この季節になると、毎年行われるもの。
ハロウィン?
いいえ、文化祭です。
ということで、僕の母校(高校、ちなみに僕の父も卒業生。今は中学生もいる。)に家族5人揃って行ってきました。

実は僕が高校生だったときは、2日間行われる文化祭は、1日目の朝に出席を取り、その後は自由だったので、出席だけ取って帰っていたので文化祭で何が行われているのか、どういう雰囲気なのか知らずに過ごしていました。
そんな僕が家族を連れて高校の文化祭に行こうものなど、誰が想像したことか。
何故、行ったのか?というと、子どもたちにあるものを見せるためです。
あるもの、とは鉄道研究会の展示のモノレールやNゲージです。

IMG_4342a.jpg
↑モノレールに釘付けのT(4歳)とS(2歳)


実は、僕が高校にいたときには、鉄道研究会というものがあることさえ知らなかったのですが(失礼…)、今こうして子どもたちと一緒に見ていると結構楽しく、興味が沸いてきます。
プラレールでは、蒸気を出している蒸気機関車があったり、モノレールがあったり、プラレールアドバンスがあったり(これはつい先日発売されたばかりなのに、既にあった)。


IMG_4338a.jpg
↑Nゲージにも釘付け


あくまでも、「展示」なので、子どもたちが触ることは出来ないのですが、ただ動いているのを見るだけでも相当楽しいというか興味深いのか、子どもたちはずっと離れないで見ていました。
展示をしている中学、高校生たちも、「何が好き?」とか聞いてきてくれて、リクエストしたものを走らせてくれたので子どもたちも嬉しそうでした。


IMG_4340a.jpg
↑中学、高校生たちが動かしているのをこんな見て何が面白いんだか(失礼…)。


展示をしている中学、高校生たちが「本当に鉄道が好きなんです!」という感じなので(どうやらこの展示を見て入学を決意する生徒もいるのだとか)、子どもたちにもその「好きなんです!」というのが伝わるのかも知れません。
見るだけだとしても、楽しかったようで、一旦、ぐるっと校舎を回った後、僕の両親が迎えに来てくれるまでまた鉄道研究会の展示を見に行きました。
子どもたちは、珍しい電車を見る度に「あれ乗りたーい」という割に、電車に乗っていても電車を見る時ほど興奮しないので、電車を見るのが好きなようです。
スポンサーサイト
2011.10.31 Mon l お出かけ l top
昨日は、T(4歳)が通う保育園の運動会でした。


が、その2日前(つまり木曜日)の夜に突然、39℃近くの発熱。
今までだらだらと鼻水を垂らし、咳をしていたのが、ようやく治ってきていたので、安心していたのですが…。
金曜日も保育園を休ませ様子を見ていたものの、38℃台の熱を出していたので、運動会は休ませるということにしました。


が、昨日の朝になると、T本人も体調の回復を感じたのか、「運動会に行く」とのこと。
なので、様子を見ながら参加することにしました。

IMG_4299a.jpg
↑様子を見ながら参加する、ということをちょっと勘違いしているのではないか?という感じのTとTの運動会の様子を見にきたS(2歳7ヶ月)

最初の方は、やっぱり、調子が悪かったのか、つなひきなどは参加しないで、見ていたのですが、その後段々と調子が良くなったのか、はたまたやる気が出てきたのか、参加していました。
IMG_4317a.jpg
↑親子競技もこの通り。

IMG_4330a.jpg
↑鉄棒に挑戦。前回りですが、3回しました。

前に通っていた保育園の帰りには良く鉄棒していたけれど、今の保育園には鉄棒は出さないとないので、こんなに出来るようになっていたのは驚きました。
何にせよ、最後までTは参加出来たので、途中どうなることかと思いましたが、とりあえず、「運動会に最後まで参加した」ということが記憶に残ると思うので良かったです。
2011.10.30 Sun l 本日の子どもたち l top
一昨日、ツレの誕生日のことを書きましたが、ケーキは外注しましたが、夕食は、ツレのリクエストのものを作りました。
何を作ったのかというと、ツレがモニターになっていて、毎号(月2回)送られてくる『レタスクラブ』に載っている料理でした。
名前は「照り焼きチキンロール」です。


材料も特別なものもないし、結構簡単にでき、何よりもリクエストしたツレが「おいしい」と言ってくれたので、紹介します。
しょうゆ2、みりん1、酒1、砂糖1/2になるようにたれを作ります。
まず、鶏もも肉を大体厚さが同じくらいになるように切り込みを入れた後、たれに10分ほどつけ込み、↓の写真のようにたこ糸で巻きます(この時、たれを捨てずに取っておくこと)。

IMG_4266.jpg
↑まず端っこを結んで、あとはくるくる巻くだけ。


次に、水60cc、酒15ccくらいと一緒に鶏肉をフライパンに入れ、ふたをして蒸し焼きにします↓

IMG_4267.jpg
↑弱火で10分強


あとは、最後に、最初のつけ込みたれをフライパンに入れて一煮立ちさせ、肉を切って、たれをかけ、盛りつければ完成↓
IMG_4268.jpg
↑レシピには、白髪ネギと七味とうがらしというオプションでした。


今回の『レタスクラブ』は100レシピということで、たくさん色んな料理が紹介されていて、ツレは喜んでいました。
僕は、実は100レシピとかでたくさん紹介されていても、ぴんと来るものが無いと作る気にならないのですが、今回のこのチキンロールは僕も「おいしそう」と思っていたので、作り甲斐がありました。
今度は、ココアケーキを作ってみるつもりです。
2011.10.29 Sat l 育児・料理雑誌 l top
先日、T(4歳)の育休中にツレが買った知育玩具をTとS(2歳7ヶ月)がまた遊んでいると書きました
今回は、TとSが遊んでいるというか、M(3ヶ月)にやって遊んでいたら、TとSも一緒に「やってー」と言ってくるものを紹介します。
それが、白い正方形の紙に赤い点が書かれたカード(ドッツカード)です↓

ドッツカード

このドッツカード、知能の発達を促す、というのが、カードを考案し、売っている人たちの売りですが、実際、かなり疑問が投げかけられているようです。
でも、我が家というか、僕は特にそんなことは気にしないで遊んでいます。
それというのも、僕は特に知能を発達させようということでやっているのではなく、TもSもMもなぜか、赤ちゃんの時にやったら、声を上げて喜んでくれたからです。

IMG_4214a.jpg
↑なぜか声をあげて喜ぶMと一緒にやってもらおうとするTとS

このカードでの(僕の)遊び方は、0と裏に書かれているものは、赤い点が0(つまりただの白いカード)、1と書いてあるものは、赤い点が1個という具合に、0から100まであり、それを0から20くらいまでを順番に見せていきます。
そうすると、何故か、声を上げて喜びます。
不思議です。
やっているこちらもなんでこんなに喜ぶのかわからないのですが、とにかく喜んでくれるのでやっています。
先日は、Sがやってもらう側ではなく、やってあげる側に挑戦していました↓

IMG_4286a.jpg
↑Mがちゃんと見てる。

非科学的だとしても、子どもたちが3人揃って、赤ちゃんの時に喜んでくれるので、不思議だけど面白いおもちゃです。
2011.10.28 Fri l おもちゃ l top
昨日は、ツレの誕生日でした。
今年は、ツレも育休なので、本人曰く「こんなにゆっくり誕生日を過ごせるのは最後かも」というくらい、ゆっくりと過ごせたようです。
でも、日中は、いきなり寒くなったこともあり、衣替えをしていましたが。
僕もちょっと余裕があったので、今回は準備(?)もいつもより出来たように思います。
1週間前にツレの要望のケーキ屋さんにケーキを予約し、日曜日には、子どもたちとツレのリクエストの「お母さんに読んでもらいたい絵本」を買いに行き、昨日は、T(4歳)とS(2歳7ヶ月)の保育園のお迎え後に一緒にお花を選んで買って帰りました。


ちなみに、日曜日に買った「お母さんに読んでもらいたい絵本」で選んだのはこれです(上がT、下がS)↓
ぼく、仮面ライダーになる! フォーゼ編 (講談社の創作絵本)ぼく、仮面ライダーになる! フォーゼ編 (講談社の創作絵本)
(2011/10/20)
のぶみ

商品詳細を見る

アンパンマン大図鑑―公式キャラクター2000アンパンマン大図鑑―公式キャラクター2000
(2007/11)
やなせ たかし、トムスエンタテインメント 他

商品詳細を見る

当然(?)、昨日まで待てるわけも無い子どもたちは、日曜日に早速ツレに読んでもらっていました…。


そして、ツレの誕生日で子どもたち(特にT)が何よりも待ち望んでいたこと。
それがケーキです。
誕生日のツレももちろん自分がリクエストしたケーキ屋さんのケーキなので喜んでくれていましたが、Tは数日前から、「お母さんの誕生日早く来ないかな~。ケーキ楽しみだな~。」とつぶやいていました。


IMG_4282a.jpg
↑やっとケーキが食べられる!(もちろんM(3ヶ月)は食べません)
Mの前に置いてあるのは、ツレがリクエストした絵本とツレ母からのプレゼント絵本です。


夕食後だったにもかかわらず、子どもたちには、「別腹」なようで、大人よりも早く食べ終わっていました。
Tがケーキを初めて食べたのはTの3歳の誕生日になったときですが、Sはもう食べています。
以前なら、「まぁ、ケーキを食べるのは誕生日くらいだし。」と思っていましたが、今は家族が5人になったので、1年中結構良い間隔で5回も食べられます…。


ちなみに、誕生日ということで、「ケーキを作らないのか?」ということを考える人もいるかも知れませんが、僕は、「誕生日くらいはおいしいケーキが食べたい。」というスタンスなので、誕生日はケーキを外注します。
最近は、少しずつ子どもたち(といってもほとんどT)が料理を手伝ったりしてくれるようになったので、休日などにケーキを作ったりするので、あえて誕生日にはケーキを作らずおいしいケーキ屋さんにお願いしています。
次にケーキを食べられるのは、Tの5歳の誕生日ですが、Tは今から「ゴーカイジャーのケーキが良い!」と主張しているので、ゴーカイジャーのケーキは僕の中で「おいしいケーキ」に入っていないので、どうしようか作戦を考えています。


最後になりますが、今回買ったケーキは、AZULというお店です。
2011.10.27 Thu l 日々雑感 l top
先日紹介(?)した『レタスクラブ』で特集されていた「塩豆腐」を最近作って食べています。
「塩豆腐」とは何?という方のために、作り方を紹介します。

材料
・豆腐(絹)…1丁
・塩…小さじ1
・キッチンタオル
作り方
①豆腐の片面全体にに塩小さじ1/2をまぶす。
②豆腐をひっくり返し、もう片面全体に塩1/2をまぶす。
③キッチンタオルで包む。
④それを半日以上冷蔵庫で置いておく(水分が出るので高さのある皿などに置くこと)。

と、すごーく簡単に作れるものです。
『レタスクラブ』で初めてこの「塩豆腐」の存在を知りましたが、最初は、「まるでチーズのよう」とか書いてあったので作ってみましたが、豆腐がチーズになるわけはなく、あくまでも「豆腐」でした。
でも、豆腐は豆腐でも、弾力が増すというか、崩れにくくなるので、料理に使うのはとても便利になりました。


IMG_4264a.jpg
↑たとえばサラダ(子どもたちにトマトを全部食べられてしまったので、彩りが悪いですが…)


そして、もう一品、カレー粉(と小麦粉、塩こしょうを混ぜたもの)をまぶし、少し焼いたものも作りました。
IMG_4263a.jpg
↑こちらは、形が一定ではない豆腐を使いました。S(2歳7ヶ月)はよく食べてくれました。


僕は結構豆腐が好きなのですが、前に住んでいた所からちょっと足を運ぶと、デパートにも卸しているようなおいしいお豆腐のお店があったのですが、今住んでいる所には、お豆腐屋さんはあっても、なかなか気に入ったお豆腐にめぐり会えずにいるので、しばらくの間、この「塩豆腐」でいろいろと試してみようと思います。
2011.10.26 Wed l たべもの l top
毎月送られてくる育児雑誌『Baby-mo』。
さすがに3回目(子どもたちが産まれる度にツレの健康組合から送られてくる)なので、1回目ほど食らいついて読みませんが、一応目を通してます。

Babyーmo (ベビモ) 2011年 11月号 [雑誌]Babyーmo (ベビモ) 2011年 11月号 [雑誌]
(2011/10/15)
不明

商品詳細を見る



今回の特集で気になった記事は、「ママのバッグ&手荷物大調査!」というもの。
「パパの」だったらもっと良いのになぁ、とかいうのは置いておくとして、僕が気になるのは、実はバッグの中身よりも「バッグそのもの」。
中身に関しては、まぁ、一応3人目なので、特に他の人が何を持っているのか気にならないし、3人いると、年齢別にそれぞれ必要なものが違ってくるので、基本的に子ども1人だけ連れている人の荷物はあんまり参考にならないということもあり。


T(4歳)が産まれてから、我が家のママパパバッグは少しずつ変わっています。
Tの時にツレが用意してくれたバッグは結構気に入っていて、今でも使うほどなのですが、最近はポーターのバッグをよく使っています。
ベネッセの育児雑誌に載っていたものをツレが「これどう?」と聞いてきて、購入しました。
商品はこちらから見られます
子どもたちと外出すると、たまにS(2歳7ヶ月、14kg)を抱っこしなくちゃいけない場面があるのですが、肩掛けだとバッグを気にせずに抱っこできます。
バッグって、今までいろいろ試してきましたが(エコバッグの時もあった)、今使っているバッグに出会うまで、「これだ!」というバッグは無かったので、バッグ自体の特集もあったらいいのにな、と思いました。
2011.10.25 Tue l 育児・料理雑誌 l top
これで最後のお祭りかな?と思いながら(書きながら)、結局毎週のようにお祭りに行っているような気がしますが、昨日もお祭りに行きました。
どこでやっていたのかというと、S(2歳7ヶ月)の保育園の運動会をした小学校でした。
10時から始まったのですが、諸事情により(というか買い物に行けていなかったので、行ったので)10時半過ぎに行きました。


IMG_4256a.jpg
↑たぶんシルバーさんたちと思われる方々がバルーンでいろんなものを作ってくれました。
(それにしてもT(4歳)の姿勢が悪いです…)


IMG_4260a.jpg
↑子どもたちが作ってもらったのは、「剣」でした。


行ってみて分かったのですが、「お祭り」というよりも、「バザー」という感じでした。
なので、10時半過ぎに行った僕たちにはめぼしい物はほとんど見つからず…。
でも、まぁ、逆にツレがわざわざ子どもたちにお小遣いを渡していましたが、ほとんど使うことなく済みました。


一応、子ども向けコーナーみたいなものはあって、ストライクアウト、ボール投げなどは我が家の子どもたちも楽しんでいましたが、他のものは小学生以上を対象とした感じでした(例えば木工)。
でも、まぁ、どうやら昨日の鉄道車両基地見学会で疲れていたようなので(僕も)、近場で気分も入れ替えられたので良かったです。
2011.10.24 Mon l お出かけ l top
昨日は、鉄道好きでもないのに、埼玉高速鉄道開業10周年記念車両基地見学会に行ってきました。
ちなみに、これもツレが見つけてきたイベントです…。
場所は、浦和美園駅から徒歩約7分くらいの場所にある車両基地でした(途中の道路にザリガニがたくさんいて驚き、しかも半分は車に轢かれてました…。においがなんかすごく懐かしかったです)。


結論というか、今回の反省点を書いておくと、
①こういう(鉄道の)イベントに参加したことがなかった。
②途中で雨が土砂降りになった(しかも大人1人、子ども2人だった)。
ということで、途中で優先順位をどうすれば良いのかよく分からなくなってしまいました。


とりあえず、今回のメインイベントは、これでした↓
IMG_4244a.jpg
↑運転席に座るT(4歳)とS(2歳7ヶ月)。この写真には載っていませんが、特にTはあらゆる計器やボタンをとりあえず触っていました。


そして、運転席に座らせてもらった後は、南北線、埼玉高速鉄道、東急線の車両が止まっていたので写真を撮りました↓
IMG_4245a.jpg
↑これは埼玉高速鉄道の車両


運転席に座ることが出来る列に並んでいたら、予想よりも大分時間がかかってしまい、あきらめて、車両の前で写真を撮っていたのですが、実は僕が体験したかった、自動洗浄機体験(電車を洗う)も出来ました。
これは、動画で撮ったのでアップできませんが、体験できて良かったです。
でも、感想を言うと、あまりにも早く終わってしまうこともあり、まぁ、一回体験すれば良いかな、という感じでした。


その後は、雨が土砂降りになってしまったこと、時間も11時半頃になっていたこともあり、「さてどうしたら良いのだろう?」とちょっと僕が混乱してしまいましたが、とりあえず、持参した昼食と出店の食べ物で食事をしました。
出来ればその間に雨が小降りになることを願っていたのですが、うまく行かず、あきらめて、そのまま帰ることにしました。


今回は、前からSが乗りたがっていたモーターカーに乗れず(並んで待つ時間も雨の中待つ気にもなれなかった)うまくいかなかったなぁ、と思っていたのですが、TもSもそれなりに楽しんでくれたみたいなのと、ツレには、「運転席にも座れて、洗浄体験も出来たんだから、十分じゃない?」と言われたので、少し気持ちが和らぎました。
それにしても、Tくらいの年齢の子ども(基本的に男の子)を連れた親子が多かったのですが、それ以外に、中学生くらいから年配にかけての、鉄道好きの方々もたくさんいて、「本当に鉄道が好きなんだなぁ。」と改めて感心しました。


最後に、TがNゲージに食らいついて見ていたので、「今度お母さんの働いているところで見られるから帰ろう。」と言っていたら、近くにいた人に「どんな仕事場なんだ?」というような顔をされました。
一応断っておくと、ツレの仕事は鉄道関係ではありません。
どんな仕事なのか当てた方には、ささやかなプレゼントでも差し上げたいと思います(ホントか?でも、本当に当てた人がいたらプレゼントを考えます)。
2011.10.23 Sun l お出かけ l top
子どもたちの人数が増えているからか、はたまた子どもたちが大きくなっているからか、着実に増えていくおもちゃ類。
「もう処分したい!」と思っても、T(4歳)は見向きもしなくなったものでも、M(3ヶ月)はこれから遊ぶかも知れないので、全く処分できずにいます。
さらに処分できなくなるのが、思い出したように子どもたちがたまに遊びはじめること。
今はこれです↓

IMG_4144a.jpg
↑なんだか勉強しているように見えなくもないTとS(2歳7ヶ月)


これは、Tの育休中にツレが購入した、知育玩具で、マグネットで色んな形や色があるものです。
そのときは、「こんなのいつ使うようになるんだろうか?」と思ったのですが(何せまだハイハイもしていなかったので)、4歳になっても結構楽しそうに遊んでいます。
これは、Sも一時期はまっていたし、子どもたちには結構良いのかも。
Mもやりたいみたいだし↓

IMG_4145a.jpg
↑注:ギャグではありません!本当にTとSの方をこんな顔して見てました。


こういう息の長いおもちゃは本当にいいおもちゃなんだろうな、と子どもたちの様子を見ていても感じます。
「息が長い」という規準でおもちゃの整理をするのが良いのかも、とこれをみて思いました。
2011.10.22 Sat l 本日の子どもたち l top