上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
オランダ・ベルギー旅行記1日目@ブリュッセル
イースターのベルギーチョコレート
オランダ・ベルギー旅行記2日目@ブルージュ、アントワープ
オランダ・ベルギー旅行記3日目@パリ
ヨーロッパ電車旅行で超役立ったアプリ
オランダ・ベルギー旅行記4日目@ケルン
ケルン駅で初めて見た自動コインロッカー
オランダ・ベルギー旅行記5日目@アムステルダム
オランダ・ベルギー旅行記6日目@キューヘンホフ
オランダ・ベルギー旅行記7日目@キンデルダイク、デン・ハーグ

今回の旅も最終日。
月曜日で、友人A君は当然仕事があるので、朝でお別れです。

朝食はこの2日前(土曜日)に「美味しいよ」と行って連れて行ってもらったフランスパン屋さんのクロワッサンが、今まで食べたクロワッサンの中で一番のおいしさで忘れられなかったので、最後にもう一度連れて行ってもらいました。

LE FOURNIL

DSC07215.jpg


A君が推薦するお店は基本的にどこも値段がお高いお店でしたが、ここのパン屋さんはリーズナブルとはいきませんが、普通の値段だったのも好印象でした。
どちらかというとクロワッサンって苦手なパンだったのですが、ここのものを食べられて本当に幸せでした。

パン屋さんに寄った後、そのままA君は仕事場へ。

僕はそこからA君には「行かなくても良いんじゃない」と言われていた街ユトレヒトへ電車で向かいました。
時間的に通勤客が多かったですが、東京の殺人的な混み具合からすると、平日昼間の東京郊外を走る電車のような混み具合でした。

ユトレヒト到着。
曇ってはいたものの、ここ数日のような雨はなし。
DSC07216.jpg


僕が一番行きたかったのは、、、セントラルミュージアム

DSC07224.jpg


ではなく、この隣にある、ディック・ブルーナハウスです。

DSC07226.jpg


が、前日、アクセスを調べていたら分かったのは、【月曜日定休】ということ。
完全に忘れていましたが、月曜日って美術館が休みの所が多いのでした…。
A君は全くディック・ブルーナやミッフィー(オランダでは「小さなうさぎ」という意味の「ナインチェ」が一般的)に興味がなかったので、土日に行くことを考えていませんでしたが、それが失敗でした…。

まぁ、でも、それはもう仕方がないことなので、街をぶらぶらと歩きました。
この街の面白い所は、運河沿いにこんな景色が見られる所です。

DSC07233.jpg


運河の水面の高さから地上までの所(地下というか)にお店などがあるのです。
「水量が増えたら、どうするんだろう?」とかなり心配になる感じですが、面白い風景でした。

他にも街を歩いていると、ミッフィーの切手も多く扱っているというスタンプ屋さんがあったり、

DSC07237.jpg


駅には、ミッフィーの像も。

DSC07239.jpg


【月曜日は美術館が定休】ということは旅の基本的なことなのですが、ユトレヒトで少し気を付けた方が良いなと思うのは、【お店の開店時間がやたら遅い】ということでした。
上の写真を見れば分かるかも知れませんが、まだ開店していないお店ばかりです。
どうやら11時くらいに開けるお店が多いようで、6時に起きて9時には街を歩き始めているような朝型旅人はユトレヒト観光は少し注意が必要かな、と。
美術館が休みでなかったら、お店が開くまで美術館をゆっくり見ていればいいのでしょうが。

ということで、この旅も終わりです。
旅の半分を滞在させてもらっていたA君の家の最寄り駅からスキポール空港は電車で約7分という近さ。
(アムステルダム中央駅からも13~17分くらいです。)

空港でチェックインし(↓この機械がスキポールの至る所にあり、日本語対応なのでとても便利でした。チケットの印刷も出来ます。)、

DSC07242.jpg


こちらも自動の荷物預け機。
この機械は初めて見ましたが、さすが世界でもハブ空港として名高いスキポール空港という気がしました(もちろん、こちらも日本語に対応しています)。

DSC07243.jpg


出国審査を済ませ、早めに設定されていたゲート到着時間に合わせゲートへ。
ゲートまで行くのはすごく簡単で、「身体検査してないんだけど、どうなってるんだろう?」と思ったら、ゲートで身体検査がありました。
これは、わざわざゲート付近に機械を持ってきたり、係員を配置しなければならないので、搭乗直前に検査したいというのは分かりますが、日本式(?)の方が良いな、と思いました。

DSC07244.jpg


出発はトランジットの客がなかなか来なくて(最終的には1人置いてった)、30分くらい出発が遅れましたが、成田空港への到着は予定通りでした。
(予定通りということはトランジット客が来なくて遅れるということを折り込み済みということなのでしょうか…)

日本に到着すると、A君から早速連絡が。
どうやらスキポールで何かしらのトラブルがあったらしく、夕方以降の便は他の便に乗り換えになったり、出発までかなり時間がかかったとのことでした。

というのも、A君の同僚が3月末で日本に帰ることになり、当初は僕と同じ便だったのが、一本ずらした結果、その時間帯にはすでにスキポールでは大混乱が起きていて、出発がかなり遅れてしまったとのことでした。

アムステルダムで美術館巡りをしていた時の停電もそうですが、今回も僕にすると「そんなことあったの?」という状況で、運が良かったです。
関連記事
スポンサーサイト
2015.04.23 Thu l オランダ・ベルギー旅行記 l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。