前回書いたものが、書いた本人が一番驚いているのですが、少なくない反響がありました。
特に熱心な意見をくれたのは、現役、または元「教師」の方々からのような気がします。
その中には僕の子供への態度に対しての「批判」も含まれていましたが、現実世界では長男T(小2)は特にこれまでと変わることなく小学校に通っています。

さて、ネット上はあくまでも「言いっ放し空間」だと僕は思っているので、FacebookやTwitterでの反応に対する議論をするつもりはなく、現役or元「教師」の人たち、あるいは「教育」に関わっている(子供を育てている人全般も含みます)人たちから熱心なご意見をいただいているときに読んだ2冊の漫画を紹介したいと思います。
この2冊は「教育」「子育て」に関わっている「大人」には是非一読してもらいたいな、と思ったので紹介します。

1.発達しょうがい当事者の経験が描かれた『ニトロちゃん』


ニトロちゃん: みんなと違う、発達障害の私

この『ニトロちゃん』は以前から「読みたいなー」と思っていたのですが、絶版になっていました。
しかし、この本が以前NHK(Eテレ)で紹介されたことがきっかけで文庫になって再度出版されたようです。
文庫になったのを知ったのは、先日ハートネットTVでやっていた「ブレイクスルー File6 弱点を笑い飛ばす 発達障害の漫画家・沖田×華」という放送を観たからです(再放送は6月2日13時5分~)。
そこで早速手に取って読んでみたのです。

TVでは作者の沖田×華さんが「発達しょうがい」当事者ということに焦点が当てられ、この本のサブタイトルも「みんなと違う、発達障害の私」となっています。
けれど、主人公のニトロちゃんの「思春期」が描かれているので、主な舞台は「学校」になっています。

この「ニトロちゃんを通して見る学校」が、僕自身が見ていた「学校」と同じものでした。
クラスでのグループ、いじめ、教師の「力」による支配、暴力、それらがすべておかしいと思うにもかかわらず、「学校」という選択肢しかなく、そこでどうにか生きていこうとするニトロちゃん。

「発達しょうがい」とはどんなものなのか、ということを知るには物足りないかもしれませんが、「大人」であること、「教師」であること、「人を育てる立場」にある人には、是非一度読んでもらいたいな、と強く勧めます。
こんなことを書いてはいけないのかもしれませんが、20分もあれば読み切れるので、買わなくとも手にとって読まれるのを願っています。

2.アスペルガー症候群(自閉症スペクトラム)の主人公による子育て奮闘記『プロチチ(4)』


プロチチ(4)

『プロチチ』自体はすでに紹介したこともあり(1巻目2巻目3巻目)、特に前の3巻目があまり自分の中で評価が高くなかったので、新刊の4巻を買うかどうか、結構悩みました。
でも、3冊もすでに読んでいるしということで今回も読んでみたのですが、これが【あたり】でした。
ネタバレを含んでしまいますが、前半部分はどうでもよく、後半の「(アスペルガー症候群の)主人公とその母親との対話」がとてもよかったのです。

(アスペルガー症候群なので)主人公はとにかく母親にとって「育てにくい子供」であった(成人になった今も扱いにくい)と。
そして、「問題なのはアスペルガー症候群である主人公だ」と母親は考えていました。
親である自分が一番望んでいるのは、「特別優れてること」ではなく、「他の子より劣ってないこと」であると言います。

でも、あるきっかけで、それが「どんな子供であっても」「コントロールできない」ことを知ります。
そして、母親はそれまでの主人公への接し方を反省し、謝罪し、主人公もそれを受け入れます。
このエピソードがとてもいいな、と思ったのです。

3.「大人」は自分たちの「正しさ」を子供に押しつける。しかし、それを「それで良い」と言えるのは「子供」だけ。

『プロチチ』の最後のエピソードで2つの重要なことが書かれていたように思います。
1つは、「どんな子供であってもコントロールできない」こと。
1つは、「教育、子育てのやり方に対して「良いよ」と受け入れられるのは、教育、子育てを受けてきた子供自身である」ということ。

『ニトロちゃん』でも学校で起きることは、結局「大人」である教師(または母親)が「子供」であるニトロちゃんをコントロールしようとすることから問題が起きます。
というか、コントロールしようとしなければ、そもそもニトロちゃんの行動は「問題」ではありません。
そして、「大人」である教師は自分たちが「正しい」と信じ込んでいるので、ニトロちゃん(作者の沖田×華さん)がどんな思いをして(自死しようともしています)生きてきたかを知ろうともしません。

「教育」「子育て」に関わっていて、一番恐ろしいのは「自分が正しい」と思ってしまうことです。
そして、子供を「大人がいなければ正しくなれない存在」ととらえてしまうことです。
自分の「教育」「子育て」が「正しい」かどうかは、それらを受けてきた「子供」が決めることです。

この2冊を読んで、これらを再確認したのでした。
スポンサーサイト
2014.05.31 Sat l 育児本 l top
怒りにまかせつつ書きます。そして、(多分)長文になります。ご了承ください。

①長男がひどく号泣していた

先日の土曜日、長男T(小2)の通う小学校の運動会がありました。
日差しは強いものの、日陰に入れば涼しく、義母と僕の母も見に来てくれ、観覧席の隣にはボーイスカウトで一緒のK家族がいたり、次男S(5歳)と長女M(2歳10ヶ月)が通う保育園で一緒の家族がいたりと、運動会の催しを見つつ、楽しく観覧していました。
Tは踊り(1、2年生が踊りでした)や玉入れをし、僕自身も親子競技の玉入れをTと一緒にやりました。

さて、午前中のプログラムが終わった所で「ふれあい給食」の時間になりました。
「ふれあい給食」という名前ですが、ようはお弁当を食べる訳です。
SとMは既にお腹を空かせていたので先に食べており、義母は「Tに会ったら帰る」ということで、Tが僕たちがいる観覧席に来るのを待ちました。
どのくらい待ったかは分かりませんが、一通り周りの家族のところには子ども達がそれぞれ来ていました。
しかし、Tは来ませんでした。
最初は「トイレにでも行ってるのかな?」と思っていたのですが、なかなか来ないので、探し始めました。
Tたち2年生が座る席を観覧席から見ても、Tの姿は見えませんでした。

ですが、トイレだとしてもさすがに遅く、義母も探し始めたので、僕も2年生が座る席に向かいました。
すると、すぐにTを見つけました。
僕らの観覧席からは木に隠れて見えない位置だったので見えなかったようです。
Tは胸を強くひっくひっくしながら、ひどく泣いていました。
そして、Tの目の前には担任のY先生(男性)ともう一つのクラスの担任のS先生(女性)が座っていました。

僕が「ここにいたのか。しかも泣いてる。」と言って見つけると、Y先生が僕に気づき「すみません。3分ほどお待ちください。」と言ってきました。
そう言われたので、僕はとりあえずTを見つけた安堵感から「あ、はい」と言って、ちょっと待ちました。

そして、3分も待たない内にTは立ち上がり僕の方に来ました(勿論まだひどく泣いていました)。
Y先生はその時、「また後で話を聞かせてもらいます」と言っていました。

ひどく泣いていたものの、ようやくTを見つけたので、Tと僕は一緒に観覧席へ向かいました。
その途中、Tに「何があったの?話したくなければ話さなくても良いけど。」と言うと、Tは「話したくない」と言いました。

観覧席に着くと、義母も母もツレもTがひどく泣いていることに動揺しましたが、「話したくない」と言っていたことを伝え、とりあえずお弁当を食べることにしました。
Tはひどく泣いていたのでなかなか食べようとはしませんでしたが、ツレの上に座り慰めてもらっていると少し落ち着いてきたので、「とりあえず果物でも」と言って果物をなんとか食べさせ、すると泣くのもやんできたので、ゆっくりではありますが、お弁当(Tの希望だったサンドイッチでした)を食べてくれました。
食べ終わる頃には泣きやんでいました。
お弁当を食べ終わると、もう一度Tに「話せる?」と聞いてみました。
Tはここでも「話したくない。」と言いました。
なので、もう、僕らはとりあえずその話をしないことにしました。

何があったのかは丸で分かりませんでしたが、その後、短い時間だったものの、Tは友だちと遊び、笑顔も見えたので、安心しました。

②何故Tはひどく泣いていたのか。

お弁当を食べ終わった後、僕ら大人はみんななんであんなに泣いていたのかの話になりました。
僕の母もツレも「Tが何かしたから怒られていたのでは」という意見でした。
しかし、僕自身はTがまだ何も語っていない以上「そんなことは分からない。」と、Tに原因があるという「決めつけ」自体に反対しました。

Tが泣いていた理由を話してくれたのは、運動会が終わり、ツレと家に帰って来てから(僕はお昼寝するSとMと家にいました)、みんなで遅いおやつを食べているときでした。
結論から言うと、「Tが何かをしたから怒られていた」ということでした。

具体的には、「(「ふれあい給食」直前、つまり午前の部最後である)5、6年生の演技(鼓笛隊)中、砂で遊んで見ていなかったので、S先生に怒られた。」と言うことでした。
「その砂を他の子に投げたり、背中に入れたりしたの?」と聞くと、「そんなことはしていない。1人で遊んでいただけ」ということでした。
ツレはその後、用事があったので出かけてしまいましたが、お風呂に4人で入っている時に「これでこの話は最後にするから」という前置きで、Tに「あんなにひどく泣いていたのは他の子もやっていたのに自分だけが怒られたから?」と聞くと「うん」と答えてくれました。

これがTが「ふれあい給食」の時にひどく泣いていて、Y先生、S先生に問い詰められているように見えた出来事の顛末でした。
つまり、「他の学年の演技中に、他の子も一緒に地面の砂で遊んでいたのを自分だけ見つかり、自分だけ怒られたので泣いてしまった」ということです。

③僕は運動会当日、その後どう対応したか

Tがひどく泣いていた理由は、②に書いたように、帰宅後(入浴時)に分かりましたが、運動会中は分かりませんでした。
ツレと母は「Tが何かしていたから怒られた」という意見でしたが、僕はあくまでも本人が何も言わない以上「Tが何かしたのかしていないのか勝手に判断すべきではない」という立場でした。

僕がTを見つけたときにY先生が「あとでまた詳しく聞かせてもらいます」と言っていたので、 同じようにまた泣かされては困る、と思いました。
小学生(特に10代にもなっていない子供)にとって、「教師」や「大人」はそれだけで「恐い」存在です。
Tが何かしたのにせよ、しなかったにせよ、また「教師2人が取り囲み尋問する」というような状況を回避しなければならない、と考えました。

僕から見れば、Y、Sという教師はもちろんのこと、ツレと母も「Tが何か怒られるようなことをした」と見ている以上、警察や検察の立場であり、Tの弁護人は誰もいない、という構図でした。
なので、僕は「Tの弁護人」という立場になろう、と考えました。

具体的に考えていたのは、運動会終了後すぐにTの下に駆け寄り、Tを僕の「保護下」に置くことでした。
そして、その上で教師と話そうと思いました。
もし、Tが「話したくない」と言えば、僕の「責任」として「後日改めて場を作る」という提案をし、それでも教師が食い下がって来た場合は「Tが望む教師と一対一で話をさせる」というようにしようとしました。
最低ラインは「Tが望む教師と一対一で話をさせる」ということでした。

それはなんとしても「ふれあい給食」時の「2人の教師がTを取り囲み尋問する」という状況を繰り返さないためでした。
その状況はTにとって心理的にかなりの「圧迫」を与えることが目に見えていたからです。
また、2年生の担任教員は2人ともこの4月からの転任なので、関係が出来ていない「大人」と一対一であれ話をさせることもTにとってかなりの「圧迫」を与えると考えたからです。

では、実際どうなったのかと言えば、Y先生が「ふれあい給食」時に言っていた「詳しく話を聞かせてもらう」ということにはなりませんでした。
しかし、運動会で疲れていて、親も子ども達の帰りをすぐそこで待っていて、他の学年の児童が次々と帰る中、2年生全員がお説教を長々と食らったようです。
「他の学年の競技・種目中でも集中して見ていろ」と。

④何が問題か

今までの①から③までが僕を通して見た今回の「出来事そのもの」になります。
では、この一連のTが「ふれあい給食」時に「ひどく泣いていた」と言う出来事に対して、僕が何が問題だと感じているのかを書きたいと思います。

1.「児童は、人として尊ばれる。」

皆さんは「児童憲章」というものをご存知でしょうか?
児童憲章とは1951年5月5日(こどもの日)に「日本国憲法の精神に基づき、児童に対する正しい観念を確立し、すべての児童の幸福を図るために定められた児童の権利宣言」です。
広く知られている国連の「子どもの権利条約」は1976年発効ですが、それよりもはるか以前に「日本独自」で定められた「子どもの権利」宣言になります。

この児童憲章は3つの基本綱領と12の条文で成り立っていて、3つの基本綱領は以下の通りです。
児童は、人として尊ばれる。
児童は、社会の一員として重んぜられる。
児童は、よい環境の中で育てられる。


保育士、幼稚園、教員免許を持っていれば誰しもが知っているだろうと思っていたのですが、ツレも「知らない」とのことなので一応載せてみました。

僕は今回のTに対する教師とツレと母の対応、考えは、この児童憲章の基本綱領(「人として尊ばれる。」「児童は、社会の一員として重んぜられる。」)に反していると感じました。
ツレと母の「Tが何かをしたから怒られた」と決めつけてしまうこともそうですし、担任らの「大人である教師2人が取り囲み尋問する」ということもそうです。

これらの対応、考えの姿勢には「人として尊」ぶ姿も、「社会の一員として重んぜられ」ているようにも思えません。
Tが話したい時に話せるような環境を整えた上で、なんの圧迫もない状況で、Tの話を聞かなければなりません。
「教師」「大人」という圧倒的な関係の上で、「説教」または「尋問」、そして、「推測」し「断罪」するなんてことはあってはならないはずです。

2.理想を語るのは良い。だけど、理想を押しつけてはならない。

今回、Tがひどく泣くほど怒られたのは「他の学年が演技している時に砂をいじって遊んでいたから」でした。
つまり、「他の学年の競技・種目中でも集中して見ていろ」と教師は考えているわけです。

僕も子ども達に「人が話しているときにはちゃんと聞きなさい」と言うことはしょっちゅうあります。
しかし、僕がそれらの「自分の理想」を相手(子ども)に「強制」するのは、「自分もやっている」ことに限るようにしています。

相手に何らかの行動を「強制」出来るのは最低条件として「自分もそれをやっている」ことが必要だと思うのです。
砂をいじるかどうかは別として観覧席にいた「大人」の中で「他の学年の競技・種目を全て集中して見ていた人」が果たしているでしょうか?

「教師の中には全て集中して見ていた人もいるはずだ」という反論も来るかもしれません。
しかし、教師と子ども達との決定的な違いは、教師にとっては運動会は「仕事」である、ということです。
「仕事」であれば、その間集中して過ごすのは当然に求められることです。
それでも全部集中して「仕事」を行っている「大人」がいるかどうかは僕にはかなり疑問です。


長々と書きましたが、今回の件に関しては、僕とツレはもちろんのこと、僕の母もTの顔を見てすぐに帰った義母までもが教師の対応に疑問(というか怒り)を持っています。
疑問点はそれぞれ異なっているものもありますが、とにかく何らかの「アクション」を取るつもりです。

今回の件で僕が初めて強く認識したことは、(少なくとも子ども達が成人するまでは)子ども達がどんな状況に置かれたとしても自分は「弁護人」であるべきだ、ということです。
大人と子どもでは与えられている「権利」が違う以上、「力」も違います。
それを認識してない「大人」(教師だとしても)が多くいることを知りました。
その中で子どもを「弁護」出来る、しなければならないのは、「親(保護者)」である自分だということです。

今後どのような展開になるかは分かりませんが、僕としては「親(保護者)」として新たな役割を自覚し、学ぶ機会となりました。
2014.05.26 Mon l 本日の子どもたち l top
先日、ある大学(というか母校)から報告書が送られてきました。
タイトルは「多様な生き方のできる社会へ―lifeの社会学から―」というものです。
自分でも忘れかけていましたが、去年の秋に「主夫」ということでインタビューに応じたものが報告書になって送られてきたのでした。



誤字、誤記、事実と異なること表記などもあるため(この点をしっかり大学生の時に指摘しておくと、大学院に進んだりしたときにも基礎ができるため)、主に自分の所を丹念に読みつつ、他の「子育て主夫」のインタビューも読んでみました。
インタビューに応じたのが2つの団体(レノンパパファザーリング・ジャパン)の人たちというこで、僕は両方に関わっているので、(匿名になっているものの)実際に誰だかなんとなくわかりより面白く読めました。

そこで、他の子育て主夫と自分が違うな、具体的には「僕はそういう悩みはなかったな」と思うことがあったので、それは何なのか、僕はその他の人たちが悩んでいたことにどう対処していたのかを書いてみたいと思います。

1.ママ友、パパ友が欲しい

他の子育て主夫の方は基本的に、育児を通じての友だちを欲しがっているようです。
しかし、僕自身はもともと社交的でもなく、積極的に人間関係の輪を拡げたいというよりは、少しずつゆっくり関わっていく方が合っていることもあり、育児を通じての友だちが欲しいと思ったことはありません。

何故かといえば、僕の場合は22歳で結婚し、その後すぐに長男が産まれたということもあり、自分自身が特殊な状況に置かれているということを自覚していたこともあります。
もし、育児を通じての友だちを作るとすれば、年齢はもちろんのこと、今までの経験も全く違う人たちになることが明らかでした。
そして、その当時「イクメン」なんて言葉ものなかったので、「年齢も上で社会経験も豊富な女性たち」と「育児」ということだけで関わろうという気持ちが全く起きなかったのです。

2.子育ての悩みを誰かに相談したい

子育ての悩み、たとえば、「うちの子どもは順調に育っているだろうか」「離乳食はどういう風に作ったらいいのか」など、これらは代表的な悩みですが、些細な悩みであればあるほど育児雑誌にも載っていないし、小児科医に受診するほどでもないし、困ってしまうことがあります。
それらの解決方法として、子育てサークルやNPOなどのイベントに参加して、育児の先輩に聞いてみてすごく助かった、という方もいました。

我が家の場合、子ども達が特に生育上の悩み自体がほぼないほど順調に育ったということもありますが、僕自身がどのように育児に関する情報を手に入れていたかといえば「育児雑誌」です。
育児雑誌は主に「ママ」に向けて書かれているので、それだけで嫌悪する男性たちが結構いるのですが、我が家は、ツレの健康組合から、1年間無料で毎月定期購読でき、それを僕は熟読しました(通算3年=36冊)。
勿論、「ママのお出かけファッション」的なものはあまり真剣に読みませんでしたが(それでもお出かけグッズは参考になりました)、0ヶ月児から1歳6ヶ月児までの子ども達18人が、読者モデルのように毎月同じ子どもの成長を見守る感じで載っていたり、子どもの病気、離乳食、予防接種に関することが別冊になっていたりして、それがすごく参考になりました。
それを熟読することで、子どもの成長は(個人差はあるとはいえ)順調だと思えましたし、病気の時も、まずはその本を読んで該当する病気がないかどうか確認してから、必要であれば小児科に連れて行きました。

例えば、離乳食に関しては、僕もツレもかなり面倒くさがりということや、僕が食にこだわりというか、例えばカップラーメンを食べると気持ちが悪くなるなど、食に気をつけないと体調が悪くなってしまう体質ということもあり、離乳食であれ、子どもに食事をあげるのはゆっくりで良いのではないかと思い、かなり遅く食べさせました。
すると、すぐにミルクと離乳食の他にすりつぶしたバナナ一本食べるような感じになったので、あまり困らなくなりました。
また、離乳食は一時的なことですし、自分たちの時間もないので、レトルトの離乳食で充分だろうということもありました。
次男、長女は先例、経験があったので、見当も付き、生育に関しての悩み自体がさらになくなりました。

3.ママ世界(ママ友)の輪に入りたい

「子育て主夫」をしている人がぶつかる大きな問題がこの「ママ友との関わり」のようです。
子育てをメインにしているのは女性たちであり、育休を取るのも女性が多いので、子どもが小さいほど、周りにいる子育てしている大人は「ママ」になります。
子育てをしながら誰かと関わりたいと思ったとき、そこにいるのは「ママたち」。
子育て広場などで知り合ったママに連絡先を聞いても良いのか、子連れだとしても相手の自宅にお邪魔しても良いのか、その距離感に悩むようです。

さて、僕はというと、1にも書きましたが、そもそも積極的に人間関係の輪を拡げようというタイプではないので、すぐに連絡先を交換したりすることは「子育て」に関わらずありません。
数年来の友だちでもそういえば知らなかったね、的な感じで交換したり、何かの必要に迫られて知らせたり、という感じです。

また、誰かと関わりたい、という欲求自体が少なかったのは、学生をしていたり、フルタイムではなくても働いていたりと、「子育て以外の場(関係)」がある(あった)ということが大きいと思います。
実際に、ツレは初めての育休の際、僕が帰宅するとずーっと寝るまで話続けていたことがあります。それはよく考えたら、僕以外に話せる相手がいなかったからでした。
育休という限られた時間だとしても、人間関係が子ども&パートナーだけになってしまうのは確かに辛いことです。
しかし、僕の場合は、その範囲が狭いとしても、(たとえ子育ての話ができなくても)子育て以外の関わりが常にあるので、特に「子育て」を通しての他の人との関わりを求めなかったのだと思います。
だから、もちろん、ママと子どもを通して話したり関わることはあっても、連絡先を聞いても良いのか、あるいは一緒に遊ぼうと誘って良いのか、自宅に行っても(誘っても)良いのか、悩むこと自体がありませんでした。

ちなみに、最近あったのは、長男の付き添いに行ったツレがあるパパと話していて、僕が「主夫」ということを知ったら、「妻は実家も遠く結婚してからこっちに来て、人間関係が限られているので、是非(僕が)家にも来たり一緒に遊んで欲しい」と言われたことです。
「パパが自分のいない時に自宅に他の男性が来ることを嫌がる」という話は聞きますが、子どもが大きくなっている(小学生)からか、そのパパは気にしていないようでした。
積極的に自分からママ友を作ろうとすると悩んでしまうかも知れませんが、こういう風だと僕も特に変な気を使わなくて良いし、悩むこともないし、楽だなと思いました。

4.「子育て主夫」の関わりは大切

なんだか、他の「子育て主夫」を批判するように読まれたかも知れませんが(そんな意図は全くありません)、「子育て主夫」というだけでつながっている(具体的にはレノンパパ)人たちとの関わりはとても大切なものです。
それまでの経験や年齢も違いますが、「子育て主夫」という立場は実はすごく多くの共通点があって、あっても月に1回程度ですが、集まって日頃のことを話すだけでなんだか安心します。
このことについては、ちょっと話が変わりますし、ちょくちょく書いてますので、今回は割愛します。
2014.05.12 Mon l 日々雑感 l top