なんだか分かりませんが、子どもたちが突然「アイカツ!」にはまりはじめました。

アイカツ!

アイカツ!というのは、カードゲームが元々で、それがアニメにもなっています。

実は、このアイカツ!ですが、開発(?)にツレの中高時代の同級生が関わっています。
今までも何回か、「○○さんが作ってるんだってよー」と子どもたちに言っていたものの、あまり関心は持っていなかったのですが、過去のアニメを動画サイトで探して観始めたらはまりました。

まぁ、我が家の子どもたちは元々の「カードゲーム」にはまだはまる様子はなく、アニメをひたすら観ています。
過去のアニメを観始めて10日くらい経ちましたが、今では70話以上観終わりました。

上の子どもたちも楽しんでいるので、3人揃っているところで観る、ということにしているのですが、ものすごいハイペースです。

ちなみに、現在TVアニメは150話くらい進んでいるので、約10日で今まで(約3年)の半分くらいを観たことになります。

全部は観ていませんが、僕もちょくちょく観ていると、アニメの中に出てくる主人公たちも一応成長していくので(実際に中学1年生だったのが、中学三年生にまでなって、卒業したり)、主人公が成長しないアニメよりも感情移入しやすいのかも知れませんね。

あとは、アニメだけで終わって、カードゲームに移行しないことを願うばかりです。
関連記事
スポンサーサイト
2015.09.22 Tue l 本日の子どもたち l top