昨日は松屋銀座でやっているミッフィー展にムスメM(3歳)と2人で行ってきました。

誕生60周年記念 ミッフィー展

この間オランダに行ったものの、ディック・ブルーナハウスが休館日で行けなかったのが心残りだったのですが、ミッフィー展がやっているということで行ってきたのでした。

行こう行こうと思いつつ、調べてみたら今日(5月10日)までの開催ということで、入場料は高かったのですが(1000円。前売り(700円)をちゃんと買っておけば良かったです。)、ムスメはまだ入場料がかからないので良しとしました。

10時過ぎの開店すぐに行ったものの、既に沢山の人がいました。
レストランでのブッフェスタイルの時もそうなのですが、多くの人が律儀に並んでみていたので、逆に人の流れが悪く、混雑しているようでした。
なので、僕は混んでいるということもあり、(人混みの中だと小さいムスメは危ないので)抱っこして並んでいる人たちの後ろから見ました。

殆どのお客さんが女性だったので、男性(というか女性より背が高くて)で良かったです。
それに、なんと言ってもムスメだけだったので、1人を抱っこすれば良いだけだったのでとても楽でした。

ディック・ブルーナさんのミッフィー以外の作品や、ミッフィーが出来た経緯や作品の変遷、未掲載作品(不採用作品)などが沢山あって面白かったです。

フィギュアもありました。
DSC07456.jpg


最後のコーナーには福音館書店から出ている「うさこちゃん」(ミッフィーちゃん)シリーズが置いてあって、自由に読めるスペースがあったので、僕もまだ読んだことのない作品をムスメといくつか読みました。

展示スペースよりもそこを出たミッフィーグッズ売り場の方がものすごい人で歩くのも大変で、グッズの会計の列が長かったのでかなり待つかな、と思いましたが、13台のレジで対応していたのですぐに会計が出来ました。

その後は、僕が好きな木村屋總本店でパンを買って(あんバターホイップの販売が今日(10日)までで買えてラッキーでした)、昼食を2人で摂り、有楽町にいたツレ母と長男T(8歳)、次男S(6歳)とベイマックスに少し会って帰ってきました。

DSC07467.jpg


大分歩きましたが、ムスメが歩けるようになったのが、今回の驚き(成長を感じた点)でした。
2人きり(子どもが1人)だと楽だわー、と実感しました。
関連記事
スポンサーサイト
2015.05.10 Sun l お出かけ l top