先日金曜日もNHKの首都圏ネットワークで「秘密結社 主夫の友」とメンバーが取り上げられました。
(僕も少しだけ写っていました)

まだ放送のレポートはアップされていないようですが、以下にシリーズ全体が載っています。

シリーズ 女と男 働き方あすへ 「模索する女と男」 を放送(NHK ONLINE)


さて、なんだかメディアにこう続けて出ていることに僕ら自身が一番驚いているのですが、明日のTBS「白熱ライブビビット」に「秘密結社 主夫の友」メンバーが出演します。

白熱ライブビビット(TBS)

今回は僕を含めた4人が、アナウンサーと座談会をするという形式でした(まぁ、実際には座談会というよりもアナウンサーの質問にそれぞれが答えるという感じでしたが)。

平日の8時から始まる番組なので、その時間にTVを見られる人がどれほどいるのかはよく分かりませんが(僕は一度もビビットは観たことがありませんでした…)、もし、お休みなどで観られたらご笑覧下さい。

ついでに、同じような形式で以前出た「お願いランキング」(「今夜、「お願いランキング」(テレビ)に出ます!」)と比べての感想を書くと、芸人さんとアナウンサーは違うんだな、と思いました。

「お願いランキング」ではサンドイッチマンさん、今回は女性アナウンサーでした。
サンドイッチマンさんは芸人ということもあって、僕らの話を広げたり盛り上げてくれましたが、今回はアナウンサーだったので、話すこと(しゃべり方)は上手でしたが、話の掛け合いだったり、盛り上げたりということは特にありませんでした。

それと、特に今回気になったのは、僕らは4人しかいないにも関わらず名前を覚えようとしなかったこと。
前回のサンドイッチマンさんも僕らの名前を聞いたり、覚えたりはしませんでしたが、今回は最初メモを取りながら話を聞いていたにも関わらず名前さえ聞かなかったのはびっくりしました。
家族構成を聞くのに、名前を聞かないって、「話をする」、ということをする上で当たり前のことをしてないと思うのですが。
その点、サンドイッチマンさんはそれを気にさせなかったという点で一枚も二枚も上手なのかもしれません。

メディアに出ているような人達は毎日毎日多くの人に会っているから、1回会うだけの人や初対面の人のことをいちいち覚えていられないということなのかもしれませんが、僕はそういう人にはなりたくないなぁ、と思いました。

あと、女性アナウンサーを間近でお会いして思ったのは、ツレ(とツレ姉)って肌が綺麗なんだな、ということ。
25歳でこの肌なのかぁ、と。
ツレは普段すっぴんで過ごしていて、もう少し化粧が上手になると良いのにな、と思っていたのですが(職場では化粧しているようですが、普段あまりしないだけあって、上手とは見えず…)、まぁ、良いか、と思いました。
関連記事
スポンサーサイト
2015.11.08 Sun l メディア掲載 l top