上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
2013年も今日で終わりですね。

サンタさんからM(2歳5ヶ月)にくれたプレゼントのプリモプエルが「やり残したことなーい?」と度々聞いてきます。

Mはその度に「なーい」と自信を持って言ってるのですが、僕はやり残したことあります。

1つだけですが、あります。
今年は自分の中でもそれをやろうやろうと思って過ごしていたので、かなり気にかかっています。
早くやり始めなきゃ。

でも、逆に言えばそれ以外のことが思いつかないので、それなりに無事に過ごせたのではないかな、と思います。
Tは小学校に入学し、Sはメガネをかけることになり、MはSと同じ保育園に通えるようになりました。

ちょっとした大きなケガはありましたが、誰かが手術することも、入院することもなく過ごせて本当に良かったです。
(自分はちょっとした手術と入院をしましたが…)

2014年には、僕も30歳になります。
こんな年になったからか、最近は10年後どうありたいか、を良く考えるようになりました。
僕が40歳の時、子どもたちはもう殆ど大人になっています。

その時、僕がどう生きているか、2014年から少しずつ歩み始め、10年後にありたい自分でありたいと思います。

今年はこのブログ、大分更新がなかったり、毎日したりと偏ってしまいました。
それでも読んで下さっていた方は本当にありがとうございます。
来年は毎日ではなくても、長期で更新がないようなことがないように投稿していきたいと思います。

それでは、みなさま、良いお年をお迎え下さい。
スポンサーサイト
2013.12.31 Tue l 日々雑感 l top
昨日ツレが合流したということもあり、今日は、僕は一旦自宅に戻ってきました。

何故かというと、毎年12月30日に(なんとなく)高校の時からの友だちと飲んでいるからです。

今まではこの30日に家族揃ってツレ両親宅から帰ってきていましたが、今年は、ちょっとした理由から新年1日までツレ両親宅にいることになったので、僕だけ中抜けしたのです。

それに、子どもたちはどうだかは分かりませんが、僕はもともとツレ母とは相性が良くないので、以前からツレに「僕はツレ両親宅にいられるのは2泊が限界」という話をしてあります。
昨夜からツレという愚痴をぶつける相手が出来たからか、ツレ母のイライラ放出が始まり、子どもたちに当たるわ、ツレ父に当たるわ、僕に流れ弾が飛んでくるわ、とせっかく調子を戻してきた胃に穴が開きそうでした。

ということで、明日にはまたツレ両親宅に戻る予定ですが、2泊したし、12月30日だし、ということで一旦息抜きに戻って来ました。

今夜は焼肉ということで、家族となかなか食べられないものなのと、そもそも夕食を友だちと飲んだりすることが(他の男性と比べると)ほとんどないのでリフレッシュ出来ると良いなと思います。
2013.12.30 Mon l 日々雑感 l top
今日は長男Tの7回目の誕生日!

ということで、まだツレは出張先から合流していなかったものの、預かってきた僕両親からのプレゼントと僕からのプレゼントを早々に渡してしまいました。

僕両親からのプレゼントは、今やっている仮面ライダーのベルトで、それも本人が望んでいただけあってとても喜んでいたのですが、僕とツレからのプレゼントの方が子どもたちは夢中になっていました。
あげたのはこれ↓です。


ナノファルコン


夕方にはツレも合流し、一緒に誕生日ケーキを食べてお祝いできました。

さすがに7歳なので、写真を載せることは出来ませんが、大学&大学院の先輩もちょうど今日女の子を出産したという嬉しい知らせをもらったので、生まれたてのTの写真を載せます。

IMG_0997.jpg


こんなに小さかったのに、あっという間に大きくなりました。

そんなTもツレ母の機嫌が悪く、「ここをこうしないともう相手にしないわよ!」とか「この家に来させないわよ!」とかなり色々言われていました。
誕生日くらい甘くしてあげても良いのになー、とツレ母のテリトリーなので何もせずに見守る父でした…。
2013.12.29 Sun l 本日の子どもたち l top
今朝、8時に家を出て、ツレ両親宅に来ました。

次男S(4歳)はさすがに1人で2泊したのはさみしかったようで、朝出発時に電話すると、「帰りたい」と言っていましたが、到着するとそんなことはすっかり忘れてT(6歳)とM(2歳5ヶ月)と遊んでました。


僕のiPhoneで自撮りして遊ぶS


子どもたちは3人揃って、調子を取り戻しましたが、僕は熱がないものの胃腸が弱り体調を崩して弱ってます。

明日はTの誕生日なので、ツレも出張から直接こっちに来て、一緒にお祝いする予定です。
2013.12.28 Sat l お出かけ l top
次男Sがツレ母と一緒に一足早くツレ両親宅に行ってしまい、ツレも久しぶりに2泊3日の出張に出かけたので、我が家では初の体験ですが、長男T(6歳)と長女M(2歳5ヶ月)との3人生活になりました。

まぁ、明日にはこの3人でツレ両親宅へ向かうので、本当にひととき、丸1日だけですが、いつもいるメンバーがいない、というちょっと不思議な感じがしています。

Mはもう(というか以前から)ツレがいなくても寂しくて泣いちゃうようなことはありませんが、昨夜から今朝、時々「Sくんいないねぇ」とつぶやいていたので、今夜は「ママとSくんいないねぇ」とつぶやくかもしれません。

Tは学校も冬休みに入り、いつもなんだかんだでSに遊びの邪魔をされてしまうので、邪魔をしてくるのがMだけになってちょっと嬉しそうです。
逆にMじゃ遊び相手にならないので、そのうちつまらなくなるのかも知れませんが、明日には会うので、まだ嬉しそうです。

僕は僕で、明日からのツレ両親宅への荷造りをしているのですが、Sの荷造りの中身を把握していなかったので、(ツレがやると大抵洋服が少ないので特にSの補充に)何を持って行くべきかちょっと悩んでます。

今夜は子どもたちを寝かしつけつつ一緒に寝て、渋滞も予想されているので、なるべく早々に出かけようと思います。
2013.12.27 Fri l 本日の子どもたち l top
クリスマスに合わせて(?)来ていたツレ母が今日帰るということで、特に用事もない次男S(4歳)に「ばばちゃまのおうちに一緒に行く?」とクリスマスの夕食時にツレ母が聞いていました。
元々、長男T(6歳)の誕生日に合わせてツレ両親宅に行く予定だったのですが、ばばちゃま大好きなSは「行く!」と即答。
一応、再度意思を確認するために、昨夜と今朝ばばちゃまと一緒に一足早く行くかどうか聞くと「行く!」とのことで、今朝、ツレ母が帰るのと一緒にSがツレ両親宅へ行きました。

明日からはツレが出張で、用事のあるTと長女M(2歳5ヶ月)と3人で1日過ごし、その後明後日に3人でツレ両親宅に向かいます。

都心の我が家と違って広い家にツレ母と2人切りの夕食で寂しくなってしまったらしく(ツレ父はツレ母が帰ってこないと思っていて外食の予定を入れてしまったらしい)、夕食時に電話がありましたが、その後は特に連絡もないので、うまく行っているようです。

Sの1人でのお泊まりは、夏にTが合宿やら今回のSのように一足早くツレ両親宅に行ったりした時に、いきなり僕の実家に「泊まる!」と言った時が初めてでした。

今回は2回目ですが、前回は翌朝早くに電話があり、「早くお迎えに来てー」と言われましたが、今回は早々迎えに行けず、2泊なので、明後日会う時が楽しみです。
2013.12.26 Thu l 本日の子どもたち l top
今更ですが、自己紹介の1つとしてストレングスファインダーの結果を載せておきたいと思います。
僕がこれをやったのは今から5年以上前のことですが、いまでもたまに眺めています。

(ストレングスファインダーはこの本などに載っている個別コードを利用します。古本を買うと利用できないので、新品を買ってやってみて下さい。)

Input/収集心
あなたは知りたがり屋です。あなたは物を収集します。あなたが収集するのは情報――言葉、事実、書籍、引用文――かもしれません。あるいは形のあるもの、例えば切手、野球カード、ぬいぐるみ、包装紙などかもしれません。集めるものが何であれ、あなたはそれに興味を引かれるから集めるのです。そしてあなたのような考え方の人は、いろいろなものに好奇心を覚えるのです。世界は限りなく変化に富んでいて複雑なので、とても刺激的です。もしあなたが読書家だとしたら、それは必ずしもあなたの理論に磨きをかけるためではなく、むしろあなたの蓄積された情報を充実させるためです。もし旅行が好きだとしたら、それは初めて訪れる場所それぞれが、独特な文明の産物や事柄を見せてくれるからです。これらは手に入れた後、保管しておくことができます。なぜそれらは保管する価値があるのでしょうか? 保管する時点では、何時または何故あなたがそれらを必要とするかを正確に言うのは難しい場合が多いでしょう。でも、それがいつか役に立つようになるかどうか誰が知っているでしょう。あらゆる利用の可能性を考えているあなたは、モノを捨てることに不安を感じます。ですから、あなたは物や情報を手に入れ、集め、整理して保管し続けます。それが面白いのです。それがあなたの心を常に生き生きとさせるのです。そしておそらくある日、その中に役に立つものが出てくることでしょう。

Belief/信念
強い信念という資質を持っているとすれば、あなたは普遍的な価値を持っています。これらの価値は人によって異なりますが、一般的にこの信念という資質が、あなたを家族中心主義に、他人に献身的に、さらに崇高さを持つようにさえします。さらに自分自身についても他人についても、責任感と倫理感が強いことを評価します。この普遍的価値は多くの面であなたの行動に影響を与えます。あなたの人生に意義と満足感をもたらします。あなたの見方では、成功は金銭や地位に優るものです。この普遍的価値はあなたに方向性を与え、誘惑や心を乱すものがある中で、一貫した優先順位を保ちながら進んで行けるように、あなたを導きます。この一貫性があなたのあらゆる人間関係の基盤です。あなたの友人はあなたを頼れる人間だと言います。彼らは「きみのスタンスは分かっている」と言います。あなたの信念という資質は、あなたを信頼し易い人間にします。そしてそれは、あなたが自分の価値と完全に一致する仕事を見つけることも要求します。あなたの仕事は意義があり、あなたにとって重要なものでなければなりません。そしてその仕事は、あなたの価値を実現するチャンスを与えることができる場合のみ意味を持つのです。

Adaptability/適応性
あなたにとって今この瞬間が最も重要です。あなたは将来を既に決まっているものとは考えていません。将来というのは、今あなたが行う選択によって変わっていくものだと考えています。つまり、それぞれの時点で進む方向を一つずつ選択することによって、将来を見出すのです。これは計画がないということではありません。おそらく計画は立てているでしょう。たとえ計画が予定通りに行かなくなったとしても、適応性という資質によって、あなたはその時々の状況に容易に対応することができるのです。突然の要請や予期せぬ回り道に憤慨する人も中にはいますが、あなたは違います。あなたは、それらを期待しているのです。それらは必然のことであり、実のところ、あなたはある程度それを待ち望んでいます。あなたは生まれつき大変柔軟性のある人です。仕事上の必要から同時にいくつものことに注意を払わなければならない場合でも、常に生産性を保つことができます。

Empathy/共感性
あなたは周囲の人の感情を察することができます。彼らが感じていることを、まるで自分自身の気持ちであるかのように感じることができます。本能的に彼らの眼で世の中を見ることができ、彼らの見方を理解できるのです。あなたは必ずしもそれぞれの人の物の見方に賛成するわけではありません。必ずしも一人ひとりの困難な状況を哀れむわけではありません――哀れむのは、共感ではなく同情でしょう。あなたは必ずしも、それぞれの人の選択を受け入れるわけではありませんが、理解します。そして、この本能的な能力は素晴らしい力を持っています。あなたには言葉に表せない問いかけが感じられます。あなたは人々が必要としていることが分かります。他の人が言葉を探して苦労しているとき、あなたには適切な言葉や適切な言葉のトーンが自然に出てくるのです。あなたは、人々が自分の感情をうまく言い表せるように手助けします。あなたは、彼らが感じていることを表現するのを手助けします。この素晴らしい力によって、人はあなたに惹かれるのです。

Restorative/回復志向
あなたは問題を解決することが大好きです。さらなる困難に遭遇するとうろたえる人もいますが、あなたはそれによって力を与えられます。あなたは症状を分析し、何が悪いのかを突き止め、解決策を見い出すという挑戦を楽しみます。あなたは現実的な問題を好むかもしれないし、抽象的な問題、あるいは個人的な問題を好むかもしれません。あなたはこれまでに何度もぶつかって、解決できる自信がある分野の問題を探し求めるかもしれません。あるいは、複雑で馴染みのない問題に直面したとき、あなたは最もやり甲斐を感じるかもしれません。あなたが実際に何を好むかは、あなたの他の資質や経験によって決まるでしょう。しかし確実に言えることは、あなたは物事に再び生命を与えることを楽しんでいるということです。底に潜む要因を明らかにし、その要因を根絶し、物事を本来あるべき輝かしさへ回復することを素晴らしいと感じるのです。もしあなたの介入がなかったら、たとえばこの機械は、この技術は、この人物は、この会社は、機能を停止してしまった可能性があると本能的に分かっています。あなたがそれを直したのです。それを蘇生させ、活気を取り戻させたのです。あるいは、あなたらしい表現で言えば、あなたはそれを救ったのです。


ちなみにツレの結果は以下の5つで、ツレと僕がいかに違うかが分かってとても面白いです。
Woo/社交性
Communication/コミュニケーション
Positivity/ポジティブ
Empathy/共感性
Maximizer/最上志向
2013.12.25 Wed l はじめに―我が家の紹介― l top
最近のクリスマスイベントですっかり疲弊しているので手短に。

今日はクリスマスイブということで、ローストチキンを作りました。
他には、ジャガイモのポタージュとパンとフルーツポンチ。
そして、ツレ母がケーキを少し買ってきてくれました。

ローストチキンは、去年クックパッドで見たレシピで作ったらおいしかったので、今年もそのまま作りました。

マーマレードで簡単ローストチキン

20131224.jpg
レシピには30分とありましたが、お昼からつけ込みました。


マーマレードジャムを使いますが、全く甘ったるい感じはなく、言わなければジャムを使っていることは気づかない感じです。
ツレ母にも好評だったので、もしローストチキンを作る機会があったら、是非お試しあれ。
2013.12.24 Tue l 本日のパパ料理 l top
クリスマスも直前、ということで、昨日ある程度お祝いをした教会も多いようですが、母校は今日がキャンドルサービスの礼拝だったので、先輩にあたる父も一緒に(というか父に送ってもらって)家族で行って来ました。

DSC01936.jpg
正門には相変わらず立派なクリスマスツリー


僕らが母校に着くとちょうど礼拝が始まるところで、鐘が鳴り響いていて、それがとても良い感じでした。
時間を知らせるものが教会の鐘しかない時は、鐘の音を聞いて礼拝に集まって来ていたので、こんな感じだったのかな、なんて思いながら向かいました(ただの遅刻です…)。

長男T(6歳)はもちろんのこと、昼寝を殆どせずに寝不足だった次男S(4歳)も礼拝式文を読んだり、歌を歌おうとしたり、それなりにじっとしていて偉かったです。
長女M(2歳5ヶ月)はもともと音楽が好きなので、楽団の演奏や聖歌隊の合唱などに興味津々のようで楽しそうでした。

クリスマス、ということでこうしてちゃんとした(?)礼拝に一応家族揃って参加出来て良かったです。

暗くなってきていたのであまりゆっくり見たり、写真を撮ることは出来ませんでしたが、父と僕は自分たちが学んだ校舎が半分なくなり、建設中の4階建ての巨大な校舎にしばし見とれてしまいました。
なんか見覚えのある光景がこうして全く違うものに変わってしまうというのは、僕にとってはとても寂しいものでした。
2013.12.23 Mon l お出かけ l top
クリスマス時期ということもあって、この連休、クリスマスにちなんだイベントがいくつかありました。

昨日は、ちょうど次男S(4歳)が通う保育園のクラスの有志でクリスマス会が午前中からお昼後まであり、その後はいつもM(2歳5ヶ月)と僕が通っている(他の子は来ないので))近所の教会で子どもたち向けの礼拝&クリスマス会があったので、参加してきました。

DSC019122.jpg
いつもは昼寝の時間なのでテンションと行動がおかしいMさん


子どもたちは、午前中と午後2回もケーキを食べたり作ったりして、ビンゴをやったりプレゼントを頂いたり、とても楽しかったようです。

僕目線で見ると、クラスのクリスマス会は我が家はツレが仕事だったので、必然的に僕が子どもたち3人を連れて行きましたが、土曜日なのに、付き添いはほぼお母さんたちで、来ているお父さんは両親で来ている人たちだったので、ある程度予想していたことですが、アウェー感がありました。
もちろん、普段から良くお会いしているし、保護者会とかでも話すのですが、元々大人5人以上集まる場が苦手なのと相まってなかなかなアウェー感でした。

むしろ午後のクリスマス会はお母さんが多いけれど、子どもがいない大人もいるし、大学生やらおばあさんやらといろんな方がいて、ケーキ作りも年長のおにいさんおねえさんたちがリードしてくれたので楽でした。

でも、やっぱりツレがいない状態で3人と過ごすだけでも普段からちょっと疲れますが、イベントを2つはしごしたこと自体が一番疲れた原因なのかな、と思います。

まぁ、子どもたちにとっては1年で一番楽しい時期なので、昼寝しなくてもへっちゃらな感じで楽しんでいたので良かったです。
2013.12.22 Sun l 本日の子どもたち l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。