8月下旬に僕の両親と旅行に行った際に、「これは買うしかない」と思い、旅先から買ったものがあります。
それは、デジカメ。
前から、子どもたちをデジカメで写真を撮ったりすると、T(4歳)がまず「撮りたーい」と言い、それに合わせてS(2歳5ヶ月)も「Sくんもー」と言っていました。
そこで、古いデジカメがあったので、渡したら、10分もしないうちに壊されてしまいました…。
それ以来、「撮りたーい」と言われても「また壊すから」と言って貸しませんでした。
そんなことがあったので前から気になっていたのが、アニメのアンパンマンの途中に流れるCMや子ども雑誌に広告で載っている「アンパンマン はじめてデジカメ」でした。


アンパンマン 本当に撮れる!しゃべる!アンパンマン はじめてデジカメアンパンマン 本当に撮れる!しゃべる!アンパンマン はじめてデジカメ
(2011/04/07)
アガツマ

商品詳細を見る



で、8月下旬に僕の両親と一緒に旅行に行った際、デジカメで写真を撮っていると、案の定「撮りたーい」という声が。
旅行中何回か言われたと言うこともありますが、調べたら4000円台で買えることが分かったので、買いました。
買った理由の一つは、子ども向けのデジカメなので、多少落としても壊れないだろうと思ったからです。
予想通り、扱いの荒い、我が家の子どもたちは平気で落としたりしていますが、今のところ壊れていません。
そして、子どもたちも結構気に入っているらしく、見向きもしなくなったかな?、と思っても、よく遊んでいます。


実際に使ってみて、一つだけ僕が気になるのは、画素数が少なめなこと。
買う際に参考にしたレビューでは多くの人が電池の消費を書いていましたが、電池の消費は確かにかなり早いのですが、画素数が普通のデジカメに比べるとかなり少ないです。
まぁ、そんなことを言っても、子どもたちが撮る写真のほとんどは、僕からしたら「なんでこんなものを撮るんだろう?」というものばかりなので、画素数は関係ないような気もします。
「なんでこんなものを撮るんだろう?」というものを載せても良いのですが、たぶんこのブログを読んでくれている人には理解不能だと思うので、TかSが撮ったM(2ヶ月)を載せてみます。


IMG00426.jpg
↑僕の膝の上にのせられているM


子どもの目線の位置から撮られているだけでも、結構面白いです。
関連記事
スポンサーサイト
2011.09.11 Sun l おもちゃ l top