今日は、ムスメ(1歳10ヶ月)の保護者会でした。
ムスメが次男S(4歳)と同じ保育園に4月から転園してから、ムスメのクラスでは初めての保護者会でした。

先日行われた次男のクラスの保護者会では、通園3年目にして、初めてパパが他に2人来ていたので、「今回ももしかしたらパパがいるかも?」と淡い期待を抱いていました。
しかし、年齢が低いほど「保護者」は女性だけになって来るので(例えば健診や集団予防接種など)、予想していたことですが、参加者で男性は僕だけでした。

保護者13名中、ママが12名、保育士&園長6名全員女性だったので、19人という集団の中、女性18名に対し男性1名だったということです。

この状況ですでに、「イヤだ」と拒否反応が出る男性もいるかと思います。
現に、共働き子育て家庭で、ママの予定が合わなかったのでパパが保護者会に行ったところ、女性しかいなかったので、「もう行かない!」という態度を取ったパパの話は耳にすることがあります。

でも、今回の保護者会では、単に「女性が多い」というだけの理由ではなく、もっと違う問題が潜んでいるように思いました。
それは何かと言うと、


そこに自分がいないかのように振る舞われる


ということです。

単に少数であるということと、自分自身がその場にいないことのように扱われることは全く違います。
少数であることは少数であることに対する慣れの問題でもあるので、「場慣れ」が出来ますが、いないかのように扱われることは慣れることは出来ませんし、慣れようとも思いません。

具体的にどのようなことが「自分がいないかのように扱われた」と感じたかと言えば、
・「保護者」会なのに、保育士がこちらに呼びかける時は必ず「お母さん(たち)」。
・話題の基本も「お母さん」という属性にあるもの。

この2つです。
この2つのことから、例えば「お母さんたちは料理してるからお子さんの食事(栄養)にも気にかけているかと思います。」とか、「お母さんたちはお仕事もされて、その後お家のこともして大変だと思います。」とかいう話が延々と繰り出される訳です。

僕としては、「食事を99%用意しているのは、お父さんである僕なんだけど」とか、「朝起きて家事をして、子どもたちを保育園に送って、仕事に行って、終わったらお迎えして、帰って来て食事作って、家事をして、さらに週末や仕事帰り、休憩の合間に買い物に行くのは全部お父さんである僕なんだけど」とか思うわけです。
言っている人たちは何気ないのでしょうが、何気ないということはつまり「母親が家事も育児も多くの部分を担っている」という認識以外のことを想像出来ていない訳です。
そこには「家事の多くを担っている父親」も「育児の多くを担っている父親」も認識されていないし、想像もされていないのです。
つまり、保護者会の間中、少なくとも保育士さんたちの中には、僕の存在はないのです。
単に「お母さん(たち)」という呼びかけ、言葉の問題ではなく、認識として僕という存在はいないんだな、とことごとく思わされるのです。

これでは、せっかくパパが時間を作って保護者会に参加しても、「もう行かない」と言うのは当たり前だと思います。

「保護者」会という名前なのに、もし、「お母さん」だけを対象としているならば、最初から「お母さん」会にすれば良いんじゃない?と皮肉も言いたくなります。

余談ですが、保護者会に行ったら、保育士さんに「今日【は】お父さんなんですねー」と言われたので、「いつも僕です」と言ったことをツレに言ったら、「【いつも】じゃないでしょ!」と反論され、ケンカになりました。
T(6歳)、S、Mの保護者会は、最近はツレの割合が高くなってきましたが、通算だとまだまだ僕の方が行っているはずなのですが…。
ツレにもケンカをふっかけられたので、本当に今後は保護者会に顔を出すのをやめようかな、という気持ちになっています。
スポンサーサイト
2013.05.15 Wed l 保育事情 l top
SNSで、福音館書店が毎月出している雑誌『母の友』で「脱「イクメン」宣言」という特集になっている!、そして中身もなかなか良い!というのを見たので、早速本屋さんで見つけ買って読みました。


母の友 2013年 06月号 [雑誌]母の友 2013年 06月号 [雑誌]
(2013/05/02)
宮地尚子、今井和子 他

商品詳細を見る


『母の友』って『こどものとも』とかと一緒で、園経由や定期購読じゃないと買えないと思っていました。
普通に本屋さんに並んでいました。

何人かの方が「中身が良かった!」とおっしゃっていたように、特集の「脱「イクメン」宣言」はとても良かったです。
何が良かったのかというと、
①「イクメン」という言葉、ブームがどのように作られたのか、「イクメン」という言葉を作った人たちの目的などが丁寧に書かれていること。
②「イクメン」という言葉、ブームで終わってしまうことなく、本来勧めるべき、働き方、生き方の見直しの必要性が述べられていること。

残念だったのは、とても良い特集だったにも関わらず、書いた人の署名がなかったことです。
(新聞でさえ署名文化がない日本なので仕方が無いかも知れませんが)

また、僕が良かったな、と思うのは、よくありがちな「とりあえずファザーリング・ジャパンの誰かに聞いておけば企画としてOKだろう」というのではなく、育児に関わっている(きた)様々な人たち(「男も女も育児時間を!連絡会」(育児連)、全国亭主関白協会(全亭協)、大学教授)がそれぞれ違う視点で語っていることです。
そして、立場の違う人たちが語っていても、問題をあぶり出して、誰かを糾弾するという方向ではなく、「こうしたらきっとうまくいくよ」というような先輩たちからのアドバイスという方向性が読んでいてとても気持ちの良いものでした。

今回は、脱「イクメン」宣言という特集に興味が惹かれて読みましたが、驚いたのは、違う記事の内容でした。
それは、1つの記事が良かったということではなく、94歳で昨年末の衆院選に立候補した川島さんを通して、憲法や戦争に触れたり、各地を紹介する中で原発の問題に触れたり、「難民」の大野更紗さんや哲学者の國分功一郎さんが記事を書いていたりしたことです。

もちろん、絵本や育児のコラム、エッセイ、特集が充実していることはもちろん、これらの現在の子育てパーソンには欠かせない問題もちゃんと載っていて、とても好感が持てました。

長男Tが生まれた際にお祝いで『母の友』を1年間定期購読させてもらい、その時はあまり(失礼ですが)記憶に残らなかったのですが、今回読んでみたら、定期購読しようかな、という気になりました。
2013.05.09 Thu l 育児・料理雑誌 l top