上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
オランダ・ベルギー旅行記1日目@ブリュッセル
イースターのベルギーチョコレート
オランダ・ベルギー旅行記2日目@ブルージュ、アントワープ
オランダ・ベルギー旅行記3日目@パリ
ヨーロッパ電車旅行で超役立ったアプリ
オランダ・ベルギー旅行記4日目@ケルン
ケルン駅で初めて見た自動コインロッカー

オランダ・ベルギー旅行記も5日目になりました。
前夜から友人A君の家に泊まらせてもらっていますが、この日は金曜日なので、A君はもちろん仕事です。
ということで、A君が仕事を終え夕食をともにするまで、ぶらぶらとアムステルダムを観光しました。

まず向かったのは、王立ミュージアム。
(それにしても写真を見て分かるように天気が悪いです。これから週末にかけて更に悪くなっていきます。)

この美術館は僕にはちょうど良い規模に思えました。
施設の大きさもそうですし、展示の内容も。

DSC06960.jpg


この旅で何度観ただろうか、ゴッホの自画像
DSC06971.jpg


一番有名(?というかミュージアムが推してた)レンブラント「夜警」
DSC06981.jpg


フェルメール「牛乳を注ぐ女」
DSC06983.jpg


そして、長崎「出島」のフィギュアも
DSC06966.jpg


次に向かったのは、隣にある、ゴッホ美術館です。
が、残念ながらここは撮影禁止で、「撮影禁止」というのが分からなかったので、最初写真を撮っていたら「ここはダメだよ」と注意されたのでやめました。
なので、内階段を。

DSC07000.jpg


ゴッホ美術館でゴッホの作品を沢山観て知ったのは、「自画像」が沢山あることです。
ワンフロア「自画像」がありました。
なので、他の美術館でも「自画像」があったんですね。

その次に向かったのは、アンネ・フランクの家です。
一番近いトラムの停車場からアンネ・フランクの家に向かうと途中に小さな像がありました。

DSC07019.jpg


アンネ・フランクの家は45分くらい待ったでしょうか。
雨はこの時点は降っていませんでしたが、気温は8℃くらい、そして風があったので、結構寒かったです。

ゴッホ美術館では撮影禁止のアナウンスがどこにあったのか見つけられませんでしたが、アンネ・フランクの家では並んでいる所にも、入り口にも案内の紙にも書いてあったので、撮影禁止を知らずに写真を撮らずに済みました。

DSC07021.jpg


内部はその当時の様子を再現しているということ、建物自体もその当時のもの、ということでどんな暮らしをしていたのかよく分かるようになっていました。
考えさせられる、ということでは少し物足りなさは感じたものの、実物の中に入れるというのは貴重な体験のような気がします。

入場待ちで身体も冷え切ってしまっていたので、観光はここまでにして、A君の家に戻りました。
最寄り駅のアムステルダム南駅(駅近くの街並みはかなり近代的でした)

DSC07033.jpg


A君から「トラムに閉じ込められなかった?」と連絡が来て、「?」と思っていたら、どうやら午前中に数時間停電があったようです。
たぶん、王立ミュージアムからゴッホ美術館に行く時とかだったと思うのですが、僕は全く気づきませんでした。
A君は「オランダ人の同僚なんか帰っちゃったよ」と言うくらいだったので、相当大きなものだったようですが、とりあえずトラムに閉じ込められるようなことがなくて良かったです。

A君が仕事を終え家に帰ってくると、2人でトラムに乗ってアムステルダム中心部へ。
コーヒーショップからマリファナのにおいが流れてくるのを感じながら、オランダ料理店に案内してもらいました。
(店名が分からなかったのですが、今回の旅でここが一番よかったです。)

まずは、ビール(アムステル)で乾杯
DSC07038.jpg


僕が「オランダ料理のコロッケを食べたい」というリクエストにA君が応えて連れてきてくれたお店なので、まずはコロッケ。
日本のコロッケとはまた違って中がとろとろでしたが、美味しかったです。
DSC07039.jpg


そして、オランダではよく飲まれているというネギのスープ。
「ネギのスープ?」と思いましたが、「あぁ、ネギのスープだ」という味でした(もちろん美味しかったです)。
DSC07040.jpg


ビール2杯目。さっきのは白でしたが、今度は赤。
DSC07041.jpg


ウナギ(?)のサラダ。
野菜に飢えていたのもあり、これも美味。
DSC07042.jpg


そして、今回の旅で一番美味しかったムール貝のワイン蒸し。
A君曰く「ベルギーのムール貝の方がもっと美味しいけど」ということでしたが、あさりの酒蒸し好きな僕はかなりのヒットでした。
ムール貝とくず野菜に白ワインを入れて蒸しただけなんですけどね。
とても美味しかったです。
DSC07043.jpg


この後、満腹したお腹を消化しつつ、アルコールを抜きがてら夜の街を散歩しました。
DSC07045.jpg


飾り窓の地域とか、1人だったら絶対に行かない(行けない)場所にも連れて行ってもらいました。
飾り窓もそうですが、マリファナのにおいがする場所では、明らかにラリっている人もいて、こういう所を散歩出来たのはA君様々でした。
(特に飾り窓地域では酔いが完全に覚めてしまいましたが…)
関連記事
スポンサーサイト
2015.04.15 Wed l オランダ・ベルギー旅行記 l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。