昨日は、伯父と3年前になくなった祖母の納骨をしました。
ツレは外せない仕事があったので、親に車で拾ってもらい、子どもたち3人と一緒に行ってきました。
この3年間、ずっと伯父に言い続けていた祖母の納骨が伯父が亡くなったことで出来ることになったのは、ちょっと複雑な気持ちも起きますが、ムスメM(3歳)はそもそもこの場所に来たことなかったので良かったです。

DSC06380.jpg

祖父のお骨しか収められていなかった墓なので、初めてお骨を収める所を開けたところを見ました。

車だと2時間くらいかかる場所ですが、牧師さん(と言っても牧師になる前から知っていた方ですが)にもわざわざ来ていただいて埋葬式をしてもらいました。

何十年も祖父1人のお骨しかなかったところに、いきなり家族3人になりました。

DSC06383.jpg


霊園の人にお骨を収めてもらってふたをしてもらった後には、両親&兄&叔母の他に来てくれていた父のいとこ夫婦と昼食。
父のいとこ夫婦はお孫さんもいて、普段教会で小さな子どもたちに慣れているからか眼差しや発言が子どもに対して寛容だったので、とてもありがたかったです。

祖母が亡くなってから、ずっと懸案事項になっていた、お骨&お墓参りが出来ない問題も片付き、僕としては一段落付いてほっとしました。
あとは、祖母と伯父が住んでいた家(というか父の実家)をどうするかという割と大きな問題も残されていますが、それは相続権のある父と叔母の問題なので、僕のやれることはこれで本当になくなりました。
関連記事
スポンサーサイト
2015.03.15 Sun l 伯父の死 l top