上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
合憲判決が出てしまいましたが、それを踏まえて、明日(12月17日)の東京新聞に先日の取材内容(「夫婦別姓について新聞社から取材されました。」)含めて掲載される予定です。

今はただただ気持ちが沈んでいます。

ちょうど家にいたので、NHKを見ていました。

再婚禁止規定については違憲判決が出たので、そのまま続いて夫婦別姓も違憲判決が出るかと思いましたが、合憲ということで期待してしまった分ショックを受けています。

ちゃんとした判決文はまだ読んでいませんが、NHKなどの報道では、「通称使用で差別は大分緩和されている」というようなことを言っていたそうです。
これを聞いて、「男(改姓したことがない)側の意見だな」という印象を受けました。

すると、こんなツイートが流れていました。




この判決はあくまでも「男性」(姓を変えたことのない人)たちの論理による判決だな、と痛感します。

あと、「国会が議論すること」ということも言っていましたが、20年以上も国会が放置してきたので、司法に判断をゆだねた訳で、「国会が議論すること」というのは司法の逃げでしたないと思います。
国会も向き合わず、司法も向き合わなかったら、結局今までと同じように「現状維持」で終わるのが目に見えています。
そんな逃げ方をした司法にも怒りを覚えています。
合憲と判断するなら、もっとましな理屈を用意して欲しかったです。


僕自身については今後ペーパー離婚をします。
ちょうど年末年始で挨拶にも行くので、両方の両親に挨拶に行って、姓を戻すためにペーパー離婚するということを伝えてきます。
関連記事
スポンサーサイト
2015.12.16 Wed l 夫婦別姓について l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。