上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
ここ数年くらいから日本でも何かと話題になっているTED
日本でもEテレで、ジョー伊藤こと伊藤穣一さんがナビゲーターを務める「スーパープレゼンテーション」という番組にもなっています。
そんなTEDトークというか「スーパープレゼンテーション」で10月の頭に現FacebookCOOのシェリル・サンドバーグさんの「何故女性のリーダーは少ないのか」が放送されていました。
(TED「シェリル・サンドバーグ:何故女性のリーダーは少ないのか」、「スーパープレゼンテーション:Sheryl Sandberg」)

これを見て興味深いな、と思ったことを少し書いてみます。

1つ目は、「同じ言葉を使っても、女性が使うときつい印象になる」というもの。
また、「同じ振る舞いをしていても、女性がするとネガティブな印象になる」というもの。
女性は必ずしも男性のような言葉を使ったり、振る舞ったりする必要は無いのですが、今まで男性のリーダーばかりを見ているので、同じように振る舞ってしまい、ネガティブに捉えられてしまうようです。

と、いうことは、男性はそれほどあまり好ましくなかったり、ネガティブに捉えられてしまうような言葉を使っていたり、振る舞いをしていると言うことでしょう。
僕自身は、結構、自分が発する「ことば」には気を付けて話すようにしているのですが、「同じ言葉を女性が使ったら、相手はどう思うのか」ということまで考えてはいなかったので、とても良い発見でした。

また、プレゼンの中で、(どんな根拠があるのかは分かりませんでしたが)「男性は自分を誇示する傾向」にあり、「女性は謙虚になる傾向」があるとのことも、そのまま鵜呑みには出来ないものの、簡単には否定も出来ないくらい実感のあるものでした。
たった1回、子どもの保護者会に行っただけで、「自分の父親として活動」に堂々と書いたりする(出来る)のは男性だけかなぁ、と。
もちろん、自分を誇示する傾向にある女性も沢山いますし、謙虚な男性もいるのですが(というか僕はそういう人と相性が良いので、そういう人が周りにいます)、具体的にイメージしてみると確かに面白かったです。

僕自身は別にリーダーになりたいと思ったことはないのですが、「自分を誇示する傾向」がある男性の中では居づらくなっちゃうのは仕方ないのかな、なんて思いました。

ちなみに、プレゼンの解説後の、伊藤穣一さんのコメントがとても良かったです。
どんなことを話されていたのかというと、「子どもの時から(親や大人が)オトコの子にはコレ、オンナの子にはコレ、と言った風に植え付けているのを変えることから始めないと変わらない」というようなことでした。
この指摘は、本当に根が深いな、と僕はかなり前から思っていて、T(5歳)がピンク色のレインコートを着ているのですが、子どもたちが「Tくん、ピンクの着てる!」とかをよく言ってきたりします。
Tにはとても似合っているレインコートだし、親としてもとても目立つので助かっているのですが、「ピンク色=オンナ」みないたレッテルを親などの大人から植え付けられてるんだろうな、とTにバカにしたように言っている子どもたちを見て、いつもなんだか少し悲しい気持ちになります。

まさに、こういう所から変わらないと、いつまでも変わらないんでしょうね。
スポンサーサイト
2012.10.31 Wed l 日々雑感 l top
ムスメM(1歳3ヶ月)は本当に絵本が好きなようで、毎日何回も絵本をめくっては読んでいます。
朝食を食べ終わると本棚から絵本をひっぱり出して読み、保育園から帰ってきては絵本をひっぱり出して読み、夕食を食べ終わるとひっぱり出して読んでいます。

IMG_1298.jpg

絵本を持って、ニコニコしながら近寄って来ることも結構あり、そういうときはもちろん読んであげます。
でも、Mは何度でも何度でも読んで欲しいようで、数回で終わりにするといつも文句を言って怒ってます。

Mは気に入った本を何回でも繰り返し読むのが好きなようで、『だるまさんが』シリーズと『いもほりバス』を読んでいます。
『いもほりバス』はお芋掘りに行ったこともあって、T(5歳)とS(3歳)に買ってきたのですが、Mが読みまくって、既にボロボロになってきました。
2012.10.30 Tue l 本日の子どもたち l top
この週末はなんだか、結構ハードでした。
まず土曜日はツレが仕事だったので、子どもたち3人を連れて僕の実家へ。
ついでに、僕の母校(高校)で文化祭をやっているので、(父も同じ高校を出ているので)一緒に見に行きました(父と僕が学んだ校舎がそろそろ建て替えで解体されるので)。

IMG_1284.jpg
実家近くで落ち葉を投げて遊ぶ子どもたち

昼食後は、僕も最近疲れているのか、子どもたちより昼寝をしてしまいました。
母に「そんなんじゃ、夜眠れなくなるわよ」と言われて起こされました…。

日曜日は、T(5歳)のボーイスカウト(ビーバー隊)の活動日で、およそ3km弱を小雨が降る中、歩きました。
これが結構ヘビーで、途中でS(3歳)をツレ母宅に連れて行ったりして、写真も撮る余裕がありませんでした。

まぁ、僕としてはかなり疲れの溜まった週末でしたが、子どもたちは結構元気で、おじいちゃん、おばあちゃんに会えたり、普段とはちょっと違う事を出来て楽しかったようです。

「子どもたちと土日沢山遊べば、平日の活力になる」
という方もいますが、僕は、体力が持つか不安です。。。
2012.10.29 Mon l 本日の子どもたち l top
もう、10日くらい前に放送されたものですが、NHKの「あさイチ」で出生前診断についてやっていたので、録画して見てみました。
(→「あさイチ―出生前検査 私の選択」)

この番組は、はっきり言って、ひどすぎました…。
(僕がこれを見ながら、ぶつぶつと何事かを言いながら怒っていたので、子どもたちは自分たちが何かしでかして僕を怒らせてしまったと思わせてしまったようです。)

さて、何がひどすぎたのかというと、結論が結局の所

「当事者が悩んで下した決断なんだから、他人がどうこう言うべきじゃないし、その決断で良いんだ」

と、いうことだったことです。

そもそも、「あさイチ」で何故「出生前検査」についての特集がなされたのかと言えば、アメリカで既に始まっていた妊婦の血液を採取して、胎児の「染色体異常」を診断する方法が日本でも可能(実際には、採取した血液をアメリカに送って、結果が日本に来る)になったからです。
その診断方法を使えば99%の確率(と検査機関が主張している)だということで、日本で本格的に導入されれば、この検査をする人が増えて、堕胎(人工妊娠中絶)をする人が増えるのではないか、と懸念されています。

なのに、この番組では、コメンテーターもメールやファックスでの視聴者のコメントもみんな「他人がとやかく言うことではない」ということに終始していました。
もし、こういうことを言うのであれば、そもそも法律的には、「染色体異常」を理由にしての堕胎が認められているわけではないこともちゃんと取り上げるべきだと思います(現状は、母体の負担がかかりすぎるという理由で堕胎が行われています)。

「他人がどうこう言うべきことではない」という主張には、ほとんどの場合「その子を育てるのは自分たちなのだから」という言葉が付いてきます。
だから、「他人がどうこう言うべきではない」と。

この意見が僕には、理解出来ません。
「しょうがい」があろうが、なかろうが、子どもは自分たちが育てるものなのか?と。
長くなってしまうので、理由を連ねることはしませんが、僕は、そうではないと思っています。

こういう意見に共通する意見としては、「他人に迷惑をかけないで生きる」というものがあると思います。
僕はこれに関しても「他人に迷惑をかけないで生きていくことなど不可能」だと思っています。

しょうがい児・者を育てにくいのならば、その「いのち」を殺すことで解決をするのではなくて、社会や環境を変えることで育てやすくする、親(保護者)の負担を軽減するようにする、という方向に進んで欲しいと思います。

それにしても、NHKはEテレで「バリバラ」や「ハートネットTV」など、いわゆる「福祉」に関して、かなり熱心に取り組んでいるのに、こういう相反する番組が平気で流されていることに、すごく残念な思いがします。
せっかく熱心に番組を作っている人たちの努力が、こういう(「あさイチ」)番組を1回流すことで、あっという間に水疱に帰してしまっているように思います。
2012.10.28 Sun l 日々雑感 l top
昨日はツレの3●回目の誕生日でした。
僕も仕事があったので、「自分の食べたいものを自分で用意する」ということで、食事もケーキもツレが買ってきました。

IMG_2788a.jpg
ツレ母も駆けつけ、みんなでお祝い(M(1歳3ヶ月)がきょとんとしてる)

これでしばらくの間、僕とツレは10歳差になります。
この時期になると10歳というか10年という年月から、「僕は10年後にどうあるのだろうか」と考えたりします。
1年とかのスパンではなく、10年とか20年後にどうありたいか、を考えつつ少しでも前進できるようになりたいな、と思います。

ツレは明日も仕事なので、ゆっくりすることは出来ませんが、子どもたちにお祝いしてもらって嬉しそうでした。
ちなみに、僕がプレゼントした洋服は、残念ながらツレ(の体型)には合わなかったので、返品になりました。
2012.10.27 Sat l 日々雑感 l top
待望の育児漫画が出て、買って読んだので、紹介というか感想を書いてみます。
ちなみに、一巻目はパパスイッチ経由で頂きました。


プロチチ(2) (イブニングKC)プロチチ(2) (イブニングKC)
(2012/10/23)
逢坂 みえこ

商品詳細を見る


前巻は主人公(チチ=父)が「発達障害」ということが沢山出てきて、「これは変な誤解を与えてしまうのでは?」と思ったのですが、今回は、「発達障害」という言葉は出てこなくて、「彼はちょっと融通の利かないこういう人」という感じで、メインの育児にまつわる話に集中できてとてもよかったです。

今回扱っているトピックをあえてあげるならば、
・(子育てに関して)子育てシュフに張り合うパートナー
・シュフの「家と子どものことだけやっていて良いのか?」という葛藤
・仕事と保育園との関係
・預けながら仕事をすることとはどういうことか
・(こちらは預ける場所を選べる状況じゃないのに)預ける保育園の(一方的な)保育方針の押しつけ
といったところでしょうか。

こういうトピックは、どれも僕にもあてはまるものなので(現に正規雇用者ではないけれど、働きたいと思っていたり、保育園に簡単に入れなかったり)、保育園入園の過程についてはかなり端折りすぎかなぁ、とは思うものの(それは住んでいる地域によっても状況がかなり違ってくるので仕方ないかもしれません)、共感することが多かったです。

保育園入園に関しては、主人公がこんなことを言っていました。

「仕事を決めるには 先に保育所を決めろと言われ 保育所を決めるには 先に仕事を決めろと言われ――」

これは、「働きたい」と思いつつも、預けるところがなくて悩んでいる人たちは誰しもがぶち当たるものだと思います。
一つの答えとして、この漫画では

「とりあえず認可でなくても預けられるところに預けて、正規雇用でなくても働けるところで働く」

という方向に進んでいるのですが、僕もこの方向が(僕の経験からも)一番ベストな選択だと思います。
物語でも、とりあえず認可外に預けて、アルバイトで働き始めたら、認可に入れるようになるのですが、最初は経済的に(預けて払うお金と働いて得るお金が)トントンだったとしても(むしろマイナスの場合も…)、漫画のようにこんなにすぐに入れなくてもいずれ認可に入れるようになり、「働いている」という実績が出来つつ、認可に入れるとかなり保育料は下がって、経済的にもキャリアとしてもプラスになっていきます。

今回の2巻は「子育てしているけれど、働きたい」と思っている人には必読だと思います。
保活(=保育園入園活動)をしている人にも一つの「答え」を提示しているので、保活中の人も参考になると思いました。
2012.10.26 Fri l 主夫の本など l top
昨日は、約2ヶ月に1回の次男S(3歳)の眼科検診日でした。
ということで、いつものようにバスに乗ってSと一緒に行って来たのですが、結構盛りだくさんな感じでした。

予約時間が毎回昼寝の時間に重なってしまっているのですが、今回も昼寝の時間帯だったので、保育園にお昼ご飯後にお迎えに行き、家で昼寝をさせました。
で、まだ寝ている時間帯に半分寝たままのSをベビーカーに乗せて、バスに乗って病院へ行きました。
と、ここまでは特に問題が無かったのですが、この後、僕が落とし物をしてしまい、呼び出されたので、待合室にSをちょっと(5分弱)残して、取りに行きました。
と、戻ってくると、Sが僕を見つけるやいなや「もれちゃったー」と。

お昼寝から覚めているのに僕がトイレに行かせるのを忘れていたので、Sはベビーカーに乗ったままガマンできずにおしっこをしてしまったのです。
トイレの場所も分からないSをトイレにも行かせずに残した僕に完全に責任があるので、Sには「ごめんねー」と言いながら、トイレに行って、パンツとズボンを洗って、(着替えは持っていなかったので)また着させ、水たまりになった床を拭きに行きました。
近くにいておしっこをもらす様子を見ていた人が掃除の人を呼んでくれていたので、僕が拭いた後に除菌などをしてくれました。

で、Sを水で濡れた洋服のままにいさせるわけにもいかないので、洋服を買いたいけれど、ここは、そんな場所ではなく…(お茶の水)。
そうだ、と思って、(入院患者も多い病院なので)病院の売店に行くと、子どもの洋服は無かったものの、パンツはあったので、パンツとSのご希望のジュースなどを買って、パンツを履き替えさせました。


↑パンツ履き替え後、待合室に戻ってきたS


戻ってくると、早速すぐに検査に呼ばれました。
パンツを履き替えたというものの、ズボンは濡れたままで、かなり気持ちが悪かったと思いますが、それでもSはちゃんと検査をしていました。

と、ここで、今回2つ目のびっくり出来事が。
それは、民主党の超大物議員が検査室に入ってきたこと。
しかも、SPとかがいる気配はなく、秘書(と思われる方)が1人いるだけでした(ちなみに前にトイレで遭遇した橋本龍太郎さんはSPなどが何人もいました)。

検査が終わって、ちょっと待って、医師の(軽い)診察と検査結果の発表があり聞いてみると、前回よりも視力が良くなっていて、左右の視力の差も縮まっていました。

おしっこを漏らしてしまった時点、というか、Sがそれでも、泣かずに、ぐずらずに、(トイレや売店などに連れ回したり、冷たい洋服を着させられたりしたのに)ちゃんと検査を受けていたのを見て、検査結果などはどうでも良くなっていたので、とても嬉しかったです。

それにしても、最後まで泣かず、ぐずりもせずにいたSを見て、偉いなー、すごいなー、と自分の子どもながら思ったのでした(たぶん僕が3歳だったら、泣いただろうし、ぐずっただろうし、検査なんてとても出来なかったと思います)。
2012.10.25 Thu l 本日の子どもたち l top


今日はこれから近くにある大学の学生さんからのインタビューです。
ツレが気を利かせたのか、単に今日が最終日だからか、T(5歳)とS(3歳)を連れてサーカスに行きました。
もちろん、タダ券です。

置いてきぼりの娘はふてくされてます。
2012.10.13 Sat l 本日の子どもたち l top
いろいろあった、と言うわけではないのですが、更新を怠っていたら、あっという間に、1週間、10日も経ってしまいました。
家族とのことで言えば、次男S(3歳)の運動会があったり、長男T(5歳)がボーイスカウト(ビーバー隊)に入隊し、その日がちょうど芋掘りだったので、家族で川越まで一緒に行ってさつまいもを掘ったりしました。
そして、Mは少しだけ歩くようになり(2歩とか3歩とか、長くて5歩くらい)ました。
今度の日曜日にはTとM(1歳3ヶ月)が通う保育園の運動会があります。

なかなか更新していない理由としては、育児に対するモチベーションだとか、忙しいということではなく、僕自身が今後どう生きるか、ということをわりと真面目に考えたりしているからです。
それを考えている中で、ブログを毎日更新する気力と時間よりももっと優先順位の高いものがあるのではないか、とも思うからです。

実際に知っている方であれば、ちょくちょくFacebookにもあげているのでつながってもらえれば、育児や家事をさぼっているわけではないということも分かって頂けるかなぁ、と思います(笑)

ところで、僕の周りで、嬉しいニュースとしては、妊娠したと聞いていた友人が子どもを産んでいたこと、そして、もう一人の友人はこれから赤ちゃんが産まれてくるということです。
育児とかは関係なく、人間として、いつもいつも(一方的に)支えてもらい、お互い子どもを授かってからも、育児のことを僕とは違う視点が与えられて感謝しています。
彼女はブログもやっているので、是非よかったらのぞいてみて下さい
ティウロン村の笑顔を守りたいブログ
2012.10.12 Fri l 日々雑感 l top
自分のモニターとしては2回目になりますが、送られてきた『レタスクラブ』を紹介します。
結構前に送られてきていたのですが、ちゃんと読めていませんでした。
むしろ、自分がモニターになる前の方がちゃんと読んでいたような…。

今回のレシピの中で気になったのは、特集の「安い肉でごちそう!」の方よりも、「人気料理家のうちの十八番やきそば」でした。
休日のお昼は焼きそばを良く作るのですが、いつもいつも代わり映えしない焼きそばを作っているので(でも子ども達はよく食べてくれるんですが)、ちょっといつもと違った焼きそばを作れたら良いな、ということで、いくつかチェックしました。
まぁ、でも、どちらかというと「大人向け」の焼きそばなので、子ども達が気に入って食べるかは甚だあやしいのですが、今度チャレンジしてみたいと思います。

特集の「安い肉でごちそう!」では、ハンバーグの作り方が載っていましたが、僕は誰かにハンバーグの作り方を教わった記憶はないのですが、自分のやり方が特に間違っていないようなので、良かったです。
レシピ的には、ハンバーグよりも豚こま肉のバリエーションがたくさんあることに驚きました。
2012.10.03 Wed l 育児・料理雑誌 l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。