ツレへの愚痴を度々はき出していますが(「パラレル家事」「イライラの原因は仕事範囲の認識のズレ」)、先日もまたイライラというか、すごく困った事態が発生しました。

それは平日のお昼頃の出来事でした。
長男&次男が通う小学校から電話があり、季節的にインフルエンザが流行っているので、「発熱でもしたのかな?」と予想して受話器を取ると、養護の先生からではあったのですが、インフルエンザではなく、次男がケガをしたとのことでした。

ケガの内容は、掃除の時間に遊んでいて、滑った表紙に左耳を机にぶつけ、耳介をひどくぶつけてしまった、というものでした。
「出血も収まったので、病院に行くかどうかは任せますが、様子をみて下さい」とのことでした。

20170213.jpg


先生にお礼を言い、ケガの具合は直接見てはいないものの、今までの経験から軽いケガでも病院に行った方が良いと思い(本人による過失でも記録に残るため)、下校の時間が近かったので保険証&医療証を探したのですが、、、ない。

僕は必ず医療証や保険証などはとても大切なのものなので決めた場所に入れておくのですが、見当たりませんでした。

この日はムスメと次男の習いごとの日で、ケガの次第ではムスメの習いごとも休ませ病院に行こうと思ったのですが、保険証&医療証が無ければ病院に行くことが出来ません。

結果としては、保険証&医療証を勝手に定位置から移動させていた(というか戻していなかった)ツレに責任を持って帰宅し次第次男と病院に行ってもらった訳ですが、「定位置から移動させる」「そもそも定位置があることさえ知らない」ということを、普段殆ど関与しない人がよくこの行動を取るので本当に厄介です。

今回の場合、保険証&医療証が無くなった訳でもないですし、病院になんとか間に合う時間に行くことは出来ました。
でも、保険証&医療証が定位置にあれば、次男が下校してすぐに病院に僕が連れて行くことが出来、ツレの帰宅を待って病院に行ったために次男の風呂と夕食の時間が大幅に遅くなることも無かったわけです。

普段家事・育児に殆ど関わらず、責任を持っていない人は、「定位置」ということを軽んじたり、あるいはそもそも知ろうとしません。
例えば、ツレは食事を作らないので、匙などの調理道具の定位置を知りません。
なので、時々ツレが僕が料理をした後に洗い物をすると、調理道具を片付けるのですが、全く違う場所に入っていることがあります。
食器であれば、まぁ、最悪見つからなくても他のものでも問題ないのですが、調理器具がないと本当に困ります。
それを探すだけでタイムロスしますし、本当に「定位置から移動させる」のは勘弁して欲しいのです。

食器や調理器具などであれば命に関わったりすることもありませんが、もしこれが、緊急を要するものだったりしたら。
まぁ、ものすごいケガだったら、後から保険証や医療証を提出することにはなりますが、それでも、そこにあると思っている定位置にないということは、病院に付き添ったり、学校や保育園から呼び出される身としてはかなり困ります。

育児家事をしないこと自体も家庭にいる人間としてどうかと思いますが、100歩譲って家事育児をしなくても良いから、邪魔だけはしないでほしい。
今回、保険証&医療証が定位置になかったのは、年始にツレがツレ母の誘いで子どもたちと一緒に旅行に行ったときに持っていったからでした。
病院への付き添いの90%以上をこなしている僕が必ず入れている定位置をツレも認識しているからこそ、そこから持って行ったわけなので、終わったらすぐに同じ場所に戻して欲しい。

家事育児をしない人は、そもそも「定位置」というものがある、ということを知りません。
そして何かをしようとすると、「定位置」から移動させるので、普段担っている人はストレスを感じます。
なので、家事育児をしていない人は、まず「定位置を知る」ことから始め、その「定位置に戻す」ということをしていって欲しいと思います。
関連記事
スポンサーサイト
2017.02.20 Mon l 日々雑感 l top