小学生である子どもたちの夏休みも終わり、ということで、最後にお出かけしました。
というか、1週間ほど小学生組と一緒にいてかなりストレスが溜まっていたので、僕が家から逃げ出したかったのです。
ツレも帰ってきたし、ツレがいると、子どもたちに「宿題終わったの!」とかなりうるさいので(僕だけがストレスを感じているのかと思ったら、ツレ母も「あの子『宿題!宿題!』うるさいわよね」というほどです)、うるさいツレと、グダグダ過ごしている子どもたちがいる家から逃げたかったのです。

で、小学生組は夏休みの宿題が終わっておらず、保育園児のムスメM(4歳)は久しぶりに会ったツレと一緒にいたいということで、1人で映画でも観に行くことにしました。
が、出かける寸前になって、次男S(6歳)が一緒に来る、ということで、2人で映画を観に行きました。

写真を撮らなかったので、代わりにYouTubeの予告編を貼ってみます。
観た映画はこれです↓

ジュラシック・ワールド



3Dでやっている映画館も多いのですが、3Dには大して興味がなく3Dだと値段が高くなるので、3Dじゃない映画館を調べて行ったのは良かったのですが、【字幕】でした。
出かける直前まで1人で行くつもりだったので、字幕か吹き替えかどうかは確認していませんでした。

チケットを買う段階で【字幕】であることに気づいたので、Sに違う映画にするかどうかを聞いたら、「字幕でも良い」、ということでそのまま字幕のものを観ました。

さて、映画の内容ですが、【字幕】なので言っていることがちゃんとわからない小学1年生のSにとってもそれなりに楽しめる内容でした。
恐竜のリアルな感じの動きや、後半部分はメインが恐竜どうしの戦うシーンだったので、言葉が分からなくても楽しめたようです。

『ジュラシック・ワールド』をなぜ観に行ったのかというと、僕が小学生の時に映画館で観て、とても面白かった思い出があるからです。
人が食べられたり、殺されてしまうシーンはもちろん怖かったですが、でもそこに出てくる恐竜のリアルな感じは今でも心に残っています。

ということで、約20年振り(?)ということで、観に行ったのでした。
続編ではあるものの、約20年振りの続編なので、前作を知らなくてもちゃんと分かるようなストーリーになっていて、これ単独でも十分楽しめるようになっていました。

観に行った映画館がTOHOシネマズ日本橋コレド室町2の中にあるので、映画館内がとても広かったのと、映画を観終わったあとにすぐコレド室町内のレストランで食事が出来たのでとても良かったです。

1人だったらそのまま国会前のデモに行こうと思っていたのですが、Sがいて天気も良くなかったのでそのまま帰ってきました。
関連記事
スポンサーサイト
2015.08.31 Mon l お出かけ l top