昨日から、ちょっと話題になっているのが、4月からNHK(BSプレミアムですが)で「おとうさんといっしょ」という番組がスタートするというもの。

「おとうさんといっしょ」も登場 NHK、4月の番組改編(朝日新聞デジタル)

僕の近辺(大体はファザーリング・ジャパンの方々ですが)とか、ネット上でもおおむね好意的に受け取られているようです。
でも、僕は正直「イラネ」と思いました。

あまりにも好意的な声ばかり聞こえてくるので、何が引っかかったのかを書いてみようと思います。
(*番組自体が始まっていない段階での批判は本来は好ましくないでしょうが、それを承知の上で書きます。)

一番根本的に感じるのは、【ネーミングの悪さ】です。
「『おかあさんといっしょ』があるんだから、『おとうさんといっしょ』があってもいいじゃないか」という声は冗談ではなく、今まで聞いたことがありますし、そういう声がNHKにも少なからず届いて今回の番組名になったのでしょう。

「『おとうさんといっしょ』があってもいいはず」ということを言ってきた人たちは、「父親も育児をしている」だとか「父子家庭もある」だとかをその理由にしていました。
でも、もし、その理由を根拠に反映されるべきだ、とするならば、父親も母親もいない家庭(義弟はそうでした)の子ども向けにはどうしたら良いのでしょう?
「ほごしゃといっしょ」というような番組を作ることを要求するのでしょうか。
そうやって細分化していって、各ニーズにそれぞれ応えるような番組が出来るのでしょうか。

ちょっと横道に逸れるようですが、何かに名前を付けるということは、他のものと区切ることになります。
今回、「おかあさんといっしょ」だけで親子番組が済んでいたものを、「おとうさんといっしょ」も出来ることで、女性(おかあさん)は「おかあさんといっしょ」、男性(おとうさん)は「おとうさんといっしょ」とすみ分けが行われることになります。
果たして、それが「男性の育児促進」とかを目指している人たちの本当に目指しているものなのでしょうか。
かなり疑問です。

そして、「おとうさんといっしょ」を歓迎している人たちの多くが、「おかあさんといっしょ」をちゃんと見たことがないのではないか?ということです。
確かに番組名は「おかあさんといっしょ」ですが、普段の放送ではお母さん(女性)は殆ど出て来ません。
出演者の男女比も半々だし、結して内容は「おかあさん」だけで構成されているわけではありません。
土曜日とかの普段とちょっと違う放送で親子で出て来る時も、最近は父子で出演している親子もそれなりにいますし、「おかあさん」に偏っているわけではないでしょう。

もちろん、ネーミングは重要ですが、内容の方がより重要だよね、ということです。

で、「『おかあさんといっしょ』の『おかあさん』が気になってたんだよな」とか言っている人って、結局、番組名で中身を判断しているし、内容に興味がない人は結局、それが「おとうさんといっしょ」になったところであんまり見ないと思います(もちろん最初に興味本位で見て、はまることはあるかも知れませんが)。

で、最後に思うのは、最初の【ネーミングの悪さ】にも通じますが、「おとうさんといっしょ」という名前も内容も(お兄さんお姉さんやキャラクターまで出演する)「おかあさんといっしょ」に似たものを作ってどうするの?ということです。
それは単に番組名(と出演者)が変わった「おかあさんといっしょ」なわけで、それこそ単に今までの「おかあさんといっしょ」が細分化されただけです。

「『おかあさんといっしょ』の『おかあさん』が気になってたんだよな」とか言っている人たちも、何を望んでいるのかと言えば、「おとうさんと子どもの育児番組」なわけで、別にそれは「おかあさんといっしょ」のコピーである必要はなく、名前も内容も全く新しいものを作れば良かったのに、と思います。

今回の新聞記事を見て、1つだけ評価出来るとすれば、日曜放送ということくらいですが、これも8時だと、仮面ライダーの時間(というか、スーパー戦隊→仮面ライダー→プリキュアという時間帯です)と思いっきり被ってるので、わざわざ地上波じゃない、BSを見るかどうかは、甚だ疑問です。
スポンサーサイト
2013.01.24 Thu l 日々雑感 l top
さて、年末年始に読んだ絵本の中で良かったものを、今回も紹介します。


パパとわたしパパとわたし
(2012/10)
マリア ウェレニケ

商品詳細を見る

この絵本をどこで見つけたかというと、新聞の下の広告で見つけました。
父親がメインだったりする絵本って、実はなかなかなくて、あっても、これと言って気に入るものはまだ見つけられていませんでした。
で、どんな内容なのかな、と思って、本屋さんで読んでみると、とても良い感じでした。

僕が何故、父親メインの絵本を探しているのかというと、「父親の復権」とかそういうことではなくて、姪っ子に母親が(亡くなって)いないからです。
「ふつう」に過ごしているとなかなか「お父さんとの物語」を絵本で見つけられないし、義理の弟はあんまり絵本を自分で見つけてくるような感じではないので、余計なお世話だとは思いつつも、探しているのです。

で、これ、とても良かったので、我が家の子どもたち用にも買いました。
絵本の良さを伝えるのは難しいですが、日本だったら描かないだろうな、という場面が描かれているのも良かったですし、文章も例えばこんな感じで始まります。

「ときどきね

パパと いっしょに いたくなる


だけど パパは

わたしと いたくない ときもある」

という感じです。
家族であっても、やっぱり他人で、微妙で繊細で曖昧な関係がある。
それを上手に文章と絵が表現していて、とても良かったです。

もちろん、父子家庭じゃなくても、おすすめです(パパとわたししかこの物語では出て来ませんけどね)。
2013.01.22 Tue l 絵本(3歳くらいから) l top
年末年始は、クリスマス、T(6歳)の誕生日(このことも書きたいな、とは思っているのですが)、年始のお年玉で、いろいろと絵本にまためぐり会えました。
特に今回は、「これは良い!」という絵本に数冊出会えたので、紹介したいと思います。

今日、書くのは、僕が読んで「僕自身にとって一番良かった絵本」です。
いつもはTにはこれが良い、S(3歳)にはこれ、M(1歳6ヶ月)にはこれ、といった感じで選ぶのですが、今回は、「僕にとってとても良かったから」買いました。

はやくはやくっていわないではやくはやくっていわないで
(2010/10/30)
益田ミリ

商品詳細を見る

作者の益田ミリさんのコミックエッセイ(代表作は「すーちゃん」とかで今度実写映画にもなるそうですね)などはすごく好きで(以前、香山リカ先生に教えてもらいました)、読んでいたのですが、この絵本は読んでいませんでした。
益田ミリさん自身もイラストレーターですが、この絵本の絵は違う方が描いています。

こんなことは初めての経験だったのですが、この絵本を最初に読んだ時、泣いてしまいました。
(そのことを言ったらツレは笑っていましたが…。)
もう数回読んでいますが、今でも泣かないまでも、泣きそうになります。
子どもたちというかTにはあまりこの本の良さは伝わっていないようですが、自分自身にとっても子育てをしている中でもついつい「はやくはやく」としてしまったり、他人と比べてしまったりするので、子どもたちに読み聞かせたりすると、いつも「はっ」と気づかせてくれます。

絵本では、この本はまさに僕にとって「一生の本」になるかも知れません。
2013.01.19 Sat l 絵本(3歳くらいから) l top
昨日のことですが、ムスメMの1歳6ヶ月健診がありました。
6ヶ月健診とかはツレが行っていたので、Mに付き添っての健診は今回が初めてでした。
引っ越してきてからも、この区での健診は多分2回目で、前回は、S(3歳)の3歳児健診でした。


↑保健師さんに呼ばれるまでちょっと待機中


今回の健診で気づいたことなどは、こんな感じでした。
①やはり男性単独で連れてきている人は数人。(僕が見た限りでは、単独では僕含め2人、1人は祖母らしき人と来ていた。)
②母体の把握がメインではないにも関わらず特記事項に「父親と一緒に来訪」と書かれる。
③保健師さんたちの態度より、他の母親たちの態度(というか視線)が気になる。

①に関しては、地域にもよるとは思いますが、どこにいっても小さな子連れは女性(母親)のみという時もあったので、男性がいるだけでも「変わったなぁ」とか思いました。
でも、女性だって仕事している人が多いんだから、女性はこういう「子どものこと」で仕事を遅刻したり出来るのに、男性は出来ない(しない)理由って何なんだろう、って思ったり。

②に関しては、若い保健師さんだったので、以前出くわしたような「で、お母さんは何をしてるんですか?」とたたみかけてくるようなことはなかったのですが(僕の答え「仕事してます」)、特記事項に書かれてしまいました。
これが気になったのは、「メインで子育てしてるのは誰ですか?」という質問がなかったからかも知れません。
もし、その質問があって「妻です」と僕が答えていれば、書かれても仕方ないかなとは思うのですが、1歳半になって、断乳も終わっていて(母体の健診はあまり必要無い)、どちらかというと、僕といる時間の方が長いので(母親の精神面の把握をもしするなら、僕もして欲しい)、ちょっと気になったのでした。

で、今回、最も気になったのが、③です。
なんか、保健師さんとかは、僕自身も今までちょっと闘ったりしたことがあるからか、ある程度免疫というか身構えていたのかも知れませんが、他のママたちの視線が気になりました。
今まで(子育てはじめて6年ちょっとの間)、他の人たちの視線なんてあまり気になったことがなかったんですが。
僕も他の人の視線を感じることが出来るくらいに子育てに余裕が出て来たのでしょうか(なわけありませんね)。
この地域は未だに「専業主婦家庭」が相対的に多い地域なので、案外、男性の子育てを阻んでいるのは、こうした女性たちの姿勢だったりするのかな、なんて思いました。

ちなみに、健診の結果は、「これ、行った意味があったのだろうか」的なことしか調べられなかったこともあり、特に問題はありませんでした。
2013.01.17 Thu l 本日の子どもたち l top
年末年始にふとしたきっかけで読んだ漫画がなかなか良かったので、紹介します。
と、これを読んで、母に「こんな漫画読んだよ」と報告したら、ちょうど母も友人から勧められて読んでいました。


きのう何食べた?(1) (モーニングKC)きのう何食べた?(1) (モーニングKC)
(2007/11/22)
よしなが ふみ

商品詳細を見る


内容をごく簡単に書くと、「料理を作るのが好きなゲイの主人公の日常」といった感じです。
ゲイが抱える家族の問題(親子関係)とか職場との関係とかパートナーとの関係も「あるある」って感じでとても面白いのですが、毎回詳細に描かれている主人公の料理が見物です。

今までの生活時間を守りながら、仕事が増えたので、なかなか夕食をちゃんと作る時間がなかったり、仕事帰りで自分自身も料理を作る気にならなかったりして、手抜きが続いていました。
そんな中、この漫画を読んだので、「やっぱり料理はちゃんと作らないとなぁ」という気持ちにさせてくれました。

ちなみに昨日書いたイチゴのジャムもこの漫画にちょこっと載っていたので、作ってみたのでした。
最初に書いた母も、料理を作る様子が詳細に描かれているので「これは全部レシピをメモしておきたいわね」といっていました。
2013.01.15 Tue l 主夫の本など l top
昨日、八百屋さんに行ったら、不揃いイチゴが安かったので、ジャムを作ってみました。
すごーく簡単ですが、材料と作り方を書いておきます。

材料
・いちご 2パック(約600g)
・白砂糖 180g(長持ちさせたかったら、イチゴの半量くらいにした方が良いです)

作り方
①へたを取ったイチゴに砂糖をまぶして3時間くらい待つ。この間に浸透圧でイチゴの水分が出て来ます(時間がなかったらこれは省いても大丈夫です)。
IMG_3031.jpg


②イチゴと砂糖をそのまま鍋に入れ、中火で煮る。その間に出てくる灰汁をひたすら取る。
(ちなみにこの時のイチゴの変化としては、①水分が出て来て、②イチゴが白っぽくなる、③水分にしみ出た赤がイチゴに戻って透明な赤になります)
IMG_3034.jpg


③とろみがついたくらいで、熱湯消毒しておいた容器にそのまま入れる。
IMG_3035.jpg


ちなみに、②でとりのぞいたイチゴの灰汁は、ロシアンティーにして頂きました。
2013.01.14 Mon l 本日の子どもたち l top
年始の挨拶が遅くなりましたが、今年もどうぞよろしくお願いいたします。

昨年は6月くらいから新しくパートタイムで仕事を始めたことで、仕事×2+主夫業ということで、とても単純な話、時間がなくなってしまいました。
それでも最初のころはなんとか毎日ブログを更新しようとしていたのですが、年末には完全にバーンアウトというか、ブログに書く気力さえなくしてしまいました。

昨年は、時間がなくなることで、いろいろと余裕がなくなってしまいました。
僕自身の反省としては、時間のなさが、心の余裕がなくなったことです。
もちろんそれは、ツレの態度が理由だったりもするのですが、子どもたちにもそれが向かってしまったのは、今後ないようにしたいです。

今年はそれでもモチベーションを高く持ち続ける!ということはなく、今年は、少しだけ不定期で更新し続けるという感じになるかと思います。

今月末には、僕も29歳になります。
30歳までには最低限やっておかなければいけない、と自分の中できめていたことがあるので、29歳の1年間はまず、そのことに集中したいと思っています。

さて、それでは、今年1年間もどうぞ、よろしくお願いいたします。

IMG_1637_20130113154400.jpg
2013.01.13 Sun l 日々雑感 l top