久しぶりに映画を見ました。
今回もTSUTAYAディスカスから送られてきたもので、僕がリクエストした作品です。



リクエストしてから大分経ってから送られてくるので何故観たいと思ったのかは、いつものようにもはや覚えていないのですが、多分ウディ・アレンの映画をまともに(というか大人になってから)観たのは初めてではないかと思います。
ウディ・アレン作品では「ブルージャスミン」を観たいな、と思っているのですが、それに関連して最近の作品なのでリクエストしような気がします。

さて、内容ですが、ウディ・アレンの茶目っ気が所々に出ていて、それなりに面白かったです。
特に、最後のシーンでは、ニューヨークを去ろうとしている友人を直接的なやり方ではなく引き留める、というその方法がとても良かったです。

が、ストーリーはというと、うーん、風刺映画でも、コメディでも社会派でもなく、何と言えば良いのかわからないものでした。

「これがウディ・アレンの映画なんだよ!」と言われてしまえば「そうなのか」と納得しそうです。

あとは、ユダヤ教への風刺というかそういう内容がふんだんに盛り込まれていて、これはユダヤ教について少しかじった人でないと今一日本の文化にいるとわかりづらいような気がします。
僕は観ていてものすごくはらはらしましたが、これを映画に盛り込めるのは、ウディ・アレンがユダヤ人だからだよな、と思いました。

関係の無いアジア人がこの映画を作ったら、(色んな意味で)リンチに遭うだろうな、と。

ということで、これだけではウディ・アレンの作品がわかったとはとても言えないので、早い内に「ブルージャスミン」を観たいな、と思ったのでした。

勝手に五段階評価(基本的に甘いです)
★★★☆☆

2015年に観た映画ランキング
1 「チョコレートドーナツ」 / 2 「ダラス・バイヤーズ・クラブ」 / 3 「ベイマックス」 / 4 「ワン・チャンス」  / 5 「ザ・マジックアワー」 / 6 「あなたを抱きしめる日まで」 / 7 「はじまりのうた」 / 8 「マダム・マロリーと魔法のスパイス」 / 9 「アデル、ブルーは熱い色」 / 10 「小野寺の弟 小野寺の姉」 / 11 「かぐや姫の物語」 / 12 「ゴーン・ガール」 / 13 「青天の霹靂」 / 14 「テルマエ・ロマエⅡ」 / 15 「そこのみにて光輝く」 / 16 「カラスの親指」 / 17 「ドラえもん のび太のスペースヒーローズ」 / 18 「グレース・オブ・モナコ」 / 19 「ジゴロ・イン・ニューヨーク」 20 / 「ボクたちの交換日記」 / 21 「ブリングリング」 / 22 「恋人はセックス依存症」 / 23 「地獄でなぜ悪い」 / 24 「渇き。」 / 25 「誰も守ってくれない」 / 26 「鈴木先生」 / 27 「ミニミニ大作戦」 / 28 「エヴァの告白」 / 29 「機関車先生」 / 30 「マレフィセント」 / 31 「ロボジー」 / 32 「ルーシー」 / 33 「なくもんか」 / 34 「マイ・ライフ・メモリー」 / 35 「見えないほどの遠くの空を」 / 36 「ノア 約束の舟」
関連記事
スポンサーサイト
2015.07.06 Mon l 2015年 l top