ツレ母が「買ってあげて」という時に子どもたちが買ってもらえる雑誌があります。
S(2歳6ヶ月)は「ベビーブック」、T(4歳)は「めばえ」です。
僕としては、子どもたちがアンパンマンだとかで喜ぶのは良いのですが、紙で出来たおもちゃが散乱したりするのが嫌なのですが、一つだけ楽しんでいることがあります。


それは、「ベビーブック」に付いている、親(というかママ)向けの小冊子に連載されている「お父チャンネル」という漫画。
はっきり言って、漫画自体は、下手というか何というか。
ですが、漫画を書いている、相澤タロウイチさんの子どもの年齢が近いこともあり、描かれている漫画の内容は笑えます。


相澤タロウイチさんのホームページ


タロ猫さんの育児通信 お父チャンネルタロ猫さんの育児通信 お父チャンネル
(2009/03/31)
相澤 タロウイチ

商品詳細を見る



漫画にしているからこそ、笑えるって事もあるんでしょうけど、実際に子育てしていると、笑えるように描いていても、「実際は…」ってことも分かるので、それがなかなか面白いなぁ、と思う理由です。
関連記事
スポンサーサイト
2011.10.15 Sat l 育児・料理雑誌 l top