先日、主夫仲間(?)のムーチョさんがこんな記事を書いていました↓

プラスチック製のUNO「UNO H2O」が相当良くて一家に一セットあってもいい

「家にUNOあるけど」とは思ったものの、子どもたちがなぜかUNOが好きで、シルバーウィークは特にDSやらWiiやらiPadやらゲーム三昧だったので、少しそこから離れてもらおう、という意図で早速ポチってみました。


ウノ H2O


と、早速届いたら、やはり子どもたちはUNOが好きなようで、(僕には何も言わずに)開封し、遊び始めました。

勝手に開封した長男T(8歳)曰く、「(プラスチック製なので)カード同士がくっついてる」ということで、それが最初面倒でしたが、折れることもなく、十分楽しめました。

IMG_5833.jpg


とりあえず、僕が感じたメリットとデメリットをあげるとこんな感じです。

メリット
・折れない(折れにくい)
言うまでもなく、プラスチック製なので、折れにくいです。
我が家にはカード類はとりあえず(無意識で)折る、という人がいるので、折れにくいのは本当に嬉しいです。
トランプとか、折られるとすぐになんのカードだかわかっちゃって、ばば抜きも楽しめない、ということが起きているので。

・【ドボン】というカードが新しく追加
これは、1or2枚、他のプレイヤーに強制的にカードを引かせる、というカードです。
簡単なルールなので、初めてUNOをやる人にも、今まで親しんでいた人にも特に問題なく遊べます。
特に、複数人が「UNO」(残り一枚)と宣言している状況にはもってこいです。

デメリット
・フラットなところに張り付くような感じがするので取りにくい
紙のものでも床や机に張り付いて取りにくい、ということはありますが、プラスチック製の方が紙より堅いので、取りにくいです。
同じように、みんなが捨てたカードがある程度の高さになると、「スルスルー」っと雪崩が起きるのも、紙より早い気がします。

ちなみに、ムーチョさんが指摘していた「におい」ですが、僕は全く気になりませんでした。
開封したのがTだったからかもしれませんが、開封直後に家族皆で遊びましたが、「におい」を指摘した人はだれもいませんでした。

あとは、UNOの売りとしては、「H2O」とあるくらいなので、「水辺」(たとえばプールサイド)で遊ぶという状況を想定しているのでしょうが、我が家はプールサイドや海辺などではUNOはしないような気がするので、ここの部分はあまりメリットには感じませんでした。
強いて言うならば、「もし、汚れてしまったときに洗える」というくらいでしょうか。
でも、それも今までトランプなども汚れが気になることもなかったので、そんな状況になるのかどうか。

あっ、でも大人同士が旅行に行ったときとかに、お酒飲みながらUNOをやってもこぼしたりしても気にならない、ということはあるかも。

ということで、子どもがいて、トランプやUNOで遊べるような年齢になった人のお宅で初めてUNOを買う、という人や大人同士で旅行に行ったりする人にはお勧めです。
関連記事
スポンサーサイト
2015.09.30 Wed l おもちゃ l top