去年は秋まで割と暖かかったのでずっと短い靴下を穿いていたのですが、鳴虫山が寒かったので、長い靴下を穿くことにしました。
山登りに限らず普段から五本指靴下を穿いていて、モンベルから五本指靴下が売られていたので試してみました↓

DSC08226.jpg



mont-bell WIC.ウォーキング 5トゥーズソックス


【アウトドア用】で、【五本指】で、【長い】ので、なかなか良かったのですが、穿いてみて分かった難点が【滑る】こと。
靴の中で若干滑ることがあり、それがとても気になりました。

というのも、今まで山登りの時に穿いていた靴下は、Tabioの五本指靴下でした。
トレイルラン用のものも出ているのですが、僕は普段からレーシングラン用のものを穿いていました↓

DSC08228.jpg



Tabio レーシングラン五本指ソックス25~27cm


山登りを始めてからずっとこの靴下だったので、全くその利点に気づいていなかったのですが、Tabioの靴下には滑り止めが付いていて、靴の中で滑ることがありませんでした。

滑り止め自体がとても良いTabioの長い五本指靴下を新しく買うか悩んだのですが、滑り止めを自分で付けられないか調べたら、100円ショップで売っているとのこと。
新しく買うより断然安いので、探してみることにしました。
で、ネットにある情報から、売っていたと書かれていた割と高い100円ショップに行くも置いておらず…。
ダメ元で、そこから家の周辺にある100円ショップを回ってみたところ置いてありました↓

DSC08227.jpg


ということで、この滑り止めをモンベルの五本指靴下にTabioの靴下の滑り止め加工にまねて付けてみました↓

DSC08229.jpg


上の写真はまだ塗ったばかりの状態ですが、3日ほど放置していたら渇き、透明になりました。

その後、この自分で滑り止め加工をした靴下を穿いて山登りをしてみたところ、塗ったばかりの状態だと、床にベタベタというかペタペタというか少し張り付くような感じがありました。
また、Tabioのものはこういうことはありませんでしたが、若干はがれてしまいました。
が、これも100円ショップのものですし、全部はがれてしまうようなこともなく、滑り止め効果は間違いなくあった(靴の中で滑る感覚が全くなかった)ので、今後もこの方法で行こうと思います。
関連記事
スポンサーサイト
2017.01.16 Mon l 持ち物(装備) l top