登ってから2ヶ月くらい経ってしまいましたが、子どもたちが所属するボーイスカウトの活動で、日和田山・物見山へハイキングに行って来ました。

ボーイスカウトでは自前(指導者)で登山地図を作成したものを持って登りましたが、調べてみたら西武鉄道がハイキングコースの紹介をしており、ハイキングマップもダウンロード出来るようになっていました。

滝とのどかな高麗の山里への道(西武鉄道で行くハイキングコース24選)

日和田山・物見山


地元の駅で集合し、池袋へ。
西武池袋線で池袋から飯能に行き、そこで西武秩父線に乗り換え、高麗へ。
途中、単線ですれ違いのために待つ時間はありましたが、順調に到着しました。

IMG_6895.jpg


飯能で西武秩父線に乗り換えた時からものすごい人出だったので、「久しぶりの晴れだとしても、何故こんなに?」と思っていたら、彼岸花で有名な巾着田の最寄り駅が高麗駅でした。

IMG_6897.jpg


「高麗」という名の由来説明が駅前に設置してありました。

IMG_6898.jpg


駅から、日和田山・物見山の登山口へ向かうと、途中まで巾着までと同じルートだったので、ここでもすごい人でした。
巾着田には付いていないものの、ここの地域で彼岸花の観光に力を入れているようで、巾着田へのルートにもたくさんの彼岸花が咲いていたり、球根や野菜、地元の加工品などが売られていました。

IMG_6900.jpg


IMG_6901.jpg


奥に見えるのが今回登る日和田山・物見山です。

IMG_6902.jpg


巾着田へ行く人たちの流れと分かれたあとの県道15号沿いにもたくさんの彼岸花が咲いていました。

IMG_6903.jpg


一段と彼岸花が咲いているこの場所は墓地でした。

IMG_6905.jpg


すると日和田山への登山道の案内板が出て来ました。

IMG_6906.jpg


目の前が日和田山登山口です。

IMG_6907.jpg


登山口には簡単なハイキングマップが設置されていました。

IMG_6908.jpg


写真は取り忘れましたが、登山口から少し登ったところすぐにお手洗いがありました。
一旦ここでみんなトイレを済ませ、登ります。
すでに、ここに来るまでで予想以上に暑かったので、僕も含めみんな洋服を調節してから登りました。

IMG_6910.jpg


鳥居を抜けたあとすぐのところで、男坂と女坂の分岐。
今回は行きは男坂、帰りは女坂にしました。

IMG_6911.jpg


さて、男坂というくらいなので、多少は危険な道があるとは思いますが、どうなることやら。

IMG_6913.jpg


と、日和田山頂上付近は岩場があり、ここが今回一番の急登で危険な場所だったように思います。
が、小学1年生含め、みんなちゃんと登ることが出来ました。

IMG_6918.jpg


日和田山山頂に到着!
山頂には金刀比羅神社があり、鳥居がありました。

IMG_6920.jpg


山頂から登ってきた方(町・駅の方)を見てみると写真では見にくいのですが、西武ドームも見えました。

IMG_6922.jpg


日和田山は305m

IMG_6927.jpg


日和田山山頂で少し休憩を取ったあと、物見山に向かいます。
ここのルート案内は駅前で見た将軍の顔になっていました。

IMG_6933.jpg


物見山へ向かう山道は日和田山のように岩場はなかったのですが、前日までの雨で地面が濡れていて、少し滑りやすかったです。

IMG_6934.jpg


最後は少しだけ急でしたが、物見山山頂に到着。
ここで昼食を取るという予定の人がたくさんのようで、そこまで広い山頂ではなかったのですが、たくさんの人が昼食を取っていました。

IMG_6938.jpg


僕らも昼食を取り、大人(指導者)が用意してくれたポップコーンを作って少しだけリラックス。
(ポップコーンは火が強すぎてかなり焦げてしまっていましたが…。)

IMG_6936.jpg


別行動のボーイ隊(小学校6年生から中学校3年生)はこのまま向山、五常の滝の方に向かって進んでいきましたが、ビーバー隊(小学校1年生・2年生)・カブ隊(小学校3年生から5年生)の僕たちは来た道をそのまま帰りました。
日和田山山頂からの男坂と女坂の分岐は女坂を通って下山しました。

高麗駅に到着すると、巾着田に来た人たちで相変わらずものすごい人出になっていて、予想を上回る厚さもあって、自販機のめぼしい飲み物が売り切ればかりで、直前に人身事故が隣駅で起きていましたが、予定よりも20分ほど早く地元の駅で解散することが出来ました。

今回は、僕が好きな彼岸花で有名な地だったこと(彼岸花をたくさん見られたこと。オレンジ色の彼岸花を初めて見ました。)、なにより、前日までの雨が嘘のように晴れたので(予想を上回る暑さにはなってしまいましたが)良かったです。
関連記事
スポンサーサイト
2016.10.21 Fri l 埼玉県の山 l top