今年一番観たかった映画がTSUTAYAから送られてきました。


アメリカン・スナイパー ブルーレイ&DVDセット (初回限定生産/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]


クリント・イーストウッド監督で実話をもとにした映画であり、主人公は「伝説」とまで言われた人物でありながら、米国内で射殺されてしまったこと、昨年あたりから日本でもISIS(「イスラム国」)の話題が大きく報じられたことから知っている人も多いのではないかと思います。



僕は、クリント・イーストウッドが監督した映画が割と好きで、新しい作品が出ると結構観てしまいます。
今年は、「ジャージー・ボーイズ」も観たいなぁ、と思っています。

さて、映画を観た感想ですが、先の期待が他の作品よりも大きかったということが理由になるのかも知れませんが、「すごく良い!」とは言えない内容でした。
主人公クリス・カイルを演じているブラッドリー・クーパーは「ハングオーバー!」シリーズで見せるチャラい男を一切排除しているし、なにより最初他人かと思うほど体重を増やすという気合いの入れっぷり(撮影のために約18kgも体重をふやしたのだそうです)。
イラクに行ったことはありませんが、イラクで撮影されたかのような精巧に街並みを再現されているのも、本当にイラクで戦闘を行っていると感じされるには十分でした。

そして、「祖国を守る」という意志を持って兵士になり、戦地に派遣されるものの、時には子どもや女性を射殺することへの葛藤、クリス・カイル本人には語らせないものの、イラク戦争自体が「正しいものなのか?」という疑問を語らせています。
スナイパーとして突出した技術で人を殺していき(最終的には160人射殺したとのこと)、「伝説」と呼ばれるものの、そのことと自分自身のありかたとの乖離や、苦しみ、そして、最終的にはそこから「回復していくのかな?」という期待を持っていた時にアメリカ国内で射殺されてしまうという物語は、アメリカ人にとっては涙を流すほどの物語なのはよく分かりました。

が、やはり、僕が気になるのは、「イラク戦争とは何だったのか?」ということです。
これは、現在、イラク戦争によって、結局ISISを生み出したから言っているわけではなく、そもそもイラク戦争開戦時に「何故戦争をしなければいけないのか?」と思っていましたし、今も結局それに対して明確な答えが出ているとは思えません。

その「この戦争はなんだったのか?」と思うような出来事内での【感動的な話】を見せられても、逆に僕の気持ちは冷めていくばかりでした。
9.11を目の前にし、「祖国を守りたい」という気持ちが沸いたことは理解出来ますが、でも、じゃあ、なぜイラクに行って子どもや女性を殺したり、アメリカの作戦のために市民を巻き込み、その市民や子どもがアメリカの敵に殺されなければならないのかは分かりません。

そもそもアメリカがイラクに乗り込んでいかなければ、そんなことにはならなかったはずで、この「英雄的な話」も生まれなかったわけです。
結局、この物語は、「アメリカの正義」に立脚して、それを前提にして語られていることで、「相手(イラク)から見た正義」や、第三者から見た正義ということは排除されているように思いました。

こんなことを書いたらバッシングされてしまうかも知れませんが、因果応報とか信じているので、結局クリス・カイルが殺されてしまったのも(直接敵に殺されたわけではありませんが)、160人もの人を「アメリカの正義」「自分の正義」によって殺したからなのでは?と思ってしまいました。

勝手に五段階評価(基本的に甘いです)
★★★★☆

2015年に観た映画ランキング
1 「チョコレートドーナツ」 / 2 「ダラス・バイヤーズ・クラブ」 / 3 「ベイマックス」 / 4 「ワン・チャンス」  / 5 「ザ・マジックアワー」 / 6 「あなたを抱きしめる日まで」 / 7 「はじまりのうた」 / 8 「ルンタ」 / 9 「マダム・マロリーと魔法のスパイス」 / 10 「アルマジロ」 

11 「アメリカン・スナイパー」 / 12 「アデル、ブルーは熱い色」 / 13 「小野寺の弟 小野寺の姉」 / 14 「かぐや姫の物語」 / 15 「パラダイス:愛」 / 16 「ブルージャスミン」 / 17 「プロミスト・ランド」 / 18 「ゴーン・ガール」 / 19 「ジュラシック・ワールド」 / 20 「青天の霹靂」

21 「パリ、ただよう花」 / 22 「テルマエ・ロマエⅡ」 / 23 「私の男」 / 24 「そこのみにて光輝く」 / 25 「カラスの親指」 / 26 「ドラえもん のび太のスペースヒーローズ」 / 27 「グレース・オブ・モナコ」 / 28 「ジゴロ・イン・ニューヨーク」 29 / 「薔薇の名前」 / 30 「劇場版「進撃の巨人」 前編 ~紅蓮の弓矢~」

31 「ボクたちの交換日記」 / 32 「ブリングリング」 / 33 「恋人はセックス依存症」 / 34 「地獄でなぜ悪い」 / 35 「渇き。」 / 36 「誰も守ってくれない」 / 37 「アイアンマン3」 / 38 「鈴木先生」 / 39 「ドライブイン蒲生」 / 40 「ミニミニ大作戦」

41 「エヴァの告白」 / 42 「機関車先生」 / 43 「爆心 長崎の空」 / 44 「マレフィセント」 / 45 「ロボジー」 / 46 「ルーシー」 / 47 「なくもんか」 / 48 「マイ・ライフ・メモリー」 / 49 「光輪の超魔神 フーパ」(ポケモン) / 50 「見えないほどの遠くの空を」

51 「ノア 約束の舟」
関連記事
スポンサーサイト
2015.09.08 Tue l 2015年 l top