子どもたちといっしょに生活をしていて、自分の接し方が「正しい」と思ったことはないのですが、「間違ってはないのかな」と思える瞬間に出会える時がたまーにあります。

この間、そういう場面がありました。

9月はじめにあったお祭りですくってきた金魚が全滅してしまったことは書きましたが、その金魚たちをどうしたかというと、S(4歳)のリクエストでSが通う保育園の目の前にある公園にみんなで埋めました。

Sは保育園にお迎えに行くと、その公園で遊びたがるのですが、先日、Sと公園に行くと、真っ先に遊びに行くのではなく、金魚を埋めた場所に行き、そっと手を合わせていました。

一週間もいっしょにいられなかった金魚に思いを馳せているSを見て、なんだか「間違ってはないのかもしれない」と思いました。


それと同時に、以前(多分10年近く前)、僕が通っていた大学の機関誌に載っていたチャプレン(病院や学校にいる牧師)が書いていたことを思い出しました。

(ネット上で探してみましたが、なかったので、うろ覚えですが)こんな話だったと思います。

そのチャプレンは大学ではなく、小学校担当だったのですが、あるとき、生徒たちがチャプレンの部屋にやってきて、その日の朝にあった出来事を話してくれたそうです。

その日、いつものように学校に向かおうと何人かで電車(山手線)に乗っていると、学校の最寄り駅で急停車し、電車が止まりました。

止まった理由は、人身事故でした。

生徒たちは、電車を降りたあとにすぐに学校に向かうのではなく、事故があった場所の近くに行って手を合わせたそうです。

でも、それで良かったのかなぁ、と思ってチャプレンの所にその生徒たちが話しに来た、というような話でした。


この話を読んで、(僕はその小学校の卒業生ではありませんが)この学校も捨てたもんじゃないな、とすごく印象に残ったのを覚えています。

Sの先日の金魚を埋めた所に向かって手をそっと合わせている姿を見て、この話を思い出しました。

Tは僕の事情もあって、1歳の時からそれこそ毎日のようにいっしょに礼拝に連れて行かれ、M(2歳2ヶ月)も今僕といっしょに教会に行っていますが、Sはそもそも殆ど行かないし、たまに子どもたちの礼拝に連れて行っても走り回っているだけなので、こういうこととは一番縁遠い存在だと思っていました。

僕は子どもたちに宗教的なものを強制するつもりは一切ないので、Sがそういう感じでも別に特に何も思わなかったのですが、それでも、Sなりに、金魚のことを思って手を合わせていること自体がとても嬉しいものでした。


こういう、ちょっとした出来事、瞬間に出会うことで、僕(たち)の接し方は間違ってはいないのかな、このままでも大丈夫かな、と勇気づけられる気がします。
(ちなみに、金魚屋さんですくってきた金魚は何事もなく、飼育から2週間経過しました。)
スポンサーサイト
2013.09.28 Sat l 日々雑感 l top
先日、1パック78円で買ったバジルを料理に使ったのですが、余ってしまったので、育てることにしました。

すごく簡単なので、どうやるか写真を交えながら説明します。

写真 2013-09-25 10 15 08
①茎から水を吸えるように入れる


写真 2013-09-25 10 16 42
②何日かすると茎の先端から根が生えてくる
(この写真のはまだ生えてきたばかりなので、もう少し伸びた方が良いです。)


写真 2013-09-25 10 17 00
③根が出たバジルを土に植え替える


これで終わりです。

バジルは育てるがすごく簡単なので、土に植え替えたあとは水をあげるのを忘れなければ、すくすくと育っていきます。

そうすると、料理の際にバジルを買う必要が無くなります。
(でも、育てやすいと同時に、虫にやられやすいので、虫にやられるとあっという間にダメになり、我が家にあった前回のバジルもやられました。)

育てたバジルがダメになっても、また料理に使う際に買って余った物をこうやって育てると、部屋に緑も増えるし、ちょっとした節約にもなるし、オススメです。
2013.09.26 Thu l 日々雑感 l top
絵本でも育児本でもなくて、いきなり育児から話が飛んで親の介護に関する漫画です。

「子育て真っ最中なんだから、介護なんて全く関係ないよね」、という人もいるかとは思いますが、初婚年齢&初産年齢もかなり上がっているので、たまに聞く話(主にママたちの声)では、子育てと介護が重なって大変だ、というもの。

僕の場合は、両親が高齢出産で僕を生んだものの、僕は結婚も子どもを授かったのも早かったので、まだ介護が差し迫ったものとしてはありませんが、それでも、親の「老い」をひしひしと感じるようになってきています。



ペコロスの母に会いに行く


この漫画、認知症になったお母さんが出て来ますが、描かれているのは、そのお母さんと自分(漫画家)との関係です。

なので、介護の辛さとかは殆ど描かれておらず、母を見つめる自分、あるいは自分を見つめる母の姿が温かな視線と筆遣いで描かれています。

認知症になったお母さんの世界では、自分が子どもだったときや、なくなったお父さんが今、目の前に生きています。

それらを「妄想だ」とか言って切り捨てることなく、「今」を生きてる中で、小さい頃の自分やお父さんが自然に出て来ています。

これを読んでいたら、「介護」とか「老いた母」とかではなく、「自分と親」あるいは「家族」というものを見つめずにはいられませんでした。

また、これは長崎に生きるこの世代の必然としての「原爆」が容赦なく入り込んでいて、最後の最後に直球で描かれていて涙せずには読めませんでした。
2013.09.25 Wed l 本日の子どもたち l top
昨日は、ツレと結婚式を挙げてから丸7年の日でした。

入籍の日とは違うので、「結婚記念日」とは違うのですが、入籍した日も特になにもしなかったので、昨日は東京ドームまで足を伸ばし、以前住んでいた所で馴染みだったお店が新しく出来ていたので、そこで食事をしました。
(ジャイアンツが優勝したのと、試合がデーゲームだったのかジャイアンツファンばかりでしたが…)


TとS(4歳)がポケモンのゲームをしている間にちゃっかり初メリーゴーランドを楽しむM(2歳2ヶ月)


7年という時間は、なかなか長いですね。

小学校も6年だし、7年続いたものが他にあっただろうか、、、とちょっと考えたのですが、多分無さそうです。

ツレ的には、最初の4年間で3回引っ越しをしたことが感慨深いようで、「7年間で家が4個目って…」と嘆息を付いていました。

TもSもなんで外食なのかよく分かっていないようでしたが、まぁ、みんなとりあえず元気に過ごせてるので、よかったかなぁ、と思います。
2013.09.24 Tue l 日々雑感 l top
一昨日のことになりますが、我が家から自転車で行ける距離にある根津神社でお祭りがあるということで行ってきました。

DSC01513.jpg
到着早々、走り出すS(4歳)とM(2歳2ヶ月)


子どもたちはお祭りが本当に好きで、「お祭り」と聞けばどこにでも行きたがります。

DSC01514.jpg
金魚を飼い始めたからか、鯉に興味津々の子どもたち


根津神社は、上野からも近いし、国の重要文化財にも指定されているからか、外国人の旅行者らしき人も何人も来ていました。

僕は宗教も違うので特に参拝もしませんが、歴史ある神社のこういう行事はなかなか興味深いです。

DSC01515.jpg
4年に一度は徳川六代将軍縁のこの御輿を担ぐのだそうです


子どもたちは、歴史とか参拝とかではなく、もちろん出店が目当てで、スーパーボールやら射的やらをやりたがって(特にSが)うるさかったのですが、雰囲気は楽しんでいたようです。
2013.09.23 Mon l お出かけ l top
昨日は、長男Tが通う小学校の土曜公開授業日(つまり僕からすると授業参観)でした。

1学期にも1度、土曜日に行われており、今回は2学期初めての授業参観日でした。

DSC01511.jpg
Tのクラスの様子


ツレは仕事なので、当然S(4歳)とM(2歳2ヶ月)を連れて行くことになるので、長居は出来ず、授業もまともに見てはいなかったのですが、2時間目の算数の時間に行ってきました。

DSC01508.jpg
よく喋っているので、一番前の席にされているT


今はちょうど足し算引き算の組み合わせをやっている所だったのですが、それぞれ課題をやっていて、なんとなく見てみるとちょっと違っている子がT含めていました。

なので、Tにはもちろんのこと、他の子にも「ここはこうじゃないかな~?」なんて声掛けていたのですが、それが子どもたちにはちょっと不思議だったようです。

いろんな大人が授業を見に来る機会は僕が小学生だった頃よりかなり多くなっているので、それ自体には子どもたちも慣れているようですが、声をかけてくる人はあまりいないようです。

確かに、僕が小学生だった頃の親たちもそうでしたが、近くに立っていても、何か話しかけてくる人はほとんどいませんでした。

先生が見回りながら課題をしている時、先生が全員の生徒を充分に見られることはずがないので、間違ったままでいるよりはアドバイスした方が本人のためになると思って、特に何も考えずに話掛けましたが、たしかに、あんまりいないのかも知れないな、と思ったのでした。
2013.09.22 Sun l 本日の子どもたち l top
2度目の金魚の飼育を始めて丸1週間経ちました。

前回は、4日目くらいからちょっとした異変を発見し、5日目には拡大、6日目、7日目と次々に金魚が死んでいってしまいました。

しかし、今回は、3日目あたりに、背びれの破れを見つけ動揺しましたが、背びれ自体はピンと立っていたので、特に何もせずに経過を観察していたら、背びれの破れも直り、より元気になりました。


我が家の金魚ちゃんたち


前回と何が違うのかな?というと、

①塩を入れた
②バクテリア(+石灰)を入れた

この2つを前回の時はやらなかったのですが、金魚屋さんからのアドバイスもあり、やってみたのでした。

塩は前回書いたように0.15%くらいを入れたのですが、何故入れるのかというと、金魚自体が塩分があるため、少量の塩を含む水の方が、エラを含め体に負担が少なく、病気の予防になるそうです。

また、バクテリア(と石灰)は、金魚の糞などで汚れてしまう水を浄化する役目があります。

金魚をもらってきた時の水の中にも当然バクテリアがいるのですが、そこから増えるのを待つより、新しい水槽に入れておくとより水の浄化が早くなるようです。

石灰(具体的には、最初は3日間フード、その後は貝殻)を入れたのは、バクテリアが糞を浄化する際に出てくるの酸を中性化するようです。

最初の5日間くらいは3日間フード(石灰成分が含まれているので)を入れていましたが、これは、石灰成分もそうですが、あまり餌をあげすぎるといけない(糞が出過ぎたり、胃のない金魚の体に負担がかかる)ため、餌を少なめにしていたので、少なくても何とかなるように、という目的でもありました。

最近は、僕などの人間が近づくと餌をもらえると思い近づいてきてくれるので、すこしずつ愛着が出て来ました。
2013.09.21 Sat l 本日の子どもたち l top
昨日は中秋の名月ということで、初めてお月見団子を作ってみました。

本当は白玉の方が食べやすいと思い白玉を作ろうと思っていたのですが、材料が少ししかなかったので、お団子にしました。


お月様とお団子


しかし、夕食後にも関わらず子どもたちには好評だったようで、ペロリと食べられてしまいました…。


お団子とM(2歳2ヶ月)


ちなみにお団子にはあずきときな粉をかけたのですが、あずきはコープのものを使いました。

コープのあずきは粒のままだったので、僕の好みとしては、パルシステムのあずきの方が柔らかくて良かったかなぁ、と思ったのでした。
2013.09.20 Fri l 本日の子どもたち l top
昨日は、子育て主夫ネットワーク「レノンパパ」が月1で行っている子育て主夫交流会に行ってきました。

毎月やっているのですが、平日の昼間開催で、いつもは仕事があったので、年末の忘年会のときくらいしか参加出来ていませんでした。

昨日はちょうど仕事もなかったので、初めて平日の交流会に参加出来ました。

20130918123848.jpg
会場を移して、昼食時の様子(モザイクかけてます)


いつもは3人くらいの参加だそうですが、主夫&育休中のパパ合わせて12人(+朝日新聞のママ記者さん)の参加でした。

まったりとした緩い交流会なので、特に何かをするというわけではなく、日常の子育ての話をしたのですが、我が家の場合、小学生、保育園の年中、乳児に近い子どもがいるので、保活、保育園の様子、父母会の様子、小学校での様子、育成室(学童)、PTAなどなど、子どもの話でも割りと幅のある感じの話が沢山出て来てとても面白かったです。

一応、最初のテーマ(?)は「妻への愚痴」でしたが、同じような経験をしている方も結構いて面白かったです。

また、このレノンパパで知り合った方の中には、姓を妻にしていて仕事も妻の仕事もほぼ同じ(違うのは妻の年齢が上か下かくらい)という僕とほとんど境遇(?)が似ている方もいて、多分このグループの集まりに参加しなかったら一生そういう方とは出会えなかったと思います。

人数も多くあまりゆっくり話せなかったので、次回は、「結婚に踏み切った理由」や「ケンカをしない秘訣」みたいな話を聞きたいな、と思いました。
2013.09.19 Thu l パパ活 l top
昨日は、M(2歳2ヶ月)の月に1度の身体測定でした。

以前は身体測定の度に記事にしていましたが、ここの所ブログではさぼっている内にMの身体(特に体重)がすごいことになってきています。

こちらがMの身長、体重のグラフです↓



見てすぐに分かるように、身長も体重も90%の子どもたちが収まる平均値の枠から出てしまっています。

まぁ、両方とも出ているのなら良いのですが、Mの場合気になるのはやはり体重。

体重は3歳になっても(今から10ヶ月後)、平均値の枠に収まってもかなり多めです…。

Mはかなり動ける子なので、運動面でのダイエットみたいなものは考えていないのですが(これ以上は無理なので)、となると、食生活が原因かな、と。

上の2人につられてというか、めざとくMが見つけて、お菓子をいっしょに食べているのが原因かも知れません。

最近僕の中でジャンクフードに関して緩くなってしまっているので、Mの食生活改善を目的に今一度、家族全体の食生活を見直そうかなと思います。


あとこのグラフでは出ませんが、Mは足も巨大です。

15cmの靴を履いてますがちょっときつそうで、早々に16cmに突入しそうです。

S(4歳5ヶ月)はまだ18cmなのに。。。
2013.09.18 Wed l 本日の子どもたち l top