去年の同じような時期から不眠症になった僕ですが、また最近もかなり不眠がひどくなってきました…。
ということで、日々の集中力ややる気もかなり減ってきているので、ブログももしかしたら更新をやめてしまうかも知れません。

という、近況報告をしつつ、TSUTAYAディスカスで借りた映画の紹介です。

そこのみにて光輝く


先日、主演の綾野剛さんがどこかの映画コンクールで賞をもらっていたニュースを目にしました。

綾野剛、男優主演賞受賞もストイック「敗北感もあります」(シネマトゥデイ)

賞をもらったから借りたわけではなく、リクエストを出していたことさえ忘れていた頃に送られてきたのですが、ちょうどタイムリーでした。

先日紹介した「機関車先生」と同じく、原作は小説になっています。

なので、ストーリーは小説の紹介などから分かるのですが、この映画で目立っていたのは、主演の綾野剛さん、ではなく、池脇千鶴さんと、その弟役の菅田将暉さんでした。

池脇さんは「ジョゼと虎と魚たち」を思い出すような大胆な演技っぷりで、その弟役の菅田さんは、NHK朝の連ドラ「ごちそうさん」とは全く違った演技で、最近いろんな映画に出ている理由が分かるような気がしました。

池脇さんと菅田さんの演技はとても良かったのですが、内容はそこまで惹かれるものはありませんでした。
これは、映画自体というよりは、たぶん原作の問題かな、と思うのですが、今(2015年)からすると、話が古いように感じました。
30年前だったら、とても衝撃的に受け止められたのでしょうが、【貧困を理由に性産業に従事】、【親の介護】という問題は、現在ではあまりにも【ありふれたもの】という感じがします。
だからこそ、その【ありふれたもの】をただそれだけを見せられても、しかもフィクションで見せられても、そこまで深く突き刺さることはありませんでした。

勝手に五段階評価(基本的に甘いです)
★★★☆☆

2015年に観た映画ランキング
1 「ザ・マジックアワー」 / 2 「あなたを抱きしめる日まで」 / 3 「テルマエ・ロマエⅡ」 / 4 「そこのみにて光輝く」 / 5 「恋人はセックス依存症」 / 6 「地獄でなぜ悪い」 / 7 「鈴木先生」 / 8 「ミニミニ大作戦」 / 9 「エヴァの告白」 / 10 「機関車先生」 / 11 「ロボジー」 / 12 「なくもんか」 / 13 「ノア 約束の舟」 / 
スポンサーサイト
2015.02.28 Sat l 2015年 l top
久しぶりに小確幸(小さいけれど確かな幸せ)な出来事がありました。

3日前になりますが、朝日新聞に投稿した文章が掲載されました。

↓写真(クリックすると大きくなります)
20150224声


テキスト版↓
(声)希望する夫婦には別姓も認めて

投稿したのは先週の金曜日。
土曜日には記者さんから連絡があり、何度か編集・校正のやりとりを電話とメールでしたあと、火曜日の朝刊(全国版)に掲載されました。

投稿しようと思ったのは、最高裁が夫婦別姓と女性の再婚規定についての民法を憲法判断することになったというニュースが先週の木曜日にあったからです。
夫婦とは家族とは…民法の岐路 別姓など最高裁初判断へ

このニュースを見て、僕は単純に「選択的別姓制度が実現するかも♪」とただうきうきしただけだったのですが、ツレが「裁判所も世論をみて判断してる。新聞に投書でもしてアピールしたら?」と言ってきたので、木曜日は忘れて何もしなかったのですが、金曜日に思い出して、メールで投稿したのでした。

金曜日の朝刊には早速社説も出て(夫婦別姓 多様な家族認めるとき)、次は読者の声を載せる、という良いタイミングだったのか、掲載してもらえることになりました。

新聞を直接読んだ人は分かるのですが、隣には別姓に反対する人、そして、下には「30代の投稿が少ない」という投稿が載っていて、僕は30代だし、ちょうど良かったのかな、と思います。

また、これは僕の投稿とは関係がないことですが、新聞に掲載された24日には、与党公明党が「最高裁の判断を待つことなく立法府の責任として、法改正を実現するべきだ」という姿勢を打ち出したことが報道されていました(「夫婦別姓」改めて意欲 公明幹事長)。

同じ世代では新聞を読む人が少ないのか、反応はありませんでしたが、ムスメM(3歳)の保育園の担任の先生が「あのー、新聞って朝日ですか?」「もしかして、Mちゃんのお父さんが書いたもの?」と気づいて下さっていました。
「私も賛成です。」と言って下さり、先生が結婚するときも姓をどうするか悩んだとのことで、新聞の影響力はやっぱり落ちてるんだなぁということを実感するとともに、それでも普段生活する場面では話題にさえならない話を出来るきっかけになったのは良かったです。
2015.02.27 Fri l 夫婦別姓について l top
この映画も先日BS(NHK)でやっていたものです。


ロボジー [DVD]


公開されたときには特に観たいとは思いませんでしたが、聞いたことがあった映画なので、観てみたのですが、まぁ、特に可もなく不可もなくといった感じでした…。
映画館で1500円とか払っていたとしたら、かなりがっかりな内容に感じたかも知れません。

ロボットを作ることを社長から命令された電機メーカーの社員3人がロボットを作ろうとするもののうまくいかず、中に人を入れてしまう、というもの。

まぁ、前提から滑稽なものなので、これが「あり得ないけれど、笑えるから」とか何となく受け入れられるような状況なら良いのですが、そこまで笑いに走ることもなく、中途半端にリアルさを出してしまっていることで、逆に滑稽な前提を受け入れにくい感じでした。

ロボットの中に入っているジーさんと家族との話ももう少し丁寧に、時間を割いて描かれていれば、笑いに走らなくても多少は感動出来たのではとも思います。

勝手に五段階評価(基本的に甘いです)
★★★☆☆

2015年に観た映画ランキング
1 「ザ・マジックアワー」
2 「あなたを抱きしめる日まで」
3 「テルマエ・ロマエⅡ」
4 「恋人はセックス依存症」
5 「地獄でなぜ悪い」
6 「鈴木先生」
7 「ミニミニ大作戦」
8 「エヴァの告白」
9 「機関車先生」
10 「ロボジー」
11 「なくもんか」
12 「ノア 約束の舟」
2015.02.26 Thu l 2015年 l top
先日、長男T(8歳)が通う小学校の持久走大会がありました。
平日に開催されるため、当初は観に行けないかと思っていましたが、雨(と雪)で順延になったおかげで観に行くことが出来ました。

IMG_3805.jpg


去年は18位でしたが、練習では一度学年で2位になったことがあるということで、今年は少し期待しながら観ました。
ツレと「10位以内に入ったらお小遣いをもらえる」という約束をしていたからか、2位にはなれませんでしたが、7位でした。

相変わらず走り方は少し変なのですが、最近のサッカー教室の練習をみている様子から、少し走れるようになってきたと感じていたので、本当に走れるようになってきたようです。
走れるというのは、どのスポーツでも基本になるので、走れない(持久走が苦手な)父としては少し嬉しい結果でした。
2015.02.25 Wed l 本日の子どもたち l top
この映画もBS(NHK)でやっていたので観ました。


機関車先生 [DVD]


名前だけは聞いたことがありましたが、原作は伊集院静さんの小説です。


機関車先生 (講談社文庫)


あるきっかけ(ケガ)で喋ることのできなくなった小学校教員が、母の故郷である離島の小学校に赴任するというものです。
離島と言っても、「普通」(と書いて良いのだろうか…)学校なので、「喋ることのできない先生」というものは受け入れられがたく、特に保護者の反発を買ってしまう、という様子が描かれています。

子どもたちは「喋れない」ということを特に気にしていない様子で、だからこそ、反発している保護者との対比が際立つものになっています。
実際に日々直接関わる児童たちは特にそれほど「喋れない」ということに問題を感じていないのに、普段そこまで関わることのない「子どものことを考える保護者たち」が「喋れない」ということを問題視する。
まぁ、これは「喋れない」ということ以外にも何でも当てはまるものだと思います。

性別、年齢、容姿、学歴…。

上に挙げたものを直接言ったらさすがに「差別」だと判断されるでしょうが、自分の親の世代ではそういうことを平然という人たちはいましたし、今でも直接言わなければ逆に良いかのように、陰で言う人もいます。

さて、映画自体は、起伏もなく、児童との交流もそこまで丁寧に描かれておらず、結局のところ、機関車先生がどういうことを考えながら過ごしていたのかがよく分かりませんでした。
お別れの時に、黒板に残したメッセージだけしか、考えていたことが伝わってこないので、「何故児童たちは受け入れたのか」ということが分からず残念でした。

でも、終始無言を貫く坂口憲二さんの演技は、上手だなぁ、と思いました。

勝手に五段階評価(基本的に甘いです)
★★★☆☆

2015年に観た映画ランキング
1 「ザ・マジックアワー」 / 2 「あなたを抱きしめる日まで」 / 3 「テルマエ・ロマエⅡ」 / 4 「恋人はセックス依存症」 / 5 「地獄でなぜ悪い」 / 6 「鈴木先生」 / 7 「ミニミニ大作戦」 / 8 「エヴァの告白」 / 9 「機関車先生」 / 10 「なくもんか」 / 11 「ノア 約束の舟」
2015.02.24 Tue l 2015年 l top
先日、プロブロガーのイケダハヤトさんの記事でこんなものを見つけました。

プロブロガー流!スマホで写真を撮るテクニックを教えます

この記事の中で紹介されていたのが、Wi-Fi付きSDカードというもの。
ブログに綺麗な写真を載せようという意図はあまりないのですが、普段使っているデジカメで撮ったものをスマホに移すのは結構面倒なのは確かです。
僕の用途としては、待ち受け画面にしたりするくらいなのですが、子どもたちの写真を母やツレ母に欲しいと言われることもしばしば。

今のデジカメにはWi-Fi機能が付いているものも珍しくありませんが、僕が普段使っているものには残念ながら付いていません。
なので、僕は今まで、①デジカメで撮ったデータを、②パソコンに移し、③スマホに送る、という手順を取っていました。
それが手元にパソコンがなくてもその場で①デジカメで撮ったデータを、②スマホに送る、ということが出来るなら、それは便利そうだ、ということで、ちょっと調べてみました。

イケダハヤトさんは違う商品を紹介していましたが、僕はレビューの結果から、こちらの方が良いかな、と判断しました↓


東芝 TOSHIBA 無線LAN搭載 FlashAir Wi-Fi SDHCカード Class10 日本製 並行輸入品 (32GB)


で、たまたま大手カメラ専門店ある街に行ったので拝見してきました。
実際に使用しているところなどは見られませんでしたが、値段はネットの方が断然安かったので注文してみました。
ちなみに、僕が普段使っているデジカメはこれです↓


SONY デジタルカメラ Cyber-shot RX100 2020万画素CMOS 光学3.6倍 ブラック DSC-RX100


後継が2つも出ているのですが(しかも後継機は2台ともWi-Fi付き)、未だにこの機種も売っていました。
根強い人気があるようですが、僕も後継機よりもこちらの方が良いなと再確認出来たのは良かったです。

さて、普段使っているデジカメは後継機よりも良いものだと再確認出来た所で、後継機との違いでもあるWi-Fiが出来ると良いな、ということでSDカードを買ってみたら、すごく簡単でした。
写真での説明が難しいので、省きますが、東芝製ということもあり、アプリも出ていて、アプリからスマホに保存したい写真を簡単にダウンロード出来ました。

レビューで「難点」としてあげられていたバッテリーの消費が早い、という点についても、沢山の枚数をスマホに取り込むということがないからか、今のところ全く気にならない感じです。

元々は、今度旅行に行くので、思い切り写真を撮ってこられるように、容量の大きいSDカードを買おうかな、と思っていた所だったので、とても良いタイミングでした。
2015.02.23 Mon l 便利育児グッズ l top
BSでやっていたので観た映画です。
でも、NHKではなくて、民放だったので、かなりカットされていました。
観た映画と言って良いのかどうか…。


なくもんか [DVD]


宮藤官九郎さんの作品が結構好きなので(たとえば「タイガー&ドラゴン」とか)見たのですが、この作品は最初に書いたようにカットされているからか、あまり楽しめませんでした。
楽しめなかった理由としては、「不幸なきょうだいの家族愛」という話だからかも知れません。
「つらい境遇にあったきょうだいが、最初は仲が悪かったけれど、最後には仲良くなる」というテンプレ通りの展開というか。。。
物語のテンポも宮藤作品にしてはあまり良くない感じでした。

あと、この映画を見ていて感じたのが、(すごく失礼なことを書きますが)竹内結子さんの演技がどの作品でも同じように見えてダメなんだな、ということです。
この作品は2009年なので、今は違うような演技をしているのかも知れませんが、竹内さんを最初にちゃんと見た「ランチの女王」からあんまり変わっていないように思いました。

その点、主演の阿部サダヲさんもこの前の主演作になる「舞妓Haaaan!!!」で同じようなテンションで出て来ますが、「同じだなぁ」と感じないので、どの辺が「同じだなぁ」と感じるのか、ちゃんと説明できないので申し訳ないです。
舞台作品を見に行くことがないので分かりませんが、舞台で場数を踏んでいるかということなのでしょうか。

勝手に五段階評価(基本的に甘いです)
★★★☆☆

2015年に観た映画ランキング
1 「ザ・マジックアワー」
2 「あなたを抱きしめる日まで」
3 「テルマエ・ロマエⅡ」
4 「恋人はセックス依存症」
5 「地獄でなぜ悪い」
6 「鈴木先生」
7 「ミニミニ大作戦」
8 「エヴァの告白」
9 「なくもんか」
10 「ノア 約束の舟」
2015.02.22 Sun l 2015年 l top
先日、小学校入学を控える次男S(5歳)の保護者対象の入学説明会がありました。
長男T(8歳)と同じ学校ですし、長男の時も行ったので、特に目新しい事は無かったのですが、ちょっと気になった点がいくつかありました。

IMG_4479.jpg


出席者40人強で男性は1人

長男の時は出席者の保護者の中で、男性が何人かいたのですが、今回は僕だけでした。
まぁ、「僕以外母親しかいない保護者会」というのは今までも何回も経験したことはあります。
しかし、長男の時には何人かいたのと、SやムスメM(3歳)が通う保育園の保護者会でも数人は父親が来ることに慣れていたので、少し驚いてしまいました。

「父親は仕事なんだろ」という声が聞こえて来そうですが、当たり前ですが、仕事をしている母親もいます。
母親は仕事を抜けたり、休んだりして来るのに、父親はなぜそうしないのでしょうか。

教師たちの保護者への呼びかけが基本的に「お母さん」

さて、出席していた保護者が僕以外みんな女性ということがあるからか、教師たちが保護者に向かっていう呼びかけが基本的に「お母さん」でした。
「是非、お母さんたちも~」とか、「お母さんたちは~」とか。

長男が学校でケガをした時に僕が対応したからか、養護の先生は「お母さんも、あっ、そしてお父さんも~」と僕の方をにこっと笑顔で話していましたが、それ以外は基本的に「お母さん」という呼びかけでした。

前にもこのことについては書いたことがあります(「パパが保護者会に来ない理由」)。
そのときはある人が「ぐちぐち言ってんじゃねーよ!」と1人炎上して、僕も精神的に少しやられてしまったという苦い経験があります。

が、やっぱり、「お母さん」を前提に話すのはどうかな、と思います。

それは僕が「父親」である、ということもありますが、出席者の中には「祖母」と思われる人もいました。
それに、もしかしたら、「お母さん」ではない「女性」がいたかも知れません。
「子どもの保護者=お母さん」というのは、さて、呼び方として相応しいのでしょうか?

「お母さん」に代わる呼びかけ方

じゃあ、どういう言い方なら保護者に向けて相応しいか。
パッと思いつくだけでも、「保護者の方々」、「親御さん」、「おうちの人」などがあると思います。

さっき、「お母さんではない女性もいるかも知れない」と書きましたが、そういう場合もあるので、「保護者の方々」、あるいはその言い方が硬いと思うならば「おうちの人」が良いのではないかと思います。

身近な所でも、シングルファーザーは何人かいますし、その人たちがこういう保護者向けの会に誰が出席しているのか分かりませんが、父親、あるいは子どもにとっての祖父母だと思います。
そういう家庭も決して珍しくない中、そういう家庭をも含む呼び方がされるようにしてほしいな、と思います。

保育士より教師の方が「子育ては母親」という認識が強い

学校では何でこんな呼び方が相変わらずされているのかな?と考えてみると、保育園にいる保育士さんより、学校の教師の方が「子育ては母親」という認識が強い(根深い)からだと思います。

保育園では、基本的に「両親が働いていたりしてる家庭」なので、送り迎えや保護者会などで日常的に「父親」やあるいは「祖父母」など「おうちの人」がいます。

しかし、学校では保護者が来るのは基本的に「行事」か「保護者会」になり、保護者会では殆どが「母親」のことを考えると、父親は「行事」などの非日常でしか接することはありません。

この日常的に「おうちの人」と接しているか、ということが保育士と教師との「子育てを誰がしているか」ということへの認識の違いになっていると思います。

最初は、「保育士さんたちは自分も子どもを産んでも共働きだからかな?」と思っていました、教師だって「子どもを産んで共働き」という女性もいます。
なのに、その女性教員たちが何の躊躇もなく「お母さん」と呼びかけているのを見て、「教師本人の家庭が共働きかどうかは関係がないのかもしれない」と思うようになりました。
むしろ、本人の家庭の状況ではなく、「日常的に接している他の家庭」によって変わってくるのかな、と。

2年弱前に書いて1人の人が炎上していた記事にも書きましたが、「お母さん」と言う1つのカテゴリーだけの人に向けて呼びかけると、それ以外の人は疎外感を感じてしまって、更に足が遠のき、ますます1つのカテゴリー(母親)の人しか来なくなってしまう、という循環を起こしてしまっているように思います。
2015.02.21 Sat l 日々雑感 l top
先日、町内会のお餅つきがありました。
お餅が大好きな我が家の子どもたち。
大好きすぎて何度食べても食べたがるので(まぁ、つきたてのお餅は美味しいですよね)、毎年参加させてもらっています。
(ちなみに3年前の様子→お餅つき

去年、一昨年は子どもたちが所属しているボーイスカウトのお手伝いもあったので、ボーイスカウトに参加しながらお餅を食べていたのですが、今年は「人手が足りているのでボーイスカウトでは参加しません」とのことでした。
長男T(8歳)が同級生たちと会う約束をしていたこともあり、ボーイスカウトはお休みしました。
(Tは14日に作ったチョコ菓子を友だちに渡したかったのもあります。)

IMG_4476.jpg


お餅大好きTは今回は友だちを探してそわそわしていたのか、それともあまりお腹が空いていなかったのかあまり食べず、次男S(5歳)とムスメM(3歳)がひたすら食べていました。
SとMはお餅と一緒に振る舞われる豚汁が好きで、Sは豚汁を3杯(4杯?)も食べていました。
僕も豚汁が好きなので、ここの豚汁は何度も食べてしまうおいしさです。

町内会(のリサイクル部)の催しということもあり、保育園や小学校の友だちにも会えて、お腹もいっぱいになって、子どもたちは満足そうでした。
2015.02.20 Fri l 本日の子どもたち l top
TSUTAYAディスカスで借りて観た映画です。


エヴァの告白 [DVD]


この映画、2013年のカンヌ国際映画祭でパルム・ドールを争ったということで興味が沸いて借りました。
内容は、第一次世界大戦後にポーランドからアメリカに姉妹で渡ってきた女性の話です。
親戚を頼ってアメリカに来たにもかかわらず、妹は結核の疑いで隔離病棟に入れられ、主人公のエヴァも強制送還させられそうになります。
それを、その容姿から助けの手が差し伸べられ、なんとか強制送還からは免れるものの、アメリカに残るために売春させられる、というものです。

「エヴァの告白」というタイトルになっている「告白」は、エヴァがカトリックの信者なので、神父にアメリカに来るときに舟の中で起きた出来事、そしてアメリカに来てからの売春を告解しているところから来ているようです。
(原題は「THE IMMIGRANT」=移民・移住者)

この映画に関するレビューを見てみると、「エヴァに共感出来なかった」という声がちらほら見受けられました。
僕も共感もできなかったのですが、何故共感できなかったかと言えば、主人公のエヴァが「美しい」ということを前提にしているからです。
エヴァがこのような綺麗な女性じゃなかったらそもそもこの映画は成り立たないように思います。

「普通の人」が演じていて、さらに内容も「普通の人」でもあり得るものだったら、共感できたり、物語に入り込むことができたのでしょうが、「綺麗な女性」だからこそ起きたこと、とどうしても思ってしまうので、残念ながら映画祭での評価ほどには自分は評価できませんでした。

勝手に五段階評価(基本的に甘いです)
★★★☆☆

2015年に観た映画ランキング
1 「ザ・マジックアワー」
2 「あなたを抱きしめる日まで」
3 「テルマエ・ロマエⅡ」
4 「恋人はセックス依存症」
5 「地獄でなぜ悪い」
6 「鈴木先生」
7 「ミニミニ大作戦」
8 「エヴァの告白」
9 「ノア 約束の舟」
2015.02.19 Thu l 2015年 l top