これまた32歳の誕生日の出来事です。
実は誕生日には色んなことがあったのです。
新聞に載ったり、子どもたちのスイミングスクールは検定だったり、ムスメM(4歳)の保護者会だったり。

というわけで、Mが通う保育園で保護者会がありました。

Mが通う保育園では保護者会が年に2回で、今回が2回目です。

園長からの挨拶や、今年の子どもたちの成長具合などを担任が話した後は、3つのグループに分かれての、子ども自慢トーク(我が子の良いところ)でした。

毎度のことながら、このグループに分かれてのトークが苦手です…。
我が子の良いところもあんまり思いつかないし(僕はあらゆるもので悪いところを見てしまうので…。もちろん子どもたちにそれを指摘することはほとんどありませんが)、何といっても、顔は知っているし挨拶もするけれど、ほとんどよく知らない人7人とかと話すのが難しいのです。

今回、新しい気づきとしては、このグループトークの苦手さはその場にいる人の性別は関係がない、ということ。
先生たちが気を利かせてくれたというか、出席した保護者に僕含め男性が3人いて、3人とも同じグループだったのですが、特にそれによって変化はありませんでした。

ちなみにこのグループトークが苦手な理由もちょっと考えてみたのですが、今回の様に「我が子の良いところ」を話して何の意味があるのだろう?と思ってしまうからです。
目の前にいるこの人のことも良く知らないのに、僕自身のことならまだしも、子どものことを話しても…、と思ってしまうのです。
子どもは確かに「我が子」ではあるものの、僕ではない他人なので、話している相手がその子をどのくらい知っているのかも分からないし、、、と。

と、まぁ、最後の方には父母会関連のやりとりのためにツレが現れてバトンタッチしたので、Mを連れて一足先に帰らせていただきました。
関連記事
スポンサーサイト
2016.01.30 Sat l 本日の子どもたち l top