昨日、東京都現代美術館で開催中のピクサー展に行って来ました。

スタジオ設立30周年記念 ピクサー展(東京都現代美術館)

前売り券を買った時点では、ツレが行くのか分からなかったので、とりあえず大人1人分と子ども(小学生以上)2人分を買っていました。
前売り券を買った理由は、安くなることももちろんですが、前売り券に特典(クリアファイルでした)が付いていたので、買っておいたのでした。

ツレを含め家族揃って行ったのですが、ツレは「そこまでピクサーに興味がない」ということで、外で待つことに。

僕が子どもたち3人を連れて一緒に観にいったのですが、、、思ったよりかなり長くいることになりました。
その理由としては、美術館などに普段あんまり興味を示さない長男T(9歳)も見入るような映像展示が多かったからです。

文字での説明を読み込んだりすることは子どもたちには難しいものの、ピクサーが初期につくった短い映像作品が沢山あったので、それらを観ているだけで、結構な時間になりました。

IMG_8028.jpg


さすがピクサーというか、僕らが行ったときには子どもたちより大人の方が多く、大人の年齢層も、普段の美術館での展覧会では高齢の人が多いですが、若い人が多かったのが印象的でした。

映像作品は子どもから大人まで楽しめるようになっていたので、ピクサー作品を観ている人にはお勧めです。
関連記事
スポンサーサイト
2016.03.27 Sun l お出かけ l top