先日、3泊4日で子どもたちが所属するボーイスカウトのキャンプに行って来ました。
参加したのは長男(小5)と次男(小3)なので、保護者の付き添いはもう必要はないのですが、2日目のお昼まで炊事担当が必要だということで、「食事を作るなら夫で」というツレの一言で僕が行くことになりました。

キャンプ自体は3日目にくみ上げポンプが故障し水が使えなくなるというアクシデントに見舞われたものの、子どもたちは無事に東京へ帰ってくることが出来ました。

そんな中、キャンプ地のすぐ近くにある、サントリー白州蒸留所の見学ツアーに参加してきました。

サントリー白州蒸留所

家にいるときには毎食作っているのに「キャンプでも炊事係か…」とあまり乗り気ではなかった僕に、ツレが白州蒸留所ツアーを申し込んでくれたのです。
夏休み、しかも、お盆の時期なので予約が埋まっているかな、と思いましたが、6月中旬の時点で予約することが出来ました。

当日は、丁度蒸留所に向かう時間、ゲリラ豪雨に見舞われ、受付の女性に「徒歩出来たのですか!?」と驚かれ、「帰りも徒歩ですか!?お気を付けて…」と心配されるほどでしたが、無事に参加することが出来ました。

どのようにウイスキーが出来るのか、材料の説明から、仕込み、蒸留の仕方、また、貯蔵庫の中で説明をしてもらい、最後は、原酒と白州をテイスティングし、そして、白州のブレンダーがオススメするというハイボールをおつまみと共に試飲しました。


↑左から原酒2種、白州、ハイボール用白州

ハイボールも白州蒸留所で作られて白州を、ここで取れた南アルプスの天然水の炭酸水で割るという、ここで作られたもので作りました。


↑右にある、貯蔵樽の粉末チップで燻したおつまみがとてもハイボールに合って美味しかったです。

1時間ちょっとの見学とテイスティング、試飲のあとは、雨も止んでおり、徒歩でまたキャンプ地に戻りました。

キャンプ地に戻ったら断水していたので、余韻に浸る余裕はなくなってしまいましたが、1人での参加者も何人かいて気兼ねすることもなく、キャンプ中の良いリフレッシュにもなりました。

ちなみに、サントリー白州蒸留所&サントリー天然水南アルプス白州工場のすぐ近くには、お菓子のシャトレーゼの工場もあります。
今度はシャトレーゼにも行ってみたいな、と思います。
スポンサーサイト
2017.08.15 Tue l お出かけ l top
ツレが出勤で不在だった先週末、特にやることもないので、子どもたちと自転車で区民プールに行きました。
が、事前にやっているか調べて行ったにもかかわらず、一日ずれてカレンダーを見ていたので、プールが清掃中で入れませんでした。
そこで急遽、以前から長男が行きたいと行っていたボウリングに行くことに。
まだ10時とかだったので、少し待ったものの、すんなりボウリングが出来ました。

ボウリングを2ゲームやり、帰り道にあるサイゼリヤにでも寄って昼食を食べようと向かうと、、、

次男が停まっている。

中々来ないのでどうしたのかと戻ってみると、次男が乗っていた自転車のチェーンが外れてしまっていました。

そこに、僕が次男の元に戻るより前に、偶然そこにいたヤマト運輸の配達員さんが次男のもとに来て、チェーンの汚れが手に付くことも気にせずに直そうとしてくれました。

gatag-00008909.jpg


工具もなかったので、結局その場では直すことは出来なかったのですが、自分の手が汚れてしまうことも気にせず(そのままの手だと配達物が汚れてしまう…)、自転車修理が出来そうなところも教えてくれました。

ほんの数分の短いやりとりでしたが、すごくありがたかったです。
もちろんご本人にも感謝は伝えましたが、先日、ムスメが保育園で遠足に行った際には電車に乗ったら(騒いだわけでもなく、分乗したにもかかわらず)、他の乗客に舌打ちされたと保育園の先生が凹んでいたという出来事もあったので、余計に嬉しく感じました。

人が多かったり、時間に余裕がなかったり、あるいは仕事中だと寛容になれなくなってしまうということを自戒しつつ、ヤマトの配達員さんのように人に親切にありたいな、と思うのでした。


ちなみに、その後自転車は、家までの帰り道に、自転車を購入したホームセンターがあったので立ち寄り、工賃もなしに修理してもらえました。
こちらも工賃なしで助かりました。
チェーンが外れたのは、次男が無茶なギアチェンジの仕方を繰り返していたからのようです。
2017.07.07 Fri l 本日の子どもたち l top
先日、ムスメが6歳になりました。

子どもたちには毎年誕生日にプレゼントをあげているのですが、今回はかなり悩みました。

誕生日は子どもたちの好きなものをプレゼントする、というスタンスではなく、子どもたちの成長に合ったものを親が選んでプレゼントする、という方法をとっています。

子どもたちはそれぞれ「○○が欲しい!」というものがあるようなのですが、年齢に合ったものをプレゼントしていると、ムスメは3人目なので、既に家にあったりします。

ということで、結局、最近きょうだい間で奪い合いが続いていて、ちょっとうんざりしていたので、これ↓をプレゼントしました。


JD RAZOR MS-105R-B レッド


家に既にあるものは、手元のブレーキがなく、自転車の練習を進めているムスメはブレーキがかなり下手なのもあって、その練習にもなるかな、と手元にブレーキのあるものを選んでみました。

大きいものなので、ネットで注文したら、届いたその日にたまたま行ったホームセンターでネットよりも安く売っていました…。
ツレには「あれにしたの?」と予想通り責められ、安く売っているのを見つけてしまい、どんよりした気分になっています。

なんだか余裕がなくて結局上手い選択が出来ませんでしたが、今年はどこの祖父母からも洋服のプレゼントがなかったので、洋服でも良かったかな、と思いました。
(息子たちのお下がりも着ていますが、いわゆる「女の子」の「新しい」洋服も喜ぶので)
2017.07.05 Wed l 本日の子どもたち l top
昨日、絵本作家のヨシタケシンスケさんのサイン会に行って来ました。

ヨシタケシンスケページ

お子さんがいる家庭だったら見たこと、読んだことのある人が結構いると思いますが、我が家では、『りんごかもしれない』を初めて読んで以来、ヨシタケさんの作品に惹かれ、『ぼくのニセモノをつくるには』『このあと どうしちゃおう』『りゆうがあります』『ふまんがあります』があり、最近でも、『もう ぬげない』『なつみはなんにでもなれる』も買いました。

そんなヨシタケさんの新刊↓が出る、ということで、それに合わせサイン会が行われるという情報をキャッチしたツレが、2冊分(=2人分)申し込みをしていたのです。


http://amzn.to/2tgbO55


僕はあまりサイン会とかには興味がなかったものの、特に予定もなかったので、写真係として同行したのですが、ささっと目の前でサインと共にイラストを描いていく様子は感動的でした。

DSC09279.jpg


サインは文字ですが、イラストも描いて下さったので、どんなスピードなのか、どういう風に描いているのか、手の動き、身体の傾斜などを実際に見られて良かったです。
子どもたちもヨシタケさんが描いて下さっている最中、とても興味深そうに見ていました。

また、この日だけでもものすごい人数(冊数)分のサインと写真を撮っているだろうに、にこやかに接して下さり、とても短い間だったものの、そのお人柄も垣間見えて貴重な機会になりました。
2017.06.19 Mon l お出かけ l top
久しぶりに東京ドームで野球を観戦してきました。

DSC09185.jpg


何の試合かというと、全日本大学野球選手権で、母校が51年振りに出場するということで、ちょうど行ける時間帯だったので行ってきたのでした。

第66回全日本大学野球選手権大会(全日本大学野球連盟)

51年振りというのは僕の両親が大学生の時以来、ということで、両親を誘うかどうかも悩みましたが、結局一人で行って来ました。
(大学生の時に、小学校から大学まで同じ学校だったやつが出てた試合に母と一緒に行ったら、ちょっと引いてしまった経験もあり…。)

東京ドームは自宅からだと一番近い球場なのですが、プロの試合だとものすごく高いので殆ど行ったことがありません。
母校も普段は神宮球場で試合をしているので、もっぱら神宮球場に行っているのですが、試合と同時に東京ドームと神宮球場との違いを楽しんできました。

音が響く
まず驚いたのが、応援の音がものすごく響くことです。
神宮は屋外なので応援の音が外に流れていくのですが、ドームは閉鎖空間なのでものすごく響きます。
それが神宮に慣れている身としては、身体に音がドンドンと響いてきて、少し気持ちが悪くなるくらいでした。

学生が慣れていない
普段大学生たちも神宮で試合をしているので、東京ドームは慣れていないようでした。
神宮でやる場合、応援席に行くとかなりみっちりと座席を指定されたりするのですが、今回は応援席と内野席の境界が甘く、応援席に入ったものの、みっちり応援させられることもありませんでした。
安いので応援席に行ったものの、みっちり応援させられることもなかったのは、僕としてはラッキーでした。

が、応援用のメガホンを周りの人が持っていたので、わざわざ応援団にもらいに行ったら、「応援席で配ります」と言われたものの、結局配られなかったので、応援席に座っていたものの、見渡す限り僕だけがメガホンを持っていませんでした。
まぁ、安い応援席にいながら、みっちり応援させられることがなく、応援グッズもなかったので、良いと言えば良かったのですが。

何にせよ、やっぱり近い東京ドームより、神宮の方が野球場っぽくて良いな、と思いました。
2017.06.10 Sat l お出かけ l top
長男、小学校の宿泊行事で八ヶ岳へ行きました。

YAMAyamasha-06_TP_V.jpg


ムスコたちが通う小学校では5年生になると移動教室という、2泊3日の宿泊行事があります。
僕が通っていた公立小学校では、5年生の時に林間学校という宿泊行事がありましたが(行き先は覚えていませんが…)、名前は違うものの同じようなものかな、と思います。

保護者がいない宿泊自体は、今までボーイスカウトでも経験しているのですが、今回は、自分の荷物を(なるべく)自分で用意させました。
持っていくリュックサックをはじめ、着替えやタオル、洗面具など、しおりに書いてあるものを長男自身で用意させました。

長男が出発した後、すぐに忘れ物に気づき、まだ間に合いそうだったので、それは次男に持って行かせましたが、自分で用意した上で「忘れ物をした」ということも経験の1つになると思います。

何にせよ、今回は天候に恵まれそうなので、良かったです。
こうして、少しずつ親離れ子離れしていくというか、成長していくんだなぁ、と感じています。
2017.06.01 Thu l 本日の子どもたち l top
ムスメが通っている保育園の事務室付近には、子育て関連の各種パンフレットなどが置いてあります。
どんなイベントがあるのかな、とたまに眺めるのですが、そこに絵本作家いもとようこさんの原画展の招待券が置いてありました。
普段からパンフレット類を見ているのは殆どいないので、1枚もらって行ってみることにしました。

絵本原画展 いもとようこの世界

DSC09179.jpg


我が家にはいもとようこさんの絵本はあまりないのですが、Eテレの子ども番組でいもとさんの絵が放送されたり、家になくても図書館で読んだ事があるので、見たことのある絵(原画)がたくさん並んでいました。

DSC09178.jpg


今回は、ムスメを誘ってみたものの「行かない」ということで、大人の僕だけで行きましたが、絵本のストーリー付きの原画や、絵本を元にした読み聞かせの映像もあり、子どもがいるとより楽しめるようになっていました。

僕は1人で行きましたが、子連れはもちろんのこと、若いカップルが結構いたのが印象的でした。
美術系の学生なのかな、と思いましたが、それにしても多いような感じがしました。
今の学生くらいになると、子どもの時に読んでもらったり、自分で読んだりして、馴染みがあるのでしょうか。
2017.05.30 Tue l お出かけ l top
現在保育園年長のムスメ。
3月くらいから1つ年上の保育園の子たちの様子を見て、早く小学生になりたいようなことを言っています。
「ランドセルは水色にする」とか、「○○(ムスメの名前)は、宿題するんだ」(ムスコたちが毎回「宿題やった?」と聞かれているので)とか言っていました。

就学説明会もまだですし、もしかしたら、次男の時のように受験する可能性もあるかもしれませんが、年々ランドセルの注文時期が早くなっているということで、小学校入学まで10ヶ月もあるのですが、ランドセルを選びに行って来ました。

DSC09174.jpg


ムスコたちのランドセルは、ツレ両親からのプレゼントだったのですが、今回のムスメのランドセルは、僕の両親からのプレゼントになりました。
僕の両親は年金生活なので、こんなに高いものを買わせて良いのだろうか、と心配だったのですが、両親としては、ムスコたちはツレ両親だったのに、ムスメだけ自分たちだけで良いのだろうか、と心配していました。

ムスメはそのことは全く気にせず、ランドセル売り場でまず見た目から第三希望までを考え、そこからその3つを背負って決めました。
ムスメは背負ったあとどれにするのか迷っていたのですが、僕の母と僕の意見が一致し、さらに最初の第一希望だったランドセルに決めました。

ランドセルは僕のものではありませんが、いろんな種類があり、確かに決めるのはとても難しそうでした。
今回は、見た目から3つに絞っていたので、それが決めやすさにつながり良かったです。

ちなみに、入荷はいつになるかわからないということで、来年の2月以降になる可能性もあるようです。
まぁ、届かないということはないので良いのですが、やはり年々ランドセル選びが早くなっているようですね。
2017.05.29 Mon l 本日の子どもたち l top
ゴールデンウィーク、特に予定を決めていなかったのですが、予定がないということで、ここ数年で度々行っている上野の森親子フェスタに行ってきました。

去年の様子→上野の森親子フェスタ

上野の森親子フェスタ(公式ホームページ:出版文化産業振興財団)

上野の森親子フェスタとは何かというと、子ども向けの出版物を出している企業などが一堂に会し、絵本の読み聞かせや作家さんたちのサイン会があり、そして何よりもそこで販売されている出版物が20%割引で買えるのです!

ということで、朝の用事を済ませムスメと2人で上野公園へ。
開始時間の10時より少し前に到着したのですが、すでに多くの人が開場を待っていました↓

DSC09056.jpg


ムスメの体調が芳しくないこと、日差しが結構きつかったので1人の時のようにはゆっくり見ることは出来ませんでしたが、今年もたくさんの本を買いました↓

DSC09059.jpg


買った本は以下のものです。
ペネロペようちえんへいく ペネロペしかけえほん(岩崎書店)
ちいさなへいたい(朔北社)
だれも知らないアンパンマン -やなせたかし初期作品集(復刊ドットコム)
ディズニームービーブック 塔の上のラプンツェル (ディズニーストーリーブック)(講談社)
ちびまる子ちゃんのなぞなぞようちえん(集英社)
探偵チームKZ事件ノート キーホルダーは知っている (講談社青い鳥文庫)(講談社)
探偵チームKZ事件ノート 卵ハンバーグは知っている (講談社青い鳥文庫)(講談社)
探偵チームKZ事件ノート 切られたページは知っている (講談社青い鳥文庫)(講談社)
探偵チームKZ事件ノート 緑の桜は知っている (講談社青い鳥文庫) (講談社)

青い鳥文庫は長男がはまっていて、ペネロペとラプンツェル、ちびまる子ちゃんはムスメがリクエスト、その他は僕が良いなと思ったものです。
次男のためにも朝日新聞出版のサバイバルシリーズを買おうと思っていたのですが、朝日新聞出版は出展していなかったので、買えませんでした。
その他にもかいけつゾロリシリーズのポプラ社も出ていましたが、ゾロリシリーズは学校にもたくさん置いてあり、何を読んだ事がないのか分からないので買うのは控えました。

この上野の森親子フェスタ、昨日から始まり、今日、明日と開催するようですので、もしお子さんがいらっしゃったり、子ども向けの本が好きだったり、仕事で関係する方は行ってみてはいかがでしょうか。
2017.05.04 Thu l お出かけ l top
先週待つからゴールデンウィークになり、9連休の人も、暦通り5連休の人も、はたまた土日祝日も仕事などで細切れの人もいるかと思いますが、とりあえず我が家は遠出するわけでも、事前から予定を組むわけでもなく過ごしています。

土曜日はムスメが突然39℃の発熱という出来事があったので、予定を組んでいなくて逆に良かったのですが、翌日曜日にはムスメの体温も下がったので、みんなで日本橋髙島屋へ行って来ました。

お目当ては、ツレ母から入場券事前にもらっていた、「かいけつゾロリ大冒険展」です。

30周年記念 かいけつゾロリ大冒険展

子どもたち、特に小学生の子どもたちは今でこそ、青い鳥文庫の探偵チームKZ事件ノートシリーズだったり、サバイバルシリーズにそれぞれはまっていますが、かいけつゾロリシリーズもたくさん読んでいます。
なにより、年明けには作者の原ゆたかさんのサイン会に行ってもいます。

ということで行ってきたのですが、僕自身はそこまで期待してませんでした。
会場はデパートですし、グッズ販売がメインの小さな展覧会なのかな、と。
それが良い意味で裏切られるとても良い展覧会でした。

DSC09019.jpg


まず、写真撮影&SNSでの拡散がOKだということ。
好きなだけ、納得出来るまで写真を撮ることが出来ました。

DSC09011.jpg


そして、僕自身が良かったのは、一作目から最新刊までの表紙とストーリーの概略とともに、原画だったり、物語に出てくるアイテムなどが展示されているのですが、作り上げられていく様子がわかりやすくなっていたことです。
上↑のがまず原稿用紙に書かれたもの。

DSC09012.jpg


↑イラストのみで清書されたもの

DSC09013.jpg


↑色が付けられたもの。
このように、作品が出来上がっていく様子がよく分かったのが、とても良かったです。

DSC09024.jpg


そして、こんな風に、その作品を作っている時の様子を著者である原さんのコメントが載っていたことで、個人的な思いみたいなものも分かりました。


DSC09006.jpg


作中に出てくるアイテムなどの実物版もよく出来ていましたし、ものによっては触っても大丈夫だったのも好印象でした。

予想通り、会場は狭く、子連れ世帯がメインなのでベビーカーの人もいて時間帯や場所によっては、身動きも取れないこともありましたが、写真撮影スポットやスタンプの場所以外ならば、そこまで時間がかからずに見ることが出来ると思います。
2017.05.02 Tue l お出かけ l top