先日、サントリー白州蒸留所の見学ツアーに参加した際、ウイスキーの熟成樽の燻製チップを買ってきました。

DSC09737.jpg
税込み378円でした。


数年前から燻製が流行っているということは知っていたものの、燻製用の道具を揃えるのも大変だな、ということもあり敬遠していましたが、とりあえず金網だけ手に入れれば、我が家でも出来そうなので、作ってみることにしました。

近所にあるホームセンター2店をに行って家にあるフライパンに合う26cmの金網がなかったので、28cmの金網を買い、それを縮めました(金網の縮め方については割愛)。

ということで、道具も揃ったので、燻製作り開始。
簡単そうなので、今回はカマンベールチーズ。

1.フライパンにアルミホイルを敷き、その上に大さじ2杯くらいの燻製チップを載せます↓

DSC09735.jpg


2.金網の上にアルミホイルを敷き、その上にカマンベールチーズを載せます↓
(カマンベールチーズは溶ける可能性があるのでアルミホイルを敷きました)

DSC09736.jpg


3.蓋をして、強火にかけます。
(レシピサイトとかだと「煙が出て来たら(約2分)弱~中火にする」とありましたが、我が家のコンロは安全装置の関係で勝手に弱火になってしまうので、最初に強火にした後は火力調整はしませんでした。)
4.10分後に火を消す。
5.そのまま1時間放置。

フライパンから出したらこんな感じになっていました↓

DSC09738.jpg


暖かい内に食べるのも、中がとろっとしていて美味しいそうなのですが、今回は食事の時間に合わなかったのでラップに包み、冷蔵庫へ。
切り分けるとこんな感じになりました↓



子どもたちには香りが強すぎたようで、食べもせずににおいを嗅いだだけでダメでしたが、僕はほのかに香るウイスキー樽のにおいを感じる事が出来ました。
確かに、逆ににおいが気になるかも知れないので、消火してからの放置時間を1時間より短くしても良いのかな、と思いました。
スポンサーサイト
2017.08.19 Sat l 本日のパパ料理 l top
Amazonのプライムビデオ(プライム会員だと無料で観られる)で観た映画です。
知らない作品でしたが、評価が高かったので観てみました。


世界一キライなあなたに(字幕版)


映画 『世界一キライなあなたに』 公式サイト

作品データ映画.comより)作品データ
原題 Me Before You
製作年 2016年
製作国 アメリカ
配給 ワーナー・ブラザース映画
上映時間 110分

ストーリー(公式サイトより)
舞台はイギリスの田舎町。
ルイーザ・クラーク(通称ルー、エミリア・クラーク)は、お洒落をすることが大好きな26歳。ある日、働いていたカフェが閉店することになったルーが新たに得た職は、バイクの事故で車椅子生活を余儀なくされ、生きる希望を失ってしまった超ハンサムな大富豪ウィル・トレイナー(サム・クラフリン)のお世話係をする6ヶ月限定の仕事だった。最初はルーに冷たく当たるウィルだったがルーの明るさが、ウィルの頑な心を溶かしていき、やがて2人は恋に落ちていく。しかしある日ルーは知ってしまう。
ウィルが決めた「生きる時間」があとわずかだということを・・・。

ルーは、ウィルを胸躍る冒険へと連れ出し、生きることの喜びを思い出させようとする。だが、コンサートも南の島への豪華旅行も、すべてが初めての経験で戸惑うルーに、人生の本当の楽しみ方を教えてくれたのはウィルの方だった。外の広い世界、そして、【自分の可能性を信じること】をウィルに教わったルーは、自信に満ち溢れた女性へと変わっていく。だが、その日は近づいていた──。

感想
事前に内容を全く知らないで見たので、結末も知らなかったのですが、思わぬ形で安楽死や尊厳死というものを考えさせられることになりました。

僕があまり評価を高く出来ない理由としては、「こんなに明確に意志を伝える人間が自死を容認される」という社会への僕自身の戸惑いがあるからです。

日本では、ウィルが採った方法は認められていないので、このような結末自体があり得ないのですが、このような結末が許されてしまう社会があるということに少なからず衝撃を受け、それを作品の評価に影響させて良いのかどうかもよく分かりません。

事故でなくても、何らかの理由で身体を動かせなくなったり、あるいは、意志を伝えることが難しくなってしまった人が身近にいる(いた)経験のある人にとっては、受け入れることがかなり難しいラストになっているように思えます。

首から下が動かなければ、自死出来るとすれば、じゃあ、足が動かなくなった人はどうなるのか、手が動かなくなった人は?、耳が聞こえなくなった人は?、先天的に四肢に麻痺がある人は?
自死を望む気持ちや意志を否定することは出来ませんが、周りの人がその自死を望む当事者の決定を受け入れてしまうという状況が僕にはただただ戸惑いしか感じませんでした。

当事者の気持ちや意志を他人が干渉することは出来ないとしても、「自分にはその決定を受け入れることは出来ない」と言い続ける人がいても良いはずです。
でも、周りの人は最終的に当事者の意志を受け入れ、その決定に手を貸してしまうのです。

もし、その決定に手を貸してしまうのであれば、その周りの人たちの気持ちの変化を知りたいと思うのですが、それは殆ど描かれることはありませんでした。
ただ、当事者の決定があり、それを周りの人たちは「諦めて受け入れる」だけになっています。

物語の殆どがルーとウィルの恋愛模様になっていたので、ある意味仕方がないのかも知れませんが、同じような「半身不随になった人物が自死を望む」という作品としては、「海を飛ぶ夢」の方が圧倒的に登場人物たちの気持ちや考えの変化を丁寧に描いている様に思いました。


海を飛ぶ夢 Blu-ray


勝手に五段階評価(基本的に甘いです)
★★★★☆

2017年に観た映画ランキング

1 「わたしは、ダニエル・ブレイク」 / 2 「さとにきたらええやん」 / 3 「この世界の片隅に」 / 4 「ムーンライト」 / 5 「パレードへようこそ」 / 6 「あまくない砂糖の話」 / 7 「聲の形」 / 8 「少年と自転車」 / 9 「ドラッグ・ウォー / 毒戦」 / 10 「シチズンフォー スノーデンの暴露」

11 「帰ってきたヒトラー」 / 12 「SING/シング」(日本語吹替版) / 13 「ある戦争」 / 14 「ワイルド・スピード MEGA MAX」 / 15 「ナイトクローラー」 / 16 「奇跡の教室」 / 17 「幕が上がる」 / 18 「ベティ・ブルー」 / 19 「ミッドナイト・イン・パリ」 / 20 「神様の思し召し」

21 「her/世界でひとつの彼女」 / 22 「マグノリア」 / 23 「カフェ・ソサエティ」 / 24 「オケ老人!」 / 25 「モアナと伝説の海」 / 26 「プリズナーズ」 / 27 「if i stay」 / 28 「ハドソン川の奇跡」 / 29 「ニュースの真相」 / 30 「ラ・ラ・ランド」

31 「しあわせのかおり」 / 32 「REDリターンズ」 / 33 「 愛しき人生のつくりかた」 / 34 「ディーパンの闘い」 / 35 「ロルナの祈り」 / 36 「プリデスティネーション」 / 37 「セトウツミ」 / 38 「永い言い訳」 / 39 「追憶の森」 / 40 「花様年華」

41 「EDEN/エデン」 / 42 「世界一キライなあなたに」 / 43 「17歳」 / 44 「ある子供」 / 45 「愛とセックス」(Sleeping With Other People) / 46 「後妻業の女」 / 47 「Mommy マミー」 / 48 「ロゼッタ」 / 49 「ニュースの真相」 / 50 「ビューティフル」

51 「あと1センチの恋」 / 52 「海難1890」 / 53 「ホテルコパン」 / 54 「聖の青春」 / 55 「ロング・トレイル!」 / 56 「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」 / 57 「ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期」 / 58 「百瀬、こっちを向いて。」 / 59 「白い帽子の女」 / 60 「ワールド・ウォーZ」

61 「惑星のかけら」 / 62 「麦子さんと」 / 63 「超高速!参勤交代 リターンズ」 / 64 「捨てがたき人々」 / 65 「カケラ」 / 66 「スプリング・ブレイカーズ」 / 67 「BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント」

2017.08.18 Fri l 2017年 l top
ツレがTSUTAYAディスカスでリクエストしていた映画です。
子どもたちが観ているのを家事をしながら横目でたまに見ながら、後で観ていなかった部分を観ました。
ということで、最初に2回途切れ途切れで観たので、一貫して観る形にはなりませんでした。


モアナと伝説の海 (吹替版)


モアナと伝説の海|ディズニー公式

作品データ映画.comより)
原題 Moana
製作年 2016年
製作国 アメリカ
配給 ディズニー
上映時間 107分

ストーリー(公式サイトより)
豊かな自然に恵まれた南の楽園、モトゥヌイ。タラおばあちゃんが子供たちにある伝説を語り聞かせていた。「命の女神テ・フィティの<心>には、命を創り出す偉大な力が宿っていた。その<心>を半神半人のマウイが盗んだとき、暗黒の闇が生まれた。だが、闇がすべてを覆いつくす前にサンゴ礁を超えて旅する者がテ・フィティの<心>を返し、私らを救ってくれる」と―。
そんな伝説を聞いて育った少女モアナは、幼いころに不思議な体験をしていた。まるで海が生き物のようにモアナに触れ、何かを伝えようとしたのだ。だが、モトゥヌイには島を取り囲むサンゴ礁の外には出てはいけないという掟があり、航海は禁じられていた。掟を守る村長のトゥイは、「大海原に飛び出して、その先に何があるのか見てみたい」という気持ちを募らせる娘のモアナに、「海は危険だ。お前の幸せはここにある」と言い聞かせていた。
ある日、モトゥヌイに不穏な出来事が起こり始める。ココナッツの木が病気にかかり、魚も捕れなくなったのだ。それらは全て、半神半人のマウイが盗んだテ・フィティの<心>によって生まれた闇が、今にもモトゥヌイを飲み込もうとしているからだった…伝説は本当だったのだ。
「自分の心の声に従うように」―タラおばあちゃんの最期の言葉を胸に、自分の運命を知ったモアナは大海原へと旅立つ。テ・フィティに<心>を返すために、愛する島と皆を救うために―。

感想
ある友人が子どもたちと一緒に映画館で観て「とても良かった」と絶賛していたのですが、僕自身はあまり興味が持てませんでした。
元々アニメ映画にそこまで興味があるとは言えず、それでも、たまに興味が沸いていたのは、「ズーラシア」や「シング」と言った、リズミカルな場面があったからでした。

この「モアナと伝説の海」に関しては、子どもたちは興味があったようですが、僕が惹かれるリズミカルな場面はなかったので、観てみたいと思わなかったのです。

そして、全部観た後でも、友人のように絶賛するということは自分の中でありませんでした。
多分それは、リズミカルな場面がなかったからかもしれません。
じゃあ、逆に、友人が絶賛していた理由を考えると、多分それは、「女の子」が「それまでの掟やルール」を打ち破って「チャレンジする」というところだったのではないかと思います。

絶賛していた友人含め、僕の周りで評価していた人たちの多くは女性たち(しかもみんな日本在住)で、そういう人たちにとっては、特に響いてくる内容だったのかも知れません。
最近のディズニー映画の傾向である、「自立した女性」、「男性に救われるだけでない女性」という姿が今回も描かれていて、そういう意味では、ディズニー(というか社会)も変わってきたのだな、と実感します。

そして、「それまでの掟やルール」を守ろうとするのが「男性たち」であるということも、皮肉というか、社会をよく反映しているようにも見えました。

でも、僕がそこまで心惹かれなかったのは、男性が逆に「邪魔者」という部分が強く描かれているような気がしたからかも知れません。

勝手に五段階評価(基本的に甘いです)
★★★★☆

2017年に観た映画ランキング

1 「わたしは、ダニエル・ブレイク」 / 2 「さとにきたらええやん」 / 3 「この世界の片隅に」 / 4 「ムーンライト」 / 5 「パレードへようこそ」 / 6 「あまくない砂糖の話」 / 7 「聲の形」 / 8 「少年と自転車」 / 9 「ドラッグ・ウォー / 毒戦」 / 10 「シチズンフォー スノーデンの暴露」

11 「帰ってきたヒトラー」 / 12 「SING/シング」(日本語吹替版) / 13 「ある戦争」 / 14 「ワイルド・スピード MEGA MAX」 / 15 「ナイトクローラー」 / 16 「奇跡の教室」 / 17 「幕が上がる」 / 18 「ベティ・ブルー」 / 19 「ミッドナイト・イン・パリ」 / 20 「神様の思し召し」

21 「her/世界でひとつの彼女」 / 22 「マグノリア」 / 23 「カフェ・ソサエティ」 / 24 「オケ老人!」 / 25 「モアナと伝説の海」 / 26 「プリズナーズ」 / 27 「if i stay」 / 28 「ハドソン川の奇跡」 / 29 「ニュースの真相」 / 30 「ラ・ラ・ランド」

31 「しあわせのかおり」 / 32 「REDリターンズ」 / 33 「 愛しき人生のつくりかた」 / 34 「ディーパンの闘い」 / 35 「ロルナの祈り」 / 36 「プリデスティネーション」 / 37 「セトウツミ」 / 38 「永い言い訳」 / 39 「追憶の森」 / 40 「花様年華」

41 「EDEN/エデン」 / 42 「17歳」 / 43 「ある子供」 / 44 「愛とセックス」(Sleeping With Other People) / 45 「後妻業の女」 / 46 「Mommy マミー」 / 47 「ロゼッタ」 / 48 「ニュースの真相」 / 49 「ビューティフル」 / 50 「あと1センチの恋」

51 「海難1890」 / 52 「ホテルコパン」 / 53 「聖の青春」 / 54 「ロング・トレイル!」 / 55 「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」 / 56 「ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期」 / 57 「百瀬、こっちを向いて。」 / 58 「白い帽子の女」 / 59 「ワールド・ウォーZ」 / 60 「惑星のかけら」

61 「麦子さんと」 / 62 「超高速!参勤交代 リターンズ」 / 63 「捨てがたき人々」 / 64 「カケラ」 / 65 「スプリング・ブレイカーズ」 / 66 「BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント」

2017.08.17 Thu l 2017年 l top
子どもたちが所属するボーイスカウトのキャンプに主に食事担当として参加してきたのですが、そこですごく便利だと思ったものがあります。

それが、この↓炊飯器です。


リンナイ ガス炊飯器(プロパンガス用) 【こがまる】 1~5.5合


基本はプロパンガス用の炊飯器なのですが、カセットガスをつなげて使っていました。
電気炊飯器も2台あり、2台で15合炊けたのですが、同じ時間に炊飯するとブレーカーが落ちる事が分かり、多いときで40人分くらいのご飯を用意する必要があったので、10合(1升)分炊けるガス炊飯器を併用しました。

なぜこのガスの炊飯器が良いと思ったのかというと、炊きあがりがすごく早かったからです。
10合でも15分くらいで炊きあがり、味も炊飯器に何ら遜色がないものでした(というか僕はガスの方が美味しく感じました)。

でも1つ欠点なのは、カセットガスをつなぐ為の装置(レギュレーター)↓が必要なこと。


カセットガス用レギュレーター


帰宅してから調べてみたら、このレギュレーターが結構な値段(7000円弱とか)でした。

我が家は今のところ、炊飯は土鍋でやっているのですが、災害が起きたときのことを考えたらこの炊飯器を用意しても良いのかも、と思い始めました。

炊飯器(こがまる)が約1万円、レギュレーターが約7千円で合計1万7千円。
電気炊飯器を調べたら主流が1~2万円くらいのようなので、そこまで高くないのかもしれません。
また、カセットガス1本で約10回炊けるとのことで、カセットガス1本で150円とすると、1回15円。
使えば使うほどお得な気もします。

今度土鍋が壊れたら真剣に購入を検討してみたいと思います。
2017.08.16 Wed l たべもの l top
先日、3泊4日で子どもたちが所属するボーイスカウトのキャンプに行って来ました。
参加したのは長男(小5)と次男(小3)なので、保護者の付き添いはもう必要はないのですが、2日目のお昼まで炊事担当が必要だということで、「食事を作るなら夫で」というツレの一言で僕が行くことになりました。

キャンプ自体は3日目にくみ上げポンプが故障し水が使えなくなるというアクシデントに見舞われたものの、子どもたちは無事に東京へ帰ってくることが出来ました。

そんな中、キャンプ地のすぐ近くにある、サントリー白州蒸留所の見学ツアーに参加してきました。

サントリー白州蒸留所

家にいるときには毎食作っているのに「キャンプでも炊事係か…」とあまり乗り気ではなかった僕に、ツレが白州蒸留所ツアーを申し込んでくれたのです。
夏休み、しかも、お盆の時期なので予約が埋まっているかな、と思いましたが、6月中旬の時点で予約することが出来ました。

当日は、丁度蒸留所に向かう時間、ゲリラ豪雨に見舞われ、受付の女性に「徒歩出来たのですか!?」と驚かれ、「帰りも徒歩ですか!?お気を付けて…」と心配されるほどでしたが、無事に参加することが出来ました。

どのようにウイスキーが出来るのか、材料の説明から、仕込み、蒸留の仕方、また、貯蔵庫の中で説明をしてもらい、最後は、原酒と白州をテイスティングし、そして、白州のブレンダーがオススメするというハイボールをおつまみと共に試飲しました。


↑左から原酒2種、白州、ハイボール用白州

ハイボールも白州蒸留所で作られて白州を、ここで取れた南アルプスの天然水の炭酸水で割るという、ここで作られたもので作りました。


↑右にある、貯蔵樽の粉末チップで燻したおつまみがとてもハイボールに合って美味しかったです。

1時間ちょっとの見学とテイスティング、試飲のあとは、雨も止んでおり、徒歩でまたキャンプ地に戻りました。

キャンプ地に戻ったら断水していたので、余韻に浸る余裕はなくなってしまいましたが、1人での参加者も何人かいて気兼ねすることもなく、キャンプ中の良いリフレッシュにもなりました。

ちなみに、サントリー白州蒸留所&サントリー天然水南アルプス白州工場のすぐ近くには、お菓子のシャトレーゼの工場もあります。
今度はシャトレーゼにも行ってみたいな、と思います。
2017.08.15 Tue l お出かけ l top
先月にも書いた、サンケイリビング新聞社が運営している「働くママ」向けのWebメディア「ぎゅってWeb」にまたコラムを書かせてもらいました。

ぎゅってWeb



自分が立ち上げメンバーになっている、秘密結社「主夫の友」のメンバーでコラムを書いていて、前回のコラム(男は家族を養うもの!? 主夫の僕と、教員の妻の場合)が好評だったとのことで、また書かせてもらうことになりました。

間に何人か挟んでいることもあり、今回も原稿の確認はされず、前回はほんの少しだけの修正でしたが、今回はまるまる一文削除されていました。
さすがに本名を出して(リスクを負って)書いているものなので、今回の様に何も連絡がなく、言葉の修正ではなく、文を丸々削除するのなら連絡が欲しいところです。

今後はコラムを書くメンバーを広げていくと「主夫の友」の広報担当が方針を出していたので、僕が次に書くことがあるかどうかは未定です。
自分としては何の連絡もなく文が削除されていたので、納得のいくものではないのですが、公開から1ヶ月経っている前回のコラムの倍以上、今回のコラムは一日で読まれたようです。
2017.07.13 Thu l メディア掲載 l top
突然ですが、僕の中での山登り用のタオルが決定しました。
山登りをしていると、特に夏からはかなり汗もかくので、タオルが必要です。
冬場でも温泉に入ったりするので、タオルを持っていくのですが、今まで色々と試したものの、「これだ!」というものがありませんでした。

僕が山登りの時にタオルに求めることは、重要視する順番で以下のようになります。

・携帯性(小さくなる、軽い)
・速乾性
・吸水性
(・肌触り)

この基準で今まで試した中でわりと気に入っていたのが、cocoonという会社のこのタオルです。


コクーン TTE03-M テリータオルライト M Dグレー


このタオルは、吸水性がとても良く、肌触りも良いので、温泉に行くときにはとても良い感じで、山登りだけでなく、旅行にも持って行けます。
でも、逆に吸水性が良いので、濡れたタオルを付属の袋に入れたとしてもそのままバッグに入れると周りのものが少し濡れてしまいます。
そして、さらに、暖かくなってきて、山に登っているときに首から提げていると、少し重たい。
旅行などには良いけれど、(汗をたくさんかく時期の)山登りにはちょっと…、という感じでした。

他に、モンベルのタオルも試してみました。


mont-bell マイクロタオル スポーツ 1124613 BL ブルー


このタオルは、ものすごく薄く、小さくなるので携帯性は良いのですが、肌触りがかなり悪いです。
汗を拭くとかには良いのですが、温泉で身体を拭くときにはどうしてもごわごわというかざらざらした感じがして、あまり気持ちが良い感じはしません。
なので、僕はこのタオルを、「念のため」ということでバッグに忍ばせていました。

そして、そんなイマイチ決定的なタオルがない中で出会ったのが、西川のタオルです。


東京西川 クールタオル 接触冷感 濡らして振ると何度でも冷たい UVカット 抗菌防臭 アフィット ブルー


インターネットの記事か何かを読んでいる時にこのタオル(Afit)が表示され、気になったので、通販サイトで調べてみたら、買える値段だったので、試してみました。
新しい商品なのかレビューがなくて心配でしたが、結果的にとても良かったです。

薄く、小さくなることはもちろん、何よりも山登りで汗をかくので首から提げていても違和感がありませんでした。
このタオルで温泉に入りましたが、吸水性も問題がありませんでした。
濡れたタオルをバッグに入れておくのはイヤなのですが、このタオルだと手に持っていても大丈夫ですし、何より売りの「冷たい」感じがするので、気持ちが良いです。
少し気になるとしたら、ちょっと長いかな、ということです。
あと10cmくらい短い方が僕には良いかな、と思いましたが、値段もそんなにするわけでもないですし、山登りだけでなく、もし野外で運動する人には勧めたいと思うくらい、気に入りました。
2017.07.12 Wed l 山登りのはじまり l top
平野啓一郎さんの小説ですが、今回は短編集を読みました。


透明な迷宮(新潮文庫) Kindle版


表題の「透明な迷宮」は出だしからとても不思議な話で、そして、最後も不思議な感じで終わり、とても印象深い作品でした。
ブダペストが物語の舞台になっているのですが、僕にはその場所を想像することが難しく、読んでいてもあまり情景が浮かび上がることがなかったので、その点ではとても難しく感じました。

また、「Re:依田氏からの依頼」も印象的でしたが、この話が印象的だったのは、現実にありそうでなさそうな境界で描かれているからかな、と思います。
2017.07.11 Tue l 月間読書レポート l top
前回、ゴールデンウィーク中に行った明神ヶ岳・明星ヶ岳以来1ヶ月半振りになってしまいましたが、山登りに行ってきました。

今回は急遽行けることになったので、既にコースマップを持っていた大岳山に行くことにしました。
コースマップは、西武鉄道のものを使いました。

大岳山からロックガーデンの渓谷へ(西武鉄道で行くハイキングコース24選)

高水三山・大岳山0001


奥多摩駅からはバスに乗ることもないので、出発は遅く、家を7時半頃に出て、最寄り駅へ。
そこから西武線の拝島経由で、奥多摩駅へ。
奥多摩駅到着は10時頃でした。

少し遅い時間ということや、山登りにとても良い季候になってきたので、たくさんの人がいました。

DSC09192.jpg


バス待ちの人たちもたくさんいましたが、僕はトイレを済ませてから、山登り開始です。
しばらく歩くと、まずは愛宕山の登山口へ。
ここから登っていきます。

DSC09194.jpg


ここはかなり整えられた山道でした。

DSC09196.jpg


写真ではよく分からないかも知れませんが、かなり傾斜のきつい階段が。

DSC09199.jpg


このあと少しだけ険しくなります。

DSC09201.jpg


すると、愛宕神社(507m)に到着。

DSC09203.jpg


軽く礼拝してから愛宕神社を通過していくのですが、どうやら裏から来たようで、振り返ると鳥居がありました。

DSC09204.jpg


しばらく同じような傾斜の山道が続きます。

DSC09206.jpg


紫陽花はまだ咲いていませんでしたが、この花がたくさん咲いていました。
(なんていう名前なんだろう?)

DSC09211.jpg


人になかなか会わなかったのですが、ここでチリンチリンととても良い音のする鈴を持った健脚の男性に抜かされていきました。

DSC09212.jpg


鋸山が近くなると、少しずつ道が険しくなってきました。

DSC09214.jpg


久しぶりにこういう階段を登りました。
設置されてから大分経っているような感じでしたが、頑丈でした。

DSC09216.jpg


見えるか分かりませんが、鎖場でグループがゆっくり登っていました。

DSC09219.jpg


僕は急いでいるわけでもないのでゆっくり後から付いていったのですが、鎖場を過ぎるとすぐに道を譲ってくれました。

DSC09221.jpg


若干険しいところがあったものの、その後はまた緩やかな山道に。

DSC09222.jpg


鋸山(1,109m)に到着。
そのまま大岳山に向かいます。

DSC09225.jpg


こういう山道の雰囲気が僕は好きです。

DSC09229.jpg


ちょっとした岩場も。

DSC09237.jpg


大岳山山頂(1,266m)に到着。
山頂はかなり賑わっていて、たくさんの人がいました。

DSC09238.jpg


夏に近づいてきたので、あまり遠くまでは見通せないものの、わりとよく見えました。

DSC09239.jpg


山頂でお昼休憩を取った後、下山開始。

DSC09240.jpg


大岳神社。

DSC09243.jpg


ここもすごく雰囲気のある場所で、ベンチなどもあったので休憩している人たちもいました。

DSC09244.jpg


このあとロックガーデンへと続いていくので、岩場が続きます。

DSC09246.jpg


注意喚起の看板の数々。
グラグラ注意。

DSC09248.jpg


滑落注意①

DSC09249.jpg


滑落注意②

DSC09251.jpg


ここを抜けると、かなり緩やかな山道になりました。

DSC09254.jpg


オオカミ信仰のある、武蔵御嶽神社に到着。

DSC09258.jpg


最近塗り直しが行われたとのことで、とても綺麗でした。

DSC09260.jpg


境内に御岳山の山頂碑がありました。

DSC09262.jpg


御嶽神社に至る参道はかなり整備されていて、

DSC09269.jpg


DSC09271.jpg


宿やお土産屋さんが並んでいました。

DSC09273.jpg


そこを過ぎると、御岳山駅に到着。
ケーブルカーで滝本駅に向かい、そこからバスでJR御嶽駅へ行き、帰路に着きました。

DSC09274.jpg


今回の実測ルートです。

IMG_7811.png


高低差は、登りが1200m、下りが700mちょっとでした。

IMG_7812.png


久しぶりに山登りだったので、体力と筋力に不安がありましたが、山の上ではとても良い暖かさで、つらく感じる事もありませんでした。
大岳山から御岳山に至る山道ではたくさんの外国人とすれ違いました。
御岳山が信仰の山ということもあるのか、今まで見たことのある白人や東アジア系の人たちだけでなく、中央アジア系の人たちも登っていたのが印象的でした。
2017.07.10 Mon l 東京都の山 l top
先日、『一瞬の光』について書いた時に「今度は女性が書いた小説を読む」、と書いたのですが、平野啓一郎さんの小説です。
いや、『マチネの終わりに』が良かったので、とりあえず、平野啓一郎さんの小説で手に入るものを読んでいたのです。


顔のない裸体たち (新潮文庫) Kindle版


内容は、インターネットで知り合った男女(というか男の方)が、2人の性行為をネット上に投稿し、それが人気を博し、エスカレートし、最終的に破滅を迎える、というもの。

単行本が出たのが今から10年ちょっと前で、その時だったら、この作品は少しリアルな近未来の話という感じだったのでしょうが、今は中高生でも性的なやりとりを平気でネット上に流している時代に突入しているので、なんだか、今ある現実の方がすごく遠くに来てしまったような感じがします。

ネットに投稿するという設定に関してはそんなことを思うものの、この男女の出会い方から、曖昧な2人の関係、そして、最終的に破滅に突き進む様子は、確かにこういう男女はいるかもしれない、と思いました。
性的な欲求を満たすだけ、と割り切っているのかといえばそうとも言えず、かといってそれは愛でもない。

身近、というか知っている人がこういうことをしていても不思議ではないわけで、そういう点でとてもリアルなものとして感じました。
2017.07.09 Sun l 月間読書レポート l top