昨日は、ぐずっていた長男T(9歳)以外の4人で上野に行って来ました。
最近ずっと、Tが日曜日や土曜日になるとグダグダになってかなりこまねいています。
週末に疲れが出てるのかも知れませんが、だったら、もっとゆっくり寝たり、昼寝でもすれば良いと思うのですが…。
というのが特に今年になってからの悩みです。

という話題はさておいて、上野に行って来ました。

僕は恐竜博に行きたいと思っていたのですが、一番恐竜博に興味がある次男S(7歳)はちょっと前にツレと一緒に行ってしまっていました。
なので、恐竜とか生き物とかがかなり苦手なムスメM(4歳)と行くのは無理かも、と思っていたのですが、SもMも一緒に行くというので、3人で行って来ました。

恐竜博2016(国立科学博物館)

何の準備もしていなかったので、チケットを買うのに10分ほど、さらに入場まで15分くらい並ぶことになってしまいましたが、中はそこまで混んでいませんでした。
(チケットはコンビニでも買えるので、前売り券じゃなくても上野に来る前にコンビニで買っておけば良かったと後から思いました。)

IMG_8088.jpg


以前、同じように国立博物館で行われていた恐竜博に来たときは、Mが「抱っこ」以外を完全に拒否し、僕がゆっくり観ることも出来ず、腕も痛くなるという事態に見舞われましたが、今回は展示になかなか近づかないものの、抱っこを要求してこなかったので、比較的ゆっくり観ることが出来ました。
Sも、一度ツレと来たときに音声ガイダンスもやったので、僕らと同じスペースで観られ、覚えていることを少し僕に説明してくれました。

IMG_8092.jpg


館内はそこまで混んでなくてラッキーと思ったのですが、一番混んでいたのがミュージアムショップでした。
一応少しだけ買ったのですが、レジ待ちがどこから始まっているのかも案内する人も行列を整理する人もおらず、商品を見たい人とレジ待ちに並びたい人とでごっちゃがえっていてかなりのカオスでした。

僕らが恐竜博に行っている間、ツレはまだ観ていなかったカラヴァッジョ展に行っていました。
(Sもそっちに行く予定でしたが、先日観たテレビ番組でカラヴァッジョが殺人を犯していることを知って「人を殺した人の作品は観たくない」と言ってやめました。)

その後ツレと合流し、昼食を摂り、4人で向かったのは、東京国立博物館でやっている黒田清輝展です。

黒田清輝展(東京国立博物館)

こちらは写真撮影不可なので写真はありませんが、フランスでの変遷や同時代や影響を受けた画家の作品も多く展示されていてなかなか見応えがありました。
が、昼食を挟んだとは言え、子どもたちには2回も博物館の展示を見るのは疲れるようで、あまりゆっくりは観られませんでした。

と言っても、上野の近くに住んでいてこんなに頻繁に来られると言うこと自体が恵まれているのですが。

昨日は、雨はそこまで強くなかったものの、風が強かったので、国博を出て少し雨が弱くなるのを待っている間に(主に外国人の方々でしたが)傘が折れている人を3人は見ました。
なぜあんな強風なのに傘を差そうとするのでしょうか…。
折れた傘が飛んできたりして怖いなぁ、と小さい子どもがいる保護者としてはそんなことを思いました。
関連記事
スポンサーサイト
2016.04.18 Mon l お出かけ l top