今回もツレがツタヤ実店舗で借りてきたDVDです。
この映画は僕自身も観たいと思っていた映画でした。


帰ってきたヒトラー(字幕版)


「帰ってきたヒトラー」というタイトルで何となく想像が出来るかと思いますが、内容は、自殺直前の1945年から2014年のドイツに突然現れるというもの。
ヒトラー自身も突然の状況に戸惑い路頭に迷うものの、周囲の人たちはヒトラーそっくりを演じている者として受け入れます。
このヒトラーを演じている者の存在を知り、職を失ったばかりのテレビ番組制作会社のツヴァツキがヒトラーを撮影し始めます。
ヒトラーはドイツ各地を回り、人々にインタビューし、人々の考え方を知る。
それと共に、ツヴァツキはその様子を撮影し、ネットにアップし人気を得、テレビ番組制作会社に復帰します。
テレビでもヒトラーの人気ぶりからヒトラーを出演させるようになり、人気を博していくが…。

この映画のおもしろさは、そもそもタブーであるはずのヒトラーそっくりの人物が目の前にいる、ということです。
どこまでがフィクションなのか演出なのか分からないのですが(それがおもしろさになっています)、ヒトラーそっくりの格好でドイツ各地を回り人々に話を聞く時には、そのタブーさゆえに罵倒してくる人も撮影されています。

また、ヒトラーを単に「悪者」としていないところも、面白いところです。
ドイツ故に、ヒトラーへの評価は既に決まったものでしょうし、もし肯定的に評価するとしたら、反発を招くことでしょう。
でも、この映画では、ヒトラーがTVやネットでする演説に「彼は正しいことを言っている」と評価されます。

ヒトラーが人々の人気を得ていたということは事実ですし、人気や支持を得ていたということはやはり評価されるべき点があったということでしょう。
70年近く経ち、ようやくその点にドイツ自身が考えることが出来るようになってきた、という時代の変化も感じられました。

単にコメディー映画で終わっているわけではないという点が、とても良かったと思います。
それというのも、鑑賞後調べてみたら、原作は風刺小説だということです。
小説で人気が出たので、映画化したとのことで、小説自体が良く出来ていたのでしょうし、またその小説が人々に受け入れられたことで、この映画も受け入れられたのだと思うと、よく理解出来ました。

勝手に五段階評価(基本的に甘いです)
★★★★☆

2017年に観た映画ランキング

1 「さとにきたらええやん」 / 2 「この世界の片隅に」 / 3 「シチズンフォー スノーデンの暴露」 / 4 「帰ってきたヒトラー」 / 5 「her/世界でひとつの彼女」 / 6 「 愛しき人生のつくりかた」 / 7 「花様年華」 / 8 「EDEN/エデン」 / 9 「17歳」 / 10 「愛とセックス」(Sleeping With Other People)

11 「あと1センチの恋」 / 12 「ロング・トレイル!」 / 13 「惑星のかけら」 / 14 「麦子さんと」 / 15 「BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント」


スポンサーサイト
2017.02.01 Wed l 2017年 l top