ついにやってしまいました。

幼児が家にいる人なら知っているかと思いますが、今、妖怪ウォッチというアニメがとても流行っています。
で、その妖怪ウォッチ、すごい人気から、転売屋が沢山買い占め、買おうとしてもなかなか定価では買えないという状況がずーーーーーっと続いています。

我が家ではアニメの妖怪ウォッチ自体を見始めたのも結構遅く、1月から放送していましたが、見始めたのは5月になってからでした。
で、そのときには既に妖怪ウォッチはすごい人気だったので、定価3500円くらいのウォッチが10000円とかで売られていました。

幸いなことに我が家では、周りにいる子たちも手に入らないからか、欲しがることはなく、「定価で手に入ったら買ってみよう」みたいなスタンスでした。

先日、たまたまAmazonを覗いていたら、初代妖怪ウォッチ(DX)が転売屋ではなく、Amazonが売っていたので予約購入しました(出荷まで3週間ほどかかりました)。
そして、またまたAmazonを覗いていたら、今度はメダル(妖怪ウォッチにはめるものです)も定価で転売屋ではなく、Amazonが売っていたので買いました。

そして、一昨日、ビックカメラで妖怪ウォッチを抽選販売するということを知ったので、特に用事もなかったので、家族5人で抽選券をもらいに行きました。
9時までに並ぶと抽選券がもらえ、10時45分から抽選番号発表&発売とのことでした。

抽選券は9時より少し前に配り始め、9時過ぎまで抽選券をもらう列に並べたので、路上生活者風の「業者に雇われたような人」が沢山並んでいた(たぶん2度並びしたのでしょう)のが見えました。

僕らは特にやることもなかったので、さくっとまた家に戻りました。
その後、当日なら引き替え出来るということだったので、定期券を持っているツレに確認しに行ってもらったところ、新しい方(零式)の妖怪ウォッチが当たっていました。

IMG_4063.jpg


どうやら販売したのは、初代(DX)が100個、新しい方(零式)が53個とのことで、新しい方がやはり持っていない人が多いので抽選券をもらう人も多く、入荷の数も少なかったものの、僕らは幸運にも抽選に当たりました。
(というか、なぜ人気で品薄の零式が当たって、DXが当たらなかったのか、ちょっと不思議…。)
こういう人気商品の抽選販売に並んだのは人生初でしたが、「もし、2個とか当たったら、あの人に渡そうかな~」とか妄想していたのはやはりただの妄想だったことが分かりました。

ちなみに、交通費を考えると、みんなで1000円くらいかかっているので、もし、定価より1000円くらい高いくらいだったら、転売屋で買うのもありだったのかもしれません。
(でも、Amazonに表示される定価よりも700円くらい安かったのですが)
が、相変わらず零式の方は8千円とかで売っているようなので、子どもたちにも妖怪ウォッチの人気を肌で実感することも出来たし、人気商品の抽選販売とはどういうものなのか、(元々「ほしい!」とはねだられていませんが)いかに手に入りにくいものなのか、それらを肌で感じることが出来たので、勉強代かな、と思いました。
スポンサーサイト
2014.09.30 Tue l 日々雑感 l top
何度言ってもやめない長男。

ほとほとあきれて、もう注意すらしたくないのですが、それでもやめないので、「それをやるなら一緒に出かけない」と先日宣言したことがあります。

何かというと、「鼻くそを食べる」ということです。

先日も、ちょっと外出した午前中だけで思い出しても、
バス停
バスの中
公園
お昼ご飯の最中
と、隙あらば鼻をほじり鼻くそを食べていました。

マジで、こんな人と一緒にいたくないので、もう注意するのはやめて一緒に出かけない宣言をしたのでした。

でも、これ、次男はやりませんが、結構子どもがやるみたいなんです。
「アナと雪の女王」でもアナが王子に惚れてるのを呆れて助言をしたクリストフが「オトコなんてみんな鼻くそ食べてるんだぞ!」と言っていましたし、先日も電車で目の前に座っている女の子が鼻をほじって食べてました。

これは多くの人がやってるみたいだし、何度言ってもやめないのだから、もう注意するのをあきらめるべきなのでしょうか…。
とりあえず、一緒に出かけるのはしませんが、注意するのが疲れました。。。
2014.09.29 Mon l バカ男子言行録 l top
一昨日、Facebookにこんな質問が流れてきました。

----------------------------------

皆さんに質問です。
4才くらいの子どもと、お母さん。電車の中でカップのアイスクリームを食べ始める。これはありですか?
ちなみに食べかけとかではなく、新しいアイスを席について、開けていました。大船から埼玉方面へ走っている青いラインの車内で。

(9月26日17:33投稿)
----------------------------------

誰の投稿かというと、直接は「友だち」ではないのですが、会員になっているファザーリング・ジャパンの理事の方で、「友だち」になっている人たちがコメントしていたので僕にも表示されていました。
(「公開」設定になっているので、ここに載せても良いとは思いますが、面識もないので、そのまま貼るのはやめておきます。)

みなさんだったら、この質問にどのように答えますか?

僕だったら、ぱっと浮かんだのは、「別に良いんじゃないの?」ということでした。
しかし、コメントを読む限り、そこには結構「なし」という答えの方がいました。
僕はその「なし」の多さに驚いたのもあって、その後に書いた人のコメントなども読んでみたのですが、やっぱり「なし」がかなり多かったです。

ファザーリング・ジャパンの理事の方(ご本人も子育て関連のNPO理事長)なので、「友だち」も子育て関連の方が多いのだと予想するのですが、それなのに「なし」の方が多かったので、すごく興味深かったです。

皆さんだったら、どうでしょうか?

さて、僕の考えですが、先ほど、ぱっと浮かんだのは「別にいいのでは?」というものでしたが、この質問のことを考える内に「【あり】【なし】の二択で問うこと自体がおかしいのではないか?」と思うようになりました。
後で再度この投稿へのコメントを見てみたら、同じように答えている方がいらっしゃいました。

人によっては、「満員電車だったらダメだけど、空いてたらOK」だとか、「においがしなければOK」だとか、「条件付きでOKのこともある」という答えもありました。

僕も答えるとしたら同じようなものを考えていましたが、ゆっくり考えてきたときに一番気になったのは、「なぜ、その親子は電車内でカップアイスを食べることになったのか?」ということでした。

周りの人がその光景を見て「良い」「悪い」と判断するのではなく、「相手がその情況にいるのはなぜなのか?」と想像することがまず一番最初にするべきことかな、と僕は思います。
ものすごーくそのときは暑くて、日中一生懸命歩いて、帰りの電車で「ご褒美」としてアイスを食べているのかもしれないし、ただ、ホームの売店でアイスが売っていたから買っただけかもしれません。

誰かの行動を見て「良い」「悪い」ということは、何の関係もない他者がたやすく判断できるものではないのではないか。
二択で捉えること自体が、投稿者の「その親子へのまなざし」になっているような気がして、すごく気になっています(=子育て支援のNPOで代表を務めるような人が、相手の背景を考えず、知ろうともせずに「良い」「悪い」で判断するのはどうなのか、ということです)。
2014.09.28 Sun l 日々雑感 l top
春に初めて読んでみてすっかり夢中になってしまった漫画の新刊が出ていたので読んでみました。


コウノドリ(6)


そういえば、このブログに書いたかな?と調べてみたら書いてなかったので、書いてみます。
内容は、養護施設出身で本名等を伏せてジャズピアニストもしている産婦人科医が主人公の産婦人科で出会う人たちとのお話です。
主人公が「こんな人間いるわけないだろう」的な設定になっていますが、実は産婦人科医でピアニストという方は日本にもいるようです。

ピアニストとしての活動はあくまでも主題ではなく、産婦人科医としての日々出会う人たち(妊婦やそのパートナー、家族)に焦点が当てられています。
たとえば、今回の6巻であれば、子宮外妊娠、性感染症、口唇口蓋裂などが触れられ、今までだと、「障害」、DV、早産などが触れられていました。

               
コウノドリ(1)     コウノドリ(2)     コウノドリ(3)      コウノドリ(4)     コウノドリ(5)


僕自身は、産婦人科医でもありませんし、友人に産婦人科医もいませんが、子どもが3人いることや大学時の専門領域が生命倫理だったこともあり、子どもを授かる前から知識もたぶん他の人よりもあり、子どもたちが生まれてからは実際に、それらのケースも間近で見る機会もありました。

なので、【五体満足】が【普通】という認識は持っていなかったのですが、同時に、多くの他の人が【五体満足で生まれてくることが普通】と考えていることに戸惑いを感じていました。
いくら学会や学術誌で研究者たちが話し合いを重ねていたところで、多くの人の認識は変わらないというもどかしさも感じていました。

そうしたときに、この漫画を知り読んでみたところ、漫画でわかりやすいし、【五体満足で生まれてこないケースもそれなりにある】ということが伝わる、とても良いツールだな、と思いました。
特に今回は、今まで主人公が養護施設出身だったことは特に深く触れられていませんでしたが、3歳まで過ごしていた乳児院の先生(=お母さん)と再会する場面がありました。

妊娠、出産、子どもに関わることはとてもいろんなテーマ、出来事に触れていくものなので、この「養護施設で育てられる子どもたち」にも触れられていたのもとても良いな、と思いました。
子どもを授かりたいと思っている人、既にお腹に赤ちゃんがいる人、そして、子どもと接している人には是非読んでもらいたい、育児の方法などには触れられませんが、僕の中では子どもに関する本の中で一番おすすめの本です。
2014.09.27 Sat l 育児本 l top
一昨日の24日(水)にまたもやヤクルトスワローズ(対広島カープ)の試合を観に行きました。
今までほぼプロ野球には縁がなかったのですが、今季は3回目です。
ヤクルトが6位でお客さんがあまりにも少ないからか、またもやメイクフレンズ(メイクフレンズについては前回記事参照)から連絡が来たので、今度は家族みんなで申し込みました。

台風16号の影響で雨が降っていたので、試合自体やるのか分からなかったのですが、16時の時点で中止の発表がなかったので、「中止だったらそれはそれで良いだろう」ということで雨が降られても良いように準備して向かいました。
いつもよりは神宮球場に着くのが遅くなってしまったのですが、試合開始延期のアナウンスが流れており、18時15分頃に「18時30分から開始します」というアナウンスが流れました。

その間に、子どもたちに夕食を食べさせ、ツレの到着を待ち、いよいよ試合開始。
が、やっぱりまだまだ雨が降っていました。
こういうとき、ボーイスカウトにいるので割とちゃんとした雨用の装備があるのが地味に助かったりします。
子どもたちは雨具をかぶり、普通に雨の中試合を見ていました。

IMG_4056.jpg


ツレとM(3歳)は初めてでしたが、プロ野球の雰囲気、しかも、相手は2位の広島なので、応援も熱く、盛り上がっているのを体験できたのは良かったように思います。
でも、水曜日なので、19時30分にまだ3回が終わったところでしたが、さくっと帰りました。

あと、今回はメイクフレンズのプレゼントでバレンティン選手の首振り人形(ボブルヘッド)を子どもたちの人数分もらえました。

IMG_4059.jpg


もらったときは、雨の中少し大きめの荷物が3つも増えてしまい、1つだけにして2つを返そうかとも思いましたが、ツレの同僚にヤクルトファンがいるので、その方たちに他の2つをプレゼントすることになりました。
結構よく出来た人形なので3つもらっといて良かったです。

人形を3つももらい、内野指定席5人分で3200円(大人1600円×2人)なので、とても良い企画だな、というかすっかりヤクルトびいきになってしまいました。
元々、東京六大学出身なので神宮には何回か来たことがあったので、それも身近に感じる大きな要因ではあるのですが。
来年もこの企画あると良いなぁ、と思います。
2014.09.26 Fri l お出かけ l top
週末、長男T(7歳)のボーイスカウトハイキングに10月に入隊予定の次男S(5歳)も連れて行ってきました。
当初は台風16号の影響で中止かな、と思っていたのですが、どっしりと居座っている高気圧のおかげで、かなり良いハイキング日和になりました。

子どもたちは調子が悪いからか、家を出るまでが面倒な感じでしたが、僕は子どもたちをおいてでも行きたいところでした。
どこに行ったのかというと、埼玉県飯能市にあるムーミン谷です!

あけぼの子どもの森公園

2014092101.jpg


普通の公園なので、入場料とかもありませんでした。
その代わり(?)ショーなどもありませんが(イベントも行っているようですが)、ムーミン(トーベ・ヤンソンさん)公認ということで、ムーミンの童謡の世界が再現されていました。

2014092102.jpg


敷地は思っていたよりも狭かったものの、子どもたちは入り組んだムーミンの家が楽しかったようで、みんな走り回っていました。

2014092104.jpg


道路を挟んで大きな公園もあるので、昼食はそこで取り、子どもたちはそこでも沢山遊び、走り回っていました。
こういう所に来ると、マンション住まいなので毎日毎日「走らないで!」「ドタバタしないで!」と言い続けているのが余計に苦しくなってきます。

走り回れる環境って本当に良いよなぁ、と。
2014.09.25 Thu l お出かけ l top
昨日は、ツレと結婚式を挙げてから9年目でした。
入籍した日も、同居し始めた日も違うので、自分の中ではこの日が「結婚記念日」的な感じになっています。

さて、昨日は秋分の日でしたが、最近外出続きだったこともあり、子どもたちは特に外出もせずまったり過ごしました。
去年は夕食を割と近場の以前から気に入っているイタリアンで取りましたが、今回はいつも通りでした。
今日は仕事ですし、仕事にはお弁当を持って行っているので、その分も用意する必要があるので。

9年目になりましたが、この8年で段々と僕の家事の分担が多くなり(ほぼ100%)、いよいよ固定されてきてしまったな、と感じています。
何度も何度もツレには改善を求めましたが、口では「やる」と言ったり、そのときだけ少し改善は見られるものの、結局元に戻るので、もう僕自身はあきらめつつあります。

家事について具体的に言っているのは、
家計に入れているお金の比率がツレ:僕=6:1(5:1の時も)なので、家事も6:1(あるいは5:1)にしてほしい
ということです。
たとえば、1週間で7回夕食を作るので6回(5回)は僕が作り、1回(2回)はツレが作る、という感じです。

でも、実際は相変わらず自分が家事をいかにしないかを仕事場でも「ネタ」にしているくらいで(「それはダメでしょ」って言われたと嬉しそうに報告してきます)、そういう様子を見ていると、やっぱりこの人は家事をやるつもりは全くないんだなと思います。
最近の家事ハラというようなハラスメントではありませんが、多くの男性が女性に抱いているとされている「家事は女性がやるもの」という意識と同じく、ツレの中では「家事はBがやるもの」と思っているのでしょう。

この状態の改善については、僕がフルタイムで働きたい(というかキャリアを積みたい)と思っていることもあり、幾度となく求めてきました。
実際に1年間ほどは正社員ではなかったので収入はそれほど増えませんでしたが、フルタイムのように働いていたこともあります。
そのときも結局すべての負担は僕にだけなりました。
(僕からすると仕事量が増え、さらに収入からの家計へ入れる金額も増えたので、二重取りされているような感じでした。
どんだけブラックなんだか。)

今回ちょうど、「Bに良さそうな求人がある」とツレが言ってきたので、僕も少し応募する気になったのですが、結局応募自体を見送りました。
なぜ応募しなかったのかという理由をツレにつたえつつ。
ツレは口では「(家事について)なんとかする」と言っていましたが、先の1年間でもそうでしたし、過去の8年間で全く「家事についての実績がない」ので正直信用できません。

この8年間で学んだことの一番大きなことは「人は口では何とでも言える」ということだったりします。
(これは別にツレだけではなく、この8年間で起きたこと全体を振り返ってですが。)
なので、ツレのこの言葉はもう全く信用できず、子どもたちにはそういう(「口で言っても実際にはやらない」)人間になってほしくないな、と常々思っています。

ということで、いきなり愚痴ですが、結婚生活も9年目に突入しました。
僕も30歳だし、50歳の時には子どもたちはみんな独り立ちしている予定なので(末っ子のMも23歳になってる予定)、少しずつでもキャリア(というかナリワイ)を作っていきたいな、だけど現状のままだと自分のやることが増えるだけでバーンアウトするのが目に見えているので、しんどいな、と感じている次第です。

ママの就労支援にはパートナーの協力が必至とされていますが、我が家の場合、ツレの協力がないので、まぁ、無理だろうな、と。
(最近も3人目の子どもが生まれたことを機に主夫になった人を知りましたが、まぁ、3人子どもがいつつフルタイムで家事育児するってのはそもそも無理ゲーって話ですね、と。
ましてパートナーが家事をほぼ一切しないので。)

ツレは安易に「子どもたちが大きくなってきて手がかからなくなってきたし」みたいなことを言っていますが、実際は、細かなケアは必要ないかもしれませんが(オムツ替えや病気による通院など。あっ、でもなんだかんだで平均すると毎週のように通院などはしてます。)、単純に食事の量も増え(作る量が増える=買い物も増える=洗い物も増える=僕の家事量も増える)、T(7歳)もS(5歳)も習い事をしているので、その送迎や付き添いも割と負担です。
なので、子どもが大きくなって「手がかからない」というのは家を離れるか、大学生くらいの時の話で、今は付き添いも必要なので(特に送迎が心配材料)、僕には「手がかからなくなってきた」という実感は皆無なのです。

ということで、改めていろんな面でツレとの乖離を垣間見つつ、9年目に突入しました。
このまま僕は終わるのかな、と今までの8年を振り返っても割と真面目に思うようになりました。
2014.09.24 Wed l 日々雑感 l top
子どもを授かってから、「やっぱり【オトコノコ】って○○ですか?」とか、ムスメが生まれてからは「【オンナノコ】って良いですねー」とか、【オトコ】だとか【オンナ】だとかで「良い(悪い)」とか言われることがあります。
でも、正直よく分からないので、曖昧な返事をしていました。
で、ムスメが生まれてからは「【オトコノコ】と【オンナノコ】って違いますか?」とかいう質問まで加わるようになりました。

正直、【オトコ】とか【オンナ】とか性差で考えることがなく、育児雑誌などでの「バカな男子」的な記事も僕からすると「ここがお母さんたちには引っかかるポイントなのかぁ」という感じでしか見ていませんでした。
相変わらず性差なのかは分からないのですが、我が家の長男が「これはバカだろ」という言動が目につき始め、僕の精神衛生が悪化しつつあるので、ネタにしていきたいと思います。

ということで、先日、僕もツレも仕事の日の出来事です。
その日は、M(3歳)が保育園で軽いけがをしてしまい、その連絡で午前中からお昼にかけて何度か保育園から連絡がありました。
なので、仕事中ではあるものの、携帯をポケットに忍ばせていました。
すると、15時少し前に着信が。

着信が気になったものの、仕事中だったのでその場では取り出せず、10分後くらいに携帯を見ると、その着信は【家】からのものでした。
15時頃に【家】からの着信ということは、T(7歳)からです。
帰宅してから何かあったのでしょう。

すぐに家に電話を折り返したものの、Tはいないようでした。
Tは決まったお友達の家に行く日だったので、T自身がいないことは特に気にならなかったのですが、なんの着信だったのかが分かりませんでした。

ツレからも「着信があったんだけど」という連絡が。
で、ツレの予想は「家のカギでもなくしちゃったんじゃない?」と。
でも、僕は「【家】から電話が来てるってことは、入るときにカギで入ったんだから、それはないでしょ」と返事をしました。

そして、16時半頃に家に帰ると、そこにはこんな置き手紙がありました。
20140919.jpg


ツレの予想が当たっていました…。
Tよ、君はどうやって家に入ったんだい?
そして、どうして直前に使ったカギをなくしてしまうんだい?

まぁ、置き手紙も書いてあったし、「ごめんなさい」って書いてあったし、珍しくツレも怒ることはしませんでしたが、こんなことってあるの?って感じでした。
自分もまぁ、それなりに【バカな男子】だったのでしょうが、記憶がないんで、余計に驚いています。
2014.09.23 Tue l バカ男子言行録 l top
家事の中で苦手なもの、それが【掃除】です。
風呂掃除もトイレ掃除も台所掃除も軽くはやりますが、あくまでも普段は【最低限】に納め、【さすがにこれはやらないとまずいだろう】というところになるまでなかなか身体が動きません。

ということで、前々から気になってはいたけれど、踏ん切りが付かず、そうしたらどんどんひどい情況になってしまっていた箇所があります。
それがコンロです。

で、渋々「あー、やるしかないよなぁ」と思いながらコンロの掃除を始めたのですが、ここですごく気が楽になった発見がありました!

20140920.jpg


ここまで外せるのを知りませんでした(カバーを外しても、内部に入り込んだ汚れが目立ちますが…)。
コンロのガス口周りは外せるのを知っていましたが、全体を外せるのを知らず、いつも捨てても良いぞうきんを用意して、洗っては拭き、洗っては拭き(けれども納得のいくきれいさにはならず)というのを繰り返していました。

けれど、全体が外せたので、ぞうきんで拭くことも必要なく、全体をごしごしと洗うことが出来、かなりすっきりしました。

2014092001.jpg


写真で改めて見るとまだ油っぽさが残ってますが、洗い場に入りきらない大きさなので、まぁこのくらいかなと思います。
今までやる気が起きなかった大きな理由がこの【全体の部分を洗うのが面倒】ということだったので、すごく気が楽になりました。
これからはもっと頻繁に掃除出来そうです。
2014.09.22 Mon l DIYなど l top
最寄り駅での販売員の方が卒業し、次に近い駅の販売員さんも卒業したのかいなくなってしまったので、最近あまり買えなかった『THE BIG ISSUE(ビッグイシュー)』ですが、最近また新しく最寄り駅に販売員さんが立っていました。

ビッグイシュー

20140918.jpg


「支援」というわけではなく、単に内容が良いので買っているのですが、今回のビッグイシューもとても良かったです。
特集が「気持つたえる人生レシピ」というもので、「ホームレス人生相談」に枝元なほみさんのレシピがセットになっています。

相談の内容としては、
「どうすれば人に頼れますか?」
「まじめな私と世渡り上手な彼、どちらも嫌いになりそうです」
「人づき合いが苦手。周囲をフリーズさせてしまう」
「自分の存在が迷惑だと感じてしまう」
等々です。

で、その中に「反抗的な子どもたちに、手を上げそうになります」というものがありました。
この質問、子育て関連のものだとよく見るものなのですが、この質問への答えもとても良いものでした。

簡単に言ってしまえば「家事・育児が大変だったら手を抜いてみては?」という提案でした。

ちょうど僕も自分の具合も悪いし、完璧主義的なところがあるので、「そうだよなー、疲れてたら、えーい、って言って手を抜いちゃおう」って思って、手を抜けたので良かったです。
具体的には、子どもたちに「具合が悪くてまともに食事を用意できないから惣菜を買おうと思う」と言ったら、子どもたちが「妖怪ウォッチのレトルトカレーが良い」と言ったので、そうさせてもらいました。
惣菜買うより経済的だし、子どもたちも喜んでいたので良かったです。
(大人用におかずを少し作ったら、ツレには「私からすれば全然手を抜いてない」って言われてしまいましたが。)
2014.09.21 Sun l 本・雑誌 l top