先日の日曜日、毎年恒例の子どもたちが所属するボーイスカウトで新年会と称したお餅つきがありました。

去年の記事→ボーイスカウトのお餅つき

毎年恒例なので、やることは毎年変わらないのですが、お餅をつき、みんなで食べながら新年を祝い、その後に短い保護者会があります。
ツレが仕事だったので、今回は僕が子どもたち3人を連れて行ってきました。

長男T(9歳)はもう、9歳になったからか、それとも3回目(4回目?)だからか、貧弱なので杵を持って若干ふらふらしていたものの、お餅をつけていました。

IMG_7804.jpg


次男S(7歳)も去年は僕と一緒にやったのですが、(こども用の小さい杵ですが)自分1人でぺったんぺったんとついていて、ちょっと成長を感じました。

IMG_7813.jpg


そして、ついでにムスメM(4歳)も、と思ったのですが、相変わらずの人前に出ると何も出来なくなってしまうという状態になってしまったので、Mはお餅をつくことが出来ませんでした…。

その後、子どもたちは、明らかに働いた分よりも沢山お餅を食べ(しかも、10時半とかだったのに…)、ものすごい量を食べていました。
まぁ、これも毎年恒例と言えば毎年恒例なのですが、何故子どもたちはあんなにお餅が好きなのか、どこにあんな量のお餅がお腹に収まるのか不思議です。。。
関連記事
スポンサーサイト
2016.01.20 Wed l 本日の子どもたち l top