上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
先日書いたように(「糖質制限はじめました」)、糖質制限をしています。
糖質制限を始めてから2、3週間経ち、自分自身のバランス、リズムが出来てきました。

ここまでで感じた効果とちょっと困っていることについて書いてみたいと思います。
ちなみに、僕のスタイルですが、糖質「制限」はしていますが、全く断っている訳ではありません。

具体的な食事内容としては、以下のような感じになっています。
朝食:オールブランのシリアル、サラダ、ヨーグルト
昼食:糖質制限をあまり気にせず、主食(米、小麦類)も食べる
夕食:主食は食べないが、お酒(糖質オフのもの)は飲む
その他間食:甘いもの、糖質類は食べず、食べるとしたらするめいかなど

ちなみに、穀物以外には芋類も糖質が多いので、芋類も殆ど食べていません。
甘いものでも糖質が少ないものもあり、気になる時はこの本でチェックしています↓


増補新版 食品別糖質量ハンドブック


効果

1.花粉症の症状が軽減

糖質制限を始めたタイミングが丁度花粉の飛び始めの時期でした。
今年は去年の4倍と言われていて、いつ目のかゆみやくしゃみ、鼻水がひどくなるか戦々恐々としていたのですが、殆ど症状が出ません。
最初は、まだ花粉が飛んでいないのかな?と思っていたのですが、テレビでも花粉が多いと言っていても殆ど症状が出ません。
去年までは、お酒を飲んでいると明らかに花粉症の症状が悪化し、夕食時のお酒を制限したりしていました。
でも、今年はお酒は毎晩飲んでいるのに殆ど花粉症の症状が出ていません。
まぁ、少しは目のかゆみなどを感じることはあるのですが、薬も殆ど使わずに済んでいます。
なによりも、山登りをしているときに、杉に囲まれていても殆ど花粉症の症状が出ないので、マスクをすることもなく山登りに集中でき、とても嬉しいです。

2.体重減

適正体重内ではあるものの糖質制限をする前の体重は約61kgでした。
30歳を過ぎた頃から増えた体重が減らなくなりました。
僕は大学生のころから、1年間の変動が3kgくらいあるものの、57~60kgで推移していました。
それが、高校3年生以来の61kgが1年以上続き、山登りをしても減ることはありませんでした。
先日体重を測ってみたところ、数年間減らなかった体重があっという間に減っていました。

3.不眠症の症状が軽減(睡眠の質が改善)

これは糖質制限をはじめたということを書いた時にも書きましたが、不眠症の症状が改善しました。
30歳近くまで毎日8時間は寝ていたのですが、あるときからそれが5~6時間くらいしか眠れなくなってしまいました。
なので、慢性的に眠く、眠気から精神的にも肉体的も余裕がなくなっていました。
それをどうにか改善しようと、運動したり、睡眠を計測したり、睡眠導入剤を飲んだりしたのですが、どれもうまくいきませんでした。
それが、糖質制限を始めてから、睡眠時間には変化がないものの、あまり眠くならなくなりました。
「よく寝たー!」というような爽快感は全くありませんが、日中つらくなったり、つらすぎて昼寝しないといけないとか、電車で寝てしまうというようなことがなくなりました。
まぁ、それでもたまにうまく眠れなくてつらいときはありますが、以前のように慢性的につらくなることはなくなりました。


20170312.jpg



困っていること

1.甘さに敏感になる

特に朝食べているオールブランのシリアルのことなのですが、「甘くて気持ちが悪くなる」ことがあります。
砂糖が付いていないオールブランを食べられれば良いのですが、我が家の近くで市販されているものはどれも砂糖がついています。
それでも仕方なく、食パンよりも糖質は少ないので食べているのですが、食べていると砂糖で気持ちが悪くなってきます。
最初はシリアルだけの事だったのですが、他の例えばお菓子でも甘いものはその「甘さ」に気持ちが悪くなってきました。

2.(最初)空腹を感じる

これは糖質制限を始めた最初の頃が顕著なのですが、とにかく空腹を感じました。
身体が糖質制限の状態に慣れてくると段々空腹を感じなくなってくるというか、強い空腹を感じなかったり、少し食べてもういいや、という状態になるのですが、最初はものすごくお腹が空きました。
やはり米や小麦類っていうのは本当に腹持ちが良いんだな、と感じました。
でも、とりあえず空腹を感じながらも、(それでも糖質は高めですが)果物を食べたりしてやり過ごしていると、段々と空腹感が弱くなってきました。
特に夕食は空腹をかなり空腹を感じていたはずなのに、ちょっと食べただけでもういいや、という感じになりました。

ということで、2~3週間続いていますが、特に花粉症の症状が緩和しているのが顕著に実感できるので、今後も続けていくつもりです。
スポンサーサイト
2017.03.14 Tue l 体調管理 l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。