上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
去年の秋から始めた山登り。
本格的な夏を迎えたのは今年が初めてです。
で、夏になり、困ったことが出て来ました。

それは、日焼け

日焼けはシャツを着ているところと着ていないところがくっきりとしてしまい、特に自覚がなかったのは、首周りでした。
汗をたくさんかくので首にタオルを巻いていたら、タオルがかかっているところと、シャツとの間だけ日焼けしてしまい、日焼けのネックレスのようになってしまいました…。

汗ですが、これはもう、どんなに吸汗速乾性のシャツを着ていても汗でシャツはビショビショに。
山頂、つまり標高の高いところでその汗が乾いていくと寒く感じてしまったり、あるいは、汗が乾いた後でベトベトした感じがしたり、日焼け対策で塗っている日焼け止めも汗で流れてしまったり。
下山した後で温泉に入ったり、着替えたりして対応していましたが、何か良いアンダーウェアがあればなぁ、と探していました。

で、チャレンジするにはそこまで高い金額ではないもので、良さそうなものを見つけました。


MIZUNO(ミズノ) バイオギア ハイネック長袖シャツ 12JA4C10


登山用メーカーが出しているものではないのですが、僕が求めているのは、日焼け対策と汗への対応。
登山用である必要はなく、屋外でのスポーツだったら同じ対策がひつようだろうということで、調べてみたら、主に野球を想定しているようですが、ミズノがアンダーウェアを出していて、値段も登山用ほど高額ではなかったので試してみました。

僕は身長175cm、体重55kgほどのやせ形なのでMサイズ、色は夏場を想定したので、虫対策で白にしました。

コンプレッションのアンダーウェアを来たのは初めてだったので、最初着るときにその身体を締め付ける感じが気になりましたが、山から帰ってきて分かったのは、逆にその締め付けている感じがあるからこそ、汗のベトベトを感じずに済んだようです。

日焼けに関しても、色が白だったので、UV効果があるか少し不安だったのですが、着ていたところはしっかりとUV効果があり、肌が赤くなったりしなくて済みました。

また、速乾に関してですが、汗がすぐに乾くので、寒い感じがそこまでしませんでした。
これを着て思ったのは、汗が乾くまでの時間が長いほど身体が冷えてしまうのだな、と。
確かにこのワンダーウェアも乾くときに多少寒く感じるのですが、すぐにそれも終わるので(すぐに乾くので)まだ身体が温かい内に乾くので、身体が冷えるということはありませんでした。

登山用ではありませんが、なかなか気に入ったので、今後は同じタイプの冬用のものも試してみようかな、と思っているところです。
スポンサーサイト
2017.09.18 Mon l 持ち物(装備) l top
山に登るようになり、そういえば、と思いだしたものがあります。
それが、「青春18きっぷ」。

青春18きっぷ - おトクなきっぷ:JR東日本

知っている人も多いと思いますが、青春18きっぷは11,850円で、5回(5日)分になっています。
全国のJR線の普通列車を1回あたり2,370円で1日乗り放題。
1人で5回使っても良いですし、5人までのグループで一緒に使うことも出来ます。

長期休みの時期に使えるようになっていて、今夏は7月20日~年9月10日まで使えるようになっていました。

山登りを始めるようになって、毎回結構きついのが、交通費がかかること。
なので、割と近場の山ばかりになってしまっていたのですが、そろそろ高い山にも行きたいな、ということで、青春18きっぷを使って、今までは交通費が高くなるので敬遠していた遠くの山にも行ってみようと思ったのです。

既に今夏の利用期間が過ぎてしまったので、どこまで行ったのか、通常料金(ICカード利用時)と比べてみたいと思います。

1回目 山手線某駅←往復→高崎 1,944円×2=3,888円
2回目 山手線某駅→近江長岡 7,020円
3回目 近江長岡→山手線某駅 7,020円
4回目 山手線某駅←往復→上諏訪 3,672円×2=7,344円
5回目 山手線某駅←往復→土合 3,672円×2=7,344円

合計 32,616円

青春18きっぷが11,850円だったので、差額20,766円も得したことになります。

青春18きっぷは基本的に普通列車しか乗れないので、目的地まではかなり時間がかかることになりますが、時間に余裕があり、体力もあるととても使い勝手あるかと思います。

以前使ったのは、自分が高校生の時で、それ以来使うことがありませんでしたが、またこれを使って色んな所に行ってみたいと思います。
2017.09.14 Thu l 持ち物(装備) l top
突然ですが、僕の中での山登り用のタオルが決定しました。
山登りをしていると、特に夏からはかなり汗もかくので、タオルが必要です。
冬場でも温泉に入ったりするので、タオルを持っていくのですが、今まで色々と試したものの、「これだ!」というものがありませんでした。

僕が山登りの時にタオルに求めることは、重要視する順番で以下のようになります。

・携帯性(小さくなる、軽い)
・速乾性
・吸水性
(・肌触り)

この基準で今まで試した中でわりと気に入っていたのが、cocoonという会社のこのタオルです。


コクーン TTE03-M テリータオルライト M Dグレー


このタオルは、吸水性がとても良く、肌触りも良いので、温泉に行くときにはとても良い感じで、山登りだけでなく、旅行にも持って行けます。
でも、逆に吸水性が良いので、濡れたタオルを付属の袋に入れたとしてもそのままバッグに入れると周りのものが少し濡れてしまいます。
そして、さらに、暖かくなってきて、山に登っているときに首から提げていると、少し重たい。
旅行などには良いけれど、(汗をたくさんかく時期の)山登りにはちょっと…、という感じでした。

他に、モンベルのタオルも試してみました。


mont-bell マイクロタオル スポーツ 1124613 BL ブルー


このタオルは、ものすごく薄く、小さくなるので携帯性は良いのですが、肌触りがかなり悪いです。
汗を拭くとかには良いのですが、温泉で身体を拭くときにはどうしてもごわごわというかざらざらした感じがして、あまり気持ちが良い感じはしません。
なので、僕はこのタオルを、「念のため」ということでバッグに忍ばせていました。

そして、そんなイマイチ決定的なタオルがない中で出会ったのが、西川のタオルです。


東京西川 クールタオル 接触冷感 濡らして振ると何度でも冷たい UVカット 抗菌防臭 アフィット ブルー


インターネットの記事か何かを読んでいる時にこのタオル(Afit)が表示され、気になったので、通販サイトで調べてみたら、買える値段だったので、試してみました。
新しい商品なのかレビューがなくて心配でしたが、結果的にとても良かったです。

薄く、小さくなることはもちろん、何よりも山登りで汗をかくので首から提げていても違和感がありませんでした。
このタオルで温泉に入りましたが、吸水性も問題がありませんでした。
濡れたタオルをバッグに入れておくのはイヤなのですが、このタオルだと手に持っていても大丈夫ですし、何より売りの「冷たい」感じがするので、気持ちが良いです。
少し気になるとしたら、ちょっと長いかな、ということです。
あと10cmくらい短い方が僕には良いかな、と思いましたが、値段もそんなにするわけでもないですし、山登りだけでなく、もし野外で運動する人には勧めたいと思うくらい、気に入りました。
2017.07.12 Wed l 持ち物(装備) l top
去年は秋まで割と暖かかったのでずっと短い靴下を穿いていたのですが、鳴虫山が寒かったので、長い靴下を穿くことにしました。
山登りに限らず普段から五本指靴下を穿いていて、モンベルから五本指靴下が売られていたので試してみました↓

DSC08226.jpg



mont-bell WIC.ウォーキング 5トゥーズソックス


【アウトドア用】で、【五本指】で、【長い】ので、なかなか良かったのですが、穿いてみて分かった難点が【滑る】こと。
靴の中で若干滑ることがあり、それがとても気になりました。

というのも、今まで山登りの時に穿いていた靴下は、Tabioの五本指靴下でした。
トレイルラン用のものも出ているのですが、僕は普段からレーシングラン用のものを穿いていました↓

DSC08228.jpg



Tabio レーシングラン五本指ソックス25~27cm


山登りを始めてからずっとこの靴下だったので、全くその利点に気づいていなかったのですが、Tabioの靴下には滑り止めが付いていて、靴の中で滑ることがありませんでした。

滑り止め自体がとても良いTabioの長い五本指靴下を新しく買うか悩んだのですが、滑り止めを自分で付けられないか調べたら、100円ショップで売っているとのこと。
新しく買うより断然安いので、探してみることにしました。
で、ネットにある情報から、売っていたと書かれていた割と高い100円ショップに行くも置いておらず…。
ダメ元で、そこから家の周辺にある100円ショップを回ってみたところ置いてありました↓

DSC08227.jpg


ということで、この滑り止めをモンベルの五本指靴下にTabioの靴下の滑り止め加工にまねて付けてみました↓

DSC08229.jpg


上の写真はまだ塗ったばかりの状態ですが、3日ほど放置していたら渇き、透明になりました。

その後、この自分で滑り止め加工をした靴下を穿いて山登りをしてみたところ、塗ったばかりの状態だと、床にベタベタというかペタペタというか少し張り付くような感じがありました。
また、Tabioのものはこういうことはありませんでしたが、若干はがれてしまいました。
が、これも100円ショップのものですし、全部はがれてしまうようなこともなく、滑り止め効果は間違いなくあった(靴の中で滑る感覚が全くなかった)ので、今後もこの方法で行こうと思います。
2017.01.16 Mon l 持ち物(装備) l top
山に登るようになったきっかけは、『山と食欲と私』という漫画を読んだからなのですが、山で食事を作ったことはそれほどありません。
食事を作るのは、食材も加工して持っていかなくちゃいけなかったり、鍋など持ち物も多くなってしまい、それだけで結構負担になります。
それに、秋頃から登り始めたので、寒くなってくるとどうしても「早く」「身体が温まる」ということが重要になってきて、調理をしている時間さえ惜しくなってきます。

なので、本格的な調理をしたことはないのですが、お弁当屋さんで買ってきたおにぎりの他に一つだけの贅沢として、おいしいコーヒーを入れようと思って、大体作っています。

コーヒー豆はツレからのお土産でもらったコナコーヒーがあるので、コーヒー豆以外の山でおいしいコーヒーを飲むための道具を揃えました。
それが以下のものです↓


イワタニ ジュニアコンパクトバーナー


このバーナーは、いやゆる山用に特化した物ではないのですが、スーパーなどで売っている家庭用のガスカセットで使える物です。
災害時にガスが止まったときにも使えるということや、仮に飛行機で移動するときにも持って行けるということを考えて(ガスカセットは飛行機に持ち込めませんが、コンビニでガスカセットは売っているので)、これにしました。


mont-bell O.D.コンパクトドリッパー


コーヒーフィルターは、(環境のことを考えて)家でコーヒーを飲むときも紙のフィルターはやめて何回でも使える物に替えたのですが、アウトドアメーカーのモンベルも出していたのでこれにしてみました。


スノーピーク チタンシングルマグ


このチタンマグは特に決めてがあったわけではありません。
軽くて、それなりにリーズナブルで、取っ手の部分がカップに密着出来(収納に便利)、スノーピーク製だったからです。
それほど不満とかもなかったのですが、寒くなってくるとどうしても【保温】が大事になってきます。
その点、このマグだとチタンが薄い分(軽い分)外気の影響をもろに受けてしまい、どんどん冷めていってしまうので、冬場に保温もある程度効く登山にも持ち運びしやすいマグがないか探しているところです。


イワタニプリムス イージークック・ソロセットS


これはお湯を沸かすために揃えたのですが、いろんなクッカー(調理器具)が色んなメーカーから出ている中で決め手になったのは、サイズと共に、沸かしたお湯を注ぎやすいように、注ぎ口(折れ口)があることです(Amazonの写真だと注ぎ口がないものになっているのですが)。
複数人での食事を想定する場合には物足りないかもしれませんが、僕は基本的に1人なので何の問題もありません。
また、このイージークックの中に、上のコンパクトバーナーを収納することも出来ることも決めてになりました。

おいしいコーヒーを飲むためにこれだけ揃えましたが、一番肝心なのはやはりコーヒー豆と水ですね。
2017.01.08 Sun l 持ち物(装備) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。