子どもたちがまだ春休みだったら4月上旬、ムスコたちに続いて、ツレ&ムスメもツレ両親宅に行くというので、急遽山登りに行くことにしました。

一応、こういうときの為に事前に簡単に調べておいて、地図もストックしてある山があり、今回はその中から、西武鉄道西武秩父線芦ヶ久保駅から往復する丸山へと行って来ました。

今回使った地図は、西武鉄道のサイトに載っているものを印刷して持って行きました↓

丸山0001


西武鉄道で行く ハイキングコース24選 秩父丸山(西武鉄道)

ということで、地元駅から池袋駅に向かい、西武池袋線に乗り換え飯能駅へ。
そこから、西武秩父線に乗り換え、芦ヶ久保駅へ向かいました。
(ちなみに、曜日・時間によっては、池袋駅から芦ヶ久保駅まで乗り換えなしで行ける電車もあります。)

DSC08817.jpg


芦ヶ久保駅には初めて降り立ちましたが、殆ど人はいませんでした。
ここからてくてく登っていきます。

DSC08820.jpg


所々標識が立っていたのですが、色んなルートがあるようで、「←丸山」というような標識がいくつもあるので、逆にどれで行けば良いのかよく分からなくなったりしました。
でも、とりあえず、この場所で人がいたので、ここから山道へ。

DSC08822.jpg


後ろ(駅側)を見ると武甲山が。
初めてちゃんと見ましたが、雪が降った影響で、角刈り頭のような格好がくっきり。

DSC08824.jpg


武甲山は雪が積もっているのがはっきり見えていて、丸山にしといて良かった、とか思っていたら、標高が高くなるにつれてこちらの山道にも雪が出始めました。

DSC08826.jpg


どうやら前日まで標高が高かったところは雪が結構降ったようで、それがたくさん残っていました。
↑動物の足あともくっきり。

DSC08827.jpg


この日だけでなく、もう基本的に気温は高かったので、日差しがあるところは雪は溶けていて、日陰になっているところが雪が残るという感じ。

DSC08828.jpg


登り始めが雪の気配すら全くなかったのと、気温も高く、日差しもあったので、雪で引き返すことなど考えてもいなかったのですが、標高が高くなるにつれどんどん雪深くなっていったので、少し不安になってきました。
しかも、雪質はべちょべちょで、それがどんどん溶けていくので、足を取られやすくなっていました。

DSC08830.jpg


この場所は20~30cm積もっているような…。

DSC08833.jpg


足下の雪だけでなく、木の上に積もった雪も日差しと気温でどんどん溶けていき、それがばっさばっさ地上に落ちてくるので、たまに歩いていると雪が頭上から落ちてきました。
肩やリュックに当たるのなら良いのですが、それが頭直撃だと結構痛いというか重かったです。

DSC08834.jpg


山頂近くの県民の森にある展示館。

DSC08836.jpg


中に人はおらず、電気も付いていなかったので、展示を見てもらおうという感じはしませんでしたが、とりあえず入れるようにはなっていました。
この展示館の目の前に休憩スペースがあったので、そこで昼食を取りました。

DSC08842.jpg


昼食を取ってから丸山の山頂へ向かいましたが、どんどん雪が溶けていっている影響で、道がかなりのべちょべちょに。
軽アイゼンも持ってきていなかったので、とにかく転ばないように、足下を取られないことを意識して歩きました。

DSC08848.jpg


展示館からちょっとで丸山山頂(960m)に到着。

DSC08847.jpg


当然雪だらけでしたが、展望台がありました。

DSC08845.jpg


展望台から武甲山方面の眺め。

DSC08849.jpg


山頂からの下りは見ての通りの悪路でした。
これまでも雪が溶けてべちょべちょでしたが、時間とともにそれが余計に悪化。
転んだりしなかったので、良かったですが、せめてトレッキングポールは持っていけば良かったです…。

DSC08855.jpg


標高が低くなると、雪が積もっていることなど忘れるくらい、雪の存在を感じさせない風景でした。

DSC08856.jpg


山には大抵、お地蔵様や観音様がまつられているので、僕は毎回手を合わせ、行きは山での無事を帰りは山に立ち入らせてもらったことへの感謝を伝えています。

DSC08857.jpg


なんだか顔みたいな岩だったので思わず撮影。
犬みたいにも見えるし、モアイ像的な顔にも見えるような。

DSC08858.jpg


帰りはパッと林を抜けました。
この辺で鼻水が結構出て来たのですが、杉林だったからでしょうか。
このまま舗装道を通って再度芦ヶ久保駅に向かいます。

DSC08859.jpg


芦ヶ久保駅のすぐ近くには、道の駅あしがくぼがあり、電車の時間まで少しそこに立ち寄りました。
野菜や日本酒などがありましたが、一番豊富だったのは、こんにゃく。
僕は3種類のこんにゃくがセットになっているものをお土産に買ってみました(こんにゃくは持ち帰るのが結構重いですが…。)

ということで、今回の丸山への山登り。
計測はこんな感じでした↓

IMG_7642.jpg


持っていった地図と最初の方で違うルートになっているのは、「←丸山」という標識がたくさんあって、どのルートなのかよく分からなかったからです。
まぁ、でも登っていくとルートが限られていくので山頂にたどり着かないということはないのですが。

IMG_7643.jpg


標高差も約770mと割とあったのですが、今回何よりきつかったのは、雪解けによる山道のぬかるみでした。
4月だし、標高も1000m弱だし、と雪の心配はまるでしていなかったので、季節の変わり目への対策も今後しっかり取っていかないといけないな、と思いました。
スポンサーサイト
2017.04.24 Mon l 埼玉県の山 l top
先日、ちょっとした用事があり、ムスコたちが通う小学校に次男を迎えに行きました。

20170422.jpg


ムスコたちが通う小学校の玄関脇には保健室があり、次男のクラスはその時間たまたま校庭での観察学習だったようで、養護の先生も近くに出て来ていました。

次男がクラスに戻り、ランドセルを取りに行っている間、養護の先生と少しお話しました。

その先生は、公立小学校なのですが、この小学校での勤務が10年以上になっていて、昨年度末で定年退職だったのですが、今年度も再任用ということで勤務されている方です。

継続して勤務しているということで、長男は5年目、次男は3年目にはなるものの、話していると本当によく観て下さっているな、と話の端々に感じられました。

僕自身のちょっと長かった学生生活などの経験から、こういう、直接関わる機会はそこまで多くないけれどちゃんと観てくれている人、というのは、学校生活を送る上でとても重要だと感じています。

今年度から再任用ですし、来年度もいらっしゃるかどうかは分かりませんが、とりあえず今年はこの養護の先生もいらっしゃることだし、ムスコたちの小学校生活も安心できそうだな、と感じました。
2017.04.23 Sun l 日々雑感 l top
ツレがリクエストして、TSUTAYAディスカスから送られてきた映画です。

*結構長い文章を書いたのですが、最近インターネットの接続が悪く、書いたものがそのまま下書きもされずに飛んでしまったので、軽く書きます…。


ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期 (字幕版)


ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期(公式サイト)

作品データ(映画.com)
原題 Bridget Jones's Baby
製作年 2016年
製作国 イギリス
上映時間 123分

ストーリー(公式サイトより)
ブリジットは43歳に。なぜか未だ独身。彼女が愛した2人の男はといえば、なんとダニエルは飛行機事故で亡くなり、マークは別の女性と結婚してしまっていた。しかし、いまやテレビ局の敏腕プロデューサーとなったブリジットに再びドラマチックな出会い(モテ期!)が訪れる。ハンサムでリッチ、性格もナイスなIT企業の社長、ジャック(パトリック・デンプシー)だ。いつもの天然っぷりから彼と急接近する一方で、マークとも再会を果たすブリジット。マークは妻と離婚の協議に入っているという。またしても2人の間で揺れることになるブリジット。40代女性としてさらにタイヘンな局面を迎え、一体どうなる!?

感想
前作前々作も観たはずなのですが、前作から10年以上も経っているので、どんな話だったのかかなり忘れてしまっていました。

それでも、前作や前々作をしらなくてもコメディータッチなので楽しめる内容になっていたと思います。

内容を簡潔に書くと「43歳のパートナーもおらず、妊娠&出産のタイムリミットも迫ってきた中、適当な相手とセックスをし、父親が分からないけれど妊娠し&出産し、最終的にはパートナーも子どもにも恵まれてハッピー」という話です。

多分、同じような境遇(例えば恋人やパートナーがいなかったり、妊娠出来る年齢のタイムリミットを迎えている)人は楽しく観ることが出来るのかな、と思います。
イギリスでの話とはいえ日本でも同じような人たちがたくさんいるようですし、「40歳過ぎててもセックスを楽んで、(ちょっと予想外だったけど)妊娠&出産で子どもも授かり、パートナーも出来てハッピー」という内容は、それらの人たちにすごく希望を持たせると思います。

作品中では、43歳である意味恋愛市場からかなりはじかれる存在であるはずなのに、(ブリジットの半分くらいの年齢の若者が多く集まる)野外フェスで「いい男」とすぐにセックス出来るようになり、離婚理由には一切触れずに元彼とセックスするようになり、そして、すぐに妊娠。
高齢出産なのにそれにまつわる不安や現実的な課題には一切触れられずに、何のアクシデントもなく(ちょっと出産が早まっただけ)無事に出産。
そして、何故か(恋愛市場では売れ残りのはずなのに)、2人の男性(しかもこの2人は恋愛市場では、お金も地位もあり、年齢の割に容姿が良いので売れ筋のはず)に求愛される。

夢を見るには良い作品なのだと思います。
でも、この映画の中のブリジットのような展開が今後訪れる人はどのくらいいるのでしょうか。

ブリジットと同僚で友人のミランダと野外フェスに行った際、そこでエド・シーランと出会います。
2人はエド・シーランのことを知らずに「スタバの店員みたい」と言い、その場のシーンが笑える場面になっています。

この映画を観るときに楽しめるかどうかは、この場面でエド・シーランを知っているか、エド・シーランを知っているからこそ笑えるかどうかという点で大きな差が出てくると思います。
ブリジットのようにエド・シーランという人を知らない人にとっては、この映画は楽しめる様になっていて、エド・シーランを知っているからこそこの場面で最初から笑うことが出来る人にとっては、多分あまり楽しめないと思います。

なぜなら、そこに明らかな年代の差があるから。
前作や前々作でも僕とブリジットの年齢差は変わらないはずなのに、今回の作品は全体として笑えない(楽しめない)。
それは、僕よりも10歳上の40代の女性が、20代のように出会いを求めて野外フェスに行き、実際にセックスし、予想外の妊娠をし、殆ど何の心配もなく出産し、結婚もする、という、容姿や社会的立場と行動とのギャップが、「痛い」あるいは気持ち悪く感じてしまうからです。

40代がセックスを求めても、予想外の妊娠をしても、出産をしても、結婚をしても良いですし、僕がこういうことを感じる事自体、僕がいかに保守的なのかを痛感するのですが、それでもやっぱりちょっとブリジットの行動はあり得ないでしょう、と。

この作品を夢や希望と感じるか、現実的ではないと感じるかによって、評価がかなり分かれる作品だな、と思います。

勝手に五段階評価(基本的に甘いです)
★★★★☆

2017年に観た映画ランキング

1 「わたしは、ダニエル・ブレイク」 / 2 「さとにきたらええやん」 / 3 「この世界の片隅に」 / 4 「ムーンライト」 / 5 「あまくない砂糖の話」 / 6 「ドラッグ・ウォー / 毒戦」 / 7 「シチズンフォー スノーデンの暴露」 / 8 「帰ってきたヒトラー」 / 9 「SING/シング」(日本語吹替版) / 10 「奇跡の教室」

11 「ベティ・ブルー」 / 12 「ミッドナイト・イン・パリ」 / 13 「神様の思し召し」 / 14 「her/世界でひとつの彼女」 / 15 「マグノリア」 / 16 「プリズナーズ」 / 17 「if i stay」 / 18 「ハドソン川の奇跡」 / 19 「ニュースの真相」 / 20 「ラ・ラ・ランド」

21 「しあわせのかおり」 / 22 「REDリターンズ」 / 23 「 愛しき人生のつくりかた」 / 24 「ディーパンの闘い」 / 25 「プリデスティネーション」 / 26 「花様年華」 / 27 「EDEN/エデン」 / 28 「17歳」 / 29 「愛とセックス」(Sleeping With Other People) / 30 「後妻業の女」

31 「ロゼッタ」 / 32 「ニュースの真相」 / 33 「あと1センチの恋」 / 34 「海難1890」 / 35 「ホテルコパン」 / 36 「聖の青春」 / 37 「ロング・トレイル!」 / 38 「ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期」 / 39 「ワールド・ウォーZ」 / 40 「惑星のかけら」

41 「麦子さんと」 / 42 「超高速!参勤交代 リターンズ」 / 43 「カケラ」 / 44 「スプリング・ブレイカーズ」 / 45 「BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント」

2017.04.22 Sat l 2017年 l top
(多分)ツレがリクエストし、TSUTAYAディスカスで送られてきた映画です。


ニュースの真相 [DVD]


ニュースの真相(公式サイト)

作品データ(映画.comより)
原題 Truth
製作年 2015年
製作国 オーストラリア・アメリカ合作
上映時間 125分
映倫区分 G

ストーリー(公式サイトより)
ジョージ・W・ブッシュ米大統領が再選を目指していた04年。
アメリカ・CBSニュースのベテランプロデューサー、メアリー・メイプス(ケイト・ブランシェット)は、伝説的ジャーナリスト、ダン・ラザー(ロバート・レッドフォード)がアンカーマンを務める番組で、ブッシュの軍歴詐称疑惑を裏付けるスクープを放送し、センセーションを巻き起こした。
だが、「新証拠」を保守派のブロガーが「偽造」と断じたことから、CBSは激しい非難を浴びる。同業他社の批判報道もとどまるところを知らず、ついに上層部は事態の収束を図り、内部調査委員会の設置を決定。そのメンバーにはブッシュに近い有力者も含まれている。肝心の軍歴問題は取材打ち切りとなり、もはや疑惑は存在しないも同然だった。
メアリー、ダン、そして取材チームは会社から切り捨てられるのか? 出来レースのような委員会との闘いを前に、メアリーは勇気を奮い起こす。圧力に屈することなく、真実を伝えることを使命とするジャーナリストとしての矜持と信念を示すために―。

感想
実話を元にしているようですが、この映画の評価はアメリカ合衆国民であるかどうか、(ブッシュJr.再選時)ブッシュJr.支持者かどうか、ジャーナリズムにかかわっているかでかなり変わってくるのではないかと思います。

ブッシュJr.の軍暦がどのようなものであったのか、そもそも盲目的にブッシュJr.を指示している人にとってはそんなことはブッシュJr.の再選を阻止しようとする「敵」によるもので、真実かどうかは関係がありません。
そして、アメリカ合衆国民でなければ、一番重要なのは、次の大統領が「誰なのか」ということであって、そのなかでどのような報道がされたのかなどあまり興味がないでしょう。

このCBSが報じたブッシュJr.の軍暦に関する報道が「真実」なのかどうか、映画が進むにつれて分かっていくのかな、と思って観ていたのですが、そんなことは起きず、報じた内容の証拠が「偽造」なのかどうか、報道チーム、特にプロデューサーのメアリー・メイプスへの調査がメインに移っていきます。

そもそもブッシュJr.の軍暦に問題があるかどうか自体にそれほど興味はないのと、今の2017年の時点では誰が大統領に再選したのか、その結果どのようなことが起きたのかを知っているので、ブッシュJr.自体の軍暦に関しての報道が真実か否かを知っても何にもならないとも思います。

なので、この映画、何を伝えようとしているのか最後までよく分からなかったのですが、最後の最後に調査委員会が終了すると言うときにメアリー・メイプスが発した言葉が一番伝えたいことなのかな、と思いました。
それは、軍暦が意図的に「誰かの力によって」操作されたものであるかどうか、ということではなく、それを立証するための証拠が「証拠たり得るか」という点に関心が移っていて、もはやブッシュJr.の軍暦のことが問題ではなくなっていて、みんな忘れてしまっている、と。

また、日本でもかなり最近言われる、報道機関の「政治的中立」ということもこの調査委員会は大きな問題として捉えていたようです。
最終的に「政治的偏向はなかった」というように結論づけたようですが、「政治的偏向」とはなんなのか、僕には未だに分かりません。
極右からみれば、他は全て左になり、偏っているように見えますし、片方への振り幅が大きければ大きいほど中間はどんどんその大きく振っていったほうに移っていきます。

政治的中立というのは結局何も意味を持っておらず、だったら、最初から何を報じようとしていたのかから証拠が本物かどうかに調査の焦点が当たったとしても最後までその証拠が本物かどうかに焦点を当て続けて欲しかったと思います。

映画の善し悪しは置いておくとして、権力者、あるいは権力を保持しうる人の「都合の悪い出来事」は広く報道すべきだと僕は考えていて(それによってその人物への評価はその報道を知った人各々がすれば良い)、そういう意味で、そのような報道をしていた人物たちがジャーナリズムの世界から去ってしまったということは間違いなく悲劇だと思います。

勝手に五段階評価(基本的に甘いです)
★★★★☆

2017年に観た映画ランキング

1 「わたしは、ダニエル・ブレイク」 / 2 「さとにきたらええやん」 / 3 「この世界の片隅に」 / 4 「ムーンライト」 / 5 「あまくない砂糖の話」 / 6 「ドラッグ・ウォー / 毒戦」 / 7 「シチズンフォー スノーデンの暴露」 / 8 「帰ってきたヒトラー」 / 9 「SING/シング」(日本語吹替版) / 10 「奇跡の教室」

11 「ベティ・ブルー」 / 12 「ミッドナイト・イン・パリ」 / 13 「神様の思し召し」 / 14 「her/世界でひとつの彼女」 / 15 「マグノリア」 / 16 「プリズナーズ」 / 17 「if i stay」 / 18 「ハドソン川の奇跡」 / 19 「ニュースの真相」 / 20 「ラ・ラ・ランド」

21 「しあわせのかおり」 / 22 「REDリターンズ」 / 23 「 愛しき人生のつくりかた」 / 24 「ディーパンの闘い」 / 25 「プリデスティネーション」 / 26 「花様年華」 / 27 「EDEN/エデン」 / 28 「17歳」 / 29 「愛とセックス」(Sleeping With Other People) / 30 「後妻業の女」

31 「ロゼッタ」 / 32 「ニュースの真相」 / 33 「あと1センチの恋」 / 34 「海難1890」 / 35 「ホテルコパン」 / 36 「聖の青春」 / 37 「ロング・トレイル!」 / 38 「ワールド・ウォーZ」 / 39 「惑星のかけら」 / 40 「麦子さんと」

41 「超高速!参勤交代 リターンズ」 / 42 「カケラ」 / 43 「スプリング・ブレイカーズ」 / 44 「BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント」

2017.04.21 Fri l 2017年 l top
先日、『わたしはダニエル・ブレイク』を観に行った際「午後8時の訪問者」という作品の予告編が流れました。



予告編を観てこの作品に少し興味を持っていたら、その後新聞で監督のダルデンヌ兄弟のインタビューを読み、ますます興味が沸きました。

はじまりは小さな過ち ダルデンヌ兄弟監督「午後8時の訪問者」 映画大好き!(朝日新聞2017年3月31日)

でも、劇場で観るには僕にはもういろいろと余裕がないな、ということで、TSUTAYAディスカスがまた旧作50円(税抜き&送料別)だったので、借りられるダルデンヌ兄弟が監督した作品を借りてみることにしました。

ということで、前振りが少し長くなってしまいましたが、今回観た作品は、借りたダルデンヌ兄弟の監督作品のうち、一番初期のこの作品です。


ロゼッタ [DVD]


作品データ(映画.comより)
原題 Rosetta
製作年 1999年
製作国 ベルギー・フランス合作
上映時間 93分

ストーリー(映画.comより)
酒びたりの母親とキャンプ場のトレーラーハウスで暮らす少女ロゼッタは、ある日突然、何の理由もなく工場での仕事をクビになってしまい、新しい仕事を探しはじめるのだが……。

感想
1999年公開の映画ですが、(もちろん着ているものや、持ち物などのスタイルは変わっていますが)古びることのない内容でした。

貧しい暮らしをし、トレーラーハウスで、アル中でたまに売春している母親と二人で暮らすロゼッタ。
どうにかありつけた仕事も解雇され、必死にしがみついても結局情況は変わりません。
家の近くのキャンプ場で自作の仕掛けで鱒を手に入れ、なんとか食いつないでいくような情況。
リケという青年に出会い、仕事にもありつけたかな、と思ったけれど、やはりそれもすぐに終わってしまいます。
そこでもなんとかしがみつこうとするけれど、やはりうまくいかず、人を陥れることによってようやく仕事を手に入れる。
だけどそうやって人を陥れることにも何か考えることがあったのか、自分から仕事をやめてしまう。

僕は自己責任とか、努力すればなんとかなるという言葉が好きではありません。
それは、むしろこのロゼッタのような、「せっかく好転しそうなのに結局破滅に自ら向かってしまう」という生き様の方が身近に感じられるからです。
破滅的だと分かっていても、でももうどうすることも出来ない。
何度も何度も足蹴にされ、否定され、拒否され、排除されてきたので、今目の前に大きなチャンスがあるよ、と言われても「もう無理だ」と思ってしまう。

傍から見れば、それは努力をしていない、と思うのかも知れませんが、頑張ればなんとかなるのに、とか、何とかなるのにそれをしない自分が悪い、ということになるのかも知れませんが、生きるとは「積み重ね」なのだ、と思います。
今までに1回しか、足蹴にされたり、否定されたり、拒否されたり、排除されたりしたことのない人には、チャンスに挑戦する勇気がわくかも知れない。
でも、今まで100回も足蹴にされたり、否定されたり、拒否されたり、排除されたりしたことのない人には、目の前のチャンスがもはやチャンスには見えないのです。
それはチャンスではなく101回目になるかも、という不安、恐怖、おびえを招くものなのです。
だから、101回目が来るかも知れないのなら、もう何もしない方が良い。
それを傍から見た人は、あいつは挑戦すらしない、と判断し、自己責任だと断じるのです。

主人公のロゼッタはあまり話もしないし、それよりも歩いていたり、走っていたりすることの方が多く、何を考えているのか、何を思っているのかはよく分かりません。
でも、唯一救われるような気がしたのは、日本でもセーフティネットの役割を担っている性を売って生きるという場面が出てこなかった点です。
でも、それも単に描かれていないだけで、このあとのロゼッタを描くならば、ロゼッタの母親がしていたように売春して稼ぐということになるのかも知れません。

勝手に五段階評価(基本的に甘いです)
★★★★☆

2017年に観た映画ランキング

1 「わたしは、ダニエル・ブレイク」 / 2 「さとにきたらええやん」 / 3 「この世界の片隅に」 / 4 「ムーンライト」 / 5 「あまくない砂糖の話」 / 6 「ドラッグ・ウォー / 毒戦」 / 7 「シチズンフォー スノーデンの暴露」 / 8 「帰ってきたヒトラー」 / 9 「SING/シング」(日本語吹替版) / 10 「奇跡の教室」

11 「ベティ・ブルー」 / 12 「ミッドナイト・イン・パリ」 / 13 「神様の思し召し」 / 14 「her/世界でひとつの彼女」 / 15 「マグノリア」 / 16 「プリズナーズ」 / 17 「if i stay」 / 18 「ハドソン川の奇跡」 / 19 「ラ・ラ・ランド」 / 20 「しあわせのかおり」

21 「REDリターンズ」 / 22 「 愛しき人生のつくりかた」 / 23 「ディーパンの闘い」 / 24 「プリデスティネーション」 / 25 「花様年華」 / 26 「EDEN/エデン」 / 27 「17歳」 / 28 「愛とセックス」(Sleeping With Other People) / 29 「後妻業の女」 / 30 「ロゼッタ」

31 「あと1センチの恋」 / 32 「海難1890」 / 33 「ホテルコパン」 / 34 「聖の青春」 / 35 「ロング・トレイル!」 / 36 「ワールド・ウォーZ」 / 37 「惑星のかけら」 / 38 「麦子さんと」 / 39 「超高速!参勤交代 リターンズ」 / 40 「カケラ」

41 「スプリング・ブレイカーズ」 / 42 「BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント」

2017.04.20 Thu l 2017年 l top
今日も最近読んだ本について。

益田ミリさんの本については今までも何度か取り上げてきましたが、文庫で出たということで買って読んでみました。


ちょっとそこまで旅してみよう (幻冬舎文庫)


元々は2013年に刊行された『ちょっとそこまで ひとり旅 だれかと旅』という本に文庫版のエピソードを加え、題名を少し変えて文庫化して出版したようです。

僕自身は旅を(多分)よくしている方で、結婚以来自由に旅をする機会は皆無でしたが、5年前くらいに急にツレから「行ってくれば?」と言われたことをきっかけに、死ぬまでに行きたかったインドを筆頭に、イタリア、友人が駐在していたオランダ(とその周辺国)、父親とのトルコ行きが中止になってしまったので昨年末に次男とスペイン、と行ってきました。

僕自身の自覚としては、旅行自体はそこまで好きではありません。
インドでは結構しんどい思いをしたし、なによりもインドはかなり久しぶりの一人旅だったのですごく緊張し、それだけで体重がかなり減りました。
(この辺の感覚はメレ山メレ子さんと岸政彦さんの対談で出てくる話がとても共感出来ました。)

「そんな思いをしてまで何故行くの?」と疑問に思うかも知れませんが、小学生の時、通知表に書かれたり、担任と保護者の面談で言われた「飽きっぽい」という言葉が関係している気がします。
「飽きっぽい」というとすごくネガティブな響きで、実際にそういうネガティブなメッセージとして僕も大人から伝えられ、受け取っていました。
でも、逆に言えば、色んなことに興味を抱き、一つのところにとどまってはいられない、ということ。

旅自体にはすごく緊張したり、帰って来てからすごくホッとしたりするのですが、それでも旅に出かけて行くのは何と言っても一つのところにとどまってはいられないというこの性分があるからではないか、と思います。

いきなりかなり長い歴史の話になりますが、多分、人類が定住生活をしていない時代だったら、今の僕も特に問題などなく、むしろ、色んなことに興味がわき、いろんなところに移動することもいとわない性分が「生きる上でのスキル」に役に立ったのではないか、とさえ思います。
定住という生活スタイルを取り、殆どの人は一つのことをやり続け(たとえば仕事という名の会社組織や結婚生活)、死んでいくということが「当然」という生活になっている今、逆に「色んな事に興味が沸き、じっとしていられない」という性分はマッチしていないのだと痛感します。

と、自分自身が何故「旅」というテーマに興味が沸くのか、引き寄せられるのかということを感がえるきっかけになり、読んで良かった、とは思うものの、他の人には全く関係のない話でした。

益田さん自身の旅(一人旅、パートナーとの旅、母親との旅、友人たちとの旅)が書かれているのですが、一番良かったのは、かなりざっくりしたものであるとはいえ、大まかな料金が書かれていること。
興味が沸く旅先は読者それぞれ違うと思いますが、その時に、自分だったらこのくらいかかるかな、とかこういうプランも出来るのか、と想像出来ることが良いな、と思いました。
2017.04.19 Wed l 月間読書レポート l top
大分前の話になりますが、掃除機を買い換えました。

結婚し、ツレと2人で暮らしはじめる時にダイソンの掃除機を買い、それを10年来使っていました。
色は違いますが、使っていたのはこれです↓

DC12.jpg
DC12 - Dyson | ダイソン


音は結構うるさかったものの、不満があるとしたらそのくらいで、他には何にも不満なく使っていました。
じゃあ、何故買い換えることになったのかというと、ある日突然電源が入らなくなってしまったからです。
修理して使い続けようと思ったものの、10年以上経っているということで、修理代だけで3万円くらいかかると言われてしまい、やむなく買い換えることにしました。

ダイソンの掃除機が気に入っていたので、またダイソンで買い換えることも考えたのですが、結果的には、ダイソンの掃除機の修理代と言われた金額よりもかなり安く、レビューの評価がすごく良かったこれにしました↓


シャープ 掃除機 サイクロン ベージュ EC-CT12-C


今まで使っていたダイソンの掃除機のように10年使えるか分かりませんが、ダイソンの掃除機のように「何の前触れもなく突然電源が入らなくなる」ということが起きてもこの金額ならまぁ諦められるかな、と思ったのもこの掃除機にした理由です。

使用感ですが、これもレビューに書いてあった通りなのですが、ヘッドの小回りがあまり効かないという点がありますが、それが気になったのも最初だけで、使い続けていたら気にならなくなりました。

あとは、我が家は掃除機をクローゼットにしまっているのですが、その際、ホースの長くて固い部分がちょっと邪魔になります。
立てかけて収納できるスペースが出来れば関係がないのですけれども。

とりあえず、掃除機を買い換えるかかなり悩み、最終的に買うことに決めた掃除機がダイソンに遜色なく使えているので、本当に嬉しいです。
2017.04.18 Tue l 日々雑感 l top
先日、秘密結社「主夫の友」の会合がありました。

そこでの雑談で、メンバーの1人がこの話題を話しました↓
”あったらいいのに”が実現!おむつ自販機」が一体型で登場!(NAVERまとめ)

僕は知らなかったのですが、オムツを売っている自販機が登場したという話です。

そこから、そういえば、子どもたちがまだオムツを穿いていたときに、オムツがなくなってしまって困ったときのことを僕含めその場にいたメンバーはみんな「主夫」だったので、それぞれ思い出しました。

オムツが自販機にはもちろん売っていないし、コンビニにも売っていないので、薬局に行かなければいけなかったこと、しかも、3枚とかでは売っていなかったので、30枚以上のオムツをその後の外出中ずっと持っていなければならなかったこと。

150809360948_TP_V.jpg


もう、ムスメのおむつも外れて2年くらい経つのですっかり忘れてしまっていましたが、「そういえばあったあった、そんなこと」とその場にいたみんなで思いのほか盛り上がりました。

自販機にオムツがあると確かに助かる場合もあるのですが、もっと良いのはコンビニに売っていること。
3枚セットとかで良いので置いてもらえれば本当に助かるな、と思います。
確かに生理用品などよりは売れないのかも知れませんが、「買う頻度そんなに多くないのでは?」と思われる商品があるので、置いてもらえないかな、と思います。

すでに同じような意見は出ているようで(「コンビニでおむつを売って」について様々な意見が飛び交っている(NAVERまとめ))、一部のコンビニには売っているようですが、我が家の近くのコンビニ(数軒)には見当たりませんでした。

そもそもコンビニにオムツが売っていることを知らない人も多いようなので、コンビニに売っていることが知られるようになれば、コンビニで買う人も増え、そうすれば他のコンビニでもオムツを置くようになるのではないかと思います。

ということで、「主夫の友」でも、また、僕個人でもコンビニにオムツが置いてあるということ、置いてあればすごく助かるということをもっと周知されるように、何かアクションが出来るか考えて行きたいと思います。
2017.04.17 Mon l 保育事情 l top
最近、読んだ本のことを書いていなかったので、久しぶりに最近読んだ本のことを書いてみます。


いのちの車窓から


星野源という人をどのように認識したのかは、人それぞれいろいろあると思います。
たぶんツレや両親だったら、NHKの朝の連続ドラマを見続けているので「ゲゲゲの女房」で認識したと思いますし、最近知ったという人は、紅白歌合戦やTBSドラマの「逃げるは恥だが役に立つ」などかなと思います。

僕が初めて星野源という人を認識したのがいつだったのかは忘れてしまったのですが、友人がFacebookで星野源だったか、星野源がやっていたバンドのサケロックのライブに行っている様子を見たことがはじまりでした。
そのあとに行った本屋さんで星野源の本が置いてあり、(普段なら単行本を買うのはかなり慎重になるのですが)なんとなく気になったので買って読んでみました。

その時に手に取った本が確か『蘇える変態』だった気がします。
なんとなく買って読んでみたその本の文章が面白く、『そして生活はつづく』、『働く男』もすぐに読みました。
そのどの文章も面白かったので、そこで書かれている星野源の音楽も興味が沸き、音楽も聴くようになりました。

なので、僕にとっては星野源という人は、俳優、ミュージシャンである前にエッセイストなのです。

と、僕の中でエッセイストである星野源が雑誌「ダ・ヴィンチ」に連載していたものとオリジナルを少し加えたのが『いのちの車窓から』です。
多分多くの人が知りたいと思っているであろう、紅白歌合戦に初出場が決まった時のこと、「逃げ恥」撮影中のことなどが書かれています。
ファンにとってはたまらない話なのかな、と思います。
それが、色んなサイトや新聞などでの書評に表れているようです。

多くの人が絶賛していた「ラ・ラ・ランド」の感想を書いた時のように気持ちで書くのですが、以前のエッセイのように楽しんで読むことは出来ませんでした。

まだまだマイナーな存在だった星野源という人が一気に日本中に知られるようになった時期であり、その立場も固めつつあった時期に書かれたものなので、それまでのような親近感が全く無くなってしまったということもあります。
でも、そんな親近感は勝手にこちらが感じていたもので、星野源という人には全く関係がないことなので、それは仕方がありません。

でも、その「親近感」には、単に有名かどうか、日本中に知られた存在かどうか、ということではなく、星野源が自分自身をさらけ出していることから来る親近感だったと思います。
下ネタだったり、小学生、中学生時代の失敗だったり、言わなくても書き残さなくても良いことをあえてさらけ出すということによって、読んでいる身としては、慰められたり、勇気づけられたり、自分自身の過去を振り返りつつ、これからのことを考え、その意味ですごく身近な存在としての星野源がいました。

ですが、この『いのちの車窓から』ではそのような身近な存在としての星野源はまったくいません。
ドラマの撮影があり、テレビに出ている人たちとの交流があり、歌を作り、ライブをし、番組に出演する。
これらの星野源の日常が単にそれを読んでいる人たちとの生活とかけ離れているだけでなく、星野源自身がさらけ出されていると感じるものはありませんでした。

単に星野源の日記を読んでいるような、そんな感じでした。
2017.04.16 Sun l 月間読書レポート l top
最近、コミュニケーション不全でストレスを抱えるようになりました。

「言った」「言われてない」ということも大きな問題ですが、それは紙に残したり、メールやLINEにして「残す」ことで「言った」「言われていない」という記憶違いは防ぐことが出来ます。
そのような「残す」こともしないで「言った」と主張する人がいること自体も大きなストレスなのですが、より深刻だなと僕が感じていることが、言ったかどうか、よりも「相談したか」ということです。


20170413.jpg




日々生活していると何かを「決定」していかなければなりません。
食事のメニューや買い物をどこでするのか、という家事に関すること、仕事などで外出する際には、どのような経路で行くのかということも決定していっています。

何故、食事のメニューを決定するのかといえば、食事を用意するのが【自分】であり、買い物をどこでするのかを決定するのは、買い物をするのが【自分】だからです。
自分自身のこと、つまり当事者であるから、決定するのです。
逆に言えば、その「決定」にかかわっていなければ、当事者ではない、ということになります。

食事のメニューの決定にかかわっていないということは、その食事を作ったり食べたりするのは自分ではなく、買い物をどこでするのか決定しないということは、自分で買い物に行かないからです。
買い物に「付いていく」ことはあるかもしれませんが、それは「付いていく」というだけで、主体性はなく当事者ではありません。


この何かを「決定」する際に、その「決定」にかかわったかどうかが、その人が「当事者」かどうか、「当事者性」を持つことが出来るかどうかに大きくかかわってきます。
他人が決定したものを知っただけでは、とても当事者であると認識したり、当事者性を持つことは出来ません。

じゃあ、誰かにも当事者であると認識してもらいたい、当事者性を持ってもらいたい、と思ったらどうすればいいのか。
それは、決定を下す際に、かかわってもらうことです。

決定を下す前に「相談」し、意見を聞く。
そうすればその意見を聞かれた人は自分の意見が反映された結果での「決定」に当事者として認識することが出来るでしょう。

逆に、既に何かしらの決定をしたものを、報告しただけでは、その話を聞いた人は意見を言う場もなく、意見を求められてもいないので、その「決定」に当事者としての認識を持つことは出来ないでしょう。

一応広辞苑で調べてみると以下のように書いてありました。

【相談】
互いに意見を出して話しあうこと。談合。また、他人に意見を求めること。

【報告】
しらせつげること。報知。
②ある任務を与えられたものが、その遂行の情況・結果について述べること。また、その内容。


何かを「決定」する際に、僕は常々「相談されていないことにはかかわることは出来ない(かかわりたくない)」と思っていて、それを伝えるようにしています。
それは、何故かと言えば、当事者としての意識を持つことが出来ないからです。

でも、相手は「相談した」と言ってくることがあるのですが、それは【相談】と【報告】ということの違いをその人が分かっていないということがようやく僕も気づいてきました。
僕に「意見を求め」ていないにもかかわらず、それを【相談】と相手は認識し、「意見を求め」られていないので、僕はそれを【報告】と認識する。

【報告】された僕としては、その決定にかかわっていると認識することは出来ず、当事者として認識することは出来ません。
でも、相手は【相談】したと思っているから、僕に当事者としての行動を求めてくる。
このズレに僕としては大きなストレスを感じることになります。


殆どの人にとって【相談】と【報告】が全く違うことだということは当然のことかもしれませんが(そうであって欲しい)、この【相談】と【報告】の違いが分かっていない人によって最近ストレスを感じることが多々あったので、改めて書いてみました。
2017.04.15 Sat l 日々雑感 l top