、裏社会を牛耳る黒幕から1億ドルを強奪する計画を立案。世界中から凄腕のドライバーを集める。

感想
以前観たことがあったことに気づいたにもかかわらずそのまま見続けたのは、「面白かった」という記憶があったからです。

殴り合いの場面や(特にラストの)人が殺される場面もあるものの、凄惨な描き方ではないので、アクション映画として楽しめました。
僕自身は車に特に興味がないので、この映画に出てくる車がどのほどの性能があるのか、貴重なものなのかは全く分からないのですが、ラストのトリックだったり、ドミニク&ブライアンの人間模様だけでなく、彼ら追うジョンソン捜査官とのやりとりも(実際にはないだろうけれど)非現実的だと全く考えさせる余地もなく、すがすがしさが残る作品でした。

勝手に五段階評価(基本的に甘いです)
★★★★☆

2017年に観た映画ランキング

1 「わたしは、ダニエル・ブレイク」 / 2 「さとにきたらええやん」 / 3 「この世界の片隅に」 / 4 「ムーンライト」 / 5 「パレードへようこそ」 / 6 「あまくない砂糖の話」 / 7 「少年と自転車」 / 8 「ドラッグ・ウォー / 毒戦」 / 9 「シチズンフォー スノーデンの暴露」 / 10 「帰ってきたヒトラー」

11 「SING/シング」(日本語吹替版) / 12 「ワイルド・スピード MEGA MAX」 / 13 「ナイトクローラー」 / 14 「奇跡の教室」 / 15 「ベティ・ブルー」 / 16 「ミッドナイト・イン・パリ」 / 17 「神様の思し召し」 / 18 「her/世界でひとつの彼女」 / 19 「マグノリア」 / 20 「プリズナーズ」

21 「if i stay」 / 22 「ハドソン川の奇跡」 / 23 「ニュースの真相」 / 24 「ラ・ラ・ランド」 / 25 「しあわせのかおり」 / 26 「REDリターンズ」 / 27 「 愛しき人生のつくりかた」 / 28 「ディーパンの闘い」 / 29 「ロルナの祈り」 / 30 「プリデスティネーション」

31 「追憶の森」 / 32 「花様年華」 / 33 「EDEN/エデン」 / 34 「17歳」 / 35 「ある子供」 / 36 「愛とセックス」(Sleeping With Other People) / 37 「後妻業の女」 / 38 「ロゼッタ」 / 39 「ニュースの真相」 / 40 「あと1センチの恋」

41 「海難1890」 / 42 「ホテルコパン」 / 43 「聖の青春」 / 44 「ロング・トレイル!」 / 45 「ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期」 / 46 「ワールド・ウォーZ」 / 47 「惑星のかけら」 / 48 「麦子さんと」 / 49 「超高速!参勤交代 リターンズ」 / 50 「カケラ」

51 「スプリング・ブレイカーズ」 / 52 「BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント」

2017.05.20 Sat l 2017年 l top
TSUTAYAディスカスでリクエストを出している作品を確認していたら、Amazonプライムビデオ(プライム会員だと無料で観られる)の対象になっていた作品がいくつかありました。
ということで、その中の1つであるこの作品を早速観てみました。


追憶の森(字幕版)


映画『追憶の森』公式サイト

作品データ映画.comより)
原題 The Sea of Trees
製作年 2015年
製作国 アメリカ
上映時間 110分

ストーリー(公式サイトより)
富士山の北西に広がる青木ヶ原の樹海。その鬱蒼とした森の中に、恐る恐る足を踏み入れるアメリカ人男性がいた。彼の名はアーサー・ブレナン(マシュー・マコノヒー)。片道切符を手に日本へやって来た彼が樹海を訪れた目的はただひとつ――それは、自らの人生を終わらせることだった。森の開けた場所に腰を下ろし、ゆっくりと永遠の眠りにつく準備を始めるアーサー。そんな彼の目の前に、傷ついた身体をひきずりながら森の出口を求めてさまよう日本人男性(渡辺 謙)が現れる。「ここから出られない。助けてくれ」と懇願する男を放っておくことができなくなったアーサーは、寒さに震える男に自分のコートを着せかけ、出口に続く道へと誘導する。しかし、さっき通ったはずの道はなぜか行き止まりになっており、既に飲んでいた薬にふらつきながら歩いていたアーサーは崖から転落して怪我を負ってしまう。それは、アーサー自身の人生を象徴するかのような出来事だった。
アーサーは結婚生活に問題を抱えていた。原因は3年前の彼の浮気。それ以来、妻のジョーン(ナオミ・ワッツ)は酒に逃避するようになり、事あるごとにアーサーを責めた。さらに、大学の非常勤講師に転職して収入が激減したアーサーと、不動産仲介の仕事で高収入を得ているジョーンの間に生じた経済的な格差が、夫婦の溝をいっそう深めた。ジョーンに対する愛情が消えたわけではなかったが、自分の努力だけではどうにもならない状況にアーサーは苛立ち、苦悩する日々を送っていた。そんな中ジョーンの病気が発覚。夫婦の関係には新たな道が開けるはずだった。
アーサーが樹海で出会った日本人は、ナカムラ・タクミと名乗った。森をさまよう中で小川をみつけたタクミは、「下流に向かって進もう」とアーサーに提案する。しかし川は途中で途切れ、寒さに震えながら歩く2人の頭上には無情にも雨が降り注ぐ。雨風をよけるために2人は洞窟の中に避難するが、洞窟の中に石と鉄砲水が流れ込み、押し流されたタクミは意識を失ってしまう。ぐったりしたタクミを励まし、必死に介抱するアーサー。偶然にもテントを発見した彼は、その中に残されていたライターを使って暖を取り、ひと時の安らぎを得る。
その夜、タクミと共にたき火を囲んだアーサーは、樹海への旅を決意させた出来事を語り始めた。「絶望して来たんじゃない。悲しみでもない。罪の意識で来た。僕たちは相手への接し方を間違っていた」。タクミに心を開いたアーサーの口からは、深い悔恨の言葉がほとばしり出る。だが、その時アーサーはまだ知らなかった。コート、タクミの妻子の名前、岩に咲く花、水辺、『楽園への階段』、『ヘンゼルとグレーテル』――樹海で起きたすべての出来事が1本の奇跡の糸で結ばれることを……。

感想
日本を舞台にした、アメリカ映画ということで、日本に暮らす身としては、違和感を感じるのではないかと少し警戒していたのですが、主要キャストに渡辺謙がいるからなのか、全く違和感を感じることがありませんでした。
実際には少し「?」と思うところがあったのですが、実はその「?」と思うところはちゃんとした意味があって、アーサーがアメリカ人だったからそれに違和感を抱かなかったということがラストになって明らかになります。
なので、違和感自体は感じる部分はあったのですが、その違和感自体もちゃんと物語で回収されていました。

タイトルが日本では「追憶の森」となっていますが、原題は「The Sea of Trees」。
「樹海」です。
どこを舞台にした話なのかはよく知らずに観始めたのですが、このタイトルが表示された時点ですぐに樹海だと分かりました。
そして、樹海ということは、主人公が「死」を求めていることもすぐに想像出来ました。

死に場所を求めて青木ヶ原樹海にやって来たものの、右往左往してたり、あるいは他の人と出会ってしまったことで、死ぬという気持ちが生きるという方向に向かっていく。
特に、自らの意思ではなく、不意にケガをしてしまうことで、逆に生を求めるということは、とてもリアルに感じました。

死を考えるきっかけとなったアーサーの妻ジョーンとの夫婦関係もなんだかものすごくリアルな感じ(「これうちのこと?」と感じたり)
でした。
夫婦関係が修復される間もなく、ジョーンに病気が見つかり、回復していくのかと思った途端の展開を含めて、死を求めてやってきたその経緯が、言葉ではあまり多く説明されることはありませんが、観ていて想像出来るようになっていました。

登場人物が少ないと、下手すると退屈してしまうこともありますが、マシュー・マコノヒーが主演だからなのか、渡辺謙の存在感からなのか、脚本や撮影が良いのか、それとも全部良かったのか分かりませんが、決して飽きることなく最後まで観ることが出来ました。

勝手に五段階評価(基本的に甘いです)
★★★★☆

2017年に観た映画ランキング

1 「わたしは、ダニエル・ブレイク」 / 2 「さとにきたらええやん」 / 3 「この世界の片隅に」 / 4 「ムーンライト」 / 5 「パレードへようこそ」 / 6 「あまくない砂糖の話」 / 7 「少年と自転車」 / 8 「ドラッグ・ウォー / 毒戦」 / 9 「シチズンフォー スノーデンの暴露」 / 10 「帰ってきたヒトラー」

11 「SING/シング」(日本語吹替版) / 12 「ナイトクローラー」 / 13 「奇跡の教室」 / 14 「ベティ・ブルー」 / 15 「ミッドナイト・イン・パリ」 / 16 「神様の思し召し」 / 17 「her/世界でひとつの彼女」 / 18 「マグノリア」 / 19 「プリズナーズ」 / 20 「if i stay」

21 「ハドソン川の奇跡」 / 22 「ニュースの真相」 / 23 「ラ・ラ・ランド」 / 24 「しあわせのかおり」 / 25 「REDリターンズ」 / 26 「 愛しき人生のつくりかた」 / 27 「ディーパンの闘い」 / 28 「ロルナの祈り」 / 29 「プリデスティネーション」 / 30 「追憶の森」

31 「花様年華」 / 32 「EDEN/エデン」 / 33 「17歳」 / 34 「ある子供」 / 35 「愛とセックス」(Sleeping With Other People) / 36 「後妻業の女」 / 37 「ロゼッタ」 / 38 「ニュースの真相」 / 39 「あと1センチの恋」 / 40 「海難1890」

41 「ホテルコパン」 / 42 「聖の青春」 / 43 「ロング・トレイル!」 / 44 「ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期」 / 45 「ワールド・ウォーZ」 / 46 「惑星のかけら」 / 47 「麦子さんと」 / 48 「超高速!参勤交代 リターンズ」 / 49 「カケラ」 / 50 「スプリング・ブレイカーズ」

51 「BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント」

2017.05.19 Fri l 2017年 l top