オランダ・ベルギー旅行記1日目@ブリュッセル
イースターのベルギーチョコレート
オランダ・ベルギー旅行記2日目@ブルージュ、アントワープ
オランダ・ベルギー旅行記3日目@パリ
ヨーロッパ電車旅行で超役立ったアプリ
オランダ・ベルギー旅行記4日目@ケルン

ケルンに立ち寄った際、アムステルダムに住んでいる友人A君の家にお世話になる日だったので、大きな荷物を持っていました。
スーツケースです。
コロコロと転がしていました。

ケルン大聖堂に行く際、まさかスーツケースを転がしていけるわけもなく、どうしたら良いのかな?ということで、あらかじめリサーチすると、駅なのでコインロッカーがある、とのことでした。
しかも、自動。
多くの旅人はトラブルがないとブログのネタにはしないようで、どれも荷物が出てこなくなった!とかトラブルにまつわるものでした。

若干の不安を抱いたものの、結局特にトラブルもなく預けられたのですが、僕は初めて見るコインロッカー(というか荷物預けシステム)だったので、書いてみます。

列車を降り、駅構内を歩くと、こんなものがありました。

DSC06878_2015041013423774b.jpg


上にちゃんと【Baggage】と書いてあるので、これが噂の自動コインロッカーのようです。
近づいてみるとこんな感じです。

DSC06933.jpg


表示にもありますが、2時間4ユーロ、24時間7ユーロでした(2015年3月末)。
悩んだあげく、少しでも節約したいと思い、4ユーロを入れました(あとでケチらないで4ユーロにすれば良かったと思いました…。大聖堂内が礼拝中だったので)。

すると、荷物を入れるように、という表示が。
荷物を入れます。
(ドキドキ。見ていたブログなどではここからトラブルが始まるので)。

DSC06879.jpg


荷物を入れ、表示に【OK】【STOP】と出ているので、ちゃんと入れたことを確認して、【OK】のボタンを押します。
すると、扉が閉まり、しばし待ちます(これがドキドキしているとちょっと長いように感じるものの、たぶん2~3分くらいです)。

DSC06880.jpg


と、待っていると、おもむろに、カードが出て来ます。

DSC06882.jpg


裏面

DSC06883.jpg


これで無事に荷物を預けられました。

取り出す時は預けるときに受け取ったカード(磁気式の紙)を差し込み、2~3分くらい待つと預けた所と同じ所の扉から出て来ます。

このコインロッカー(と言って良いのか分かりませんが)、何台か機械がありますが、預ける時と受け取る時の機械が違っても大丈夫のようです。
僕も受け取る時は全く違う場所の機械から受け取りました。

ケルンのように観光客が多い所では、こういう仕組みは良いな、と思いました。
多少旅行者には不安を感じさせますが(トラブルがあると電車に乗り遅れる可能性が出て来る)、駅にロッカーがずらーっと並んでいて見た目が悪く、更に慣れていない旅行者にはどこに入れたのか分からない、ということも起きないので日本の観光地にも取り入れてみても良いのでは?、と思いました。
(もしかしたら既に取り入れている観光地があったら済みません)
関連記事
スポンサーサイト
2015.04.11 Sat l オランダ・ベルギー旅行記 l top