上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
先日届いたKit Oisixを使って、料理しましたので、そのレポートです。

まずは、キットを開けると食材とレシピが入っていました。

2016050604.jpg


キットに入っていたのは、そぼろ、小ネギ、にら、えのき、にんじん(細切り済み)、小松菜(切り済み)、豆腐、温泉卵×2、海苔、豆板醤、ビビンバのたれでした。

これを同封されていたレシピに書いてあるとおりに調理していきます。
ここで、Kit Oisix初心者として感じた【罠】が。
ビビンバのたれなども同封されていたので調味料などは特に他にいらないと思っていたら、今回の場合、鶏ガラスープの素、塩、黒こしょうが必要でした。
まぁ、我が家にはあるものの、「何故これは入ってないの?」と思いました。

2016-05-06.png


作るのはかなり簡単でした。
というのも、にんじんの細切りも、小松菜も切ってあったからで、切るのはにら、小ネギ、エノキ、豆腐だけ。
味の決め手となるビビンバの素も同封されているし、そぼろも加工済みだし、温泉卵まで入っていたので、「これを料理と言ってしまって良いのだろうか…」というくらい簡単でした。

完成したのはこちらです。

まずはビビンバ。
ビビンバって自分の中で(勝手に)材料が決まってしまっていたのですが、この小松菜、にんじん、にら、えのきのビビンバもとてもおいしかったです。
我が家は僕以外辛い物が苦手なので、僕だけ豆板醤を絡めてから食べました。

2016050602.jpg


スープはまぁ、これは鶏ガラスープの素(同封されていない)の味によって大分変わるのではないかと思います。
ビビンバと同じように「これはレシピの幅が広がった」というほどではありませんが、この組み合わせも悪くないな、と思いました。

2016050603.jpg


で、作ってみた感想ですが、にんじんの細切りなどもされているので、【料理初心者だけど失敗出来ない】とか、【忙しくて買い物にも行けないけれどちょっと高くてもまともなものを自分で少し作って食べたい】という人には良いだろうな、と思いました。

新婚とかで、夫婦共働きでちょっとお金に余裕があるような。

でも、我が家は5人なので、こういう食材を多用するのは正直無理だと思いました。
【味が外れない】という点では、ほぼ料理をしないツレが料理をしようと思い立ったときには良いのかも知れませんが(もちろんその場合はツレのお財布からキットを買ってもらいます)。

子どもたちも成人し2人暮らしになったりしたら頼むこともあるかも、と思いました。
味はとても良かったんですが、やはり価格ですね。

でも、その価格も、にんじんの細切りがしてあったり、食材がわざわざ小分けになっていたりと包装が沢山で、レシピもついていて、さらに宅配となれば高くなってしまうのは当然なのですが。
僕はその分(にんじんの細切りなど)は自分でやるので、安い方が良いな、というかそうじゃないと我が家の食費が大変なことになりそうです。
関連記事
スポンサーサイト
2016.05.09 Mon l 本日のパパ料理 l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。