上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
オランダ・ベルギー旅行記1日目@ブリュッセル
イースターのベルギーチョコレート
オランダ・ベルギー旅行記2日目@ブルージュ、アントワープ
オランダ・ベルギー旅行記3日目@パリ
ヨーロッパ電車旅行で超役立ったアプリ

オランダ・ベルギー旅行記4日目です。
4日目はオランダ、アムステルダム在住のA君と合流する日でした。
A君は日中仕事があるため、夕方に待ち合わせをしていました。
ブリュッセルからアムステルダムに直接行くのも味がないな、そして、途中にあるユトレヒトには行ってみたいと思っていたのですが、A君はあまり勧めて来なかったので、前日のパリよりも移動時間が長くなるもののドイツのケルンに行ってみることにしました。

列車の時間まで少し余裕があったので、チェックアウトを済ませる前にブリュッセルの街をもう一度歩いてみました。
8時前だったので、ミュージアムなどはしまっていますが、サン・ミッシェル大聖堂は開いていました。

DSC06863.jpg


中では礼拝も行われていたし、ちょうど8時には鐘が鳴って、こちらもすてきな音色でした。

そして、その後ホテルに戻ってチェックアウトし、前日のように南駅に移動してからタリスでドイツ・ケルンに向かいました。
1時間50分ほどでケルンに到着。
大きな荷物を持っていたので、駅構内にある自動荷物預け機械で預けました。

DSC06878.jpg


駅から出てケルン大聖堂を探そう、と思ったら、噂通り、探すまでもなく目の前にありました。

DSC06884.jpg


でかい。
大きさと駅からのあまりの近さに圧倒されてしまいました。

DSC06885.jpg


中に入ってみると、運悪く(?)ちょうど礼拝が始まってしまい、「見学は出来ないよ」と司祭に言われてしまったので、塔に登ってみることにしました。
塔の入り口は大聖堂の正面を目の前にした時に右手にあります。

昨年のイタリアに続き、大聖堂やら鐘楼やらを結構登ってきましたが、こんなに汚い階段だったのは初めてでした。
汚いのは落書きによるもので、階段や廊下のあらゆる所に落書きがされていました(残念ながらもちろん日本語によるものもありました)。

その落書きによる汚さと階段が延々を同じテンポで上まで続いていくので、途中で気持ち悪くなってしまいました。
が、何とか登り切って頂上にたどり着きました。

DSC06892.jpg


ライン川沿いにすてきな景色がありました。

DSC06900.jpg


この時はまだ天気が良くて良かったです。

DSC06903.jpg


頂上も落書きだらけ。

DSC06904.jpg


地上に降りてもまだ礼拝の最中だったので、しばし小礼拝堂でお祈りというか小休憩をし、駅に戻って昼食を取りました。
ケルンの駅はいろんなファーストフード(僕が食べたのはサンドイッチ)があったので、良かったです。
そして、昼食を取った後、再度ケルン大聖堂へ。

DSC06919.jpg


大きさがどうすれば伝わるかな?と思って撮ってみたのですが、下の写真はオルガンです。
オルガン自体かなり大きな(この規模のパイプオルガンは日本では僕は殆ど見たことがないです)ものなのですが、それが大聖堂全体では「一部」になっています。

DSC06932.jpg


その後は少しスタバで休憩してから、今度はタリスではなくICEでアムステルダムに向かいました。

DSC06939.jpg


実はこの電車、高速列車では僕が乗った中では初めて【自由席】でした。
それまでのタリスは全席指定だったので、席を探して座っていましたが、今回はチケットを見ても席の指定がない。
「どこに座れば良いんだ?」と迷っている内に、どんどん席が埋まっていく…。
と、席の上に指定席を買っている人がいる場合は、乗車区間(たとえばケルン→ユトレヒトなど)が表示されていました。
何も表示されていないところにみんな座っていったので、それを見てようやく自由席なのだ、と理解して座りました。

そしてもう一つ。
ドイツからオランダに入り、ユトレヒトに着く前あたりだったと思いますが、国境警備隊(?)か警察官(?)だかのパスポートチェックがありました。
こういう場合、「偽の警察官」かも、という疑いがありますが、他の乗客も応じていたのと、ちゃんとIDを見せてくれたのでパスポートチェックに応じました。

が、何故か僕のパスポートに不審な点があったようで、2人で丹念にチェックしていました。
別にやましいことはないものの、あんなにも丹念に(顕微鏡のようなもので仔細にチェックされました)チェックされるとちょっとドキドキしてしまいました。

最終的にはそのまま無事にパスポートも返却され、ケルンから2時間40分ほどかかってアムステルダム中央駅に着きました。
A君とはアムステルダム南駅で待ち合わせをしていたので、大きな荷物(キャリー)もあるので、トラムではなく、メトロで向かいました。

ここにもスタバがあったので、A君の仕事が終わるまで30分ほど待ち、1年半振りくらいに再会しました。
A君の家に荷物を置かせてもらった後、A君の車に乗って、ダッチ・フレンチのお店へ。

Restaurant Jagershuis

DSC06945.jpg


風車を利用したすてきなお店でした。
しかも、日本では久しく食べていないフルコース。

DSC06949.jpg


旅行中はかなり質素な食事を取っていたので(お金を節約するためと、1人では何を食べてもあまり美味しく感じないため)、いきなりのフルコースにお腹がびっくりしてしまいましたが、とても美味しかったです。
関連記事
スポンサーサイト
2015.04.10 Fri l オランダ・ベルギー旅行記 l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。