上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
最近、スマートフォンのアプリで睡眠を計るようになりました。
きっかけは、高校&大学の友人がブログで睡眠アプリを使っているということを書いていたことです。
彼が使っているアプリというのはこれ↓で、ちょっと試してみました。

Sleep Cycle alarm clock - 睡眠アプリ

Sleep Cycle alarm clock - 睡眠アプリ
開発元:Northcube AB

無料

posted with アプリーチ




使い方は、スマホのマイク部分で睡眠時の動きを計るというもので、マイクを自分の体に向けて置いておく形です。
そして、電源ケーブルを付けたままアプリを起動して寝ると計ってくれ、睡眠サイクルに合わせ、自分が起きたいと思っている時間のうち、覚醒に近い時に目覚ましをかけてくれます。
使ってみて分かったのは、睡眠サイクルがグラフで出てくるものの、睡眠効率などの他の機能はほぼすべて有料。
課金すれば使えるのですが、値段が高かったので(1年で3000円)、とりあえず他のアプリを試してみることにしました。

で、次に試してみたのがこちら↓
無料版も出ていますが、有料版も120円だったので、有料版を試しています。


Sleep Meister - 睡眠サイクルアラーム
Sleep Meister - 睡眠サイクルアラーム
開発元:Naoya Araki
¥120

posted with アプリーチ




こちらの使い方はアプリを起動させて枕元に置いておくと、体の動き(振動)を察知して計るという形です。
こちらのアプリも自分が起きたいとセットした時間のうち、覚醒に近い状態の時にアラームをかけてくれます。
また、↑のアプリのように電源ケーブルを挿したまま置いておいたら何故かアプリが切れていて測定出来ていませんでした。

で、実際の測定記録はこちら↓

IMG_7398.png


これが、自分自身の感覚と同じかどうかというとやはり誤差があります。
目が覚めているけれども動かないでじっとしている状態の時はアプリとしては寝ている事になっています。
でも、これは他のアプリでも同じ事でしょうし、まぁ、仕方がないことかな、と思います。

このアプリには今の所それほど不満もないので、とりあえず少し使い続けて記録を取ってみようと思います。
関連記事
スポンサーサイト
2017.02.07 Tue l 体調管理 l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。