このところ読んだ本のことについて書いていなかったので、久しぶりに本の話を。
最近、本をネットで買うのを控え、実店舗の古本屋さんで買うようにしていたのですが、たまたまAmazonでこの本が目に入りました↓


もっと、やめてみた。 「こうあるべき」に囚われなくなる 暮らし方・考え方 (幻冬舎単行本) Kindle版


Kindle版だと400円くらいだったので、(それでも100円とかで買っているので高いのですが)買って読んでみました。

というのもこの本はタイトルに「もっと」とあるように続編なのですが、一冊目↓を去年の丁度今頃読み、とても良かったからです。


やめてみた。 本当に必要なものが見えてくる暮らし方・考え方 (幻冬舎単行本) Kindle版


去年読んだ一冊目の時には、掃除機をやめた、という話が載っていて、我が家の掃除機も壊れ買い換えるか悩んでいた時期だったので、本で書かれていたように箒を取り入れたりしました。
(その後我が家では結局掃除機を購入)

いわゆる「シンプルに生きましょう」と啓発するようなものではなく、作者が「やめてみた」り、何かをやめてみた代わりにこんなことし始めた、というような実践が書かれています。
なので、何か「役に立つ方法」を求めている人には向かない内容かも知れません。
それと既に何かシンプルに生きるというようなことを実践している人には「今更そんなこと?」と言われるかも知れません。

でも、僕が良いな、と思ったのは、普段の生活(それは道具だったり、人間関係だったりしますが)を改めて「それって必要なの?」と問い直す姿勢です。

毎日、生活する、ということを続けていると、どうしても、今やっていることが当たり前になっていきます。
例えばそれは掃除機で掃除をすることだったり、付き合いで飲み会に行くことだったり。
いつしかそのずっとやっていること自体、その行為をすることが自分にとって必要なことになってしまうこともあるのかな、と。

家をきれいにすることが必要であれば、それは掃除機でも、箒でも構わないわけですし、付き合いの飲み会は久しぶりに会う友だちに会うということが楽しみであれば別に飲み会でなくても、あるいは毎回行かなくても良い。

その、これって何のためにやっているんだっけ?とふと立ち止まるという経験が必要なのかも知れないな、と気づかせてくれます。
だから、何かをやめてみた結果、やっぱり自分にはこういうことが必要だった、と新しく始めることは悪いことではないと思いますし(それを批判している人たちがいますが)、何かをやめてみた結果新しく何かに気づいたのなら、それは無駄なことではなかったのだと僕は思います。
スポンサーサイト
2017.09.23 Sat l 本・雑誌 l top
平野啓一郎さんの小説ですが、今回は短編集を読みました。


透明な迷宮(新潮文庫) Kindle版


表題の「透明な迷宮」は出だしからとても不思議な話で、そして、最後も不思議な感じで終わり、とても印象深い作品でした。
ブダペストが物語の舞台になっているのですが、僕にはその場所を想像することが難しく、読んでいてもあまり情景が浮かび上がることがなかったので、その点ではとても難しく感じました。

また、「Re:依田氏からの依頼」も印象的でしたが、この話が印象的だったのは、現実にありそうでなさそうな境界で描かれているからかな、と思います。
2017.07.11 Tue l 月間読書レポート l top
先日、『一瞬の光』について書いた時に「今度は女性が書いた小説を読む」、と書いたのですが、平野啓一郎さんの小説です。
いや、『マチネの終わりに』が良かったので、とりあえず、平野啓一郎さんの小説で手に入るものを読んでいたのです。


顔のない裸体たち (新潮文庫) Kindle版


内容は、インターネットで知り合った男女(というか男の方)が、2人の性行為をネット上に投稿し、それが人気を博し、エスカレートし、最終的に破滅を迎える、というもの。

単行本が出たのが今から10年ちょっと前で、その時だったら、この作品は少しリアルな近未来の話という感じだったのでしょうが、今は中高生でも性的なやりとりを平気でネット上に流している時代に突入しているので、なんだか、今ある現実の方がすごく遠くに来てしまったような感じがします。

ネットに投稿するという設定に関してはそんなことを思うものの、この男女の出会い方から、曖昧な2人の関係、そして、最終的に破滅に突き進む様子は、確かにこういう男女はいるかもしれない、と思いました。
性的な欲求を満たすだけ、と割り切っているのかといえばそうとも言えず、かといってそれは愛でもない。

身近、というか知っている人がこういうことをしていても不思議ではないわけで、そういう点でとてもリアルなものとして感じました。
2017.07.09 Sun l 月間読書レポート l top
平野啓一郎さんの小説を読んで以来、小説を読む日々が続いています。
今回読んだのはこの作品↓


一瞬の光 (角川文庫) Kindle版


この作品を読むまで著者の白石一文さんのことを知らなかったのですが、読後に調べたら、この作品がデビュー作とのことでした。
(高校時代に読んだ現代の作家以外はホントに小説自体を読まなくなってしまったので、現代の小説家について無知なのです…。
逆に言えば、高校以外では、現代の小説を読んだことがないとも言えます。)

オススメ作品として表示され、レビューの評価も高かったので読んでみました。
デビュー作品とは思えないほどの長編小説なのですが、あまり長いとは感じさせない作品でした。

でも、僕にとっては、村上春樹が描く小説の世界よりも、遠い世界の様に感じる話でした。
財閥系商社でエリート街道を進む主人公が、ある日出会った短大生に関わるようになり、同時期に交際を始めた恋人との関わりや、会社(というか従ってきた社長)の不正をきっかけに仕事も辞める、という話です。

身近にいわゆる「エリート」だとか、商社で活躍する人がおらず、あるいは恋人を形容する「誰もが振り返る美人」というのがどんな人なのか想像出来ないからか、書いてある言葉、文字、内容は理解出来るのですが、自分がいる世界と同じ世界のはずなのに、全く違う世界のことのようで、すごく遠く感じました。

この小説を読んで以来、「誰もが振り返る美人」というのがどんな人なのか、すごく気になってしまい、街行く人をチラチラと眺めるのですが、未だによく分かりません。
まぁ、僕は繁華街に行ったりしないし、この小説の舞台である青山とかに行かないからかも知れませんが。
青山とかに行けばそういう人を見つけられるのでしょうか。

と、まぁ、それは良いとしても、なんだか、恋人への主人公の接し方とか、2人の交わりの描き方とか、恋人の発言とかが、ものすごく「男性目線」のような気がして気になりました。

そういえば、女性作家の小説って殆ど読んだ事がない、ということに気づいたので(アメリカの作家だと少しはいるのですが)、今度は日本の女性作家がどのように男女の関係を描いているのかを知る為に、女性作家の小説を読んでみようかと思います。
2017.07.06 Thu l 月間読書レポート l top
平野啓一郎さんの『マチネの終わりに』を読んで以来、また小説を読むようになりました。

高校生の時に小説をたくさん読んでいたのですが、そのきっかけは福田和也さんの『作家の値うち』という本をたまたま書店で手に取ったからでした。
それまでは既に評価の確定している小説をたまに読むくらいで、殆ど読まなかったのですが、この本で評価の高かったものをとりあえず読む、ということで、村上春樹の小説を読むようになったりしました。

それ以来、読んだことのない作家の小説を読む機会もあまりなく過ごしていたのですが、『マチネの終わりに』が面白かったので、平野啓一郎さんの作品で古本屋さんにあったものをとりあえず読んでみました。


かたちだけの愛 (中公文庫) Kindle版


物語は、事故による大怪我で片足を失った女優と、たまたまその事故に駆けつけたことによって彼女の義足を作ることになったデザイナーとの交流です。
次第に2人は関係を深めていくのですが、その中で過去の出来事による嫉妬や、誤解などですれ違いも起きる、というもの。

この作品の中で僕が印象的だったのは、主人公相良がかつて暮らしていた実家の近所にいた幼馴染みとの再会の場面。
ちょっとしたすれ違いで最終的には結局何も起きずに2人はまたそれぞれの日常へと戻るのですが、その「ちょっとしたすれ違い」によって日々の出来事が積み重なっていくのだ、と他の部分でも感じられるようになっていました。

それがリアルに自分に迫ってくるように感じたのは(そんな経験はありませんが)、僕が主人公に近い年齢ということだからなのかな、とも思います。

この作品も割と読みやすく、僕としてはエンターテインメント的な感じの印象を受けたのですが、多分それは、もともと新聞連載だったからかもしれません。
現代の新聞連載の小説は読んだことがないのですが、新聞連載だからか、物語のリズムが整っているように感じました。
2017.07.04 Tue l 月間読書レポート l top
先日、FBで知人があるブログを紹介していました↓

アエラよりジュニアエラの方が内容がまともな件(Willyの脳内日記)

内容はタイトルにあるように、AERAよりも子ども向けAERAのジュニアエラのほうがまとも、というものです。
僕はこの記事を読んで始めてジュニアエラの存在を知ったのですが、興味が沸いたので、一冊とりあえず買って読んでみました。


ジュニアエラ 2017年 07 月号 [雑誌]


内容を写真で紹介するのはさすがにまずいと思うので、言葉で書くと、今回は世界遺産特集ということもあったからか、はたまたちょうど創刊100号だったからか、付録の「日本の世界遺産まるごとマップ」含め、とても充実した内容だと思いました。

特集の「世界遺産で学び旅」が僕個人としてとても楽しめたということもあるのですが、前月(つまり今回は5月)の主なニュースがまとめられていたり、今話題の「聖徳太子/厩戸王」問題なども詳しく解説されていました。
他にも、「子ども地球ナビ」というコーナーではアフガニスタンの13歳の少女の生活を紹介していて、「紛争」という観点ではなく、少女の普段の生活を切り取っている様子がとても良い記事だと思いました。

子どもたちはイマイチ興味を持っている様子がありませんが、しばらく購読してみようかな、と思いました。
2017.07.02 Sun l 本・雑誌 l top
もう何年もレシピはネットで検索していましたが、久しぶりにレシピ本を買いました。


本当は秘密にしたい 料理教室のベストレシピ


料理を作るのは好きというか、全く負担を感じないのですが、最近料理が固定されているような気がしてきていました。
ネットで検索しても、大体同じようなものになってしまうというか。

「ネットで流行ったものを寄せ集めているレシピ本ではなく、何か今の自分に合ったレシピ本がないものか。」

そんなことをぼんやりと考えていた先日、絵本作家のヨシタケシンスケさんのサイン会で大きな本屋さんに行きました。
その時にちらちらっとレシピ本を眺めていたら、とても良さそうだったので思い切って買ってみました。

「料理教室のベストレシピ」ということで、ある程度オリジナルなものやオリジナリティがあるレシピもあるのですが、やはりベストというだけあって、基本的なものが多くなっています。
僕にはこの「基本的でありながら、少しオリジナル」というところがすごく良いなと思いました。

家事をするようになって料理をほぼ毎日していますが、結局これまで基礎を学ばずに過ごしてきてしまいました。
かといってこれから料理教室の初級者向けに行くのも、多分僕が求めている「基礎」とは違う。

出汁の取り方や魚の裁き方、あるいは包丁の手入れなどの基礎が学びたいとは思っているのですが、この本にもある程度それらが載っていることも良いな、と思う理由です。


ところで、この著者は今話題の「自由学園」の卒業生でした。
僕は最近まで自由学園のこのような料理面での貢献を知らなかったので、とても新鮮に感じています。
2017.06.25 Sun l 本・雑誌 l top
先日、新聞を読んでいたら、こんな記事を見ました。

「友だち幻想」急に売れ出す 9年前出版、あの童謡も…(朝日新聞2017年6月6日)

へー、こんな本があるんだ、と思っていたときに丁度古本屋さんに寄ったところ、あったので買って読んでみました。


友だち幻想 ――人と人の〈つながり〉を考える (ちくま新書) Kindle版


あっという間に読み終わる文量の本で、僕は割と遅読なのですが、1日で読み終わりました。
内容は、人はどのようなことに幸福を見いだすのかということから、他者とどのような距離感で関わっていくべきかということが描かれています。

例えば、人が幸福を何に感じるか、という点については、以下のようにまとめられています。

「幸福」の本質的なモメント
①自己充実
②他者との「交流」
 ㋑交流そのものの歓び
 ㋺他者からの「承認」



これは、調査とか実験に基づくものではありませんが、この指摘は確かにその通りだな、と感じるものでした。

また、僕は教育に関わっていることもあり、以下の記述は激しく同意するものでした。

私は教育大学に勤めていますので、仕事柄、小中学校の校長先生や先生方とお話しをする機会も多いのですが、非常に人格がすぐれていたり、リーダーシップもある先生、教育現場で力を発揮していると定評のある先生ですら、というよりもだからこそかもしれませんが、やはり「子どもたちというのはみんな良い子たちだから、教師がサポートさえすれば、みんな一緒に仲良くできるはず」という前提で頑張っているようなのです。



「ともだち100人出来るかな」という童謡があるように、「みんなと仲良く」という幻想に囚われている人が多いのが現状です。
でも、社会に出ると「みんなと仲良く」、あるいは「みんなと友だちになりましょう」なんて言われたり推奨されることはなく、むしろ、いかに軋轢を生まずに、イヤな相手、そりの合わない相手でも円滑にやり過ごすかが重要になってきます。
その点を例え学校生活であっても、理想化することなく子どもたちに教えていく必要があるのではないか、という指摘はとても重要だと感じました。

他にも、「自由」について触れられた箇所では、

ルールを大切に考えるという発想は、規則を増やしたり、自由の幅を少なくする方向にどうしても考えられてしまうのですが、私、が言いたいことはそういうことではありません。むしろ全く逆なのです。



ルールというものは、できるだけ多くの人にできるだけ多くの自由を保障するために必要なものなのです。
なるべく多くの人が、最大限の自由を得られる目的で設定されるのがルールです。ルールというのは、「これさえ守ればあとは自由」というように、「自由」とワンセットになっているのです。
逆にいえば、自由はルlルがないところでは成立しません。



僕は高校で初めて「自由」とはどういうことなのか、ということを知りました。
その時の「自由」とは「全く何もルールのない状態」ではありませんでした。
むしろ「最低限守るべきルール」を提示された上での「自由」であり、その「最低限守るべきルール」を高校生であった僕も納得出来るものだったからこそ、そこに「自由」を感じました。

今現在、教育に少し関わっている身として、この「自由」ということを改めて言語になり読み取ることによって、自分自身の行動を振り返ることが出来たように思います。

最後に、他者と自分との関わりについて、以下の文章がとても良いな、と思いました。

どういうことかというと、信頼はできるかもしれないけれど、他者なのだから、決して自分のことを丸ごとすべて受け入れてくれるわけではないということを、しっかり理解しておこうという」ということなのです。


2017.06.20 Tue l 月間読書レポート l top
先日も少し触れましたが(「発達障がいではなく、HSPなのかも」)、こんな本を読みました。


内向型人間のすごい力 静かな人が世界を変える (講談社+α文庫) Kindle版


何でこの本を目にしたのか、気になったのかは忘れてしまいましたが、気になったので読み始めてみたところ、腑に落ちる事ばかりでした。
(今回読んだのは文庫版ですが、元々は『内向型人間の時代』という単行本だったようです。)

原文を読んだわけではないのですが、多分翻訳が僕には読みづらく(たとえば誰の発言か分からなかったり)、書いてある内容は良いのだけれど、少し読むのに時間がかかってしまいました。
もし、英語で読むのが苦にならない人は原文で読んだ方が良いのかも知れません。
原文で読んだ方が良いと思うのは、原題が「Quiet」ということもあり、必ずしも「内向型人間」のことを言っているわけではないからです。
静かにすること、静寂、あるいは静かにするのを好む人、そういう気質を持つ人について書かれたものです。

読みづらく感じたのは、科学的事実や結果が得られている内容と、「~かもしれない」という内容が混ざっているということもあったので、どの程度この本に書かれている内容(たとえば外向的な人と内向的な人の割合)が正しいのかの判断は僕の中では保留にしつつも、面白い指摘が沢山ありました。

たとえば、現代アメリカ社会がどのような人間を求める社会になっているかというと

「人格の文化」においては、思慮深く、規律正しく、高潔な人物が理想とされる。他人にどんな印象を与えるかよりも、自分がどうふるまうかが重要視される。(中略)
だが、「性格の文化」が広まると、(中略)目立つ人やおもしろい人が人気を得るようになった。



と指摘し、ある州の小学校教諭の言葉として

ビジネス社会では独創性や洞察力ではなく言語能力が評価の基盤になっています。上手にしゃべれて、注目を集められる人でなくてはならないのです。



という指摘を引き出しています。
「上手に喋れる=能力がある」という訳ではないのにも関わらず、上手に喋れる人の意見の方が通りやすいといったことを、実際の例を出しながら論じていることで、日本でも同じような状況が生まれていることにとても納得がいきました。


また、「とても敏感な人」(Highly Sensitive Person)についての以下の指摘も面白かったです。

たとえば、とても敏感な人は、行動する前に熱心に観察する傾向がある。彼らは計画から大きくはずれない人生を送ろうとする。見聞きすることや、におい、痛み、コーヒーなどによる刺激に敏感であることが多い。(中略)
だが、まったく新しい考えもある。とても敏感な人は、物質的・享楽主義的であるよりも哲学的・精神主義的な傾向がある。彼らは無駄話が好きではない。(中略)
とても敏感な人は、自分の周囲の情報――物理的なものも感情的なものも――詳細に処理する。普通なら見逃してしまう微妙なことに気づく。たとえば、他人の感情の変化や、電球が少しまぶしすぎるといったことだ。



とても敏感な人は時として強く感情移入することだ。それはあたかも、他人の感情や、世界で起きている悲劇や残虐な出来事と、自分とを隔てる境界が普通よりも薄いかのようだ。彼らは非常に強固な良心を持つ傾向がある。(中略)他の人たちが「重すぎる」と考える、個人的な問題のような話題に関心をそそぐことが多い。



これも具体的な状況も描かれていて、その具体的な出来事がいかにも自分自身でも経験したことのあるような場面だったりしたので、とても苦しく感じるとともに、苦しく感じる必要もなかったのかもしれない、と思うことが出来ました。


他にも、オープンオフィスについて指摘されていて、これは今日本で流行っている「開放的教室」(窓がなかったり、教室間の仕切りがなかったりする校舎)にも当てはまる指摘だと思いました。

スタッフの離職率を高める。働く日との気分を悪くさせ、敵対的にし、意欲を奪い、不安を抱かせる。オープンオフィスで働く日とは血圧が高くなり、ストレスレベルが上昇し、インフルエンザにかかりやすい。同僚と対立しやすくなる。(中略)心拍数を増加させたり、体内で闘争・逃走反応をもたらす「ストレス」ホルモンと呼ばれるコルチゾールを分泌させたりする。そして人々を、孤立した、怒りっぽく攻撃的な、他人に手をさしのべない人間にしてしまうのだ。



例外は、オンライン上のブレインストーミングである。電子機器を使った集団のブレインストーミングは、きちんと管理されていれば単独作業よりもよい結果をもたらす。(中略)
オンライン上で集団作業している人々はみな、それぞれに単独作業をしているのだという事実を、私たちは見逃してしまっている。それどころか、オンライン上の集団作業の成功が、対面の世界でも可能だと思い込んでいるのだ。



上の指摘は、人間の気質そのものの話ではなく、そもそも何かに集中しなくてはならない場面では「集中出来る環境」が必要だということです。
これはオープンオフィスや学校の校舎設計のような話だけでなく、学力が親の経済力に大きく影響しているということとも強い関連があります。
親の経済力が高いということは、子どもに個室が与えられる確率が高くなり、そして個室(つまり集中できる環境がある)ということで学力が伸びるのです。
もちろんその場合でも、リラックス出来るある程度のオープンな空間があることも必要な要素なのですが、そもそも全てオープンで雑多な環境では集中出来ず学力が伸びないのは当然のことなのだ、と思います。

本を読んで自分の生きづらさの理由が少し分かったような感じがして、とても良かったです。
2017.06.18 Sun l 月間読書レポート l top
先日、ふとAmazonだったかhontoだったかのサイトを見ていたら、この本が目にとまりました。


妻に恋する66の方法(1) (イブニングコミックス) Kindle版


作者の福満しげゆきさんの本は読んだことはないのですが、『僕の小規模な生活』『うちの妻ってどうでしょう?』の評価が高く、いつか読もうと思っていました。
そんなときにこの本が目にとまり、表紙のデザインから、新書版でタイトル通り66の方法が1冊に収まっているかと思い、読んでみました。

が、読んでいて気づいたのですが、タイトルに「66の方法」とあるものの、まだ66まで連載されていないようで、複数巻に渡る内容でした。
今のところ2巻まで出ていて、30までが載っていました。

初めて福満さんのマンガを読んでみたので、最初は、妻の顔にほぼ変化がないことに戸惑ったものの、ものすごいオチがあるわけでもなく淡々と妻との様子が描かれているのが、段々としっくりくるようになりました。
大上段から、「妻にこうしてみよう」というような感じではなく、普段、僕は妻とこういうやりとりをしていますよ、という作者の日常がえ描かれていて、それもすごく好印象でした。
2017.05.28 Sun l 本・雑誌 l top