先週末、上野の国立科学博物館(以下、科博)へ行ってきました。
元々は、次男S(6歳)の保育園の時のクラスメイトのお母さんが企画してくれた、「みんなで外で思いっきり遊びましょう!」という企画が、雨のために2回延期されたことで、「雨ですが、科博に行きませんか?」という企画になったのでした。

国立科学博物館

我が家はツレやツレ母が上野の美術館や博物館が好きなので、割とよく行っているのですが(最近も行きました→「国立科学博物館が予想以上に面白かった。」)、今回もとても楽しめました。

我が家はツレ含め家族5人で参加し、他の家族は企画してくれたお母さん含め、子ども&母親が2組でした。

IMG_6556.jpg


実は、最近の雨でそもそも体調を崩していたり、SとムスメM(4歳)を連れて先に乗った山手線で、隣に座っていた初老の男性が「明らかにイヤな態度」をしていて、ものすごくどんよりした気分になっていたのですが、そのことも忘れさせてくれる感じで子どもたちは楽しんでいました。

(山手線内で、はしゃいでいたわけではないのですが、子どもの声が不快なんでしょうね…。
まぁ、子どもの声ってかなり高いので、そこまで大きな声じゃなくてもよく響きますし。
僕が「女性」だったら明らかになんか言われていたと思います。。。
「なんか言われそうなイライラしている雰囲気だったので、何か言われたらどんな反応をしようか考えていたら上野に着きました。)

IMG_6560.jpg


ということで、10時に到着し、みんなで科博の常設展へ。
(大人は1人620円かかるのですが、前回来てからすぐなので、1030円のリピーターパスを買っておけば良かったとはげしく後悔しました。)

前回は日本館を中心に観たのですが、今回は地球館を先に見ました。
その前に、まずは、入り口近くに設置されている「シアター36○」というものへ。
3Dシアターになっていて、とても面白く、その後の展示を見るのにも役立ちました(少し酔いましたが)。

IMG_6559.jpg


科博では、雨ということもあり、僕らと同じように「子どものエネルギーが余っているのでとりあえず来ました」というような親子連れがたくさんいたので、行きの山手線でのような出来事は一切無く、子どもたちも楽しんでいました。

Sは途中転園してきたものの、4年間一緒だったので、僕よりはあまり保育園に顔を出さないツレも他のお母さん達とも知った顔でいろいろとお話が盛り上がっていました。

Mは、企画してくれたお母さんがとても好きなようで、会った時からずっと「ねー、Tくんのお母さん!」と色んな話をずーーーーっとしていました。
保育園にお迎えに行くと、ずっと話しかけてくる子がいますが、Mも同じなんだなー、と思ったりしました。

他の2人とSは違う小学校になったので、3月以来でしたが、4年間も一緒にいただけあって、久しぶりに会ってとても嬉しそうだったのが何よりでした。
関連記事
スポンサーサイト
2015.07.08 Wed l お出かけ l top