先日、子どもたちが所属するボーイスカウトの活動で、地元にある七福神を巡ってみました。
地元にこんなものがあることを参加するまで知らなかったのですが、割と有名なのか、「小石川七福神」と検索するといくつか出て来ました。

小石川 七福神めぐり(文京区ナビ)
小石川七福神めぐり(御朱印収集人)
小石川七福神巡拝の案内(私の七福神めぐり)

ちなみに主催(?)の小石川七福神会のHPは調べてみましたが、見つけられませんでした。
パンフレットは1枚100円で販売されていて、案内図とスタンプを押す欄が載っています。
今回はリーダーのみパンフレットを買い、そこに載っている案内図を元に巡りました(なのでパンフレットの写真なし)。
また、地図だけ欲しい場合は、東京メトロの茗荷谷駅に置いてあります(無料)。

ということで、茗荷谷駅から歩いてみました。
僕らが歩いてみた順番に紹介していきます。
基本的に像のある寺院などにスタンプがあり、押せる様になっています。

DSC08591.jpg

茗荷谷駅から坂を下っていくとすぐの深光寺には恵比寿さん。


DSC08596.jpg

丸ノ内線をくぐって、春日通り沿いにある徳雲寺には男弁天。
なのですが、男弁天が安置されているところは閉まっていたので、如来像を撮ってみました。


次に小石川パークタワー内の極楽水にある女弁天に向かったのですが、こちらも閉まっていて見られませんでした。
女弁天がある(と思われる)場所は見つけられたものの、スタンプはなく見つからなかったので次へ向かいました。

DSC08597.jpg

極楽水がある小石川パークタワーのすぐ近くにある宗慶寺には寿老人。
ここにさっき見つけられなかった女弁天のスタンプも置いてありました。


DSC08602.jpg

筑波大学附属竹早の裏手を歩いていくとある真珠院には布袋尊。


DSC08600.jpg

この真珠院には七福神の像もありました。


DSC08604.jpg

傳通院のすぐ目の前にある福聚院&福聚幼稚園には大黒天。
いわれは分からないのですが、となりに安置されていた地蔵と共に唐辛子が置いてありました。


DSC08607.jpg

一般的にはこんにゃく閻魔ということで知られている源覚寺には毘沙門天。
こんにゃく閻魔自体も見に行ったことがなかったので(目の前を通過したことは幾度もありましたが)、良い機会でした。
ちなみに、毘沙門天、こんにゃく閻魔以外にも、塩掛け地蔵というのもあり興味深かったです。


DSC08609.jpg

そして最後は、東京ドームシティ内の福禄寿。
こちらもスタンプは少し離れた総合案内所に置いてありました。
福禄寿のスタンプだけでなく、御朱印のスタンプ(初めて見ました)も置いてありました。


子どもたちは七福神の像よりも、スタンプに夢中で七福神がどこに安置されていたのか分かっていたかどうか心許ないですが、子どもたちとも楽しめる休日のレジャーには良いかもしれませんね。
スポンサーサイト
2017.02.06 Mon l お出かけ l top