自分自身が70年生きているかというと、そんなに長くは生きないだろうな、と思っています。
そういう自分の生きる長さから考えるととても長い時間が経ったんだな、と思います。

僕自身、あるいは、僕の親族では戦争に行ったり、亡くなったりという人はいないのですが、ツレの曾祖父(角尾晋)は長崎の原爆で被爆し、亡くなっています。
先日、ツレが出張に行った際に、ツレの曾祖父が勤務していた長崎大学に行き、胸像を撮影してきました。

2015_08_09.jpg


【政治】を語ることや、それを難しく話すことはある意味で簡単ですし、それを否定するつもりもありません。
でも、家族に戦争で亡くなるようなことがない世の中が、これからの70年も続いていくように日々を精進していきたいと思います。

先日、「夜回り先生」として知られている水谷修さんのブログを読みました。

自民党武藤衆議院議員の発言について(水谷修オフィシャルブログ 夜回り先生は、今!)

ここに書かれていた文章を紹介します。

君たち国会議員が、守るのは、国家の名誉なのか、それとも、国民一人ひとりのいのちなのか。君は、何もわかっていないようだ。私は、あの戦争を体験している。どんなことがあっても、二度と戦争はしてはいけない。名誉なんてものは、一度失っても取り戻すことは出来る。でも、いのちは一度失われたら二度と取り戻すことが出来ない。


ツレの曾祖父は今も長崎の地で、長崎大学で胸像が建っています。
それはこれからの70年もそこに建っているかも知れません。

でも、70年前に原爆が投下されなければ、戦争が起きていなければ、胸像が建つことはなくても、もっと長く生きていたでしょう。
胸像が建つことはある意味で名誉なことかも知れません。
でも、それは、もっと長く生きられた人生と引き替えになるようなものではないと思います。
関連記事
スポンサーサイト
2015.08.09 Sun l 日々雑感 l top