昨夜は、会員になっている、ファザーリング・ジャパン主催で、「父親が発信しよう!『いじめ問題』緊急フォーラム」があったので、出席してきました(昨夜のNHKのニュース9でも報道されたとのことです)。
USTREAMでも流していたので、動画でも見られます→USTREAM
また、フォーラムの告知は→こちら

*内容はUSTREAMでも見られるので、内容を詳細に紹介はせずに書きます。また基本的に、僕は物事を批判的に考えるので、批判的過ぎると思われる方は特にUSTREAMで内容を確認されるのをおすすめします。

フォーラムは第一部が鈴木寛参議院議員の話、第二部がパネルディスカッションでした。
IMG_0751.jpg

第一部に関しては、特に何も無いのですが(かなり失礼)、第二部ではいろいろと考えさせられました。

登壇者は
パネリスト
①NPO法人代表理事、NPO法人ファザーリング・ジャパン理事、元小学校PTA会長
②私立高校教師
③小学校教師
④公立小学校父親の会世話人
コーディネーター
⑤小崎恭弘(神戸常盤大学准教授、NPO法人ファザーリング・ジャパン副代表)
⑥吉田大樹(NPO法人ファザーリング・ジャパン代表理事)
という6名でした(全員がパパです)。

IMG_0752.jpg

各パネリストから、「いじめ」に関しての実践(実績)や、考えていることなどの話がありました。
そのパネリストからの話を聞き始めた時は、僕にはマッチョな考えすぎて、とてもついて行けないな、と思っていたのですが、後半からはとても共感出来る話がありました。

IMG_0753.jpg

簡単に分けてしまいますが、「ついていけない」と思ったのは、パパとしての活動で話されていた方達で、共感出来たり、僕も指摘したいと思っていたことを話してくれたのは、小・高・大問わず教員をされているパパ達の意見でした。

なぜ、「ついて行けない」と思ったのかというと、
・性的役割分業を前提に話している(実際に動いたり、動こうとしている)
・子どもを自分で導こうとしている
この2点が気になったからです。
お二人とも子どもが現在小学校だったり、小学校の時の話と言うこともあるのかも知れませんが、この2点には僕には「我が家での子どもとの関係ではとても無理」と思ったのでした。

そして、共感出来たのは、(僕は非常勤でさらに経験も浅いので「教師」という存在の末席を汚しているだけですが)僕が教員だからかも知れません。
パパの中には首をかしげている人たちもいたようですが、小学校教諭の方は、年度初めに必ず

「いじめは、100%いじめる人が悪い」

という話を生徒達にするそうです。
そうしないと、自分自身の軸もぶれてしまうということです。

たぶん、首をかしげていたパパ達のように、この言葉を聞いて、首をかしげたり、「そうはいっても…」と思う方もいるかも知れません。
でも、僕はこの「いじめは、100%いじめる人が悪い」ということを前提にしないと教師としてやっていけないと実感しています。
なぜなら、「いじめられる側にも問題(理由)がある」としてしまえば、それはいじめを容認してしまうことになるからです。

「そんなことをいっても、大人の世界にもあるし…」とか、「大人の世界ではそんなきれい事は通用しない」という反論が帰ってくるかも知れません。
でも、そういった反論をする人に聞いてみたいのは、何故、「大人の世界」を基準にして考えるのか?ということです。
そして、「いじめ」はあっても良いものなのか?ない方が良いものなのか?を考えて欲しいということです。
もし、「大人の世界」を理由として、あっても良い(仕方が無い)とするならば、それは、「大人の世界」の方に問題があるのではないか?と思っています。
(うまく説明出来たかは分かりませんが、僕の考えは、内田樹さんの意見にとても近いです→内田樹の研究室「いじめについて」「いじめについての続き」)

パパ達には、「いじめられている子にもある、良いところをみつける」とか上から目線というか、憐れむかのような感じで話されていましたが、それは間接的に「いじめられる側にも問題(理由)がある」という考えのように聞こえました。

また、これは教員側からも少し指摘がありましたが、「いじめている生徒も被害者である」(いじめている生徒も親からのネグレクトや貧困などの何かしらの問題の被害者)であるという指摘(言葉自体は水谷修さんの言葉の引用です)や、「学校に行くことが全てではない」というのは、なかなかこの話が出なかったので、僕も言おうかと思ったくらいでした。
しかし、見た感じ、いわゆる「ホワイトカラー」のそれなりの地位にいるパパ達ばかりのような感じだったので、(かなりの偏見を含みますが)「学校という場にある程度順応できてきた人たち」であり、親のネグレクトや貧困などからも距離が遠く、実感というか殆ど知らないのかな、と思いました。

僕としては、今後、パパとして出来ることを考える上でこの2点、
①「いじめている生徒も何かしらの問題の被害者である(可能性が高い)ということ」(そこまでの問題にどのように父親として関われるのか)
②「学校に行くことが全てではないということ」(学校という道以外をどのように提示できるか)
を考えて行きたいな、と思いました、というか思って参加しましたが、残念ながら、こういう話は指摘のみで終わってしまって、消化不良を起こしてしまいました。

それにしても、今回よく分かったのは、「いじめ」を語る際に、さまざまな切り口があるということ、さらに、「いじめ」自体が悪いことなのかどうなのかという根本的なものを含め、考え方は一様ではないことです。
なかなかこのこと(特に僕が考えたいと思っていること)を話し合うのは難しいのかも、とも思ったのでした。。。

フォローではないですが、「自分の子どもが「いじめる側になった」「いじめられる側になった」ということを今から考えておくこと」はすごく良い指摘だと思いますし、実際に今回の一連のいじめに関する報道を見て、殆どの親は「自分の子どもがいじめられたら…」という想像はしたかもしれませんが、「自分のこどもがいじめの首謀者だった」と想像した人が少ないような感じがします。
スポンサーサイト
2012.08.31 Fri l パパ活 l top
今日は、お昼から、『レタスクラブ』の編集者2名が我が家にやってきました。
何故、我が家にそんな方々がやってきたのかというと、ツレが『レタスクラブ』のメール通信員になっているので、メール通信員が普段どんな料理を作っているのかを知るために、ご飯を食べ、話をしているようです。
なので、特別、それが記事になったりするわけではないのですが、僕からすると、普段殆ど料理をしていないツレで良いのだろうか?とか、とても来客に耐えられる部屋の状況ではないので、僕はその時間は外に逃げていました。

IMG_2551.jpg
↑毎号送られてくる『レタスクラブ』と今回頂いたレシピ2冊

これがきっかけで、ツレが料理にもっと取り組むようになると良いんですけどね。

ちなみに、ツレは、言葉通り受け取る人なので、「普段作っている料理を」ということで、普段作るのは、カレーとかハヤシライスとかなので、本当に、カレーだけを作って出したそうです…。
せめてサラダくらい出しなよ、と僕は思うのでした…。
2012.08.30 Thu l 日々雑感 l top
昨日、次男S(3歳)の通う保育園で身体測定がありました。
保育園では、毎月身体測定があり、その記録(体重と身長だけですが)を教えてくれます。
で、その結果を見てみると、Sの身長が100cmに到達していました。



身長も体重も、平均の枠を越えるようなことはありませんが、平均の上の方を順調に推移していて(成長していて)、とても嬉しいです。
最近、言葉も結構しっかりしてきたし、ますます「幼児さん」になってきています。
2012.08.29 Wed l 本日の子どもたち l top
ムスメ編長男編と僕の両親との旅の思い出を振り返ってきましたが、今回は次男S(3歳)です。
Sが今回の旅行で一番楽しかったのは、「乗り物に乗ること」でした。
M(1歳1ヶ月)が気に入っていた足こぎボートも楽しかったようですが、Sが一番気に入ったのは、スライダーでした。

IMG_0745.jpg
↑写真は僕の父と一緒にこれから滑ろうとするT(5歳)

専用のレーンをこんな感じで滑ります↓

IMG_0749.jpg

こちらも後追いしながら写真を撮っているので、うまい写真じゃなくて済みません。

このスライダーは、2泊目に泊まったホテルに隣接するスキー場にあって、TもSも「お父さんと滑る!」と主張し、1回ずつ滑ったら、それがすごく楽しかったようでSはその後、珍しく泣きわめいていました。
時間もお昼に近かったし、また並ぶとさらに時間がかかるので、そのままそこは後にしたのですが、途中寄った佐久平に同じようなものがありました。
それが写真のものです。

佐久平の方は、上に登るまではリフトだったので、そちらも楽しそうでした。
(暑かったし、山だからか、30分くらいしか日差しを受けなかったのに、日焼けしてしまいました…)
IMG_0700.jpg
↑僕が若干高所恐怖症なので逆に「お父さんこれがこわいのー?」と楽しそうなT

IMG_0713.jpg
↑Sもすっかり1人で座っていても大丈夫になりました(もちろん後ろから洋服は僕が掴んでいましたが)。
2012.08.28 Tue l お出かけ l top
一昨日のムスメM(1歳1ヶ月)編に続いて、旅行を振り返ってみたいと思います。
今日は、長男T(5歳)編。
T本人に「何が楽しかった?」と聞くと、色んな答えが帰って来すぎるのですが、僕が見ていてTが一番楽しんだのは、「アイスクリーム」だと思います。

IMG_0591.jpg
↑旅行中、1回目のアイスクリーム

旅行中、すごく暑かったのもあって(一応山に行ったのに、35度とかでした…)、アイスクリームを何回も食べました。
もちろん、1本丸ごと子どもたちが食べることはないのですが(1本を3人でとか、2本を4人でとか)、普段ほとんどアイスクリームを食べたことがない子どもたちは大興奮でした。
アイスクリームが売っているところを見つけると、「アイスクリームがあるよ!」と何度も言っていました。

IMG_0595.jpg
↑こちらはアイスクリームを食べるS(3歳)さん。この子は本当におもしろいです。

パーキングエリアとかで売っているアイスクリームなら「買わないよー」と簡単に言えたのですが、ジャージーだとかを見てしまうと、暑さも手伝って「食べちゃおうか」みたいな感じでした。
アイスクリーム、本当に美味しかったなぁ。
と、結局僕が食べたいだけだったのかも知れません(ちなみに、今回の旅行とは全く関係ありませんが、僕が今まで食べたアイスクリームで一番美味しかったのはここのでした→奥中山高原農協乳業。もちろんカップではなく、店舗で作ってもらったソフトクリームです。)
2012.08.27 Mon l お出かけ l top
今回は料理でも子育ての小技でもなくて恐縮です。
が、最近8月も終わりなのに、予想外の暑さにやられ、「今日はビール飲んでやる!」と思っても、冷蔵庫に冷えたビールがない…、という時に役立つ(?)小技を紹介したいと思います。
ちなみに、別にビールじゃなくても全く構いません(我が家もビールは基本頂き物です。普段はビール「みたいな」飲み物を飲んでます)。

用意するもの
・小さめのボール(みたいなお皿とかでも大丈夫です)
・氷(保冷剤でも出来ます)
・冷やしたい缶に入った飲み物(缶以外でも出来るのかも知れませんが、缶でしかやったことがないので)

やりかた
①ボールに氷を入れる
②氷の上に缶を置く
IMG_2414.jpg
③缶をくるくる回す(ちなみにこのビールは職場へ送られてきたお中元が流れて来ました)
IMG_2415.jpg
④缶が「かなり」冷たくなったと思ったら取り出す(この時、「かなり」というのが肝心です)
⑤缶を開け、飲む!

このやり方を知ってからは、ツレが僕が飲もうと思って冷蔵庫に入れて置いた飲み物を勝手に飲んでもイライラ度が半減しました。
ちょっと難点(?)を言うと、早く飲みたいために「適度に」冷えたと思って飲もうとすると、ちょっとぬるく感じることと(なので「かなり」冷えたと思ったら飲むのが良いです)、回し方によっては、泡立ってしまうことです。
ビールじゃなければこの点は殆ど気にならないので、もし「今、缶入りのこの飲み物が飲みたいのに!」という状況になったら、お試しください。
2012.08.26 Sun l 本日のパパ料理 l top
やっと落ち着いたので、先日僕の両親と僕と子どもたちで行ってきた旅行のことを書いてみたいと思います。
旅行先は、蓼科と斑尾でそれぞれ1泊ずつしました。

ムスメM(1歳1ヶ月)は相変わらず、人見知りが激しく、おじいちゃん、おばあちゃんをにらんだりしていましたが、そのMが旅行中に一番楽しそうにしていたのが、蓼科湖での足こぎボートでした。
IMG_0651.jpg
↑ボートに乗っている間、終始ご機嫌なM

蓼科湖は小さな湖で、風にも流されることが無く、足こぎボートをするにはとても良い湖でした。
風も気持ち良くて、Mにはそれも良かったのかも知れません。
しかも、ちょうど6人乗りのスワンがあったので、6人みんなで乗れたのも良かったです。
もちろん、T(5歳)もS(3歳)もそして、僕もこの足こぎボートはとても楽しみました。

IMG_0648.jpg
↑Sは運転するのが嬉しかった様子

IMG_0635.jpg
↑Tも運転中

「Tは自分も足こぎをしたい!」ということで、足がなかなかペダルに届かないのに、一生懸命こいでくれました。
2012.08.25 Sat l お出かけ l top
タイトルの通りなのですが、先日までマクドナルドのハッピーセットについてきていたポケモンのおもちゃが当たりました。

IMG_2417.jpg
↑左からシャワーヘッド(?)、くま手、フリスビー

どこで当てたのかというと、前もここ経由でプレゼントを頂いたことがある「パパスイッチ」です。

全6種類が送られてくるのかな、と思っていたら、3種類で、その3種類とも我が家には既に持っているものだったので、子どもたちも僕もちょっとがっかりでしたが、こういうおもちゃをT(5歳)とS(3歳)はよく取り合ってけんかしているので、滅多に同じものを2つ揃えてあげる事なんて出来ないので、これはこれで良かったかな、と思っています。
2012.08.24 Fri l 当てたもの l top
ムスメM(1歳1ヶ月)、ついに「独り立ち」ならぬ「1人立ち」をしました!

IMG_2423.jpg
↑「自分でもよく分からないけど、わたし立っちゃった」

10日ほど前から手を離すとほんのちょっとだけ立っていられたのですが、そういう時は誰かにすぐに寄っかかったりしていたのですが、昨日は違いました。
手におもちゃを持っていたからかも知れませんが、最初から誰かに寄りかかろう、という感じはなく、数秒(5秒くらい?)1人で立っていました。

この感じだときょうだいの中で一番早く歩き始めそうな感じです。
T(5歳)もS(3歳)も歩き始めたのが1歳3ヶ月くらいだったのですが(ちなみに、僕の兄と僕も)、Mはそろそろといった感じです。
まぁ、でもSみたいに、つかまり立ちは結構早かったのに、なかなか1人立ちや歩かなかったこともあるので、Mの今後が楽しみです。

歩き始めたら、お散歩とか楽しいだろうなぁ(勝手にどっか行っちゃうおにいちゃんたちがどっかに行かなければだけど)。
2012.08.23 Thu l 本日の子どもたち l top
昨日も少し触れましたが、ムスメM(1歳1ヶ月)に約3ヶ月振りに新しい歯が生えてきました。

IMG_2419.jpg
↑下の真ん中から左2番目

写真はおとなしく撮らせてくれなかったので、うまく撮れませんでした…。
再度挑戦↓
IMG_2420.jpg

うっすらと白っぽいような感じはしますが、やはりうまく撮れませんでした。

歯が生えてくるのは、これから色んなものを食べられるようになってくるということで、食事を用意する身としては嬉しくもあるのですが、笑った時にのぞく歯が少なくて、いかにも「あかちゃん」らしさが失われていくのはなんだか寂しくもあります。
それに、歯が生えてくると、必然的に「歯磨き」をちゃんとしないといけなくなるので。
特にMはT(5歳)やS(3歳)が食べているお菓子を食べたりしているので、今からちゃんとしておかないと、今後が危険です。
その点Tは3歳まで殆ど甘いものを食べたことが無く、Sは1歳半くらいまでなくて、それでもSは「やばい」と思っていたのですが、Mなどは1歳にして、「アイスクリーム」とか(もちろんスプーンの先にちょっとですが)食べてるのでかなり「やばい」です。
2012.08.22 Wed l 本日の子どもたち l top