昨日は、次男S(6歳)が通う体操教室の観覧日でした。
観覧日、とは言っても、いつも体育館の端に置かれている椅子に座って観覧はしているのですが、今回は写真が撮れる、ということと、近くに行って見ることが出来る、というものでした。

ということで、普段は椅子に座って読書しているのですが(たまに遠くからSの様子を見つつ)、近くに行って観覧&写真を撮ってきました。

毎週、「あそこに行って何をしてるんだろう?」と思っていた、壁の裏に移動しての運動はこれでした↓

IMG_7389.jpg


身体の重さから逆上がりをすると、頭がどうしても地面に着いてしまうSですが、壁に足をかけての逆上がりは上手に出来ていました。

他には前転、開脚前転、倒立前転、後転、側転をこなしたり、

IMG_7402.jpg


跳び箱がありました。

IMG_7431.jpg


↑これは、跳び箱のあとの前転。

今回は、Sの大好きなトランポリンがなかったので、ちょっと残念そうでしたが、来週も観覧日に設定されているので、来週はSが一番楽しんでいるトランポリンの様子も間近で見ることが出来そうです。

ちなみに、Sの体操のメニューを見ていて思いだしたのが、中学の時の部活でやっていた柔道です。
柔道の練習に入る前の柔軟体操のメニューがSがやっている体操のメニューとかなり重なっていました。

体幹やバランスを整える、ということで大切なことだったのかぁ、と改めて思ったのと、子どもたちにも重要なんだなぁ、と思いました。
関連記事
スポンサーサイト
2015.11.14 Sat l 本日の子どもたち l top