「秘密結社 主夫の友」のイベントとして、今月末にカップリングイベントを開催します。


【独身限定!】「主夫志望男子」と「働き女子 」のためのハッピーワークショップ(「秘密結社 主夫の友」HP)

【独身限定!】「主夫志望男子」と「働き女子 」のためのハッピーワークショップ(Facebookページ)


団体としての趣旨や思いは上のHPやFacebookページで書いてあるので、このイベントについての僕の思いを書きたいと思います。
(なので、批判などは団体ではなく、僕宛にお願いします。)

僕自身は「主夫になりたい男性(男子)」という人にはかなり懐疑的です。
シンプルに「専業主夫/主婦になりたい」という人には、「やめた方が良いよ」と言います。

なので、「主夫になりたい男性」を応援するというよりも、「仕事に集中したい女性」を応援するために、このイベントに関わっています。

どんな立場に置かれていても、女性が結婚したり、子どもを出産すると、日本では必然的に家事・育児を中心的に担う存在になります
そうすると、どんなにばりばり働いていても、家事・育児にリソースを取られてしまって、仕事にブレーキがかかってしまったり、最悪の場合、仕事を辞めてしまったり…。

結婚したり、子どもを出産したら、仕事を辞めて、家事・育児に集中したい、そして、パートナーも自分にそれを望んでいる、という状態ならその選択で良いと思うのですが、仕事を続けたい、という場合は、結婚・出産がただの負担になってしまいます。
それは、女性=主婦という状況があるからで、それを変えるのは、男性=主夫という状況を増やすしかないだろう、と。

それと、僕らが「主夫」と言った場合、「専業主夫」を指すのではなくて、「家事・育児を主体的に(中心的に)担う人」を指しているので、自分の仕事を持ちながら、パートナーや子どもが快適に過ごせるような役割を率先して担う人を増やしたい、と思っています。

今の所、ちょっと男性からの申し込みが多いので、なるべくならば女性の申し込みが増えると良いなぁ、と思っています。
もし、興味のある方がいらっしゃったら、参加してもらえると嬉しいです。
関連記事
スポンサーサイト
2015.10.16 Fri l パパ活 l top