一ヶ月前にはてな匿名ダイアリー(通称「増田」=AnonymousDiary(あのにますだいありー))に投稿されたブログ記事「保育園落ちた日本死ね!!!」を発端に周知のように保育園待機児童問題に関する議論が活発になっています。

色々思うところはあったのですが、なかなか書くことが出来ませんでした。

具体的に何か出来る事があれば良いなとは思うものの、僕には何も出来ることはなく…。
でも、保育園に関して過去に書いた記事に(今年に入ってからブログの更新を怠っていたのに)アクセスが沢山あり、この問題で困っている人が多いのだろうな、少しでも役に立っていれば良いな、と思っています。

我が家のムスメM(4歳)が保育園に入園できず、待機児童になった経緯などは、「保育園入園について」というカテゴリーにまとめてありますので、そちらを読んでもらえたらと思います。

保育園入園について

待機児童になった経緯や、そこから僕たちがやったこと(不服申し立て)、そして、最近はメディアでも少し触れられるようになってきたそもそも「待機児童の定義がおかしのではないか」ということも今まで書いてきました。
何かの参考になれば嬉しいです。

「待機児童問題は日本の問題ではない」のか?

さて、この1ヶ月の議論の中で僕が気になる点がいくつかありました。
その代表的な意見が「保育園の待機児童問題は都市部の問題であって、日本の問題ではない」というものです。
たとえば、こういうものです。




保育園に関しては自治体によって様々な課題を抱えていると思います。
待機児童が多くて困っている自治体、職員が足りていない自治体、保育園の運営自体が厳しい自治体。
でも、それらを「日本の問題って言われても…」と突き放すのは僕は疑問です。

なぜなら、たとえばこの保育園の待機児童問題を、東日本大震災の復興問題に置き換えてみたいと思います。
その時、「復興の問題は、東日本、しかも、津波でやられたところだけの問題でしょ?」と言うでしょうか。
東日本大震災からの復興は殆どの人が「日本の問題」と捉えるでしょう。

一地方での問題だけど、「その地域だけの問題」と突き放すことはないはずです。
地域によって課題が違うのは当たり前で、その1つ1つの課題を抱えている地域が集まって日本を形成しているのだから、どれもが日本が抱えている問題であるはずです。

現に待機児童が全国で何万人もいて、困っている人がいる。
その状況に対して、「日本の問題じゃない」と言って、一地方、あるいは個人の問題にするのは、何ら建設的ではないと思います。

「地方の保育園は空いてるから引っ越せば?」


さて、この待機児童問題が「日本の問題ではない」という意見に関連して、気になったのが「地方の保育園は空いてるから引っ越せば?」という意見です。




ここまでストレートに書かなくても、割と身近な人が「引っ越しを考えておくのも必要」というようなことを書いていました。

これらの意見を書く人が気づいていないことは「引っ越すことを選べる」という前提がない人がいるということです。
そこで生活していくしかない様々な理由、たとえば、仕事がそこしかないとか(あるいは他の地域で見つけることがほとんど無理)、子どもだけでなく親の面倒を見ているとか、もっと直接的に金銭的な理由とか、そもそも「引っ越す」ということを考えること自体が難しい(無理)な人たちがいる、ということです。

僕は今でこそ今住んでいる家で6年目を迎えましたが、結婚してからの3年間で3回引っ越しをしましたし、今でも引っ越しをして他のところに住みたいという希望を持っています。
なので、引っ越しを今までしたことがないというような人よりも引っ越しに対してのハードルは低いと思います。
でも、「引っ越しに対してのハードルが低い」ことと、「実際に引っ越せるかどうか」は全く違います。

いろいろな条件の下に今住んでいる場所で生活しているように、いろいろな条件をクリアしないと引っ越しすることは難しいのです。
それを「地方なら保育園が空いている」=「子どもが保育園に入園出来る」というその1つの条件をクリア出来るだけで引っ越せる(引っ越しを考えられる)という意見に驚いています。
日本の政治に批判的な意見を言うとすぐに「日本から出て行けよ」と言われますが、まさに同じことで、1つの政治的課題に批判的な意見を言ったら、「その地方から出て行けよ」と言われているということです。
割と教養のあると思っていた知人が「引っ越しも考えておこうよ」というようなことを書いていて、ショックを受けています。

課題があるときに、個人の問題にするのではなく、どのように改善していけるか、解決の方法に向かっていけるか、どのようにすれば少しでも今よりもよりよい生活を送ることが出来るようになるのか、それを考え、実行していくことこそが重要だと思います。
スポンサーサイト
2016.03.16 Wed l 保育事情 l top
先日、長男T(8歳)と次男S(6歳)が、通っている公立小学校からこんな文書を持って帰ってきました。

20150921.jpg


小さいので見にくいかと思いますが、タイトルは

学納金システムによる教材費の集金について


というものです。

以前、ここに書きましたが(小学校から突然、1万円以上を請求された話)、こんな出来事がありました。



小学一年生になったばかりの子どもたちに1万円以上の現金を持たせること、そして、6日後にその1万円を用意すること、この2つが一方的な通知によって要求されたので、さすがにこれはおかしいのでは?と思い、Twitterとブログに書いたのでした。

僕は、それ以上のことは(今までの主にPTAに関するやりとりで結局何にも動かなかったという経験をしているので)、何もしなかったのですが、僕と同じように感じた人がいたのでしょう。
多分、直接区や学校に訴えた人がいたのだと思います。

2学期から、教材費の集金を変更するという内容でした。
以下、プリントの線で囲ってあるところを転記してみます。

変更前の状況
・学期末に、学年便り等で教材費をご連絡し、集金袋を配布する。
・集金袋に現金を入れ、日を決めて、児童または保護者の方に持ってきていただく。
(課題)
・現金でのやり取りになり、紛失等の事故の危険が大きい。
・お釣りのないようにご家庭で用意いただくこととなる。



変更後
・毎月、学年便りで、その月の教材費をご連絡します。(10月から)
・引き落とし日前にゆうちょ銀行の口座の残高を確認していただく。

(課題)
・手数料がかかることがあります。
・給食費、PTA会費、教材費の総額が口座に入っていない場合は、3つとも引き落としができません。



僕が懸念していた点も「(課題)」という表現で認識されており、とても良い方向へ改善したと思います。
こういう学校側からの通知だと、よくあるのが、原因や理由が曖昧なまま(もしくは全く記されず)に一方的に「変更します(変更しました)」という文書が届くことがあるのですが、今回は、何故変更するのかが書かれ、変更後にもいくつか想定される課題があることも示されていて、とても良い内容になっていると思います。

変更方法についても、僕が以前書いたときにあげた内容(すでにPTA会費・給食費が口座振替になっているので口座振替にするのが良いのでは)、と同じように変更され、口座振替は事務職員の仕事になるので、教員がお金を集める、という本来教員が担う必要のない仕事が教員から事務職員へと移行されるので良かったです。

あとは、僕が口座にいくら残っているか忘れないようにすれば良いだけになりました(ゆうちょの口座はこのためだけに作り、普段使っていないので)。
2015.10.04 Sun l 保育事情 l top
先週末、来年度に小学校進学を控えた次男S(5歳)の就学時健康診断がありました。
会場は長男T(7歳)が通う小学校で、Sもこの小学校の学区なので、この小学校でした。
受付後に手渡された書類↓

IMG_4310a.jpg


受付の名簿をちらっと見た感じでは、少なくとも男児は25名ほどがこの小学校に入学予定ということで記載されていました。
男児と女児は受付が分かれていたので、女児の人数はわかりませんが、同じくらいの人数だとすると、Tの2年生、あるいは今年度1年生と同じく学年で40~50人ほどになりそうです。

区内でも最後の方の就学時健康診断実施校なので、他の学校に行く予定の子もかなりの人数が来ていましたが、保育園でSと同じクラスの子も6人来ていました。

Tの時は予定が合わず区内の違う小学校で受けたのですが、Tの時の小学校の方がシステマティックでスムーズな印象を受けました。
そもそも学校が小さく、区内でも有数の古さということもあるのでしょうが、待つのは構わないものの、寒い廊下で立ちながら待つというのは、お腹に赤ちゃんがいる女性も見受けられたのでなかなかしんどいなと思いました。
その点、Tの時の学校は区内でも新しく、暖房も効いていて、待つところでは座る席が随時用意されていたように思います。

Sは受付番号の前2人が保育園のクラスメイトだったので、インフルエンザ明けでしたが終始ご機嫌で過ごしていました。
2014.12.08 Mon l 保育事情 l top
今日は、ムスメ(1歳10ヶ月)の保護者会でした。
ムスメが次男S(4歳)と同じ保育園に4月から転園してから、ムスメのクラスでは初めての保護者会でした。

先日行われた次男のクラスの保護者会では、通園3年目にして、初めてパパが他に2人来ていたので、「今回ももしかしたらパパがいるかも?」と淡い期待を抱いていました。
しかし、年齢が低いほど「保護者」は女性だけになって来るので(例えば健診や集団予防接種など)、予想していたことですが、参加者で男性は僕だけでした。

保護者13名中、ママが12名、保育士&園長6名全員女性だったので、19人という集団の中、女性18名に対し男性1名だったということです。

この状況ですでに、「イヤだ」と拒否反応が出る男性もいるかと思います。
現に、共働き子育て家庭で、ママの予定が合わなかったのでパパが保護者会に行ったところ、女性しかいなかったので、「もう行かない!」という態度を取ったパパの話は耳にすることがあります。

でも、今回の保護者会では、単に「女性が多い」というだけの理由ではなく、もっと違う問題が潜んでいるように思いました。
それは何かと言うと、


そこに自分がいないかのように振る舞われる


ということです。

単に少数であるということと、自分自身がその場にいないことのように扱われることは全く違います。
少数であることは少数であることに対する慣れの問題でもあるので、「場慣れ」が出来ますが、いないかのように扱われることは慣れることは出来ませんし、慣れようとも思いません。

具体的にどのようなことが「自分がいないかのように扱われた」と感じたかと言えば、
・「保護者」会なのに、保育士がこちらに呼びかける時は必ず「お母さん(たち)」。
・話題の基本も「お母さん」という属性にあるもの。

この2つです。
この2つのことから、例えば「お母さんたちは料理してるからお子さんの食事(栄養)にも気にかけているかと思います。」とか、「お母さんたちはお仕事もされて、その後お家のこともして大変だと思います。」とかいう話が延々と繰り出される訳です。

僕としては、「食事を99%用意しているのは、お父さんである僕なんだけど」とか、「朝起きて家事をして、子どもたちを保育園に送って、仕事に行って、終わったらお迎えして、帰って来て食事作って、家事をして、さらに週末や仕事帰り、休憩の合間に買い物に行くのは全部お父さんである僕なんだけど」とか思うわけです。
言っている人たちは何気ないのでしょうが、何気ないということはつまり「母親が家事も育児も多くの部分を担っている」という認識以外のことを想像出来ていない訳です。
そこには「家事の多くを担っている父親」も「育児の多くを担っている父親」も認識されていないし、想像もされていないのです。
つまり、保護者会の間中、少なくとも保育士さんたちの中には、僕の存在はないのです。
単に「お母さん(たち)」という呼びかけ、言葉の問題ではなく、認識として僕という存在はいないんだな、とことごとく思わされるのです。

これでは、せっかくパパが時間を作って保護者会に参加しても、「もう行かない」と言うのは当たり前だと思います。

「保護者」会という名前なのに、もし、「お母さん」だけを対象としているならば、最初から「お母さん」会にすれば良いんじゃない?と皮肉も言いたくなります。

余談ですが、保護者会に行ったら、保育士さんに「今日【は】お父さんなんですねー」と言われたので、「いつも僕です」と言ったことをツレに言ったら、「【いつも】じゃないでしょ!」と反論され、ケンカになりました。
T(6歳)、S、Mの保護者会は、最近はツレの割合が高くなってきましたが、通算だとまだまだ僕の方が行っているはずなのですが…。
ツレにもケンカをふっかけられたので、本当に今後は保護者会に顔を出すのをやめようかな、という気持ちになっています。
2013.05.15 Wed l 保育事情 l top
これまたファザーリング・ジャパンの会員から、家事に関するアンケートの依頼が来ましたので、もし、お時間のある方は答えてもらえたらと思います。

どのようなアンケートかというと、NPO法人tadaima!というところからで、このアンケートを元に「家事共有白書」なるものを作ろうとしているのだそうです。

アンケートは「こちら」から

アンケートは良くできているな、とは思うものの、答えの選択肢が限られていて、「これは何を選択したらいいのやら…」と考え込んでしまうものも少しありました。
自由記入欄が最後にでもあればもっと良かったなぁ、とは思うのですが、家事の共有についてのレポートは官民どちらにしても見たことがないので、ある程度の回答者を集めて、白書になるのを楽しみにしたいと思います。

家事の中には、炊事洗濯掃除などだけでなく、育児、介護も含んでいるアンケートなので、いろんな世代の方が答えてくださると、(たぶんアンケートを作った人たちは)嬉しいんだろうな、と思っています。
2012.11.23 Fri l 保育事情 l top
一昨日は、S(3歳)のクラスの保護者会でした。
去年から今の保育園に通っていますが、去年はツレが参加したので、僕がこのクラスの保護者会に参加するのは初めてでした(今までの保護者会全体だと僕とツレ半々くらいの出席率だと思います)。

IMG_0059.jpg
↑S

去年もそうだったのですが、今年も保護者会の時間は午後1時半。
ツレは去年「この時間で、(保護者の)みなさん来るのですか?」と保育士さんに聞いていましたが、「来る人は来ます」とのこと。
案の定、出席率は低く、クラス22人(双子がいるので21家族)中、保護者の出席は10人でした…。
父親が毎度の事ながら僕だけというのは良いのですが(しかもM付き)、この出席率って。。。
ちなみに、今、T(5歳)が通っている保育園は夕方(ちょっと遅い)、去年までTとSが通っていた保育園は早めの夕方でした。

保護者会での内容は、
・クラスの様子
・今年度の予定
・懇談(家庭での悩みや解決法。結構しんどいのがありました…)
・園長から挨拶
でした。

保護者会の良いところは、普段、あまりちゃんと話せなかったり、送り迎えの時間が違って面識のない保護者の顔を覚えられ、少し話せることです。
特に、それまで持ち上がりのクラスに入って来たので、他の保護者の方々は面識があっても僕たちからすると全く分からないという状況だったので、こういう機会はとても貴重です。

保護者会後には、父母会の話し合いもあり、今年度の懇親会を簡単に話し合いました。
懇親会も去年はMの出産間際ということで出席できなかったので、(今年もツレは仕事が入るかも知れませんが)楽しみです。

午後1時半からという保護者会のひとつ良かった点は、お昼寝をしている様子、起きて、おやつを食べ終わるところまで見られたところです。
普段のお昼寝の様子や起きて、どういう流れなのか、というのは今までT含め見たことがなかったので、とても良い機会になりました。
(ちなみに、保護者会中、Sは悪夢を見たのか、叫びながら足をばたつかせ、保育士さん達を驚かせていました…。家だとたまにあるのですが、保育園では初めてだったそうです。)

おやつを食べ終わるのを待って、一緒に帰ってきました。
2012.05.24 Thu l 保育事情 l top
結構前のことですが、4年前から継続しているワーク・ライフ・バランスについてのアンケートに答えました
今までもアンケートを答えた後、手紙などは来たのですが、今回はご丁寧にもキティちゃんのクリアファイル(大学公式なようで)とアンケート結果の平均値と自分の答えが示されたものが送られてきました。

IMG_1639.jpg
↑左から、キティちゃんのクリアファイル、手紙、調査結果(お父様「○○△△様」)

面白かったのは、この調査結果です。
大枠で、「ワーク・ライフ・バランスについて」「夫婦関係について」「健康状態や睡眠、満足感や幸福感などについて」とあり、それぞれに細かい項目があります。
例えば、「健康状態や睡眠、満足感や幸福感などについて」の中には、【幸福感】という項目があり、1が全く幸福でない、10が非常に幸福となっていて、アンケートの平均値と僕のアンケート結果で導き出された値が載っています。
そして、さらにその右には一言のコメントも。

僕の結果に関しては、「あー、これは誰にも見せられないなー」というものだったので、アンケートに答えた時同様に結果も別々の封筒に入っていて、僕以外見られないようになっていたので良かったです。

子どもに関してのアンケートも答えたので、結果が出てきていましたが、平均とアンケートの答えがどこに位置するのかが分かって良かったのですが、コメントは余計でしたw
なぜかというと、「何も育児に関わっていないのに口を出されている感覚」だったので。
まぁ、怒ると言うわけではなく、笑える範囲ですが、4年目にして増えましたが、いらない過剰なサービスだと思いました。

最後に2012年度も引き続き調査があるそうなので、今から楽しみにしていたいと思います。
2012.03.29 Thu l 保育事情 l top
年末年始はいろいろと行事があったり、外出も多く、ドタバタしていたので、書いていませんでしたが、M(6ヶ月)も保険に入りました。
我が家の保険に関しては、殆どツレに任せているのですが、今回、保険の見直しと今後どういう保険に入るかの相談を専門家にしてもらいました。

で、まず、保険の見直しに関してですが、結果から書くと、「このままで良いでしょう。」ということでした。
今までどのような保険に入っているかというと、
①家族それぞれの生命保険
②子どもたちが17歳満期の学資保険
③僕とツレの医療保険
④子どもたちが成人する前に僕かツレが死んだ時の年金型保険
これらのほぼ4種類の保険に入っていました。

そして、これらの保険は「このままで良い」というお墨付きをもらったので、「では、他に必要な保険は?」、「Mはどんな保険に入るか?」と考えた結果、
①家族それぞれのがん保険(と自転車保険)
②MもT(5歳)、S(2歳9ヶ月)と同じ生命&学資保険
を組むことになりました。

ツレは保険の見直しをするまで、「毎月の保険料が高い!」と思っていたそうですが、我が家の保険の場合、掛け捨てはあまり無いので、「貯金なのね♪」と喜んでいました。

どの保険会社に加入したのかというと、今まで入っていた保険は全部、ソニー生命だったので、Mが加入した生命&学資保険もソニー生命にしました。
そして、がん保険は東京海上日動にしました。

がん保険に入った理由としては、
①原発事故があったので、チェルノブイリの前例からも、がんにかかるリスクは高いだろうということ
②今の時代は多くの確率でがんにかかるだろうということ
③一度がんにかかってしまうと、その後にはがん保険には加入できない
ということで入りました。
がん保険で良いなと思った点は、生涯保険料が変わらないこと。
Mなどは、普通のがん保険だと最低保険金の1500円に満たないので、いろいろ先進医療特約だとかをつけて1500円以上になるようにしました。
子どもたちが大人になった時に、がん保険に入ろうと思っても1500円では加入できないので、今のうちからかけておくと、子どもたちが大人になった時に本人たちの負担も少なくて良いな、と思いました。

ちなみに、自転車保険は、生協の共済で、1人100円で掛けられるというのが最大の理由です。
我が家は自転車家族なので。
2012.01.07 Sat l 保育事情 l top
T(4歳)が保育園に入った年から続いている、某大学のワーク・ライフ・バランスのアンケートが今年も郵送で送られてきました。
Tが1歳の時からなので、答えるのも、かれこれ、4年目、4回目になります。

IMG_0182a.jpg
↑アンケートの表紙。見て分かるように父親と母親、そして子どもとアンケートが分かれていて、それぞれの答えを(父が母のを、母が父のを)見られないようにしてあります。

最初は保育園を通してアンケートがあったのですが、2回目の時から、郵送という形になり、今回のを見てみると、自分の状況を答える欄に「離婚」というのもあり、追跡調査になっています。

僕は、正確には、家庭外でのワークは殆どしていないので(今までは学生オンリーでした)、いつも、答えるのが大変でした。
何故かというと、例えば「仕事が思い通りに出来ているか」「同僚、上司との関係は」とかを聞かれても、同僚も上司もいないし…、といつも答えるのに悩んでいました。
今は、家庭外で仕事をしているので、答えるのが楽になったかと言えば、そういうことも無く、むしろ、学生も一応継続しつつ働いてもいるので、どの状態をメインに考えて答えれば良いのか、すごく悩ましかったです。

でも、このアンケート、1年目にどういう答えをしたのか今になっては分かりませんが、着実に変化しているということは分かります。
4年の間に、僕にもツレにも子どもたちにも色々な変化があったので、答えが以前とはまるで変わったな、ということを感じながら答えていくこともありました。

保育園に子どもを預けていると、こういうアンケートとかをする機会は多いのですが、追跡調査はないので、追跡調査は研究にとっても、また僕自身にとっても役に立つというか、考えさせられたりして、とても良いなと思いました。
2011.12.04 Sun l 保育事情 l top
タイトル通り、主夫業をお休みさせてもらっています。
具体的にはどういうことかと言うと、昨日から僕の実家にT(4歳)、S(2歳6ヶ月)を連れて来ています。
子どもたちと泊まると、普段より長く一緒にいられるので僕の両親も喜ぶし、僕は家事をしなくて良いし、一石二鳥です。
(でも、実際は昨日の朝には朝食を用意し、洗い物、洗濯、掃除、布団乾燥、上履き洗いをしてから、家を出てますが。)



↑子どもたちには近くにたくさんある公園とプラレールが楽しみ。


昨日の誤算としては、プラレールとかで遊んでくれる僕の父親がちょっと外出してたこと。
なので、優雅に昼間から子どもたちを横目に新聞を読んだりは出来ませんでした。
でも、まぁ、僕は「遊び」担当でもあるので、プラレールをしたり、公園でたくさん遊びました。
遊ぶだけでOKって、ホント、バンザイ!


あと、子どたちと僕のささやかな楽しみの一つが、実は、駅前にある某大手スーパーです。
子どもたちはおもちゃ売り場、僕は普段から「あれ欲しいんだけど、近所に売ってないんだよな。」というもの(例えば、子どもたちのサンダル、運動靴など)を買います。
数年前に一部改装して「アカチャンホンポ」もテナントで入って、ベビー用品も充実したのでとても助かってます。


主夫、休業バンザイ!
2011.10.09 Sun l 保育事情 l top