先週、月に1回行っている、「秘密結社 主夫の友」のミーティングがありました。

そこには、新聞記者さん(女性)もいらっしゃっていて、主夫8人+新聞記者さんというメンバーでした。
主夫の中には初めていらっしゃった方が2人いました。

ミーティングのあと、その新聞記者さんから単独で取材を受けたのですが、そのなかで記者さんが言って下さったのが、タイトルの言葉です。

「初めて来た人も話しやすい雰囲気ですね。」

グループで活動していて、主夫の友の活動はちょうど1年を越えたので、「コアメンバー」的な人も固定されつつあります。
そういうメンバーがいるからこそ、いろんな企画を進めていける反面、コアではない人や、初めて来た人、新しく加わった人にはハードルが高くなりがちです。

そうすると、活動内容のマンネリ化を招いてしまったり、新しいアイデアが生まれにくくなってしまったりしてしまいます。

なので、出来るだけ敷居を低く、色んな人にミーティングに来てもらいたいなぁ、と個人的に思っているので、この記者さんの言葉はとても嬉しいものでした。
関連記事
スポンサーサイト
2015.12.09 Wed l 小確幸 l top