ツレが買った福袋に招待券が入っていたので、東京ふるさと祭りに行って来ました。

ふるさと祭り東京

毎年の様にやっているなぁ、とは知っていたのですが、入場するだけでも結構な値段がするので、今まで行ったことがありませんでした。
が、開催期間も1週間くらいということで、今行かないと行けなくなりそうだったので、小雨降る中行って見ました。

DSC08535.jpg


天気も悪かったので、街中にそこまで人がおらず、これは空いてるかも、と思ったのですが、混んでました。

DSC08536.jpg


昼食時より若干早めに行ったのですが、子どもたち(次男と長女。長男はツレと行動しました)はすでに食べたいということだったので、とりあえずご当地どんぶりを食べてみることにしました。
3枚チケットを買って(1枚500円)、食べたのはこちらです↓

DSC08538.jpg


とろサーモンといくらの親子丼(北海道)
(既に子どもたちが食べている写真ですが…)

DSC08540.jpg


十勝牛とろ丼(北海道)


子どもたちは、2人ともとろサーモンといくらの親子丼を頼み、僕は十勝牛とろ丼にしました。
こういうイベントでは良くあることかも知れませんが、500円の丼チケットで買えるのはハーフサイズなので、ボリュームが全く違ったのは、やはり写真とのギャップに残念な気がしました。

丼だけでは僕はもちろん子どもたちも物足りず、目の前のブースで売っていた河京の喜多方ラーメンを食べ、デザートにみやざきマンゴーソフトクリームを食べました。

それを食べ終わると、子どもたちは年末年始の疲れが溜まっているのか帰りたい、ということだったので、さくっと帰ることにしました。

DSC08541.jpg


帰るときに丁度、能登穴水キリコ祭りのステージがあり、それをちょこっとだけ見ました。
お祭りって、いくら立派な山車とかを持ってきても、こういうイベントで一部だけやってみても、まったくその熱気とかリアルさとかは伝わってこないんだなぁ、と実感しました。

ちなみに、長男と共に別行動をしていたツレは、夏に北海道旅行をした際に寄って食事をしたアイヌ料理屋さんが出店しているのを見つけ、僕が気に入ったお茶が売られていないか聞いてくれたとのことですが、そもそもそのお茶がアイヌでは薬として飲まれていることもあり、売っていないということでした。
関連記事
スポンサーサイト
2017.01.10 Tue l お出かけ l top