さて、先日26日に厚生労働省から発表された男性の育休取得率の話題から、昨日に引き続いて、堅い話になります。
男性は育児休暇を取るべきか?

僕の答えは、こうです。

「どちらでも良い」

本人が取りたいと思っているならば取れば良いし、取りたいと思っていないならば取らなければ良いと思います。
取ったからといって、褒められるわけでも、取らなかったからといって、けなされるわけでもありません。
だから、昨日の記事でも少し触れましたが、男性の育休取得率が低いこと自体には、僕はあまり意味を感じません。
取得率が低いのは悪いこととも良いこととも分からないからです。
現在では、男性の育休中だと聞くと、「男性で育休取っちゃうなんてすごいですね!」とかの反応があるかと思いますが、僕は女性の育休中と一緒で、「いつまでですか?」とか子どもの話に自然となるようになれば良いなぁ、と思っています。

それよりも僕が重要だと思うのは、「親になったということをどれだけ実感し、行動出来るのか」ということだと思います。
そのきっかけとして、男性の育休はとても大きいと主張する人もいます(例:育休中は育児・家事をするだろうから、育児・家事の大変さが身にしみて分かる。→パートナーのことを考えて育休明けも継続して育児・家事をするだろう)。

しかし、育休というのは、あくまでも「期間限定」です。
でも、育児は広い意味で考えれば、自分が死ぬか子どもが死ぬかまで続くものだと思います。
だから、僕は期間限定の育休に過剰な意味づけをしたくありませんし、しません。

育休よりも重要なのは、長い育児の期間、ちゃんと子どもに向き合うことが出来るかどうかです。
1年間育休を取って子どもと向き合っても、仕事に復帰したら毎日残業で、子どもと接するのは休日しかないというのは、どうなのでしょう。
それよりも、育休は(いろんな理由があって)取らなかったけれど、大体定時に仕事を終えて、夕食も家族揃って一緒に食べて、その日の出来事をなんとなく話したりする関係をずっと続けられる方が、より子どもと向き合えるのではないかな、と思います。

それと、(ここまででも反発された方もいるでしょうが)ここから書くことは反発も多いかと思いますが、普段家事や育児の多くの部分を担っている「シュフ」(この場合は、働いているいないに関係なく、家事・育児の大部分を担っている存在を指します)として、パートナーが3回育休を取った経験から言うと、パートナーの育休は必ずしも歓迎するものではありません。

「シュフ」にとって、家はいわば仕事場です。
そこに、パートナーといえども、1年間も居座るのです。
想像してみてください、自分の仕事場に「期間限定」と分かっている人が居座る様子を。
しかも、その「期間限定」でやってきた人物は、(多くの場合)殆ど何も知らない新人なのです。
もちろん、「何かしようか?」と言って、実際に何かしてくれるかもしれません。
でも、基本的にそれは「期間限定」ですし、効率からすれば、自分がやった方が明らかに良いのです。
(まぁ、「期間限定」の期間が終了した後に、「パートタイム」で働くことになるかも知れませんが。)

それに、育休というのは、あくまでも「育児休暇」なので、家事をするかどうかも分かりません。
育児だけするためにいるのであれば、自分でも出来るし、別にいてもいなくても(むしろ、上記の理由からいない方が)良いのです。
(実はこのことは、今まであまり家にいなかった人が退職後に家にいるようになって起きる問題とかなり似ています。)

極端なことを書いていると思うかも知れませんが、僕は家事や育児において、「継続しなければあまり意味がない」と思っています(2人とも働いていたりしていて、時間がないのに、片方だけに負担が強いられているならば、様々な対策を取ることは当然必要ですが)。
もし、育休を取る!と意気込んでいる人がいるならば「そのモチベーションを子どもが成人するまで維持できるなら、取ってみたらいかがですか」という感じです。

(男性の育休取得を阻む要因については、様々な見解と要因があり、詳細に書かなければいけないことなので、今回はその点については、あえて触れずに書いています。)
スポンサーサイト
2012.04.30 Mon l 日々雑感 l top
久しぶりに堅い話です。

先日26日に、厚生労働省が発表した「2011年度雇用均等基本調査」によると、2011年10月1日までに育児休暇を取得した男性が2.63%で前年(1.38%)に比べほぼ倍増し、過去最高となったことが伝えられました。
このことを知ったのは、ファザーリング・ジャパンのメーリングリストで、当然のことながら、喜んでいる方がとても多かったです。
でも、調査の数字というものは、どのように調査したものなのかは当然のことながら、どうやってその数字を分析し解釈するか、ということの方がより重要になってきます。

では、僕はどのようにこの数字を見るか?

そもそも育休取得率がこんなにも騒がれる理由は、「育休を取得したいと思っている人(率)と実際に取得出来た人(率)に差があることが問題だ」と考えられているからです。
なので、僕は、この2.63%という数字に特に意味を付けても仕方が無いと思っています。
それよりも、育休を取ろうとしたけれど、取れなかったのはどのくらいだったのかを出さないと意味が無いと思っています。
それは、男性とか女性とかは全く関係がありません。
女性は87.8%が育休を取得出来ているから、「大丈夫」なわけではありません。
実際に女性でもどれだけの人が育休を取りたいと思って、取れたのか、あるいは取れなかったのかが重要です。
他の調査では、男性でも育休を取得したいと願っている人が多い、という結果が出ていますが、対象者や方法が違うので、比較することはできません。

話が長くなってしまうので、今回はこの記事を紹介するだけにして、次回、「男性は育休を取るべきか?」ということについて僕なりに考えていることを書いてみたいと思います。
2012.04.29 Sun l 日々雑感 l top
最近、保育園にもすっかり慣れて、泣くのも、保育室に座らせた時だけのわずかな時間だけになり、他のクラスの保育士さんたちにも名前を覚えられ、「すっかりひよこ組さんね」と言われているM(9ヶ月)。
周りのこともよく分かるようになりましたが、運動面も着実に成長しています。

保育園との連絡帳には、
・パンの耳を上手に持って食べています。
・コップも上手に使って飲んでいます。
とのこと。

我が家では、目下、つかまり立ちに向け、よじ登りが進化中です↓

IMG_1767.jpg
↑子どもたち用にもなるツレの授乳用の小さな座椅子に登るM

IMG_1771.jpg
↑座椅子に登れたら、子どもたち用のテーブル(こちらも背が低いもの)を物色

IMG_1773.jpg
↑お目当てのトランプをゲット!(背後霊みたいなのは、T)

季節の関係もあると思うのですが、T(5歳)が最初つかまり立ちをしたのは、丁度10ヶ月になった時で、こたつの布団を掴みながら、こたつでつかまり立ちをしました。
Mはそういう場所がないので、どうやら、この子どもたち用の座椅子とテーブルを使って、挑戦しているようです。

最近はずりばいをしながら、お尻を高く上げているので、ハイハイに進化するのもそろそろかな?という感じです。
「Mちゃんがつかまり立ちしたら、テーブルに置いても、取られて食べられちゃうからねー」とT、S(3歳)に言ってもよく分かっていないので、楽しみな反面、僕の負担が増えるような…。
2012.04.28 Sat l 本日の子どもたち l top
先日、『レタスクラブ』を紹介する記事で、そろそろ塩麹に手を出す、ということを書きました。
あんまり近くのスーパーで僕が求める「生麹」(麹は「乾燥麹」と「生麹」があります)を見かけないなぁ、と思っていたら、ありました。
しかも、国産の米使用だったので、これならいける、ということで早速作ってみました。
先日の朝日新聞にも塩麹の作り方が載っていたので、メモしておきましたが、生麹に作り方が載っている紙が入っていました。)

材料
生麹・・・400g
塩・・・120g
水・・・600cc
(塩と水の配分は、麹が「乾燥」か「生」かということや、麹の特徴によって変わります。)

材料もシンプルながら、作り方も簡単です。
①麹をぱらぱらにほぐして、塩と混ぜる。
IMG_1760.jpg

②水を混ぜる。
IMG_1761.jpg

③容器に入れる。
IMG_1762.jpg

④常温で1週間ほど待つ(1日1回程度かき混ぜる)。
⑤粒が小さくなって、甘いにおいが出て来たら完成(冷蔵で半年程度持つそうです)。

今回、自分で作った理由はなんと言ってもコストパフォーマンスです。
市販の塩麹は200gくらいで400円くらいです。
量が少ないので、ちょっとお肉を漬けたりしたらい、1回で使い切ってしまいそうです。
ですが、自分で作ってみたら、麹500円+塩20円+水30円=550円くらい。
作り方も簡単だし、自分で作った方が、麹、塩、水の産地なども確認出来るので、良いと思います。

塩麹が完成したら、塩麹で作った料理も書きたいと思います!
2012.04.27 Fri l 本日のパパ料理 l top
昨日は、Sの3歳児健診でした。
朝、一度、いつものようにSとM(9ヶ月)を連れて保育園に行き、Mだけ預けて、そのまま保健センターへ。
9時から受付でしたが、早めに着いても、すぐに受け付けてくれました(すでに5、6人いました)。

IMG_1763.jpg
↑待ってる間に絵本を読みました。

やる内容としては、事前には、育児に関するアンケート、目と耳の検査、そして当日朝の採尿がありました。
受付で、アンケート、目と耳の検査結果、尿、母子手帳を渡し、まず最初は、保健師さんとの会話でした(尿検査の結果もここですぐに教えてもらえました)。
育児や発育で気になることはありますか?とか、我が家の場合は去年引っ越して来たので、生活は落ち着きましたか?とか、実家の育児の援助はありますか?等々。

その後は、歯科健診。
歯医者さんが褒めてくれたほど、上手に口を開けたまま、天上に貼ってあったアンパンマンを指して「アンパンマンだ!」という余裕があるほど、落ち着いて診察してもらえました(子どもで初めて指摘したらしいです)。

その次に、身長体重測定。
ここでは、慣れていない子の中には泣いている子もいましたが、Sは保育園で慣れているので、パンツ一枚だけになったら、自分からすぐに計測器のところに行って、計ってもらっていました(大概親が目の前に行って計っていました)。

その次に、小児科医による問診、聴診器などの触診。
家で目の検査をしたら、嫌がったということもありますが、左目がちゃんと見えているか分からなかったので、「ちゃんと検査できるところで一度診てもらった方が良いでしょう」ということに。
1ヶ月以内に大きな病院に行くことになりました。
最近iPhoneをいじるので、とりあえず今はやめさせて置いた方が良いのかも知れませんね。

最後は、心理相談、栄養・保健指導の部屋に通されましたが、病院への紹介状を書いてもらうのを待っていただけで、何もありませんでした。

終わってみれば1時間ほどで、その後は保育園に向かいました。
今回の健診では、男性含む3人で来ていたのが1組、男性だけが僕以外で1組でした。
やっぱり、乳児に関するものや、健診は女性ばかりですね。
保育園の送りは3歳くらいになると、男性も多くなってくるのですが。
2012.04.26 Thu l 本日の子どもたち l top
最新号が例によって届いたので、紹介します。

今回は、特集が「おうちで簡単!韓国ごはん」というものです。
最近は特集記事はあまりそんなにピンと来るものが無かったのですが、今回は作ってみようかな、と思うものでした。
サムギョプサル、ポッサム、ポックンパ、チヂミ等々、特にお肉のものは作るのも割と簡単なので、今度作ってみよう、と思います。
本当は、焼肉屋さんに行きたいんですが、ツレは元々焼肉屋さんに行く文化がないのと、放射能云々のことで、残念ながら行けないので、自分で作るしかなさそうです(1人焼肉はちょっと…なので)。

あとは「ビッグプリン」の記事。
先日、プリンを作ってみて、結構簡単だったのと、子どもたちにも好評だったので、こういうビッグサイズのを作ってみんなで突っつきながら食べるのも良いかな、と思いました。

あとはなんと言っても、塩麹。
塩麹にそろそろ手を付けようと思っていたので、ナイスタイミングなのですが、塩麹は市販品はあまり売っていないにも関わらず、しかもあり得ないほど高いので、麹を手に入れようとしているところです。
乾燥麹なら、割と手に入りやすいのですが、生麹の方がやはり風味も良いので、どうにか生麹が手に入らないか、ちょっと近所をさぐっています。
2012.04.25 Wed l 育児・料理雑誌 l top
※撮影、録音等が不可だったので、メモをもとに書きます。

この間の日曜日に、お茶の水の明治大学で、「チェルノブイリと福島」という講演会があったので、行ってきました。
主催は、定期購読している雑誌の「DAYS JAPAN」関連のチェルノブイリ子ども基金、未来の福島こども基金、現代史研究会でした。

講演会は二部に分かれており、前半が、チェルノブイリで事故後に病気を発症した親とその子どもを支援する「困難の中の子どもたちへ希望を」という団体を立ち上げ活動しているポホモワ・ワレンチーナさんと、その娘さんで7歳のときに小児甲状腺がんの手術をしたオリガ・ゼレンケヴィチさんのお話。
後半は、福島県に住む武藤類子さんと、福島県から横浜に避難(移住)している富塚悠吏さん(小学生)のお話。
さらに、DAYS JAPAN編集長でチェルノブイリ事故後をずっと取材しているフォトジャーナリストの広河隆一さんのお話でした。

広河さんのお話は、以前聞いたことがありますが、やはり広河さんのお話が一番印象的でした。

内容を列挙するとすごく長くなってしまうのやめますが、僕がこういう講演会に行く目的は、「今後子どもたちにどのような被害が出てくるか」を知るためです。
チェルノブイリを参考に、福島後の日本でも同じようなことが起きると思われるので、事前に知って、心や具体的な準備をしたいと思っています。

なので、チェルノブイリで事故後(今も)何が起きているか、という話はとても参考になりました。
団体設立後の20年間で154人の子どもが死亡していること、それらの子どもは例えば、2005年に生まれ腹膜神経芽細胞を発症し2011年死亡していたり、1989年に生まれ、側頭骨ガンを発症し言語、コミュニケーション能力が低く、2008年に死亡していたり、2004年に生まれ、肝臓がんを発症し、性的早熟があり2009年に死亡した子どもなどです。
また、今回のチェルノブイリでの話で改めて考えさせられたのは、チェルノブイリ事故時に子どもで、その後小児甲状腺がんなどを発症し、今も生きている人たちが親になる世代になっており、その子どもたちがいろいろな健康問題を抱えているというものでした。

それらの今の子どもだけではなく、さらにその子ども以降の世代まで影響があるということです。

さらに、チェルノブイリでは事故から四半世紀経ったということもあり、公的な支援が大幅に削減されたり、廃止されているということでした。
国や政府は信用できない云々の問題ではなく、そういう事態は日本でも当然あり得るので、公的な支援だけを頼りにしていては、ダメだろうな、ということも改めて認識させられました。

前回の広河さんの講演会は、パルシステム主催ということもあり、参加者のほとんどが女性で、小さな子どもがいるだろう世代がかなりいましたが、今回は、DAYS JAPAN関連だからか、男女比は半々くらいで、しかも、世代は、50代以上が多かったように思います。
隣に座っていた、年配の男性は、たぶん他のところで会ったら、こういう話をすることはないと思いますが、講演にじっと耳を傾け、時折うなずきながら聞いていたのが、とても印象的でした。
2012.04.24 Tue l パパ活 l top
週末に、ツレとT(5歳)、S(3歳)が仮面ライダーvsスーパー戦隊『スーパーヒーロー大戦』に行ってきました。
何故かツレが子どもたちより海賊戦隊ゴーカイジャーにはまっているので、僕とM(9ヶ月)はお留守番でした。
ちなみに、前売りチケットは大人1人と子ども2人(親子ペアチケットと子ども1人分)で、2800円でした。
前売りの方が安いことと、ストラップが1人1個もらえるので、ゴーカイレッド&レッドバスターのものを2つと、オーズ&フォーゼを1つもらいました。

そして、今、映画に合わせたのか、マクドナルドのハッピーセットのおもちゃが、仮面ライダーフォーゼのフィギュアです。
これは、保育園で情報を得たTが騒ぐことは必至なので、買いました。
20120422.jpg
↑全部で8種類ですが、選ぶことはできません。

このフィギュアですが、ハッピーセットのおもちゃにしては、良くできていると思います。
足に付いているランチャーロケットが飛ぶようになっています。
この間の土日と今度の土日には、ハッピーセットを頼むとガンバライドカードが付いてくるそうです。

ちなみに、映画でもガンバライドカードとダイスオーカードがもらえたそうで、2階席だったそうですが、一番前だったので、映画もよく見えたそうで、TもSも喜んでいました。
2012.04.23 Mon l お出かけ l top
先日の保育園帰りのことです。
T(5歳)を先にお迎えし、S(3歳)とM(9ヶ月)の保育園にお迎えに行きました。
SとMが通う保育園の目の前には小さな公園があります。
先生たちからは、「帰りにあまり遊ばないように」とは言われているものの、子どもたちは遊びたくなるもの。
それに、Tは僕がSとMのお迎えをしている間に遊んでいるので、Sに「公園で遊ぶー」と言われると、少しなら仕方が無いと「ちょっとだけだよ」と言って、遊ぶことにしました。

Sはブランコで遊びたかったようで、ブランコのところに行きました。
そうしたら、2つあるブランコは既に4、5歳くらいの子たちが遊んでいました。
なので、Sに「代わって欲しかったら、『代わってください』って言うんだよ。」と言いました。
けれど、まだ3歳になったばかりということもあるからか、Sは自分から言うことはできずに、もじもじしていました。
なので、僕が「順番だから、そこで待っているんだよ。」と言って、待っている場所を言ったりしました。
けれども、自分から「代わって」と言えないので、相変わらずもじもじするSと、そんなやりとりがある中でもブランコで遊び続けている子どもたち。

保育園の目の前にあるということもあり、保育園帰りの子どもたちが遊んでいることはよくあることです。
ブランコの近くでは、お母さんたち4人がいたので、「保育園の子たちかな?」と思って見ていたのですが、なんだか違うような…。

と、思っていると、とうとうSが自分から「代わってください」と言うことも言えず、でもブランコには乗りたい、しかも、僕が時間が経ってしまったので「帰ろう」と言ったので、泣き出してしまいました。
そんな中でも、ブランコの子どもたちは相変わらずブランコで遊び続け、母親たちは、ブランコで遊ぶ子どもたちを横目で見ながら、おしゃべり…。

結果的には、十分遊んだようで、このあとすぐにブランコで違う遊具のところに1人の子が行ったので、Sは遊ぶことができました。
20120420.jpg

でも、この一件はすごく考えさせられてしまいました。
僕が、Sの代わりに、ブランコで遊んでいる子たちに「次代わってくれる?」と言うべきだったのか?
また、すぐ近くにいて、僕とSとのやりとりが目に見え、聞こえていたはずの母親たちはなぜ、何もしなかったのか?

うちは、子どもが複数いるので、遊具を独占してしまうことはよくあります。
なので、他の子がやりたそうにしていたら、僕が子どもたちに促して、譲らせたり、1回やめさせたり、違う遊具に気を引かせたりします。
小学生高学年とか10歳くらいになったら、周りの様子が見えるようになったり、自分で考えられると思うので、僕がそこまですることは無いと思うのですが、まだ保育園児なので、周りが見えていないことも多いので、保護者である僕がそういう促しをする必要があると思っています。

なので、この母親たちの行動がかなり疑問なのです。
もし、この母親たちの子どもが逆の立場だったら、どういう行動を取ったのでしょう?
どういう行動を取ったかは、想像に任せるとしても、自分たちがした同じ行動(他の子がやりたいと言って、泣くくらい待っているのに、代わらない)をされても良いということなのでしょうか。

僕が子育てをしていて、いつも悩んだりするのは、大概こういうことです。
我が家の子どもの発育状況とか、変な癖とかではなく、自分が社会で生きていく上で、「当たり前にやらなければいけない」と思って、子どもに教えていることが、周りとは違う時です。
今回の場合であれば、「自分はすでに遊んだのだし、他の子が遊びたいと待っているならば、代わるべき」ということを僕は当たり前だと思って、子どもたちにはそうするように促し、それをしなかったりした場合には、時には注意したり、怒ったりします。
けれども、この母親たちはどうやら、違う考えのようでした。

母親たちは、自分の子どもたちに「自分が遊んでいるんだから、他の子が遊びたいと思って待っていても、自分が気が済むまで遊び続ける」という生き方をさせたいと思っているのでしょうか。
小さなことかもしれませんが、大人の社会でもよく、「席は十分足りているのに、1回座った席から動かない人が多くて、立ち見の人が出てしまう」ということがあったり、アナウンスが無いと、動かない人が多かったりします。
僕は、自分自身もそうですが、子どもたちにも「1回座ったけれど、座る場所がない人がいるので、詰める」ということを自然にできる人間になって欲しいと思っています。
こういうのって、僕としては、社会で生きていく時の当たり前の「マナー」のように思っていたのですが、今では、「それはあなた(たち)の生き方、考え方で、わたし(たち)は違うから」と言われてしまうことなのでしょうか…。
2012.04.22 Sun l 日々雑感 l top
最近、M(9ヵ月)がものすごく重くなってきたので、ついに自転車を導入しました。
取り扱い説明書的には、「10ヵ月から」となっていますが、身長体重は10ヵ月に到達しているので、良しとしました。
ツレが復帰してからは、T(5歳)の保育園への送りはツレになったのですが、S(3歳)とMは同じ保育園に僕が連れて行っています。
近いので、ベビーカーでも良いのですが、送った後すぐに出かけることもあるので、自転車だとだいぶ時間が省けます。

ということで、早速自転車に乗せて見ました(今までは前にS、後ろにTが乗せたり、Mを抱っこして、Sを後ろに乗せていました。)↓
2012041802.jpg
↑不安げなMさん(ちなみに、ヘルメットはお下がりの頂き物です)。

しっかりと固定されるには、まだ身体が小さいようで、自転車から降りて見るとこんな姿になっていました↓
2012041801.jpg
↑シートに埋もれていたMさん

もっとしっかりシートベルトを締めればいいのでしょうが、Sが乗ることもあるので、なかなかそれができません。
でも、荷物があると何とかなっているので、良しとしたいところです。

ちなみに、自転車に乗ること自体へのMの反応ですが、最初はヘルメットをかぶせたら泣きましたが、その後は泣くことなく、自転車自体も、走っていると、手を上にかざして遊んでいます。
表情は見えないのでわかりませんが、Sもそうやって手に当たる風で遊んで楽しんでいたので(自転車を買ったのは、Sが生まれてからなので、Tはすでに大きくなっていました)、Mも楽しんでくれているような気がします。
2012.04.21 Sat l 本日の子どもたち l top